大学院(看護学研究科) | 福岡看護大学
福岡看護学校

福岡看護学校

大学院(看護学研究科)

TOP大学院(看護学研究科)

大学院 新着情報

育てる人材

看護実践現場を牽引する看護指導者や管理者を目指す人材、
臨床や学校等での看護教育を目指す人材を育成します。

教育研究上の目的

看護学研究科では、「多様に発展する医療分野で活躍するための高度で知的な素養を養うことを目的とし、看護学の専門知識や能力を基礎として、より高度な看護実践と看護教育活動を行うために、専門知識を応用する能力と課題に対する柔軟な思考力や深い洞察に基づく主体的な行動力を身に付けるための教育を行う。また、学部段階の教育で養成された看護学分野の基礎的な資質能力の修得を前提として、口腔から全身への健康支援に資する看護実践力を備え、看護の研究活動を遂行する能力を培う教育を行う。」こととしています。

3つのポリシー

入学者受入方針
アドミッション・ポリシー
  1. 看護学分野、口腔医療に対する興味と関心並びに学習意欲を有している。
  2. 看護学分野の基礎的な知識及び基本的な技術と態度を有している。
  3. 物事を多面的かつ論理的に考察し、適切に判断することができる。
  4. 自分の考えを的確に表現し、相手に確実に伝達することができる。
教育課程編成・実施の方針
カリキュラム・ポリシー
  1. 対象者のwell-beingを目指した適切な健康支援のあり方と高度なコミュニケーション技法を活用した応用的な看護実践能力を養成するために「看護基盤科目」を配置する。
  2. エビデンスに基づく口腔ケアを提案・推進する看護実践能力を基盤とし、高い倫理観、看護管理、看護教育など、看護活動に関する専門的な能力を養成するために「看護統合科目」を配置する。
  3. 様々な健康状態や多様な場で看護を必要とする人々への看護に対し、科学的な思考のもと、質の高い看護ケアを創設する能力を養成するために「看護領域科目」を配置する。
  4. 看護実践を質的・量的な側面から扱う研究手法や研究倫理、研究課題を探求し、研究計画を遂行する能力や批判力、論理性、表現力を養成するために「看護研究科目」を配置する。
学位授与の方針
ディプロマ・ポリシー

大学院看護学研究科看護学専攻においては、2年以上在学し、所定の単位を修得するとともに、所定の研究指導を受けて、修士論文を提出の後、論文審査及び口頭試問による試験に合格した者であり、次に掲げる能力を有すると認められる者に修士(看護学)の学位を授与します。

  1. 口腔を起点として全身の健康を支援する看護実践の質的転換を図る能力を身に付けている。
  2. 看護活動に関する最新の知見や動向に関する理解と看護活動における俯瞰的なものの見方や実践的な応用能力を身に付けている。
  3. 看護の対象の特性や看護の場面に応じた現象を科学的に探究し、臨床教育・継続教育で実践するための高度な専門知識と応用能力を身に付けている。
  4. 看護実践の改善・開発に必要となる研究マインドと、医療看護を対象とする看護研究の遂行能力を身に付けている。

大学院コンテンツ