TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
%
生体構造学
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:21件)
1 .
谷口邦久. 第8章 感染症 二階宏昌 佐藤方信 歯学生のための病理学(一般病理編). 東京: 医歯薬出版株式会社; 2000. p.141-153
2 .
長門俊一. 唾液腺の発生と微細構造 川崎堅三他編集 口腔組織発生学. 東京: わかば出版; 2001. p.98-103
3 .
大野純, 草間薫. 12 癌患者における歯周病と歯周管理 宮田隆、Ross LF, Genco RJ, Cohen DW, Mealey BL ペリオドンタルメディスン. 東京: 医歯薬出版; 2001. p.224-232
4 .
三好作一郎, 佐藤敦子. 歯牙の用語説明(20項目) 織田正豊ら 歯科衛生士のための歯科用語辞典. 東京: クインテッセンス出版; 2002. p.45-49
5 .
三好作一郎, 佐藤敦子. 歯牙用語の説明(18項目) 織田正豊ら 歯科衛生士のための歯科用語辞典. 東京: クインテッセンス出版; 2002. p.157-159
6 .
長門俊一, 佐藤敦子. 唾液腺 三好作一郎編 簡明口腔組織学. 東京: 医歯薬出版; 2002. p.103-110
7 .
谷口邦久, (分担執筆). 第8章-第10章 賀来亨, 立川哲彦, 田中陽一, 谷口邦久編 カラーアトラス EBMに基づいた口腔病理診断学. 京都: 永末書店; 2003. p.151-182
8 .
佐藤敦子. 口腔解剖学 歯科衛生士国試対策研究会編 歯科衛生士国試対策集(2005年度対応 第1-第13回全重要問題解説集). 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.13−19
9 .
児玉淳. 歯科衛生士国試対策研究会編 歯科衛生士国試対策集2005年度対応 第1〜13回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2004. p.5-12
10 .
谷口邦久, (分担執筆). 炎症 草間薫、斎藤一郎, 竹内宏, 谷口邦久、根本則道, 茂呂周, 山本博嗣編 コメディカル病理学. 東京: 学建書院; 2004. p.70-83
11 .
児玉淳. 歯科衛生士国試対策研究会編 歯科衛生士国試対策集2006年度対応第1〜14回全重要問題解説集. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2005. p.5-12
12 .
佐藤敦子. 口腔解剖学 歯科衛生士国試対策研究会編 歯科衛生士国試対策集(2006年度対応 第1回-第14回全重要問題解説集). 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.13−20
13 .
佐藤敦子. 導管の微細構造と細胞構造 天野修、草間薫 口腔生物学各論 唾液腺. 東京: 学建書院; 2006. p.11-15
14 .
竹内宏, 草間薫, 谷口邦久, 岡村和彦, 他13名. Chapter 2 病因と病態(一部) Chapter 9 口腔の内分泌性疾患 竹内宏、草間薫 最新 病理学・口腔病理学. 東京都: 医歯薬出版株式会社; 2007. p.55-61, 186-196
15 .
大野純. 草間薫,大野純 病理学・口腔病理学サイドリーダー. 東京: 学建書院; 2007. p.1-211
16 .
谷口邦久. 第犠蓮〇の発育異常 賀来 亨,田中昭男 簡明 口腔病理アトラス. 京都市: 永末書店; 2008. p.1-9
17 .
八尋純子. 口腔解剖学  歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策会編 歯科衛生士国試対策集(2010年対応 第1〜18回全重要問題解説集). 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2009. p.p.14−21
18 .
谷口邦久, 大野純. 5 炎症、12 免疫・免疫異常 草間薫、斉藤一郎、竹内宏、谷口邦久、根本則道、茂呂周、山本浩嗣 コメディカル病理学 第2版. 東京: 学建書院; 2009. p.70-93, 110-139
19 .
Haruyama N, Hatakeyama J, Hatakeyama Y, Gibson CW, Kulkarni AB. Lessons from the amelogenin knockout mice Goldberg M Amelogenins:Multifaeethed Proteins for Dental and Bone Formation and Repair. USA: Bentham Science Publishers LTD.; 2010. p.25-31
20 .
沢禎彦. CHAPTER 14 舌 ネッター頭頸部・口腔顎顔面の臨床解剖学アトラス 前田健康監訳. : 医歯薬出版; 2012. p.399-417
21 .
北河憲雄. 第5章 ヒト上皮組織に対する抗菌ペプチドの作用 長岡功 抗菌ペプチドの機能解明と技術利用. 東京都千代田区神田錦町1-17-1: シーエムシー出版; 2017. p.198-205
総説  (該当件数: 16 件) 
1 .
Tandler B, Gresik EW, Nagato T, Phillips CJ. Secretion by striated ducts of mammarian major salivary glands: Review from an ulutrastructural, functional, and evolutionary perspective. Anat Rec. 2001; 264: 121-145
2 .
長門俊一, 久永豊, 清水大三郎, 藤原隆. エポン切片のイオンエッチングによる走査電顕試料の作製法とその三次元再構築への応用. 電子顕微鏡. 2001; 36: 131-134
3 .
大野純, 草間薫. 歯周疾患の病理. Clinical Calcium. 2001; 11: 14-20
4 .
長門俊一, 久永豊, 森下孝一郎. イオンエッチングによる樹脂切片の走査電顕観察. 細胞. 2002; 34: 424-427
5 .
Sawa Y. Leukocyte adhesion molecule expressions on vascular endothelium. J Fukuoka Dent Coll. 2007; 33: 159-170
6 .
Sato A. Tuft Cells. Anat Sci Int. 2007; 82: 187-199
7 .
Tsuruga E. Elastic system fiber: Its components and properties. J Fukuoka Dent Coll. 2007; 33: 171-181
8 .
Tsuruga E, Yajima T. Elastic System Fibers: Molecular Properties of Tropoelastin and Microfibrils. Dentistry in Japan. 2007; 43: 119-122
9 .
稲光哲明. 歯科診療に必要な心身医学の知識., . 福歯大雑誌. 2008; 34: 47-54
10 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口内炎が治らない」 . The Quintessence. 2009; 28: 213-216
11 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口腔内に多発したびらん病変」 . The Quintessence. 2009; 28: 201-204
12 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「顎骨内の大きな透過像」 . The Quintessence. 2009; 28: 193-196
13 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口蓋部に生じた経過の長い腫脹」 . The Quintessence. 2009; 28: 197-200
14 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「頬部に生じた腫瘤」 . The Quintessence. 2009; 28: 203-206
15 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「リウマチ治療薬の副作用として発生した歯肉病変」 . The Quintessence. 2009; 28: 203-206
16 .
畠山雄次. 骨芽細胞および軟骨細胞の動態制御に関わる Growth Differentiation Factor‐5 (GDF‐5). 福岡歯科大学学会雑誌. 2015; 40: 87-94
原著論文  (該当件数: 190 件)
1 .
太田信敬, 山田裕香, 榎規雄, 森下孝一郎, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟, 池邉哲郎. . . ; :
2 .
逢坂洋輔, 柏村晴子, 岡曉子, 岡村和彦, 香川豊宏, 林容子, 大関悟, 尾崎正雄. . . ; :
3 .
太田信敬, 大野純, 岩橋輝明, 長岡良礼, 永沼香織, 佐々木三奈, 府川晃久, 大関悟, 池邉哲郎, 谷口邦久. . . ; :
4 .
橋本憲一郎, 福沢秀昭, 岡村和彦, 三輪邦宏, 山下善弘, 池邉哲郎, 大関悟. . . ; :
5 .
篠崎陽介, 大野純, 松浦尚志, 佐藤博信, 福島忠男. . . ; :
6 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 米田雅裕, 廣藤卓雄. . . ; :
7 .
Nishimura S, Inada H, Sawa Y, Ishikawa H. Risk factors to cause tooth formation anomalies in chemotherapy of paediatric cancers.. European Journal of Cancer Care. 2013; 22: 353-360
8 .
Ebata N, Nodasaka Y, Sawa Y, Yamaoka Y, Makino S, Totsuka Y, Yoshida S. Desmoplakin as a specific marker of lymphatic vessels. Microvasc Res. 2001; 61: 40-48
9 .
Kiyoshima T, Shima K, Kobayashi I, Matsuo K, Okamura K, Komatsu S, Rasul AME, Sakai H. Expression of p53 tumor suppressor gene in adenoid cystic and mucoepidermoid carcinomas of the salivary glands. Oral Oncol. 2001; 37: 315-322
10 .
Ebata N, Sawa Y, Nodasaka Y, Yamaoka Y, Yoshida S, Totsuka Y. Immunoelectron microscopic study of PECAM-1 expression on lymphatic endothelium of the human tongue. Tissue Cell. 2001; 33: 211-218
11 .
Fukushima T, Inoue Y, Hayakawa T, Taniguchi K, Miyazaki K, Okahata Y. Preparation of and Tissue Response to DNA-Lipid Films. J Dent Res. 2001; 80: 1772-1776
12 .
