HOME

医科診療科

福岡歯科大学医科歯科総合病院

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

内科・脳血管内科・循環器内科・腎臓内科・糖尿病内科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 内科

主な診療内容

 内科の診療スタッフが充実し、内科診療が大幅にグレードアップしました!!
 高齢社会を迎え、健やかに老い、健康にあふれる高齢社会を目標に、政府は悪性腫瘍とともに、国民の健康を損ねる主要疾患である心臓病、脳血管障害、慢性腎臓病の克服を目指して、基本対策を策定しています。そのためには、その前段階ともいえる生活習慣病、メタボリックシンドロームを予防することが欠かせません。
 生活習慣病の克服という新しい時代の医療を担い、地域医療の発展に更に貢献するために、平成20年から内科では循環器領域に加えて、専門診療領域を拡大しています。九州大学病院から、脳血管障害(脳卒中)、腎臓病、糖尿病の各々の専門医が赴任しました。
 これまでの特定検診・特定保健指導を含む内科一般の診療を継続するとともに、健やかな高齢社会に大きく立ちはだかっている心臓病、脳血管障害、腎臓疾患、糖尿病の専門的な治療を発展・展開させようと、外来診療、入院診療を積極的に行っています。どうぞお気軽に受診してください。

スタッフ

教 授(科長) 大星博明

医学博士
日本脳卒中学会認定専門医
日本内科学会認定医
日本老年医学会指導医

准教授(副科長) 徳本正憲

医学博士

講師 寒水康雄

医学博士
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本高血圧学会専門医

助教 松尾 実奈

日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医
日本病態栄養学会病態栄養専門医・NSTコーディネーター

助教 田中 茂

医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本透析学会専門医

非常勤講師
(介護老人保健施設 サンシャインシティ 施設長)
中島與志行

医学博士
日本内科学認定医
日本循環器学会認定専門医
日本腎臓学会認定専門医

非常勤講師
(福岡医療短期大学 学科長・教授)
大倉義文

医学博士
日本内科学会内科専門医
日本循環器学会専門医
日本動脈硬化学会評議員

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

心療内科

心療内科

主な診療内容

 心療内科でみることの多い病気には、高血圧症、糖尿病、肥満などの生活習慣病、気管支喘息、胃十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群、頭痛、自律神経失調症、摂食障害などがあります。これらは、すべてがそうであるというわけではありませんが、病気の起こる原因や長引いている原因、なかなか良くならない原因に心理社会的要因やストレスが関係していることが多いのです。こうした病態(病気の原因)をもつ病気は総称して「心身症」と呼ばれています。心身症の病態がしばしば見られる病気には 表1のようなたくさんの病気があります。
心療内科では、「内科」とついているように、内科的な疾患を中心に診療しています。一般の内科と違うところは、身体をみながら常に患者さんの心や社会生活の面に注意を向けていることです。精神科と違うところは、心と同時に身体に配慮していることです。
長引く症状があってもそれがストレスからくるものであるとか、心理的な原因であるということは、本人自身はなかなか気が付かないものです。症状が1ヵ月以上続く場合、検査でははっきりした異常が見られない場合、多彩な症状が繰り返し出る場合、などがあるときには一度心療内科に相談して下さい。
 治療では、薬物療法に加えて、カウンセリング、自律訓練法、交流分析、行動療法、バイオフィードバック法などを行います。入院施設もありますので、必要であれば入院治療も可能です。
表1 代表的な心身症
呼吸器系 気管支喘息、過換気症候群、神経性咳嗽
循環器系 高血圧症、低血圧症、起立性低血圧症、冠動脈疾患、神経循環無力症
消化器系 消化性潰瘍、慢性胃炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、胆道ジスキネジー、慢性膵炎、心因性嘔吐、びまん性食道痙攣
内分泌系 神経性無食欲症、神経性過食症、甲状腺機能亢進症、肥満症、糖尿病
神経筋肉系 緊張型頭痛、片頭痛、書痙、痙性斜頸、自律神経失調症、慢性疼痛
皮膚科系 アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹、多汗症、円形脱毛症、皮膚掻痒症
外科系 腹部手術後愁訴、頻回手術症
整形外科系 慢性関節リウマチ、全身性筋痛症、腰痛症
泌尿器系 神経性頻尿(過敏性膀胱)、夜尿症
産婦人科系 更年期障害、月経前症候群、続発性無月経
眼科系 眼精疲労、眼瞼痙攣、視野狭窄
耳鼻科系 めまい症、心因性難聴、咽喉頭異常感症、心因性失声症
歯科領域 顎関節症、義歯不適応症、舌痛症、口腔乾燥症
※心療内科は完全予約制となっています。

