福岡歯科大学

  • 資料請求
  • 検索

学部・大学院

咬合修復学講座について

講座概要

咬合,咀嚼機能の回復を目的とした教育,研究,診療を行っている講座で,有床義歯学分野・冠橋義歯学分野・ 口腔インプラント学分野の3つの分野より構成されています。

主任教授挨拶

咬合修復学講座 口腔インプラント学分野 教授 城戸 寛史

咬合修復学講座は有床義歯学分野,冠橋義歯学分野,口腔インプラント学分野からなり,歯や顎の欠損に対する補綴治療にかかわる治療,研究および教育を担当しています。私たちの活動の主な目的は,生体材料を含む,多くの種類の材料を利用して欠損の修復を行い,患者の機能を効率的に回復することです。
近年,デジタル技術の導入により,光学印象やCAD/CAMによる補綴物の製作など,パラダイムシフトともいえる診療体制の改革を行っており,教育や研究にもこれらの技術を積極的に取り入れています。

それぞれの名称をクリックすると、詳細情報に移動します。

冠橋義歯学分野

冠橋義歯学分野とは・・・

冠橋義歯学分野は昭和50年秋に発足した歯科補綴学第2講座を母体としますが、平成10年4月に歯科補綴学講座の一分野となり、さらに平成12年4月からは口腔インプラント科と統合された、咬合修復学講座の一分野として位置しています。
歯牙・歯質の欠損による機能の回復に、我々が担当している冠橋義歯、有床橋義歯、インプラント補綴は非常に有効な歯科治療の方法の一つですが、それぞれに利点・欠点もあり、適応症のオーバーラップが大きなところにその特徴があります。そこで、冠橋義歯学、有床橋義歯学、口腔インプラントの3分野は協力して、歯牙・歯質の欠損による機能の回復の診療・教育・研究にあたっています。そのうち、冠橋義歯学分野では冠橋義歯による補綴法の教育を中心的に担っています。

冠橋義歯学分野とインプラント診療

今まで、歯牙の一本欠損はブリッジ(橋義歯)で、無歯顎は総義歯(有床義歯)で修復されるのが定番でしたが、1995,6年をターニングポイントとして、歯科補綴の臨床は大きく変化してきました。それは、本当に歯らしい形と機能的にも満足なインプラント補綴が可能になってきたことで、臨床の考え方が大幅に変わってきたということです。特に2000年以降、さらに変化に加速度がついてきています。
インプラントの上部構造は冠橋義歯そのものであり、インプラントと冠橋義歯の関わりは今後ますます大きくなっていくことでしょう。

機構回復のための診断の重要性

インプラント補綴の急速な導入により、高い機能回復も可能になってきたわけですが、反対にリスクもしっかりと掌握をしておく必要が出てくるようになりました。特に、噛み合わせや骨質の診断が重要と考えられ、我々は画像診断や分子生物学的手法でこの分野の研究に取り組んでいます。

研究テーマ

1.顎口腔系の機能と診断に関する研究

・顎関節症に関する画像診断学的研究
・変形性顎関節症についての生物学的研究
・下顎骨形態的特徴に関する画像的診断学的研究
・下顎骨骨質についての生物学的研究

2.インプラント上部構造に関する研究

・ハイブリッドセラミックのインプラント上部構造への応用

冠橋義歯学分野 所属教員

教授 松浦 尚志
講師 山口雄一郎
講師 加我 公行
助教 柴口  塊
助教 宮園 祥爾

有床義歯学分野

有床義歯学分野とは・・・

私たちの分野は、冠・橋義歯学分野や口腔インプラント学分野とともに、咬合修復学講座を構成しています。
有床義歯学分野は、おもに全部の歯または部分的に歯を失った患者さんや腫瘍摘出や外傷などが原因で顎の一部を失った患者さんに、取り外しができる義歯(入れ歯)、顎義歯を作製して、咀嚼、嚥下、発音などの低下した機能を回復させる一方で、顔貌を整復させる方法などの基礎的理論と具体的な臨床術式の研究を行い、その教育を担当しています。
また、附属病院では、咬合修復学講座の他分野と共同して、冠や義歯を応用して患者さんの咬合機能を回復・維持するための治療や、噛み合わせの不調和に起因する顎機能障害(顎関節症など)の治療なども行っています。

クォリティー・オブ・ライフを求めた診療

口腔内疾患(齲蝕、歯周疾患、腫瘍etc)の治療を行った結果、歯牙や歯周組織あるいは顎骨の欠損が生じることがあります。組織の欠損が生じることにより咀嚼障害、審美障害、発音障害、嚥下障害等が引き起こされ、これらに関連して全身的あるいは精神的ダメージをこうむることで、患者さん本人の社会生活にも悪影響をおよぼす可能性があります。 そこで我々は、患者さんに人間性豊かな、活力ある、高度な社会生活を営んでもらうことを目標に、有床義歯学分野の立場から床用材料(床用レジン、金属)の改良・開発、および臨床テクニックを研究することにより、患者さんのクオリティー・オブ・ライフの向上に務めています。