北村憲司, 和田忠子, 岡村和彦, 高橋裕, 尾崎正雄, 山本清, 杉本幸隆, 長環, 住吉周平, 武内哲二, 阿部興紀,藤英俊,栢豪洋,青野一哉. チュートリアル方式による小グループテーマ別学習 ―福岡歯科大学における試み―. 日歯教誌. 2001; 16: 167-175
13 .
大野純, 岡澤次郎, 岡村和彦, 草間薫, 田中久夫, 井上咲子, 澤熊文平, 須賀道子, 谷口邦久. 急性口腔粘膜GVHDでのマクロファージの役割. 消化器と免疫. 2001; 38: 68-71
14 .
Tajima Y, Kuroda-Kawasaki M, Ohno J, Yi J, Kusama K, Tanaka H, Fukunaga S, Shimada J, Yamamoto Y. Peripheral ameloblastoma with potentially malignant features: report of a case with special regard to its keratin profile. J Oral Pathol Med. 2001; 30: 494-498
15 .
Fukuda M, Tanaka A, Kida M, Fukuda F, Suzuki S, Yi J, Kebusa Y, Ohno J, Yamamoto Y, Minato H, Nonomura A, Sakashita H, Kusama K. Immunohistochemical detection of cytokeratin 18 and its neo-epitope in Warthin's tumor (adenolymphoma) of the parotid gland. Anticancer Res. 2001; 21: 109-112
16 .
Yamaoka Y, Sawa Y, Ebata N, Ibuki N, Yoshida S. Cultured periodontal ligament fibroblasts express diverse connexins. Tissue Cell. 2002; 34: 375-380
17 .
Ibuki N, Yamaoka Y, Sawa Y, Kawasaki T, Yoshida S. Different expressions of connexin 43 and 32 in the fibroblasts of human dental pulp. Tissue Cell. 2002; 34: 375-380
18 .
Yahiro J, Nagato T. Distribution of kallikrein in striated duct cells of monkey submandibular glands. Arch Oral Biol. 2002; 47: 631-635
19 .
Okamura K, Kiyoshima T, Shima K, Kobayashi I, Matsuo K, Ishibashi H, Komatsu S, Rasul AM, Sakai H. Immunohistochemical expression of CA19-9 and CA125 in mucoepidermoid and adenoid cystic carcinomas of the salivary gland. Oral Oncol. 2002; 38: 244-250
20 .
Sato A, Hisanaga Y, Inoue Y, Nagato T, Toh H. Three-dimensional structure of apical vesicles of tuft cells of the main excretory duct of the rat submandibular gland. Eur J Morphol. 2002; 40: 235-239
21 .
片山太郎. ヒト翼突筋静脈叢を経由する静脈循環路の解明「学位論文」. 福岡歯科大誌. 2002; 28: 103-114
22 .
北村憲司, 佐藤博信, 栢豪洋, 羽生哲也, 中島與志行, 藤英俊, 本田武司, 阿部興紀, 水田信, 谷口邦久, 上西秀則,宮崎光治,境脩,大関悟,青野一哉. 本学における教員組織の見直し ―大講座制への移行―. 日歯教誌. 2002; 17: 409-419
23 .
Ohta Y, Yamaoka Y, Sawa Y, Kuroshima S, Yoshida S, Kawasaki T. Expression of N-cadherin and cadherin-11 in human periodontal ligament fibroblasts. Hokkaido Journal of Dental Science. 2003; 24: 238-245
24 .
Suzuki M, Ushijima N, Kohno A, Sawa Y, Sekikawa M, Ohtaishi N. Plastic casts and confocal laser scanning microscopy applied to the observation of enamel tubules in the red Kangaroo (Macropus rufus). Anat Sci Int. 2003; 78: 53-61
25 .
Sawa Y, Horie Y, Yamaoka Y, Ebata N, Kim T, Yoshida S. Production of colony-stimulating factor in human dental pulp fibroblasts. J Dent Res. 2003; 82: 96-100
26 .
川鍋仁, 木下尚一, 石川博之, 谷口邦久. ラット口蓋部における瘢痕形成が骨表面の微細構造に与える影響. 歯科基礎医学会雑誌. 2003; 45: 180-186
27 .
Kawanabe H, Ishikawa H, Okamura K, Taniguchi K. Basic fibroblast growth factor increases the number and size of vascular pores on bone surfaces during palatal wound healing. J Hard Tissue Biol. 2004; 13: 73-80
28 .
Kuroshima S, Sawa Y, Yamaoka Y, Notani K, Yoshida S, Inoue N. Expression of cys-cys chemokine ligand 21 on human gingival lymphatic vessels. Tissue Cell. 2004; 36: 121-127
29 .
Kuroshima S, Sawa Y, Kawamoto T, Yamaoka Y, Notani K, Yoshida S, Inoue N. Expression of Toll-like receptors 2 and 4 on human intestinal lymphatic vessels. Microvasc Res. 2004; 67: 90-95
30 .
Sawa Y, Yamaoka Y, Kuroshima S, Yoshida S. Reduction of alkaline phosphatase activity in aged human osteogenic periodontal ligament fibroblasts exhibiting short telomeres. Cell Tissue Res. 2004; 315: 331-337
31 .
Wang X Y, Baba A, Taniguchi K, Hagio M, Miyazaki K. Study on rat subcutaneous reaction to experimental polyurethane elastomers. Dent Mater J. 2004; 23: 512-516
32 .
井上咲子. ビタミンA過剰投与による二次口蓋の細胞動態の変化. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 31: 33-47
33 .
川鍋仁, 石川博之, 木下尚一, 谷口邦久. 口蓋部瘢痕形成ラットの創傷治癒過程におけるbFGF投与の効果. Orthodontic Waves-Japanese Edition. 2004; 63: 29-41
34 .
澤熊文平. 食片圧入に伴う歯周組織の変化と歯間離開状態との関連性に関する実験病理学的研究. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 31: 71-92
35 .
児玉淳. 福警科研第592号平成16年11月27日発覚殺人被疑事件鑑定書. 福岡県科学捜査研究所. 2004; : 35
36 .
Sawa Y, Kuroshima S, Yamaoka Y, Yoshida S. Intracellular distribution of desmoplakin in human odontoblasts. J Histochem Cytochem. 2005; 53: 1099-1108
37 .
児玉淳. 福岡県博多臨港署平成17年4月1日発覚殺人被疑事件異同識別鑑定書. 福岡県科学捜査研究所. 2005; : 22
38 .
児玉淳. 福警科研第367号平成17年6月21日発覚死体遺棄被疑事件鑑定書. 福岡県科学捜査研究所. 2005; : 52
39 .
児玉淳. 福警科研第434号平成17年6月21日発覚死体遺棄被疑事件異同識別鑑定書. 福岡県科学捜査研究所. 2005; : 24
40 .
Yahiro J, Nagato T. Application of ion etching to immunoscanning electron microscpy. Microsc Res Tech. 2005; 67: 240-247
41 .
Yamazaki J, Okamura K, Ishibashi K, Kitamura K. Characterization of CLCA protein expressed in ductal cells of rat salivary glands. Biochim Biophys Acta. 2005; 1715: 132-144
42 .
Fukushima T, Hayakawa T, Kawaguchi M, Ogura R, Inoue Y, Morishita K, Miyazaki K. PBS buffer solutions with different pH values can change porosity of DNA/chitosan complexes. Dent Mater J. 2005; 24: 414-421
43 .
水町栄美理, 長門俊一. エポン切片-イオンエッチング-走査電顕法によるラット舌背後方部糸状乳頭毛細血管ループの三次元微細構造解析. 解剖学雑誌. 2005; 80: 77-78
44 .
三浦正資, 日高圭太郎, 岩橋輝明, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟. ハムスター舌の発癌過程におけるtelomerase reverse transcriptase (TERT) の発現と転写因子Sp1の関連性. 日本口腔外科学会雑誌. 2005; 51: 324-331
45 .
佐藤敦子, 森山耕成. ラット顎下腺主導管上皮のtuft細胞と味蕾II型細胞の類似性について. 顕微鏡. 2005; 40: 45-48
46 .
川鍋仁, 木下尚一, 秦雄一郎, 石川博之, 岡村和彦, 谷口邦久. ラット口蓋粘膜骨膜除去後早期の創傷治癒過程における口蓋骨の変化. J Oral Biosci. 2005; 47: 294-304
47 .
江原道子. 歯胚の凍結保存による糖鎖発現および硬組織形成への影響. 福岡歯科大学学会雑誌. 2005; 31: 141-156
48 .
Ehara M, Ohno J, Iwahashi T, Okamura K, Taniguchi K. The influence of cryopreservation on the oligosaccharide expression of tooth germ-Sugar chain expression of frozen tooth germ. J Hard Tissue Biol. 2005; 14: 103-105
49 .
Fukushima T, Hayakawa T, Okamura K, Takeda S, Inoue Y, Miyazaki K, Okahata Y. Buffer solution can control the porosity of DNA-chitosan complexes. J Biomed Mater Res Part B. 2006; 76B: 121-139
50 .
