福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

診療科のご案内

矯正歯科

診療科について

歯並びが気になっている方、鏡で一本一本の歯をよく見てください。とてもきれいで機能的な形をしていませんか。そのことには自信をもってください。並び方だけの問題なのです。ですから、ほとんどの人が美しい歯ならびになる資質をもっているのです。美しい歯並びは、あなたに輝くスマイルと口腔の健康をもたらします。健康美にあふれるスマイルで、あなた自身を、そしてあなたの周りの方々を幸せにして下さい。

顎口腔機能診断施設
自立支援指定医療機関

お問い合わせ

予約の有無 要予約
初診受付時間 9:00~17:00
※ 木曜日は矯正歯科検討会のため15:00まで、土曜日は11:00まで
電話での
問合せ受付時間
平日9:00~17:00
電話番号

092-801-0411

教授 玉置幸雄
(科長)

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会管理指導医、同認定医
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会
  • 日本小児歯科学会
  • バイオメディカル・ファジィ・システム学会
  • 日本歯科理工学会

講師 阿部朗子

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会指導医
  • 同認定医
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会

講師 髙田俊輔

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会
  • 日本顎変形症学会
  • 日本口蓋裂学会
  • 日本歯科基礎医学会
  • 日本老年歯科医学会

助教 新留裕子

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会

助教 梶原弘一郎

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会認定医
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会

助教 石井太郎

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会
  • 日本口蓋裂学会

大学院卒後助教 安永まどか

資格・所属学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 九州矯正歯科学会
  • 日本再生医学会

1初回来院

良いかみ合わせを得るには、通常数年単位の期間がかかります。そのため、患者さんが初めて来院した日に、すぐに治療が始まることはありません。まず、患者さんが一番気になっているところをお尋ねしたあと、教えていただいた問題点について診察を行い、おおまかな治療の流れを患者さんにご説明します。

2最初のカウンセリング

最初のカウンセリングで、患者さんに十分納得していただいたあとに担当医が決まり、検査がはじまります。

3検査

矯正治療では、審美的・機能的で健康なかみ合わせを達成するため、歯の状態・あごの形・あごの動きなど多方面にわたる検査を行います。検査結果を詳細に分析し、診断と治療方針を決定します。

42回目のカウンセリング

ここまでの検査結果をもとに、詳細なカウンセリングを行います。この段階で当科科長が最後のチェックをおこない、検査結果と治療方針をわかりやすくご説明します。また、担当医とも治療内容について確認をとります。

5矯正治療開始

このような順番で、患者さんのご了解が得られましたところで、実際の治療を開始します。

マルチブラケット装置を用いた場合は、4週間に1回程度の通院で装置の調整を行いながら、おおよそ1年~3年ほどで終了します。 通院回数としては、12回~36回程度です。 その後は保定(治療後のかみ合わせを保つ治療) を行います。顎の骨の手術が必要な場合は、手術前の矯正に半年から2年ほど、手術後の矯正に半年から1年ほどかかります。

Q 矯正治療では歯を抜いて治療することがあると聞いたのですが。

A 当科では基本的に、なるべく抜かずに並べる方法を選択します。しかし、あごの骨の大きさに比べて歯がとても大きい場合、抜歯なしで歯を並べると口元が突出するなど治療後に元の歯並びに戻ってしまうことがあります。このような場合は、比較的役割が少なく見た目にも支障のない歯を選んで抜歯します。いずれにしても、歯を抜くかどうかは詳しい検査を行い慎重に判断します。


Q 治療は何歳から始めると良いのですか?

A もし、お子様の歯並びで何か気になることがありましたら、永久歯の前歯が完全に萌えそろう前までに一度ご来院されることをお勧めします。上あごや下あごの成長に問題がある場合は、成長期にあごの発育を正しくコントロールすることを検討することもできます。早くから適切なコントロールを行えば、歯並びの土台の条件を良くすることができます。また、指しゃぶりや舌の悪い使い方を治し、できるだけ早い時期から正しい噛みかたや飲み込みかたで生活することが口腔の発育に重要です。早めの検査をお勧めします。


Q 歯並びをきれいにしたいのですが遅くありませんか?(40代女性のご質問)

A 歯の周りの歯肉や骨が健康であれば、何歳であっても歯を動かすことは十分可能です。しかし、成人の方で歯槽膿漏などがある場合は、まず歯周組織を良い状態に治してから矯正治療を始めます。歯並びの乱れによる清掃不良は歯槽膿漏の原因の一つとしてあげられるわけですから、歯をきれいに並べることによって原因を根本から解決し、口の中の健康をよりよく保っていくことができます。


Q 料金について教えてください。

A 一般的な矯正歯科診療では、保険が適用されないため、費用は患者さんの自己負担になります。当科の治療費は下記の通りです。なお、あごの手術を必要とする外科矯正治療が適用となる患者さんでは、保険診療となります。

検査時
検査料

35,000円

※画像検査で歯科用CTなどの撮影を行った場合、別途費用がかかります。

治療開始時
矯正基本料金

420,000円

治療中
矯正処置料・観察料
(来院時)

3,000~6,000円

※上記料金に別途消費税がかかります。
※抜歯や歯科矯正アンカースクリューの費用は別途かかります。


Q 矯正治療にはリスクはありますか?

A 矯正治療に伴う偶発症があります。代表的なものとして、歯の根っこが短くなる「歯根吸収」や齲蝕(虫歯)、歯周疾患、顎関節症などが挙げられます。いずれも矯正治療だけが原因とは限らず、過去の外傷や歯の根っこの長さや形、清掃状態などが影響すると言われています。当院では、治療開始前にそれぞれのリスクについて十分な精査を行い、他科の専門分野と連携を図りながら説明と同意を得て、治療を開始しています。