スタッフ

教 授(科長) 金光芳郎

医学博士
日本心身医学会専門医

助 教 千々岩武陽

日本心身医学会心身医療内科専門医
日本内科学会内科認定医
日本東洋医学会漢方専門医

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

外科・消化器外科・腫瘍外科・乳腺外科・肛門外科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 外科

主な診療内容

 外科は診療内容として消化管外科、肝・胆・膵外科、乳腺外科、一般外科、肛門外科等の幅広い外科の分野をカバーし、手術療法のみならず正確な術前診断に基づく各種の治療や化学療法を併用した集学的治療まで行います。

スタッフ

教 授(科長) 篠原徹雄

医学博士
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医
日本消化器病学会専門医
感染症対策専門医(ICD)
日本内視鏡外科学会技術認定
日本乳癌学会認定医
消化器がん治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 ストーマ認定士

講師 別府理智子

医学博士
日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
日本大腸肛門病学会専門医
日本大腸肛門病学会指導医(IIb)
消化器がん治療認定医
検診マンモグラフィ読影認定医

助教 山下りさこ

 

助教 山口良介

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

形成外科・美容外科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 形成外科

主な診療内容

 健康な口元は美しいもの・・・歯科治療はかむこと(機能)を回復すると同時に、見た目の美しさ(審美)を回復することも重要な目的です。更に口元だけではなく、お顔全体で美しく、若返ることができれば・・・「老化は自然の摂理」という今までの概念は変わってきつつあり、老化現象の防止(アンチエイジング)が医療の一分野として注目されてきています。
 このようなニーズに応え、口元・顔面全体の機能、審美治療を形成外科医と歯科医師が共同で、トータルに扱う部門が口腔顔面美容医療センターです。医科と歯科ではお互いの知識が不足していることは否めません。美容医療が本当に患者さんのメリットとなるために各専門医がそれぞれの立場からトータルな治療オプションを増やし、より専門的で高度かつ安全な医療を提供いたします。
 形成外科は人体の“形”を整えることを主な目的とした医学です。
 診療内容を、
 
 1)老化にともなう変形に対する治療(抗加齢美容医療)
 2)「やけど」や「顔のケガ」のような外傷の治療(創傷管理;Wound Management)
 3)こどもの顔やからだ、手足の先天異常に対する治療(小児形成外科)
 4)乳房再建のような癌を手術したあとの再建手術(再建外科)

の四本の柱にしています。
 生活の質や変形を改善する手術は健康保険がきかないと多くの患者さん(あるいは医師)が思われています。純粋な美容手術(ヒアルロン酸注射や豊胸術、フェイスリフトなど)をのぞき、保険適用されるものもあるので診療内容だけでなく診療費についても、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

※形成・美容外科は完全予約制となっています。

スタッフ

准教授(科長) 萩家康弘(形成外科)

医学博士
日本形成外科学会専門医

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

耳鼻咽喉科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 形成外科

主な診療内容

 耳鼻咽喉科は首から上の領域で、眼や頸椎を除くすべての領域を担当しています。中耳炎や外耳炎をはじめとする耳疾患、アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などの鼻疾患、声帯ポリープなどの喉頭疾患をはじめ、メニエール病や突発性難聴、顔面神経麻痺等の薬物治療、耳下腺や顎下腺(がくかせん)などの唾液腺疾患や扁桃炎などの手術治療にも当たっています。また、嚥下(えんげ)障害に対しても積極的に取り組んでおり、嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査などの専門的な検査を行い治療に取り組んでいます。