何陽介, 馬場篤子, 森下幸一郎, 本川渉, 宮崎光治. 酸性フッ素リン酸溶液塗布及びNd:YAGレーザー照射後のエナメル質表層下脱灰部のSEMによる観察. 福岡歯大誌. 2006; 32: 17〜27
51 .
Ishibashi K, Yamazaki J, Okamura K, Teng Y-J, Kitamura K, Abe K. Roles of ductal Cl- channels in electrolyte reabsorption of rat saliva: in vivo gene silencing by retrograde injection with ClCA and CFTR siRNAs. J Dent Res. 2006; 85: 1101-1105
52 .
Umeda M, Ohkubo T, Ono (Ohno) J, Fukuizumi T, Kitamura K. Molecular and immunohistochemical studies in expression of volatge-depandent Ca2+ channels in dorsal root ganglia from streptozotocin-induced diabetic mice. Life Sci. 2006; 79: 1995-2000
53 .
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Nakashima N, Inoue Y, Takeda S, Okamura K, Taniguchi K. Preparation of carbon nanotube-alginate nanocomposite gel for tissue engineering. Dent Mater J. 2006; 25: 719-725
54 .
Hayakawa T, Fukushima T, Kawaguchi M, Inoue Y, Taniguchi K, Kaminishi H. Monitoring of DNA complex formation by means of quartz crystal microbalance. J Oral Tissue Engin. 2006; 4: 61-67
55 .
Okamatsu K, Kido H, Sato A, Watazu A, Matsuura M. Ultrastructure of the interface between titanium and surrounding tissue in rat tibiae-a comparison study on titanium-coated and uncoated plastic implants. Clin Implant Dent Relat Res. 2007; 9: 100-111
56 .
八尋純子, 長門俊一. イオンエッチング免疫走査電顕法 Ion Etching-immunoscanning Electron Microscopic Method. 医学生物学電子顕微鏡技術学会誌. 2007; 21: 79-84
57 .
Sawa Y, Sugimoto Y, Ueki T, Ishikawa H, Sato A, Nagato T, Yoshida S. Effects of TNF-alpha on leukocyte adhesion molecule expressions in cultured human lymphatic endothelium. J Histochem Cytochem. 2007; 55: 721-733
58 .
三輪邦弘, 湯浅賢治, 岡村和彦, 前田顕之. 超音波像による口腔癌の頸部リンパ節転移と非転移の定量的鑑別法. Jpn J Ultrasonics. 2007; 34: 509-520
59 .
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Takeda S, Inoue Y, Ohno J, Taniguchi K. Drug binding and releasing characteristics of DNA/lipid/PLGA film. Dent Mater J. 2007; 26: 854-860
60 .
Okamatsu K, Kido H, Sato A, Watazu A, Matsuura M. Ultrastructure of the interface between titanium and surrounding tissue in rat tibias−A comparison study on titanium-coated and -uncoated plastic implants. Clin Implant Dent Relat Res. 2007; 9: 100-111
61 .
Sawa Y, Ueki T, Hata M, Iwasawa K, Tsuruga E, Kojima H, Ishikawa H, Yoshida S. LPS-induced IL-6, IL-8, VCAM-1, and ICAM-1 expression in human lymphatic endothelium. J Histochem Cytochem. 2008; 56: 97-109
62 .
Ueki T, Iwasawa K, Ishikawa H, Sawa Y. Expression of junctional adhesion molecules on the human lymphatic endothelium. Microvasc Res. 2008; 75: 269-278
63 .
Sawa Y, Tsuruga E. The expression of E-selectin and chemokines in the cultured human lymphatic endothelium with lipopolysaccharides. J Anat. 2008; 212: 654-663
64 .
Hata Y, Kawanabe H, Hisanaga Y, Taniguchi K, Ishikawa H. Effects of basic fibroblast growth factor administration on vascular changes in wound healing of rat palates. Cleft Palate Craniofac J. 2008; 45: 63-72
65 .
Sawa Y, Tsuruga E, Iwasawa K, Ishikawa H, Yoshida S. Leukocyte adhesion molecule and chemokine productions through lipoteichoic acid recognition by toll-like receptor 2 in the cultured human lymphatic endothelium. Cell Tissue Res. 2008; 333: 237-252
66 .
Morinaga K, Kido H, Sato A, Watazu A, Matsuura M. Chronological changes in ultrastructure of titanium-bone interface: analysis by light microscopy, transmission electron microscopy, and micro-CT. Clin Implant Dent Relat Res. 2008;  : in press
67 .
Yahiro J, Miyoshi S. Localization of protin subunit in the salivary glands, kidney and pancress of the Japanese monkey, Macaca Fuscata. J Nara Medic Assoc. 2008; 59: 43-51
68 .
Ishibashi K, Okamura K, Yamazaki J. Involvement of apical P2Y2 receptor-regulated CFTR activity in muscarinic stimulation of Cl? reabsorption in rat submandibular gland. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2008; 294: R1729-R1736
69 .
Hata M, Ueki T, Sato A, Kojima H, Sawa Y. Expression of podoplanin in the mouse salivary glands. Arch Oral Biol. 2008; 53: 835-841
70 .
Fukushima T, Kawaguchi M, Hayakawa T, Ohno J, Iwahashi T, Taniguchi K, Inoue Y, Takeda S. Complexation of DNA with cationic polyamino acid for biomaterial purposes. J Oral Tissue Engin. 2008; 6: 24-32
71 .
Iwasawa K, Kameyama T, Ishikawa H, Sawa Y. Induction of ICAM-1 and VCAM-1 on the mouse lingual lymphatic endothelium with TNF-α. Acta Histochem. Cytochem.. 2008; 41: 115-120
72 .
Yahiro J, Taniguchi K, Tsuruga E, Sawa Y. Immunocytochemical localization of parotin subunit in submandibular glands of the Japanese monkey, Macaca fuscata. J Nara Med. Assoc.. 2008; 59: 149-155
73 .
Kawaguchi M, Fukushima T, Hayakawa T, Inoue Y, Ohno J. Pre-intercalated DNA/lipid/PLGA film as a drug carrier. J Oral Tissue Engin. 2008; 6: 97-105
74 .
Iwahashi T, Ohno J, Okamura K, Ozeki S, Taniguchi K. Dynamics of lymphatic vessels during nodal metastasis of oral malignant melanoma in mice. Oral Med Pathol. 2008; 12: 47-52
75 .
Oomori M, Fukunari F, Kagawa T, Okamura K, Yuasa K. Dynamic magnetic resonance imaging of cervical lymph nodes in patients with oral cancer: utility of the small region of interest method in evaluating the architecture of cervical lymph nodes.. Oral Radiol. 2008; 24: 25?33
76 .
Fukunari F, Okamura K, Kagawa T, Zeze R, Yuasa K. Computed tomography (CT) of cervical lymph nodes in patients with oral cancer: comparison of low-attenuation areas in lymph nodes on CT images with pathological findings. . Oral Radiol. 2008; 24: 16-24
77 .
Choi W, Kawanabe H, Sawa Y, Taniguchi K, Ishikawa H. Effects of bFGF on suppression of collagen type I accumulation and scar tissue formation during wound healing after mucoperiosteal denudation of rat palate.. Acta Odontol Scand. 2008; 66: 31-37
78 .
Tsuruga E, Nakashima K, Ishikawa H, Yajima T, Sawa Y. Stretching modurates oxytalan fibers in human periodontal ligament fibroblasts. J Periodontal Res. 2009; 44: 170-174
79 .
Tsuruga E, Sato A, Ueki T, Nakashima K, Nakatomi Y, Ishikawa H, Yajima T, Sawa Y. Integrin alphavbeta3 regulates microfibril assembly in human periodontal ligament cells. Tissue Cell. 2009; 41: 85-89
80 .
Nakashima K, Tsuruga E, Hisanaga Y, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression and controls microfibril bundles in human periodontal ligament cells. . J Periodontal Res. 2009; 44: 622-627
81 .
Hisanaga Y, Nakashima K, Tsuruga E, Nakatomi Y, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Fibulin-5 contributes to microfibril assembly in human periodontal ligament cells. Acta Histochem Cytochem. . 2009; 42: 151-157
82 .
Fukushima T, Ohno J, Hayakawa T, Kawaguchi M, Inoue Y, Takeda S, Toyoda M, Okahata Y. Mold fabrication and biological assessment of porous DNA-chitosan complexes. . J Biomed Mater Res B Appl Biomater. . 2009; 91 : 746-754
83 .
Kawaguchi M, Ohno J, Iwahashi T, Fukushima T, Hayakawa T, Doi Y. Bone Response of DNA-chitosan-apatite Complexes . Journal of Oral Tissue Engineering . 2009; 7: 89-98
84 .
Hatakeyama J, Fukumoto S, Nakamura T, Haruyama N, Suzuki S, Hatakeyama Y, Shum L, Gibson CW, Yamada Y, Kulkarni AB. Synergistic roles of amelogenin and ameloblastin.. J Dent Res. 2009; 88: 318-22
85 .
