福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院

文字サイズ

  • 標準
  • 大きく

看護部

教育体制

教育理念・方針

教育理念

病院および看護部の理念を基盤として、信頼される質の高い看護が提供できる看護師を育成します。

教育方針

  1. 看護実践力および果たす役割を段階的に修得し、的確に判断し行動できる看護師を育成します。
  2. 看護の質の向上のために主体的に自己研鑽に取り組む自立した看護師を育成します。

新人看護師教育プログラム

新人看護師教育目標

1.看護基準・看護手順などに沿って、必要に応じて指導を受けながら、日常の看護が安全・確実に実施できる。

2.基本的な看護技術が習得できる。

3.看護に必要な知識・技術について主体的に学習できる。

4.看護職員として必要な姿勢、態度を身につける。

 

edu1.png

e-ラーニングの活用

集合研修の事前課題や手順の確認に活用しています。個人IDを全員持っているので、スマートフォンやPCで、自宅でも通勤途中でもすき間時間で動画を視聴して手順を再確認するなど自己学習のサポートになっています。

新人看護師支援体制(チーム支援型)

厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」に基づき、新人看護師の教育支援体制を整備して、プリセプターシップ制度で、新人看護師を一人の先輩看護師が相談役としてサポートしています。
さらに支援体制を強化するため、2022年度からは「臨床教育看護師」が新人看護師教育の中心となって活動します。実地指導者(プリセプターを含む部署のスタッフ)をはじめとした部署のスタッフ全員と連携して、集合研修(Off-JT)と日常業務を経験しながらのトレーニング(OJT)を効果的に連動させて、確実な看護実践能力を獲得できるように支援します。また新人教育に関する相談窓口となり、臨床教育力の向上を目指します。

新採用看護師バッチ

新人看護師は1年間、他職種にもわかる「新採用看護師バッヂ」を胸につけ、安全な医療が提供できるようにしています

新人看護師の一年

新人看護師からのメッセージ


プリセプターとラウンド(病棟/2021年4月入職)

4月から病棟に配属されて3か月半経ちました。覚えることが多く、初めは不安ばかりで戸惑うことも多かったのですが、先輩たちが優しく丁寧に指導してくださり少しずつできることが増えてきました。
病棟には様々な疾患を持った患者さんが入院しているため幅広い知識が必要であり、自分の知識不足を痛感しています。今後も勉強を積み重ね、成長できるよう精進していきたいと思っています。

先輩看護師(プリセプター)からのメッセージ

新病院での初めての新人看護師を受け入れるにあたって、当病院でもプリセプター制度を導入すると話を聞いたときに、ぜひやってみたいと自分からプリセプターに立候補しました。
プリセプターをするにあたって、一番に大事にしたことは新人さんの心のケアでした。看護師1年目というのは、緊張の毎日で、自分自身でも気づかないうちに心が疲れていくものです。そのため、新人さんの心を1番に考え、伸び伸びと成長してくれるように全力で心のサポートをしています。
いま新人看護師全員が毎日笑顔で出勤してきてくれているのを見ると、大変うれしく思います。また日々の業務の中で彼女たちの成長を感じる瞬間は自分のことのように喜びで満ち溢れます。
来年度はまた新しい新人さんがやってきます。現新人看護師達とともに、新しい新人さん達を温かく迎えることができる環境づくりを今後もがんばりたいと思います。

既卒入職者からのメッセージ


内視鏡検査介助の様子(手術室・内視鏡センター/2021年4月入職)

15年総合病院で勤務し、県外から当院へ中途採用として入職しました。
最初は慣れない環境で緊張や不安もありましたが、先輩スタッフの方々から丁寧にご指導していただき、日々安心して働いています。
2児の子育て中ですが、子どもの学校行事等や急な体調不良などの際は、勤務調整も配慮していただき、仕事と家庭の両立をしながら働くことが出来ています。ワークライフバランスの取りやすい環境で、周りの方に支えられながら、幅広い経験をしながら働ける職場です。
入院しているため幅広い知識が必要であり、自分の知識不足を痛感しています。今後も勉強を積み重ね、成長できるよう精進していきたいと思っています。

静脈注射認定看護師(IVナース)育成

当院では、静脈注射に関する看護の質を担保するために、静脈注射認定看護師(IVナース)を育成しています。
看護師全員が「静脈注射教育プログラム」を受講し、安全かつ正確な知識と技術をもって静脈注射を実施します。教育プログラムの内容は、下記のとおりです。
①医師、薬剤師、看護師による基本的・実践的な知識習得のための講義
②腕モデルを使用した実技演習・実技試験
③筆記試験
実技試験および筆記試験の合格者は、静脈注射認定看護師(IVナース)として認定され、認定証と認定バッジが授与されます。
現在100%の看護師がIVナースの資格を持って、静脈注射を実施しています。

DSC00146.JPG DSC00171.JPG