福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

診療科のご案内

保存(むし歯)科

診療科について

保存(むし歯)科では、「自分の歯を残すこと」と「自分の歯を生かす治療」をモットーに、主に歯内治療(根管治療)を行っています。
日本歯科保存学会認定医・専門医・指導医、日本歯周病学会専門医、日本外傷歯学会認定医・指導医を中心として、歯内療法を基盤とした包括的な歯科医療に取り組んでいます。また、他科および他院より御紹介頂いた難治性根尖性歯周炎の患者さんを担当しています。

対象疾患

むし歯、歯髄炎、根尖性歯周炎、歯の破折、歯内-歯周疾患など。
難治性根尖性歯周炎に対しては歯科用コーンビームCT検査(歯専用の三次元的なレントゲン検査)およびマイクロスコープ(歯科治療用の顕微鏡)による検査を併用したマイクロエンド(精密根管治療)を行っています。

アピール・得意分野

むし歯の修復治療、歯髄炎・根尖性歯周炎に対する根管治療および歯根尖切除法などの外科的歯内療法を行っています。また、難治性根尖性歯周炎の診査・診断を適確に行い、インフォームド・コンセントを得たうえで、マイクロスコープを使用した治療を行っています。

お問い合わせ

予約 要予約
初診受付時間 9:00~15:00
電話での
問合せ受付時間
14:00~16:00
(治療内容等の具体的な相談は来院をお願いする場合があります。)
電話番号

092-801-0411(代)

初診の方への
注意事項
歯内治療(根管治療)を行うにあたり、根管は一歯ごとに形や長さ、本数が異なります。特に、複雑な根管治療では、歯科用コーンビームCT (CBCT)の3D画像で根管の形態と根尖部の病変を正確に計測することで、緻密な治療計画を立てて治療を行っています。また、原則的にラバーダム防湿を行っています。そのため、歯内治療は歯を保存するために大変有用な治療法ですが、時間がかかるということがあります。また、歯科用CBCT撮影は自費診療になることもあります。

教授 阿南 壽
(科長)

資格・所属学会
  • 日本歯内療法学会学会(理事長)
  • 日本歯科保存学会 保存治療専門医・指導医(副理事長)
  • 日本外傷歯学会 認定医・指導医

准教授 松﨑 英津子
(副科長)

資格・所属学会
  • 日本歯科保存学会 保存治療認定医
  • 日本歯周病学会 専門医
  • 日本歯内療法学会(理事長幹事)
  • 日本外傷歯学会

講師 松本 典祥

資格・所属学会
  • 日本歯科保存学会 保存治療認定医
  • 日本外傷歯学会 認定医
  • 日本歯内療法学会

講師 水上 正彦

資格・所属学会
  • 日本歯科保存学会 保存治療認定医
  • 日本歯内療法学会
  • 日本歯周病学会

助教 二階堂 美咲

資格・所属学会
  • 日本歯科保存学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本歯周病学会

1受付

1階受付後、3階歯科診療室受付

2問診・検査等

3階歯科総合初診で診察・問診、必要に応じてエックス線検査等

3診断・治療法の概略説明

各治療法のメリット・デメリット、費用、治療期間等についてもご案内いたします。

4歯内治療をスタート

治療計画にご同意いただけましたら、「今日の治療内容」についてご説明した後、患者さんの担当医を決定し、歯内治療をスタートします。
症状が強い場合は、応急処置を行います。

5担当医との次回予約

診察終了後、担当医との次回予約を行います。
他科での診察も必要な際は、紹介させていただきます。

Q 歯内治療(根管治療)に必要な通院回数はどのくらいですか。

A 歯内治療(根管治療)に必要な通院回数(目安)は、歯一本あたり前歯で2〜3回、奥歯では3〜4回です。根管治療後の歯にクラウン(冠)を被せる期間を加えると、診断から歯の完成まで6〜7回の通院が必要です。週1回の通院でおよそ1ヶ月半かかる計算になります。2本以上の歯内治療をする場合は本数×1ヶ月半が必要になります。全ての病変を治療するのに1年以上かかることもあります。また歯の状態は、むし歯、再根管治療の歯の場合等、それぞれの歯によって異なりますので、通院回数も異なることをご理解ください。


Q ラバーダム防湿は行っていますか。

A 原則的に全ての根管治療において、ラバーダム防湿を用いた根管治療を行っています。


Q マイクロスコープは使用していますか。

A 使用しています。台数に限りがあるため、予約を調整して治療を行っています。


Q 歯髄炎について説明してください。

A 歯の中には歯髄とよばれる神経や血管を含む組織があり、歯の根の先にある小さな孔(根尖孔)を通じてあごの骨の中にある神経や血管とつながっています。むし歯(う蝕)が進むと、歯髄にも細菌感染が起こり、冷たいものや温かいものがしみる歯髄炎が起こってきます。歯髄炎が進行し自発痛が強くなると、抜髄治療が必要になります。


Q 抜髄治療について説明してください。

A 抜髄治療は、むし歯の細菌感染により歯髄に生じた感染巣をきれいに除去し、根管内を清掃・消毒したうえで、充填材を封入する方法で、俗に「神経を抜く」治療とも言われています。

プレジデント2020.7.3号より引用・一部改変


Q 根尖性歯周炎について説明してください。

A 歯髄炎を放置すると歯髄が死ぬため、一時期、痛みを感じなくなります。しかし、歯髄が死んで免疫機能が働かなくなるため、根管の中で細菌が増殖し、細菌あるいは細菌が産生する毒素などが根尖孔から歯根の外に出てくるため、歯を支えている骨に炎症が広がり、骨吸収が拡大してきます。根尖性歯周炎の初期症状としては、歯が浮くような痛みや噛んだときに痛みが生じます。進行すると根尖周囲の歯肉が腫れて、さらに痛みが強くなり、顔も腫れて左右非対称になる場合もあります。発熱や悪寒を感じることもあり、炎症があごの骨の外側にも及んで歯肉の腫れや顔の腫れがさらに増大します。


Q 根尖性歯周炎の治療について説明してください。

A 根尖性歯周炎では、原因となっているむし歯(う蝕)を除去したのち、歯の内部の感染した根管から、細菌の侵入した感染象牙質をファイルと呼ばれる細い針のような器具を用いて取り除く感染根管治療を行います。その後、根管内をよく洗浄します。歯肉の腫れが強く、触診で波動を触れる場合は、歯肉切開を行い、排膿を促すことがあります。また、腫れや痛みが強い場合には抗菌薬や鎮痛薬を処方し、感染根管治療を行います。感染根管治療を行っても経過がよくない場合には、歯の根の先を外科的に切除する歯根尖切除法を行うこともあります。