Akao T, Kimura T, Hirofuji YS, Matsunaga K, Imayoshi R, Nagao J, Cho T, Kaminishi H, Ohtono S, Ohno J, Taniguchi K. A poly(gamma-glutamic acid)-amphiphile complex as a novel nanovehicle for drug delivery system. . J Drug Target. . 2010; 18: 550-556
86 .
Fukushima T, Ohno J, Hayakawa T, Imayoshi R, Kawaguchi M, Doi Y, Kanaya K, Mitarai M. Polycationic protamine for water-insoluble complex formation with DNA. . Dent Mater J. . 2010; 29: 529-535
87 .
Okamura K, Kato K, Uchida R, Ohkubo T, Taniguchi K, Yamazaki J. Specific expression of salivary maxi-K channel variant is augmented in diabetic mice.. Arch Oral Biol. . 2010; 55: 848-854
88 .
Shimasaki S, Yamamoto E, Murayama E, Kurio H, Kaneko T, Shibata Y, Inai T, Iida H. Subcellular localization of Tektin2 in rat sperm flagellum. . Zoolog Sci. . 2010; 27: 755-761
89 .
Inai T, Kamimura T, Hirose E, Iida H, Shibata Y. The protoplasmic or exoplasmic face association of tight junction particles cannot predict paracellular permeability or heterotypic claudin compatibility.. Eur J Cell Biol. . 2010; 89: 547-556
90 .
Zhu HL, Shibata A, Inai T, Nomura M, Shibata Y, Brock JA, Teramoto N. Characterization of NaV1.6-mediated Na+ currents in smooth muscle cells isolated from mouse vas deferens. . J Cell Physiol. . 2010; 223: 234-243
91 .
稲井哲一朗. 最近の研究と技術 タイト結合研究の新展開. 顕微鏡. 2010; 45: 190-192
92 .
稲井哲一朗. タイト結合の形態と機能. 福岡歯大誌. 2010; 36: 101-110
93 .
Fukunari F, Okamura K, Zeze R, Kagawa T, Hashimoto K, Yuasa K. Cervical lymph nodes with or without metastases from oral squamous carcinoma: a correlation of MRI findings and histopathologic architecture. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. . 2010; 109: 890-899
94 .
Noda Y, Amano I, Hata M, Kojima H, Sawa Y. Immunohistochemical Examination on the Distribution of Cells Expressed Lymphatic Endothelial Marker Podoplanin and LYVE-1 in the Mouse Tongue Tissue . Acta Histochem. Cytochem.. 2010; 43: 61-68
95 .
Hata M, Amano I, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Immunoelectron microscopic study of podoplanin localization in mouse salivary gland myoepithelium.. Acta Histochem Cytochem.. 2010; 43: 77-82
96 .
Imaizumi Y, Amano I, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Immunohistochemical examination for the distribution of podoplanin-expressing cells in developing mouse molar tooth germs. . Acta Histochem Cytochem. . 2010; 43: 115-121
97 .
Yamauchi Y, Tsuruga E, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. Fibulin-4 and -5, but not Fibulin-2, are Associated with Tropoelastin Deposition in Elastin-Producing Cell Culture.. Acta Histochem Cytochem. . 2010; 43: 131-138
98 .
Hosokawa R, Oka K, Yamaza T, Iwata J, Urata M, Xu X, Nonaka K, Bringas PJ, Chai Y. TGF-β mediated FGF10 signaling in cranial neural crest cells controls development of myogenic progenitor cells through tissue?tissue interactions during tongue morphogenesis. Dev Biol.. 2010; 341: 186-195
99 .
Fukuoka H, Daigo Y, Enoki N, Taniguchi K, Sato H. Influence of carbon dioxide laser irradiation on the healing process of extraction sockets.. Acta Odontol Scand.. 2010; 69: 33-40
100 .
Ohno J, Iwahashi T, Ehara M, Taniguchi K. Alterations in PNA binding of keratinocytes in oral keratosis. . Biotech Histochem.. 2011; 86: 168-173
101 .
Ohno J, Iwahashi T, Ehara M, Ozasa R, Hanada H, Funakoshi T, Taniguchi K. Induction of epithelial migration of lymphocytes by intercellular adhesion molecule-1 in a rat model of oral mucosal graft-versus-host disease.. Histol Histopathol. . 2011; 26: 725-733
102 .
Kawaguchi M, Ohno J, Irie A, Fukushima T, Yamazaki J, Nakashima N. Dispersion stability and exothermic properties of DNA-functionalized single-walled carbon nanotubes. Int J Nanomedicine.. 2011; 6: 729-736
103 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Takahashi A, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. The Effect of Valproic Acid on Mesenchymal Pluripotent Cell Proliferation and Differentiation in Extracellular Matrices. Drug Target Insights. 2011; 5: 1-9
104 .
Nakatomi Y, Tsuruga E, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. EMILIN-1 regulates the amount of oxytalan fiber formation in periodontal ligaments in vitro. . Connect Tissue Res. . 2011; 52: 30-35
105 .
Nakashima K, Tsuruga E, Nakatomi Y, Yamauchi Y, Hata Y, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Stretch stimuli increase fibulin-5/EMILIN-1 complex on oxytalan fibers in human periodontal ligament cells. Orthodontic Waves. 2011; 70: 15-20
106 .
Mori N, Iwahashi T, Ohno J, Shinozaki Y, Sakagami R, Mitarai M, Fukushima T. Cell Viability and Tissues Response of High Molecule Weight DNA/protamine Complex. J Oral Tissue Engineering. 2011; 8: 188-194
107 .
Kaneko T, Iwamoto S, Murayama E, Kurio H, Inai T, Oda S, Iida H. Immunolocalization of spetex-1 at the connecting piece in spermatozoa of the musk shrew (Suncus murinus).. Zoolog Sci.. 2011; 28: 444-452
108 .
Hayakawa T, Hirayama S, Ohno J, Fukushima T. Computational Approach for Calcium Complex Formation of Aromatic Carboxylic Acid Monomers. Nano Biomedicine. 2011; 3: 200-207
109 .
福岡宏士, 大郷友規, 石川昌嗣, 天野浩充, 古賀浩, 榎規雄, 谷口邦久, 佐藤博信. C02レーザー照射によるラット抜歯創治癒過程における筋線維芽細胞およびTGF-β1の動態. 日本レーザー歯学会誌. 2011; 22: 93-99
110 .
Fukushima T, Ohno J, Imayoshi R, Mori N, Sakagami R, Mitarai M, Hayakawa T. DNA/protamine complex paste for an injectable dental material.. J Mater Sci Mater Med.. 2011; 22: 2607-2615
111 .
Yamanouchi K, Tsuruga E, Oka K, Sawa Y, Ishikawa H. Fibrillin-1 and fibrillin-2 are essential for formation of thick oxytalan fibers in human nonpigmented ciliary epithelial cells in vitro.. Connect Tissue Res.. 2011; 53: 14-20
112 .
Kimura Y, Kikunaga S, Takahashi I, Hatakeyama Y, Fukumoto S, Sasano Y. Characterization of the calcification process modeled in rat embryonic calvarial culture.. J Electron Microsc (Tokyo). . 2011; 60: 345-352
113 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Maruya Y, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. Growth Differentiation Factor 5 (GDF-5) Induces Matrix Metalloproteinase 2 (MMP-2) Expression in Periodontal Ligament Cells and Modulates MMP-2 and MMP-13 Activity in Osteoblasts. Bone and Tissue Regeneration Insights. 2011; 4: 1-10
114 .
Yahiro J, Inai T, Tsutsui A, Sato A, Nagato T, Taniguchi K, Tsuruga E, Sawa Y. Immunohistochemical and Immunocytochemical Localization of Amylase in Rat Parotid Glands and von Ebner’s Glands by Ion Etching-Immunoscanning Electron Microscopy . Acta Histochem Cytochem. . 2011; 44: 201-212
115 .
Amano I, Imaizumi Y, Kaji C, Kojima H, Sawa Y. Expression of podoplanin and classical cadherins in salivary gland epithelial cells of klotho-deficient mice.. Acta Histochem Cytochem.. 2011; 44: 267-276
116 .
Inai T. The coculture method to examine interactions between claudin isoforms in tight junction-free HEK293 cells and tight junction-bearing MDCK II cells.. Methods Mol Biol . 2011; 762: 101-114
117 .
Yahiro J, Inai T, Tsutsui A, Sato A, Nagato T, Taniguchi K, Tsuruga E, Sawa Y. Immunohistochemical and Immunocytochemical Localization of Amylase in Rat Parotid Glands and von Ebner's Glands by Ion Etching-Immunoscanning Electron Microscopy.. Acta Histochem Cytochem. 2011; 44: 201-212
118 .
