福岡歯科大学

  • 資料請求
  • 検索

学部・大学院

卒業生メッセージ

先生の支援はもちろん、
学生同士で助け合い「みんなで合格」という環境だから頑張れる。
森脇悠太さん
森脇悠太さん
2018年3月卒業(島根県/浜田高校出身)
福岡歯科大学は、学生思いの先生や後輩思いの先輩がそろっています。学生ホールなどで勉強していると声をかけてくださって、わからないところはわかるまで教えてもらえるなど、アットホームで非常に恵まれた環境が整っています。また、先生方は国家試験を詳しく分析されており、その年の傾向に合わせた国家試験対策の講義はとても役に立ちます。私自身は1年生の頃から、今学んでいることは必ず国家試験の役に立つと思い、一つひとつの講義や試験を大切にしてきました。また、スチューデント・アシスタントとして人に教える機会が多く、教えることによって自分があまり理解できていなかった点に気づくこともあります。みんなで励まし合い「みんなで合格しよう!」という雰囲気がこの大学の素晴らしいところだと実感しています。
これから高齢化が進み、歯だけでなく、何かしらの病気も抱えた患者さんが増えると思われます。私は歯科と医科の両方の知識を身につけて、安心して治療を受けていただき、「あなたに治療してもらって本当に良かった」と患者さんに言っていただけるように勉強しています。福岡歯科大学は自分次第でいくらでも上を目指せる学校です。この恵まれた環境で学び、これからの歯科界を一緒に引っ張っていきましょう。
授業や助言教員制度での学びが力に。根気強さとメリハリが大切です。
大曲紗生さん
大曲紗生さん
2016年3月卒業(福岡県/西南学院高校出身)
私は、合格基準が高い必修問題を重点的に勉強していました。大学のカリキュラムはもちろん、定期試験や模試の後には、授業でも復習と解説をしてもらえるなど徹底した合格へのサポートが心強かったです。それに加えて、毎日授業の復習を行い、不明点は先生や友達に尋ねながら、自分が納得できるまで根気強く学習していました。また、「苦手科目を作らない」という点も注力したポイントです。助言教員制度では、6年間同じ先生が受け持ってくださるので、私の間違えやすい分野をよく理解し、テストごとにアドバイスを頂きました。頼れる存在がいたことは、勉強面だけでなく、精神的にも助かりましたね。実際に国家試験に合格した卒業生から、直接アドバイスをもらえたのも大きかったです。無事に国家試験に合格できた今、次に目指すのは患者様に信頼され、長くお付き合いができる歯科医師です。常に新しい技術が生まれる業界だからこそ学び続ける姿勢を忘れずにいたいと思っています。
国家試険の勉強では、どこまで勉強したらいいのか、不安になることがあるかもしれません。そんな時には悩むのではなく、メリハリをつけて勉強することが大切です。私は友達と卒業旅行の計画を立てるなど、気分転換しながら勉強に励み、合格を掴むことができましたよ。