福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

診療科のご案内

摂食嚥下・言語センター

診療科について

摂食嚥下・言語センター(ことばと飲み込みのケアセンター)は、医師や歯科医師を中心として、ことばや飲み込みの問題に対して専門的な医療を行う部門です。飲み込みに関しては、食事の時や水やお茶を飲むときにむせる、肺炎を繰り返す、既に胃瘻(いろう)などの経管栄養が行われている方についても、少しでも口から食べる事ができないかどうかなども検討いたします。ことばに関しては、声がかれる、続かない、うまくことばが出ないなどの症状についても対応いたします。
 当センターは福岡歯科大学医科歯科総合病院の特徴である、医科と歯科の連携を活かし、さらにそれ以外の医療スタッフを含めての多職種連携でのチームでことばと飲み込みの治療をします。

お問い合わせ

予約 予約不要
初診受付時間 月~金曜日 午前8時30分~11時30分まで 午後1時~4時まで
土曜日 午前8時30分~11時30分まで
電話番号

福岡歯科大学医科歯科総合病院医科外来受付
092-801-0411(代)

センター長 山野貴史
耳鼻咽喉科学分野教授

資格
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医
  • 日本嚥下医学会認定嚥下相談医

副センター長 牧野路子
訪問歯科センター准教授

資格
  • 日本補綴歯科学会専門医
  • 日本老年歯科医学会認定医
  • 日本有病者歯科医療学会認定医

耳鼻咽喉科受診

問診

口腔、咽頭、喉頭などの観察

検査

治療方針の検討

治療

  • リハビリテーション(言語聴覚士)
  • 手術(耳鼻咽喉科医)
  • 口腔のケア(歯科医師、歯科衛生士)
  • 義歯作製、調節(歯科医師)
  • 食事介助(看護師)
  • 食形態の指導(管理栄養士)

取り扱っている主な疾患

・加齢による嚥下障害
誤嚥性肺炎、口腔機能低下症

・脳血管障害による嚥下障害
脳梗塞、脳出血後遺症

・悪性腫瘍に伴う嚥下障害
口腔癌、頭頚部癌、食道癌

・耳鼻咽喉科疾患による発声構音障害
声帯麻痺、声帯ポリープ、機能性発声障害