Kaneko MK, Tian W, Takano S, Suzuki H, Sawa Y, Hozumi Y, Goto K, Yamazaki K, Kitanaka C, Kato Y. Establishment of a novel monoclonal antibody SMab-1 specific for IDH1-R132S mutation.. Biochem Biophys Res Commun.. 2011; 406: 608-613
119 .
谷口邦久, 榎規雄, 中村哲也, 森下孝一郎, 岡村和彦, 尾崎正雄. 歯胚外傷後の硬組織障害部の二次的変化に関する実験的研究. J.Hard Tissue Biol.. 2011; 20: 327-332
120 .
谷口邦久. 乳歯外傷による後継永久歯歯胚の硬組織形成障害に関する病理組織学的考察. 日外傷歯誌. 2011; 7: 8-24
121 .
Oka K, Honda MJ, Tsuruga E, Hatakeyama Y, Isokawa K, Sawa Y. Roles of collagen and periostin expression by cranial neural crest cells during soft palate development.. J Histochem Cytochem. . 2012; 60: 57-68
122 .
Shinozaki Y, Mori N, Ohno J, Kawaguchi M, Kido H, Hayakawa T, Fukushima T. Rat Calvarial Tissues Response to Flowable DNA/protamine Complex Mixtures with DNA/chitosan Complex to be Used as a Protective Membrane for Guided Bone Regeneration. J Oral Tissue Engin. 2012; 9: 159-166
123 .
Kaji C, Tomooka M, Kato Y, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and classic cadherins in the mouse brain. Journal of anatomy. 2012; 220: 435-446
124 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 牧野路子, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における隣接医学教育の重要性に関するWeb調査. 日本歯科医学教育学会誌. 2012; 28: 12-17
125 .
植木猛士, 秦雄一郎, 成富雅則, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋の創傷治癒過程における弾性系線維の形成とbFGF 投与の影響. . 2012; : 19-25
126 .
Cho T, Nagao J, Imayoshi R, Kodama J, Morotomi T, Kaminishi H. In vitro efficacy of continuous mild heat stress on the antifungal susceptibility of Candida albicans biofilm formation. Biological & pharmaceutical bulletin. 2012; 35: 1371-1373
127 .
Ozasa R, Ohno J, Iwahashi T, Taniguchi K. Tumor-induced lymphangiogenesis in cervical lymph nodes in oral melanoma-bearing mice. Journal of experimental & clinical cancer resear. 2012; 31: 83
128 .
Oka K, Morokuma M, Imanaka-Yoshida K, Sawa Y, Isokawa K, Honda MJ. Cellular turnover in epithelial rests of Malassez in the periodontal ligament of the mouse molar. European journal of oral sciences. 2012; 120: 484-494
129 .
Yamashita Y, Fukuzawa H, Nakayama S, Kimachi K, Hashimoto K, Taniguchi K, Takahashi T, Ikebe T, Ozeki S. Cutting needle biopsy of recurrent head and neck malignant tumors.. The Journal of Fukuoka Dental College. 2012; 38: 9-17
130 .
Nakatomi Y, Tsuruga E, Yamauchi Y, Kawagoe M, Yamanouchi K, Nakashima K, Sawa Y, Ishikawa H. Intracellular interaction of EMILIN-1 with fibrillin-1 in human periodontal ligament cells.. Orthodontic Waves.. 2012; 71: 66-69
131 .
Tsuruga E, Oka K, Hatakeyama Y, Isokawa K, Sawa Y. Latent transforming growth factor-β binding protein 2 negatively regulates coalescence of oxytalan fibers induced by stretching stress.. Connective tissue research. 2012; 53: 521-527
132 .
Kawaguchi M, Yamazaki J, Ohno J, Fukushima T. Preparation and binding study of a complex made of DNA-treated single-walled carbon nanotubes and antibody for specific delivery of a "molecular heater" platform. International journal of nanomedicine. 2012; 7: 4363-4371
133 .
Kaji C, Tsujimoto Y, Kaneko MK, Kato Y, Sawa Y. Immunohistochemical examination of novel rat monoclonal antibodies against mouse and human podoplanin.. Acta histochemica et cytochemica. 2012; 45: 227-237
134 .
Kaneko MK, Kunita A, Abe S, Tsujimoto Y, Fukayama M, Goto K, Sawa Y, Nishioka Y, Kato Y. Chimeric anti-podoplanin antibody suppresses tumor metastasis through neutralization and antibody-dependent cellular cytotoxicity.. Cancer science. 2012; 103: 1913-1919
135 .
Teramoto N, Zhu HL, Yotsu-Yamashita M, Inai T, Cunnane TC. Resurgent-like currents in mouse vas deferens myocytes are mediated by NaV1.6 voltage-gated sodium channels.. Pflugers Archiv. 2012; 464: 493-502
136 .
Hatakeyama Y, Maruya Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. The Distinct Roles of Growth/Differentiation Factor-5 in Cell Proliferation and Odontoblast Differentiation from Dental Pulp Cells.. The Internet Journal of Dental Science (e-Journal). 2012; 10: doi:10.5580/2b1a
137 .
Yamazaki J, Okamura K, Uehara K, Hatta M. CLCA splicing isoform associated with adhesion through beta1-integrin and its scaffolding protein: Specific expression in undifferentiated epithelial cells. The Journal of biological chemistry. 2013; 288: 4831-4843
138 .
Irie A, Ohno J, Hayakawa T, Kido H, Fukushima T. Transparent film formation of DNA/cationic polymer complexes by hydrothermal hot pressing: observation of cell culture on films and biodegradation of films in vivo. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 105-114
139 .
Sakai T, Okamura K, Watazu A, Teraoka K, Kido H. The Effect of Implant Surfaces sputter-coated with Hydroxyapatite Target. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 67-78
140 .
Wang D, Beppu K, Yamamoto K, Inai T, Kido H. Effects of bisphosphonate administration on peri-implant bone in vitamin D-deficient rats. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 79-88
141 .
Inai T, Kitagawa N, Hatakeyama Y, Ikebe T, Iida H, Fujita M. Inhibition of extracellular signal-regulated kinase downregulates claudin-2 expression and alters paracellular permeability in mouse rectum CMT93-II cells.. Tissue and Cell. 2013; 45: 175-182
142 .
Uchiyama T, Takata S, Ishikawa H, Sawa Y. Altered dynamics in the renal lymphatic circulation of type 1 and type 2 diabetic mice.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 97-104
143 .
Matsumoto H, Nagao J, Cho T, Kodama J. Evaluation of pathogenicity of candida albicans in germination-ready states using a silkworm infection model.. Medical Mycology Journal. 2013; 54: 131-140
144 .
Mori N, Ohno J, Sakagami R, Hayakawa T, Fukushima T. Cell viabilities and biodegradation rates of DNA/protamine complexes with two different molecular weights of DNA.. Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials. 2013; 101: 743-751
145 .
Seno K, Ohno J, Ota N, Hirofuji T, Taniguchi K. Lupus-like oral mucosal lesions in mercury-induced autoimmune response in brown norway rats.. BMC Immunology. 2013; 14: 47
146 .
畠山純子, 畠山雄次, 春名千英子, 松本典祥, 諸富孝彦, 泉利雄, 沢禎彦, 笹野泰之, 阿南壽. Leucin Rich Amelogenin Peptite による軟骨形成の誘導. 日歯保存誌. 2013; 56: 560-569
147 .
Hata Y, Ishikawa H, Ueki T, Kajii T, Tamaoki S, Tsuruga E, Sawa Y, Taniguchi K. Quantitative evaluation of myofibroblast apoptosis during wound healing in rat palate after post-operative administration of basic fibroblast growth factor (bFGF).. Acta Odontologica Scandinavica. 2013; 71: 1501-1507
148 .
Takata S, Sawa Y, Uchiyama T, Ishikawa H. Expression of toll-like receptor 4 in glomerular endothelial cells under diabetic conditions.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 35-42
149 .
Kato K, Okamura K, Hatta M, Morita H, Kajioka S, Naito S, Yamazaki J. Involvement of IP3-receptor activation in endothelin-1-induced Ca(2+) influx in rat pulmonary small artery.. European Journal of Pharmacology. 2013; 720: 255-263
150 .
Murakami H, Okamura K, Aoki S, Sakagami R, Yamazaki J. Association of caspase-14 and filaggrin expression with keratinization of the oral mucosa and reconstruction culture rat models.. Journal of Periodontal Research. 2013; : doi: 10.1111/jre.12152
151 .
Tomooka M, Kaji C, Kojima H, Sawa Y. Distribution of podoplanin-expressing cells in the mouse nervous systems. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 171-177
152 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Sawa Y. Immunohistochemical study of lysosome-associated membrane proteins during periodontal ligament development. Journal of Hard Tissue Biology. 2013; 22: 233-240
153 .
Kawagoe M, Tsuruga E, Oka K, Sawa Y, Ishikawa H. Matrix metalloproteinase-2 degrades fibrillin-1 and fibrillin-2 of oxytalan fibers in the human eye and periodontal ligaments in vitro.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2013; 46: 153-159
154 .
