福岡医療短期大学

福岡医療短期大学

キャンパスライフ

TOPキャンパスライフ在学生インタビュー

在学生インタビュー

在学生インタビュー

在学生に学生生活のことをインタビューしました!
※掲載内容と学生は取材時のものです。

face

仁王頭 百々香さん

1年次生山口県 山口県立防府高等学校 出身

私が福岡医療短期大学へ入学したのは、卒業したら4年制大学と同等の学位を得ることができる専攻科があることや介護福祉士実務者研修の修了資格を取得することができることが決め手となりました。入学してからは、先生方との距離が近く、なんでも気軽に相談することができたり、専攻科の先輩方から直接実習や学修面での指導を受けたりできることも心強いです。
現在は、国家試験合格を目指し、必要な知識や技術を身に付けることはもちろん、将来患者さまに信頼されるような歯科衛生士になるための上手なコミュニケーションスキルを身に付けたいと考えています。

face

山中 美香さん

2年次生広島県 広島修道大学附属鈴峯女子(現.広島修道大学ひろしま協創)高等学校 出身

私の姉も福岡医療短期大学に入学しており、姉から楽しそうな学生生活を聞き及んでいたことや、3年次の臨床実習を医科歯科総合病院で行うことができること、そして専攻科にも進学できることから福岡医療短期大学への入学を決めました。
現在は、歯科予防処置実習の授業が特に興味深く、この授業では、う蝕や歯周病などの口腔の疾患を予防して健康な状態を維持・増進するために必要なスケーリングやフッ化物歯面塗布などの技術を学んでいます。こうした実習や座学にも励んだことで、2年次では特別奨学生として表彰されました。
将来は、患者さまに寄り添いサポートできる歯科衛生士を目指したいと思っています。

face

峰 可蓮さん

3年次生福岡県 中村学園女子高等学校 出身

歯科衛生士としての技術だけではなく、豊富な知識と自信をもって患者さまと関わっていきたいと考えていたので、専攻科がある福岡医療短期大学に入学しました。3年次では、医科歯科総合病院で4月から12月まで臨床実習が行われ、様々な症例の患者さまと関わることができ、とても勉強になりました。4月からは念願の専攻科へ進学します。
私の夢は歯科衛生士の3大業務の1つでもある保健指導を通して、1人でも多くの患者さまに口腔保健に関心を持っていただき、口腔の健康につながるように歯科衛生士としてサポートすることです。歯科は全身の健康よりも後回しにされやすく、重症化してからの来院が多いので、定期健診や予防処置の重要性をより多くの人に知ってもらえるような周知活動にも関わっていきたいと考えています。