学長・副学長挨拶 | 福岡看護大学
福岡看護学校

福岡看護学校

大学紹介

学長・副学長挨拶

TOP大学紹介学長・副学長挨拶

学長挨拶

少子・高齢化の急速な進展に伴い、我が国の医療において、「治す医療」から生活の質(QOL=Quality of life)を主眼に置いた「治し支える医療」へとパラダイムシフトを進めるとともに、住まい・医療・介護・予防サービス・生活支援を一体的に提供するための「地域包括ケアシステム」構築が喫緊の課題となっています。その実現には、医療と介護のニーズを併せ持つ高齢者を地域で支える在宅ケアの充実が不可欠であり、他職種との連携体制が重要です。

本学は、社会の変化や多様な価値観に対応しながら、対象者の個別性に応じた最適な生活(well-being)への支援ができる看護実践者の育成を特徴の一つに挙げています。そのためには、他職種と協調・協働する能力、在宅高齢者に対する看護実践能力、さらに、本学園が長年にわたり提唱してきた口腔医学の理念に基づき、口腔と全身との関連性を理解した上で、口腔機能の維持・回復にとどまらず、疾病の早期発見、予防を目指した全身の健康支援やQOLの向上に貢献できる実践能力を有する看護専門職の育成を目指します。

“個別性に応じた最適な生活(well-being)とは何か”を問い続け、主体的に行動する力を身につけるために、教職員が一丸となって支え、共に学び合う大学生活になることを期待しています。

略歴

国立久留米病院附属高等看護学院卒業、看護研究研修センター厚生省幹部看護教員養成課程卒業、九州芸術工科大学芸術工学研究科芸術工学専攻修了「博士(芸術工学)」。福岡大学病院看護師長、西南女学院大学保健福祉学部看護学科教授、福岡女学院看護大学看護学部看護学科教授、福岡看護大学設置準備室室長、福岡歯科大学客員教授を経て2017年(平成29年)4月、福岡看護大学学長就任。

副学長(研究科長)挨拶

修士課程も備える福岡看護大学は、日々進歩する医療を支え、人々の健康を推進するために幅広い知識とともに深い洞察力を持つ人材の養成を目指しています。

「何故」を追求する心を持ち続け、臨床現場での多彩な体験や疑問を解決す能力を培い、明らかにしてゆく過程を経てより良い看護実践指導力を養成します。また、保健指導や公衆衛生の推進において、より高度な分析力・指導力を培いエビデンスの検証や構築を目指します。さらに、よりすぐれた教育・研究を実現するため自身の知性と論理的思考能力の涵養が必須です。特に超高齢社会で注目されている口腔医学分野では口腔医学研究センターが開設され先駆的看護研究もなされています。今後、我が国の医療を支える新しい領域となります。

本研究科では、福岡歯科大学や医科歯科総合病院など恵まれた研究実践環境が整っており医師、歯科医師も含めた多職種による指導が可能です。看護を科学する能力と研究・教育の基盤を養うことができる環境を備えており学ぶ人に応じた研究環境を提供します。

既存の知識を得るだけでなく、自ら創造し、これから大きく発展するこの新しい分野を切り開く進取の気持ちと好奇心を持って皆様と伴に切磋琢磨できることを願っています。

略歴

九州大学医学部医学科卒業、同大学院医学研究科修了、同大学病院循環器内科入局、米国留学、九州大学病院・助手、講師を経て九州大学医学部保健学科・助教授の後、教授。きらめきプロジェクトキャリア支援センター副センター長、九州大学総長特別補佐、九州大学医学部保健学科長を経て、2020年4月より福岡学園客員教授、福岡歯科大学医科歯科総合病院健診センター長。