Ota N, Ohno J, Seno K, Taniguchi K, Ozeki S. In vitro and in vivo expression of aldehyde dehydrogenase 1 in oral squamous cell carcinoma.. International Journal of Oncology. 2014; 44: 435-442
155 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Proteolytic and non-proteolytic activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induces fibroblast differentiation in a wound-healing model using rat skin.. Journal of Pharmacological Sciences. 2014; 124: 230-243
156 .
Kitagawa N, Inai Y, Higuchi Y, Iida H, Inai T. Inhibition of JNK in HaCaT cells induced tight junction formation with decreased expression of cytokeratin 5, cytokeratin 17 and desmoglein 3.. Histochemistry and Cell Biology. 2014; 142: 389-399
157 .
Hatakeyama Y, Hatakeyama J, Oka K, Tsuruga E, Inai T, Anan H, Sawa Y. Immunohistochemical study of amelogenin and lysosome-associate membrane proteins (LAMPs) in cartilage.. International Journal of Morphology. 2014; 32: 618-626
158 .
Hanada H, Ohno J, Seno K, Oota N, Taniguchi K. Dynamic changes in cell-surface expression of mannose in the oral epithelium during the development of graft-versus-host disease of the oral mucosa in rats.. BMC Oral Health. 2014; 14: 5
159 .
Hatakeyama Y, Matsuda Y, Hatakeyama J, Oka K, Anan H, Tsuruga E, Inai T, Ishikawa H, Sawa Y. The effect of growth differentiation factor-5, 6, 7 in chondrogenic cell differentiation of ATDC-5. American Journal of BioScience. 2014; 2: 182-186
160 .
Shinozaki Y, Toda M, Ohno J, Kawaguchi M, Kido H, Fukushima T. Evaluation of bone formation guided by DNA/protamine complex with FGF-2 in an adult rat calvarial defect model.. Journal of Biomedical Materials Research. Part B, Applied Biomaterials. 2014; 102: 1669-1676
161 .
Yamaguchi Y, Ohno J, Sato A, Kido H, Fukushima T. Mesenchymal stem cell spheroids exhibit enhanced in-vitro and in-vivo osteoregenerative potential.. BMC Biotechnology. 2014; 14: 105
162 .
Toda M, Ohno J, Shinozaki Y, Ozaki M, Fukushima T. Osteogenic potential for replacing cells in rat cranial defects implanted with a DNA/protamine complex paste.. Bone. 2014; 67: 237-245
163 .
Fujita T, Tsuruga E, Yamanouchi K, Sawa Y, Ishikawa H. Microfibril-associated glycoprotein-1 controls human ciliary zonule development in vitro.. Acta Histochemica et Cytochemica. 2014; 47: 11-17
164 .
Yamaguchi A, Kaneko T, Inai T, Iida H. Molecular cloning and subcellular localization of Tektin2-binding protein 1 (Ccdc 172) in rat spermatozoa.. The Journal of Histochemistry and Cytochemistry. 2014; 62: 286-297
165 .
Inada A, Inada O, Fujii NL, Fujishima K, Inai T, Fujii H, Sueishi K, Kurachi K. β-cell induction in vivo in severely diabetic male mice by changing the circulating levels and pattern of the ratios of estradiol to androgens.. Endocrinology. 2014; 155: 3829-3842
166 .
児玉淳. 強要被疑事件における切断されたヒト指の鑑定. 若松警察署鑑定嘱託. 2014; : 全13ページ
167 .
Kira-Tatsuoka M, Oka K, Tsuruga E, Ozaki M, Sawa Y. Immunohistochemical expression of fibrillin-1 and fibrillin-2 during tooth development.. Journal of Periodontal Research. 2015; 50: 714-720
168 .
Minakami M, Kitagawa N, Iida H, Anan H, Inai T. p38 Mitogen-activated protein kinase and c-Jun NH2-terminal protein kinase regulate the accumulation of a tight junction protein, ZO-1, in cell-cell contacts in HaCaT cells.. Tissue and Cell. 2015; 47: 1-9
169 .
Hiromatsu R, Hatta M, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. NF-κB-regulated transcriptional control of CLCA in a differentiated mouse keratinocyte line.. Journal of Dermatological Science. 2015; 78: 189-196
170 .
Shiomi R, Shigetomi K, Inai T, Sakai M, Ikenouchi J. CaMKII regulates the strength of the epithelial barrier.. Scientific Reports. 2015; 18: 13262
171 .
Yamamoto T, Takahara K, Inai T, Node K, Teramoto N. Molecular analysis of ATP-sensitive K(+) channel subunits expressed in mouse portal vein.. Vascular Pharmacology. 2015; 75: 29-39
172 .
児玉淳. 福岡県田川郡川崎町大字安眞木4428番地の17所在の池沼において発見された 身元不明男性頭蓋骨(歯牙含む)異同識別鑑定嘱託. 福岡県田川警察署司法警察員警視渡邊恵二からの鑑定嘱託. 2015; : 全35ページ
173 .
Yamamoto C, Yuasa K, Okamura K, Shiraishi T, Miwa K. Vascularity as assessed by doppler intraoral ultrasound around the invasion front of tongue cancer is a predictor of pathological grade of malignancy and cervical lymph node metastasis.. Dento Maxillo Facial Radiology. 2016; 45: 20150372
174 .
Maruo N, Sakagami R, Yoshinaga Y, Okamura K, Sawa Y. Differentiation of apical bud cells in a newly developed apical bud transplantation model using GFP transgenic mice as donor.. PLoS One. 2016; 11: e0150766
175 .
Higa A, Oka K, Kira-Tatsuoka M, Tamura S, Itaya S, Toda M, Ozaki M, Sawa Y. Intracellular signaling pathway activation via TGF-β differs in the anterior and posterior axis during palatal development. Journal of Hard Tissue Biology. 2016; 25: 195-204,DOI:10.2485/jhtb.25.195
176 .
Seo A, Kitagawa N, Matsuura T, Sato H, Inai T. Formation of keratinocyte multilayers on filters under airlifted or submerged culture conditions in medium containing calcium, ascorbic acid, and keratinocyte growth factor.. Histochemistry and Cell Biology. 2016; 146: 585-597,DOI:10.1007/s00418-016-1472-1
177 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 大城希美子, 嶋田香, 埴岡隆, 石川博之. 福岡歯科大学における学生のディプロマポリシー・学士力の認知の程度と学修成果可視化への期待の程度について. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2016; 32: 37-47
178 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 嶋田香, 埴岡隆, 石川博之. 福岡歯科大学における学生のディプロマポリシー・学士力認知の程度と学修成果可視化への期待の程度について. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2016; 32: 37-47
179 .
Matsuda Y, Hatakeyama Y, Nakashima K, Kamogashira N, Hatakeyama J, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Effects of a chemically synthesized leucine-rich amelogenin peptide (csLRAP) on chondrogenic and osteogenic cells.. Journal of Hard Tissue Biology. 2017; 26: 51-60,DOI:10.2485/jhtb.26.51
180 .
Matsuda Y, Kamogashira N, Hatakeyama Y, Mikami T, Nakashima K, Hatakeyama J, Tamaoki S, Sawa Y, Ishikawa H. Distinct Role of Transforming Growth Factor-Beta 1 and Fibroblast Growth Factors in Human Ameloblastoma Epithelial Cell Proliferation. Biochemistry and Molecular Biology. 2017; 2: 1-5
181 .
Kajiwara K, Takata S, TT To, Takara K, Hatakeyama Y, Tamaoki S, Darveau RP, Ishikawa H, Sawa Y. The promotion of?nephropathy by?porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide via?toll-like receptors.. Diabetology & Metabolic Syndrome. 2017; 9: 73
182 .
児玉淳. 福岡県小倉南警察署管内事案死体遺棄被疑事件における歯の鑑定. 福岡県小倉南警察署司法警察員警視大島秀彦氏から鑑定嘱託. 2017; : 全21ページ
183 .
Takara K, Maruo N, Oka K, Kaji C, Hatakeyama Y, Sawa N, Kato Y, Yamashita J, Kojima H, Sawa Y. Morphological study of tooth development in podoplanin-deficient mice.. PLOS ONE. 2017; -: -
184 .
Tsukamoto M, Hiyama E, Hirotani K, Gotoh T, Inai T, Iida H. Translocation of Tektin3 to the equatorial segment of heads in bull spermatozoa exposed to dibutyryl cAMP and calyculin A.. Molecular Reproduction and Development . 2017; 84: 30-43
185 .
Uchida R, Kodama J, Maruta M, Okamoto F, Kawaguchi T, Ohgi K, Ishikawa H. A relationship between learning beliefs/strategies and academic performance among fukuoka dental college students.. Journal of Pharmacy Practice and Education. 2018; 1: 1-9
186 .
Uchida R, Kodama J, Maruta M, Okamoto F, Kawaguchi T, Ohgi K, Ishikawa H. Generic skills measurement of students at fukuoka dental college:The usefulness of the progress report on generic skills (PROG) test.. Journal of Dental Science. 2018; 6: 10-18
187 .