バイオマテリアルの研究

バイオマテリアルとは医療の目的で人間の器官や組織の機能と形態を代替するあるいは、促進するために用いる材料です。また、治療、診断ならびに予防に用いられる材料をも含みます。
歯科領域への人工材料の使用は、古くから行われています。有床義歯学分野では、入れ歯の材料である各種レジン、補強材料、チタンなどの金属の諸性質を研究し、開発しています。また、これらの材料を臨床に応用し生じた問題点について研究、解明を行っています。

研究テーマ

1.義歯の変形の測定

総義歯において床粘膜面部の寸法再現性は義歯の維持安定に直接関与する重要な因子の一つである。この義歯の材料である床用レジンとしては加熱重合法、常温重合法、またはマイクロ波重合法があり、これらの材料の重合に伴う寸法変化とその後に引き起こる経日的な寸法変化について三次元的に計測し、比較検討している。

2.チタン系金属鋳造体辺縁の細部再現性

チタン系金属の鋳込み不足量は金合金よりも大きく、Ni-Cr合金よりも小さいことを既に明らかにした。埋没材の焼却スケジュールの変更と鋳造体辺縁の角度を大きくすることによって改善できる可能性がある。

3.金属と高分子材料の接着

12%金銀パラジウム合金、T削除量を抑えつつ患者固有の下顎運動を変化させないブリッジやスプリントが可能になった。外観に触れる部分は歯冠色のポンティックだけというブリッジも可能になりつつある。

4.歯科用材料からの溶出成分の測定

歯科材料でテンポラリークラウンなどに用いられるアクリリックレジンは口腔内に装着後、歯肉に刺激を与え炎症を引き起こす残留モノマーが溶出するといわれている。一方、有床義歯において床下粘膜に不正な状態が認められる場合に用いられるティッシュコンディショナーからは環境ホルモンを含む可塑剤成分の溶出が疑われている。これら2つの歯科材料より経時的に溶出する成分の定量および定性を行っている。

5.低刺激性の直接リライニング材で裏装した加熱重合型床用レジンの強さ

低刺激性の直接リライニング材で裏装した加熱重合型床用レジンの曲げ強さを、裏装していない加熱重合型床用レジンと比較すると、低いことが明らかとなった。現在、低刺激性直接リライニング材で裏装した加熱重合型床用レジンの曲げ強さの向上について検討中である。

6.床用レジンに応用したガラス繊維強化樹脂の補強効果

義歯に使用される床用レジンの中でも、レジンを射出成型法により填入しマイクロ波によって重合させる、いわゆる射出成型法によるマイクロ波重合型レジン(三金工業社製SPAD)についてその機械的性質を研究している。

7.義歯床用レジン材料の性質研究

世界ではじめてマウスにPorphyromonas gingivalisを接種し、実験的に歯周炎を起こす実験系を確立した。ヒトでは確認することが困難な、歯周炎発症初期の宿主-細菌相互作用の解析を行うための適切なモデルになるものとして期待されている。

有床義歯学分野 所属教員

教授 都築  尊
准教授 川口 智弘
講師 吉田 兼義
講師 濵中 一平

口腔インプラント学分野

口腔インプラント学分野は、1998年11月、日本の歯科大学歯学部としては初めての独立したインプラント診療科として開設されました。現在の診療内容は通常のインプラント治療の他に、悪性腫瘍切除再建例などの顎顔面欠損に対するインプラント治療、歯科矯正のインプラントアンカーの設置、GBR、仮骨延長法、上顎洞底骨移植などを応用したインプラント治療まで、幅広く行っています。学生教育にも力を注いでおり、模型を用いたインプラント埋入、手術シミュレーション実習などを取り入れ、欠損補綴に対する治療法について実践的な教育を行っています。国際交流を重視しており、韓国の翰林大学医学部口腔顎顔面外科、中国の北京大学口腔医学院、首都医科大学附属北京口腔医院、上海交通大学口腔医学院のインプラントセンター等、多くの海外の大学と学術交流を行っています。

研究テーマ

1.再生医療を応用した感染インプラントのリカバリー

2.透明プラスチックインプラントの開発および骨結合の3次元的微細構造の解析

口腔インプラント学分野 所属教員

教授 城戸 寛史
准教授 加倉 加恵
講師 森永 健三
助教 柳   束
助教 谷口 祐介
助教 松本 彩子
助教 根来香奈江
助教 藤﨑 誠一

研究業績

福岡歯科大学・福岡医療短期大学研究業績データベース