スタッフ

教授(科長) 山野貴史

医学博士
耳鼻咽喉科専門医
補聴器相談医

助教 杉野真理子

 

助教 西 総一郎

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

眼科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 眼科

主な診療内容

 当科は平成22年度に開設され、現在医師3名で診療にあたっています。 
白内障・緑内障・糖尿病網膜症・網膜剥離など一般的な眼疾患については、最新の検査・治療機器を用いて診断・治療をおこなっています。

白内障手術は日帰り手術・入院手術を患者さんの状況に合わせておこなっています。
緑内障手術や、網膜硝子体手術(血管新生緑内障や増殖性硝子体網膜症など重症例を含む)は入院でおこなっています。

また当科の得意分野としては、ぶどう膜炎などの眼科領域の炎症性疾患の入院を含めた診断治療をおこなっています。また、眼球の疾患ばかりでなく、まぶたや眼窩に生ずる腫瘍性・炎症性疾患、鼻涙管閉塞に伴う流涙症などについても対応しています。

平成25年1月~12月の主な手術件数は白内障235件、網膜硝子体手術25件、緑内障手術12件などでした。

 

スタッフ

教 授(科長) 川野庸一

医学博士
日本眼科学会専門医・指導医

講師 八幡信代

博士(医学)

助教 明神沙弥香

博士(医学)
日本眼科学会専門医

助教 熊野 誠也

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

小児科・神経小児科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 小児科

主な診療内容

 当科では、とくに感染症の予防(ワクチン)と最近注目されている発達障害児への対応に力を入れています。食物アレルギーなどで、かかりつけでワクチン接種ができなかった場合や海外渡航に際しての必要なワクチンを状況に応じて接種しています。

 発達が気になるにお子さんには、詳しく話をお聞きしたうえで、神経学的な診察や検査(発達検査や必要に応じて頭部MRI、脳波、血液検査)で医学的な診断を行い、お子様の個性に応じた生活指導・支援を行います。

 平成25年4月に開設され、小児科及び神経小児科専門医4名で診療にあたります。子どもたちの健やかな成長・発達のお手伝いをするのが小児科・神経小児科の役割です。

 地域の小児科の先生方や病院の先生方と緊密に連携をとりながらの診療を心がけていきます。
 “子どもたちに安心・安全の医療”が提供できるよう、スタッフ一同で取り組んでいきます。

スタッフ

教授(科長) 鳥巣浩幸

医学博士
日本小児科学会   小児科専門医
日本小児神経学会  小児神経専門医
日本てんかん学会  てんかん専門医

助教 沼田里奈

日本小児科学会小児科専門医
日本感染症学会会員
日本小児感染症学会会員

助教 野田麻里絵

 

福岡看護大学教授 岡田賢司 (予防接種センター長)

医学博士
日本小児科学会小児科専門医
日本感染症学会指導医・専門医
ICD(インフェクションコントロールドクター)

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

整形外科・リハビリテーション科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 整形外科

主な診療内容

 当科は平成25年度より開設されました。医師は常勤2名、非常勤1名で診療に当たります。頭と顔を除く運動器疾患(骨、関節、筋、末梢神経等)全般の診察・治療を行います。骨折や靱帯損傷などの外傷性疾患、変形性関節症等の変性疾患等に対し、小児から高齢者まで、診断・治療を行います。疾患によってはリハビリテーションプログラムを提供いたします。

 手術は、基本的に入院にて行います(日帰り入院も含む)。術後のリハビリテーションにも力を入れています。

 当科の得意分野は、足部疾患です。外反母趾などの足趾の変形と疼痛、捻挫や軟骨障害等のスポーツ障害、変形性足関節症や成人扁平足などの変性疾患、などがあります。関節鏡(内視鏡)による治療も行います。また、靴による痛み等に関する相談も受け付けます。