児玉淳. 福岡県小倉南警察署管内事案死体遺棄被疑事件歯による異同識別鑑定. 福岡県小倉南警察署司法警察員警視大島秀彦氏鑑定嘱託. 2018; : 全30ページ
188 .
見立英史, 橋本憲一郎, 首藤俊一, 吉田祥子, 白石朋子, 田中文恵, 岡村和彦, 湯浅賢治, 橋本修一, 平木昭光, 池辺哲郎. 長期経過を有する巨大な顎下部脂肪腫の1例. 福岡歯科大学雑誌. 2018; 43: 1-6
189 .
Nakayama H, Kitagawa N , Otani T, Iida H, Anan H, Inai T. Ochratoxin A, citrinin and deoxynivalenol decrease claudin-2 expression in mouse rectum CMT93-II cells.. Microscopy. 2018; -: -
190 .
Takahara K, Yamamoto T, Uchida K, Zhu HL, Shibata A, Inai T, Noguchi M, Yotsu-Yamashita M, Teramoto N. Effects of 4,9-anhydrotetrodotoxin on voltage-gated Na+ channels of mouse vas deferens myocytes and recombinant NaV1.6 channels.. Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology. 2018; -: -
症例報告  (該当件数: 26 件)
1 .
八尋純子. ラットWeber腺の成長・発育分化機構ならびに神経切断の影響について. 福岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2000; 第一分冊: 94-95
2 .
濱尾綾, 重松可明, 重松久夫, 鈴木正二, 大野純, 草間薫, 坂下英明. 頬粘膜に発生した色素性母斑の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2001; 14: 162-164
3 .
加賀谷雅之, 重松久夫, 井上和也, 鈴木正二, 坂下英明, 大野純, 草間薫. 鼻唇嚢胞の1例 症例報告と本邦報告症例の検討. 日本口腔診断学会雑誌. 2001; 14: 240-247
4 .
濱尾綾, 重松久夫, 土橋綾, 福田正勝, 大野純, 草間薫, 鈴木正二, 坂下英明. Vermilion flapにて口唇口角再建を行った頬粘膜癌の1例. 明海大学歯学雑誌. 2001; 29: 265-268
5 .
長門俊一, 八尋純子. Resin section-Ion etching-SEM 法と免疫組織化学による小唾液腺組織発生ならびに茸状乳頭の形態維持に関する研究. 福岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2002; 第3分冊: 86-92
6 .
Hara I, Ozeki S, Okamura K, Toshitani K, Taniguchi K, Honda T, Oishi M. Central acinic cell carcinoma of the mandible. Case report. J Craniomaxillofac Surg. 2003; 31: 378-382
7 .
井上咲子, 岡村和彦, 大野純, 田中久夫, 澤熊文平, 須賀道子, 岡田美穂, 谷口邦久, 三浦正資, 本田武司, 大関悟. 口底部の多形性腺腫から発生した腺様嚢胞癌の一例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2003; 29: 89-95
8 .
内田竜司, 原巌, 根木慎太郎, 日高圭太郎, 岡村和彦, 大関悟, 本田武司. 歯根嚢胞を伴った重積歯の一例. 日本口腔診断学会雑誌. 2003; 16: 166-169
9 .
長門俊一, 八尋純子(分担). Resin section-Ion etching-SEM 法による硬組織の構造解析. 福岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2003; 第4分冊: 107-113
10 .
八尋純子. ラットWeber腺の分化・増殖におけるイオンエッチング賦活法による免疫組織化学的および電顕的研究. 福岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2003; 第4分冊: 168-171
11 .
三浦正資, 岡村和彦, 三輪邦弘, 下田恒久, 大関悟, 本田武司. 比較的大きな周辺性エナメル上皮腫の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2004; 50: 376-379
12 .
長門俊一, 八尋純子(分担). 骨組織の三次元微細構造解析. 岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2004; 継続第1分冊: 97-105
13 .
長門俊一, 八尋純子(分担). 樹脂切片‐イオンエッチング‐走査電顕法と透過電顕トモグラフィーによる骨組織および歯根膜組織の三次元構造解析. 福岡歯科大学学術フロンティア研究報告書. 2005; 継続第2分冊: 186-193
14 .
三浦正資, 高岸ミキ, 岡村和彦, 尾崎正雄, 本川渉, 池邉哲郎, 大関悟. 先天性エプーリスの1例. 小児口腔外科学会誌. 2006; 16: 36-39
15 .
内田竜司, 三浦正資, 岡村和彦, 大野純, 谷口邦久, 大関悟. 頬粘膜に発生した内向性管状乳頭腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2006; 19: 336-338
16 .
三浦正資, 岡村和彦, 内田竜司, 日高圭太郎, 大関悟. 口底部に生じた顆粒細胞腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2007; 20: 201-203
17 .
八尋純子, 長門俊一, 佐藤敦子, 谷口邦久. イオンエッチング免疫走査電顕によるラット唾液腺の免疫組織細胞化学的研究. 日本唾液腺学会雑誌. 2007; 48: 11
18 .
稲光哲明, 河田浩. 胸腔鏡下交感神経遮断術後に精神症状のみられた手掌多汗症の2例. 心療内科. 2008; 12: 303-308
19 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 岡村和彦, 池邉哲朗, 大関悟. Sjoren症候群関連抗体が陽性であった頬粘膜小唾液腺由来MALTリンパ腫の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2008; 54: 493-497
20 .
内田竜司, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 多胞性X線透過像を示した下顎骨扁平歯原性腫瘍の1例. 福岡歯大誌. 2008; 34: 147-150
21 .
Okamura K, Ohno J, Iwahashi T, Enoki N, Taniguchi K, Yamazaki J. Giant cell fibroma of the tongue: report of a case showing unique S-100 protein and HLA-DR immunolocalization with literature review. Oral Med Pathol. 2009; 13: 75-79
22 .
橋本憲一郎, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関 悟. . . 2009; :
23 .
Ohno J, Iwahashi T, Ozasa R, Okamura K, Taniguchi K. Solitary neurofibroma of the gingiva with prominent differentiation of Meissner bodies: a case report. . Diagn Pathol. . 2010; 22: 61
24 .
Aoki N, Okamura K, Niio D, Iwamoto O, Kusukawa J. Osteochondroma of the right coronoid process (Jacob Disease): A case report.. Cranio. . 2013; 31: 66-9
25 .
Kawano K, Okamura K, Kashima K, Matsuo K, Takahashi Y, Yamamoto N, Kono T, Kawamura K. Solid variant of keratocystic odontogenic tumor of the mandible: report of a case with a clear cell component and review of the literature.. Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology, and Endodontology. 2013; 116: e393-e398
26 .
Kashiwamura H, Oka K, Tuchihashi Y, Yoshioka H, Kato M, Baba A, Kagawa T, Okamura K, Ozaki M. A case of high density abnormality in x-ray findings of mandible caused by leakage of root canal filling paste. . Pediatric Dental Journal. 2017; 27: 162-168
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 366 件)
1 .
野口晴加, 井上庸子, 森下孝一郎, 坂上竜資, 長門俊一. 高圧電顕トモグラフィーを用いた歯根膜主線維の三次元構造解析法. 第31回福岡歯科大学学会総会, 2004年12月5日. (福岡市)
2 .
Fukunari F, Yamasaki M, Kagawa T, Zeze R, Yuasa K, Okamura K. Comparison with MR images and histpathological architecture of cervical metastatic lymph nodes. 39thGeneral Assembly and Scientific Meeting, Korean Academy of Oral and Maxillofacial Radiology, 2007/3/17. (Seoul)
3 .
Murakami H, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. Expression of caspase-14 in stratified and cornified epithelium in a rat oral mucosal reconstruction model. 第85回日本薬理学会, 平成24年3月14〜16日. (京都市)
4 .
村上弘, 岡村和彦, 山崎純, 坂上竜資. Epigallocatechin-3-gallate (EGCG) による口腔粘膜の分化に対する影響. 第55回日本歯周病学会, 2012年5月17-19日. (札幌市)
5 .
村上弘, 岡村和彦, 山崎純, 坂上竜資. Epigallocatechin-3-gallate(EGCG)による口腔粘膜の分化に対する影響. 第55回日本歯周病学会, 平成24年5月17日〜19日. (札幌市)
6 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 谷口邦久, 坂上竜資. マウス下顎切歯根尖部の多能性幹細胞におけるSox2の発現. 第39回福岡歯科大学学会, 平成24年11月18日. (福岡市)
7 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 谷口邦久, 坂上竜資. マウス下顎切歯根尖部の多能性幹細胞におけるSox2の発現. 第39回福岡歯科大学学会, 平成24年11月. (福岡市)
8 .
篠崎陽介, 森南奈, 大野純, 城戸寛史, 早川徹, 福島忠男. FGF-2添加DNA/プロタミン複合体のラット頭蓋骨欠損モデル実験による骨形成能の評価. 第60回日本歯科理工学会, 平成24年10月. (福岡市)
9 .
