研究科長メッセージ

 生命科学の目覚しい進展や先端技術の進化とともに、医療には新しい治療の考え方や技術が活発に導入され続けており、歯科医療においても大きな革新が予感される時代となっています。福岡歯科大学では、再生医学研究センター、先端科学研究センター、老化制御研究センターの研究拠点を有し、また全国の歯科大学・歯学部でも有数の先端的な研究施設が整っており、医学・歯科医学の発展に貢献する先端的な研究成果を活発に発信しています。本学大学院では、このような最新研究の推進とともに、人材育成を大きな使命として、日々の研究・教育活動を行っています。

 さて、このホームページをご覧の皆さんは、本学の大学院に興味を持たれている方々と思います。本学の大学院教育では、次代の歯科医学を担う研究者の育成とともに、研究マインドを身につけた医療人の育成をめざしています。研究を通して、問題を発見し、問題の解決に向けてデータを収集し、それらを分析して解決方法を発見する一連の科学的思考法を身に付けることは、どのような患者さんに出会おうとも、病気の状態を正しく把握し、最善の治療方法を考えることができる歯科医師となることにとても役立ちます。歯科医師として永きにわたり、やりがいを持って研鑽を積み、主体的に臨床に携わっていくため、大学院時代は良い経験のできる貴重な期間になるでしょう。私たちは、これからの時代が必要とする歯科医師となるには、大学院は一つの良い選択肢になると確信しています。

 本学大学院の指導教員は、各専門分野で優れた研究業績を有し、国内外の学会で最前線の研究者、あるいは指導的な立場で活躍しているわけですが、同時に若い研究者の育成にも大きな力を注いでいます。指導教員は第一線の研究者そして教育者として、大学院生に親身な熱意のある研究指導を行っています。皆さんが研究活動を通して医学の発展に貢献し、その中で主体的に自身の成長に取り組むことによって、大学生までとは違った充実感が得られることと思います。

 本学には大学院生の経済的サポートのため、他学ではみられない充実した奨学金制度および特待生制度があります。平成29年度入学者からは新制度がスタートし、奨学金については給付型奨学金枠の増加、特待生については学業成績優秀者に対する特待生制度とともに、大学生の時の特待生表彰者(本学および他大学)に対する授業料免除制度が開始します。さらにリサーチ・アシスタントならびにティーチング・アシスタントといった研究補助業務や教育補助業務に手当の支給される制度もあります。本学の大学院生のほぼ全員が何らかの形でこのような支援をうけて大学院生活を送っています。

 それでは、どうぞ福岡歯科大学大学院のホームページをご覧ください。大学院の研究内容、研究活動の実際、日常の大学院生活、学会活動、留学制度などを理解していただき、そして本学大学院での夢を思い描いていただきたいと思います。私たちは、皆さんとともに研究を行うことをとても楽しみにしています。