スタッフ

教 授(科長) 井上敏生

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
財団法人日本体育協会公認スポーツドクター

講師 加島伸浩

医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

麻酔科(ペインクリニック)

福岡歯科大学医科歯科総合病院 麻酔科

主な診療内容

 対象となるのは三叉神経痛※1)、三叉神経麻痺※2)、顔面神経麻痺※3)、帯状疱疹※4)、頭痛、腰痛、肩こりなど全身の痛みやしびれを呈する疾患です。
 ペインクリニックでは、種々の神経ブロック、トリガーポイント注射、理学療法、点滴治療、内服治療など多彩な治療を行います。
 神経ブロックとは神経やその周囲に局所麻酔薬などを投与して痛みをとる方法です。痛みをとるだけでなく、血行を改善し治りを早くします。
 もちろん、すべての患者さんに神経ブロックを行うわけではなく、低出力レーザー照射法や低周波治療法、鍼などの理学療法も行います。消炎鎮痛剤などの薬剤を補助に処方することもありますし、漢方薬などを処方することもあります。
※1)顎・顔面部・片側の発作性の痛みが特徴。
※2)歯科治療により起こるしびれや痛みなどで、症状が残ることがある。
※3)顔面片側の運動麻痺。麻痺側の口から水がこぼれたり、目が閉じにくくなる。
※4)体の片側に帯状に拡がる発疹と痛みが特徴。発疹が治癒した後も、治りにくい神経痛が残ることがある(とくに高齢者の場合に多い傾向あり)。

スタッフ

教 授(科長) 谷口省吾

医学博士
日本麻酔学会指導医、専門医
日本歯科麻酔学会認定医

講師 冨永晋二

歯学博士
日本歯科麻酔学会専門医、認定医
日本障害者歯科学会認定医
日本蘇生学会指導医

講師 野上堅太郎

歯学博士
日本歯科麻酔学会専門医、認定医
日本障害者歯科学会認定医

助教 吉武 慎一郎

医学博士
日本麻酔科学会専門医

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.

前へ戻る HOME

皮膚科

福岡歯科大学医科歯科総合病院 皮膚科

主な診療内容

 院内の先生方(歯科・医科)や地域の施設と連携し、様々な皮膚の問題を解決すべく対処していきたいと考えています。

●皮膚病について

 皮膚病は見た目が気になったり、かゆみ、痛みなど耐え難い感覚や機能の低下を引き起こしたりします。例えば、発汗の減少は体温調節機能が損なわれますが、逆に多汗症も日常・社会生活で支障を来します。皮膚腫瘍は大きくなると見た目の問題を生じるばかりでなく、悪性腫瘍では治療の時期が遅れると周囲の組織が破壊されたり、転移したりすることがあり、早期の発見と治療が重要です。

●皮膚病と口腔医学

 皮膚の病気と、口腔(こうくう)粘膜の病気は、人体を外から覆う皮膚と内側から覆う粘膜という点で似ています。また、皮膚病がよく起こる顔の中心の口では、皮膚と粘膜が唇でつながっているので両方に及ぶこともありますから、歯科を受診された患者さんにも満足度の高い医療を皮膚科として提供できるように努力します。

 

スタッフ

教 授(科長) 古村南夫

医学博士
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本皮膚科学会認定美容皮膚科・レーザー指導専門医

助教 伊藤絵里子

日本皮膚科学会専門医

助教 江﨑 仁一

日本皮膚科学会会員
日本アレルギー学会会員
米国研究皮膚科学会会員

 

福岡歯科大学医科歯科総合病院

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL : 092-801-0411 (代)
MAIL : byouin@college.fdcnte.ac.jp
(C) 2015 FUKUOKA DENTAL COLLEGE. All Rights Reserved.