Murakami H, Okamura K, Hatta M, Sakagami R, Yamazaki J. Comparison of caspase-14 and filaggrin expression between cornified and non-cornified stratified epithelia. 第86回日本薬理学会, 平成25年3月. (福岡市)
10 .
Kaji C, Tomooka M, Amano I, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and P-cadherin on mouse choroid plexus. 第36回日本微小循環学会, 2011年2月12日. (名古屋市)
11 .
加地千晶, 友岡みわ, 天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. 口腔組織と脳におけるポドプラニンとカドヘリンの共発現. 第53回歯科基礎医学会, 2011年10月1日. (岐阜市)
12 .
天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 加地千晶, 友岡みわ, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. マウス顎下腺の顆粒管における胎盤カドヘリンの産生. 第53回歯科基礎医学会, 2011年10月2日. (岐阜市)
13 .
加地千晶, 友岡みわ, 天野郁子, 今泉友里, 野田雄也, 畠山雄次, 敦賀英知, 小島寛, 沢禎彦. 正常マウスの脳におけるポドプラニンとカドヘリンの共発現. 第38回福岡歯科大学学会, 2011年12月11日. (福岡市)
14 .
Kaji C, Tomooka M, Kojima H, Sawa Y. The expression of podoplanin and classical cadherins in the mouse choroid plexus. 第37回日本微小循環学会, 2012年3月17日. (盛岡市)
15 .
Kaji C, Tomooka M, Hatakeyama Y, Tsuruga E, Kojima H, Sawa Y. Distribusion of podoplanin expressing cells in the oral tissue.. 90International Association for Dental Research, 22 June 2012. ( Iguacu Falls, Brazil)
16 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 顔面発生におけるFibllin1およびFibrillin2の発現. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡市)
17 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. The Expression of Fibrillin-1 and Fibrillin-2 During Tooth Development. 第53回韓国小児歯科学会大会, 2012年4月28日. (Seoul)
18 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 歯根膜発生におけるFibrillin-1およびFibrillin-2の発現. 第50回日本小児歯科学会, 2012年5月12日. (東京)
19 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生におけるFibrillin1およびFibrillin2の発現. 第39回福岡歯科大学学会総会, 2012年11月18日. (福岡市)
20 .
山之内香, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成におけるMAGP-1の機能. 第56回春季日本歯周病学会学術大会, H25年5月31日-6月1日. (東京)
21 .
川越慈, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜オキシタラン線維の分解機構. 第56回春季日本歯周病学会学術大会, H25年5月31日-6月1日. (東京)
22 .
高田俊輔, 内山貴誠, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現. 第28回日本糖尿病合併症学会, H25年9月13日-9月14日. (北海道 旭川)
23 .
内山貴誠, 高田俊輔, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 儀燭鉢況薪尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, 平成25年9月21日-22日. (岡山)
24 .
高田俊輔, 内山貴誠, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病環境下の糸球体内皮細胞におけるTLR2とTLR4の発現. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, H25年9月21日-9月22日. (岡山)
25 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 谷口邦久, 坂上竜資. マウス下顎切歯根尖部の多能性幹細胞におけるSox2の発現. 第56回日本歯周病学会, 平成25年9月21−22日. (前橋市)
26 .
森南奈, 篠崎陽介, 大野純, 早川徹, 福島忠雄. ラット頭蓋骨におけるDNA/プロタミン複合体ペーストの骨形成能. 第22回硬組織再生生物学会, 2013年8月22日. (横浜市)
27 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 石川博之. 小児癌の化学療法が引き起こす永久歯形成障害の危険因子について. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
28 .
藤田隆寛, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の形成機構におけるMAGP-1の機能解析. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
29 .
川越慈, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜オキシタラン線維の改造機構. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
30 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香 , 中島一記 , 敦賀英知 , 沢禎彦 , 石川博之 . ヒト無色素毛様体上皮細胞によるオキシタラン線維形成の解析. 第69回日本解剖学会九州支部学術集会, H25年11月1日. (鹿児島)
31 .
高田俊輔 , 内山貴誠 , 敦賀英知 , 畠山雄次 , 石川博之 , 沢禎彦 . 糖尿病環境下の腎糸球体におけるToll-like receptor(TLR)2と4の発現. 第51回日本糖尿病学会九州地方会, H25年11月8日-9日. (沖縄)
32 .
内山貴誠 , 高田俊輔 , 石川博之 , 沢禎彦 . 儀燭鉢況薪尿病マウスにおける腎リンパ管増生. 第51回日本糖尿病学会九州地方会, 平成25年11月8日-9日. (沖縄)
33 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイトによる潜在型TGF-β?の放出が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化に関与する. 第66回日本薬理学会西南部会, H25年11月16日. (福岡)
34 .
高田俊輔, 内山貴誠, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウス腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
35 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. 潜在型TGF-β1が重層化ケラチノサイトから放出されて線維芽細胞のフェノタイプ変化をおこす. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
36 .
内山貴誠, 高田俊輔, 石川博之, 沢禎彦. 儀燭鉢況薪尿病モデルマウスにおける腎リンパ管新生について. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
37 .
藤田隆寛, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維の形成過程におけるMAGP-1解析. 第9回九州矯正歯科学会学術大会, H26年2月8-9日. (那覇)
38 .
水上正彦, 阿南壽, 北河憲雄, 稲井哲一朗. ヒト角化細胞HaCaTにおけるタイト結合形成機序の研究. 138日本歯科保存学会, 2013. 6. 27, 28. (福岡市)
39 .
畠山純子, 畠山雄次, 松本典祥, 春名千英子, 諸冨孝彦, 泉利雄, 沢禎彦, 阿南壽. 歯の発生におけるLeucine-rich Amelogenin Peptideの発現解析. 40福岡歯科大学学会, 2013. 12. 15. (福岡市)
40 .
Oka K, Kira M, Tsuruga H, Harada H, Fujiwara N, Sawa Y, Ozaki M. The role of Fibrillin during tooth root and periodontal ligament tissue development. 第11回International Conference on Tooth Morphogenesis and Differentiation, 2013年5月27〜30日. (フランス ラ・ロンド・レ・モール)
41 .
Oka K, Kira M, Higa A, Tsuruga H, Sawa Y, Ozaki M. Fibrillin-1 and Fibrillin-2 expression in craniofacial development. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年6月14〜15日. (韓国 ソウル)
42 .
馬場篤子, 岡本愛彦, 谷口邦久, 大関悟, 尾崎正雄. 上顎前歯部歯肉に発生した結節性筋膜炎の1例. 第25回日本小児口腔外科学学術大会, 2013年11月2〜3日. (日本 東京)
43 .
Kira M, Oka K, Tsuruga H, Sawa Y, Ozaki M. THE EXPRESSION OF FIBRILLIN-1 AND FIBRILLIN-2 DURING TOOTH DEVELOPMENT. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年6月14〜15日. (韓国 ソウル)
44 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生におけるFibrillin-1および-2の発現. 第51回日本小児歯科学会大会, 2013年5月23日〜24日. (日本 岐阜)
45 .
田村翔悟, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. DNA分子量の異なるDNA/プロタミン複合体の新生骨形成能. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年4月13〜14日. (日本 東京)
46 .
戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 早川徹, 福島忠男. エラスチンによるDNA/プロタミン複合体への骨形成促進効果. 第61回日本歯科理工学会学術講演会, 2013年13〜14日. (日本 東京)
47 .
Toda M, Ohno J, Hayakawa T, Fukushima T, Ozaki M. DNA/protamine complex can induce bone-formation. 第24回国際小児歯科学会(IAPD), 2013年14-15日. (韓国 ソウル)
48 .
吉良迪子, 岡暁子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 歯の発生において、Fibrillin-1とFibrillin-2は上皮-間葉で異なる発現を示す. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
49 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 上田耕一郎, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療後の歯科的長期フォローアップ. 第55回日本小児血液・がん学会学術集会, H25年11月30日-12月1日. (福岡)
50 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療が引き起こす永久歯の形成障害について. 第19回西日本小児がんセミナー, H26年3月1日. (大阪)
51 .
森南奈, 大野純, 坂上竜資, 福島忠雄. 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月15日. (福岡市)
52 .
村上弘, 八田光世, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおけるcaspase14の角化に対する影響. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月15日. (福岡市)
53 .
村上弘, 八田光世, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおけるcaspase14の角化に対する影響. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月. (福岡市)
54 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 谷口邦久, 坂上竜資. マウス下顎切歯歯胚の多能性幹細胞におけるSox2発現の恒常性について. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月. (福岡市)
55 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 永井淳, 大城希美子, 佐野しおり, 廣松亮, 村上弘, 福田章, 牧角麻未, 谷口邦久, 笹本実、鬼塚得也、坂上竜資. マウス下顎切歯根尖部の多能性幹細胞におけるSox2の発現. 平成25年度九州5大学学会, 平成25年11月. (北九州市)
56 .
戸田雅子, 大野純, 尾崎正雄, 福島忠男. 300base pair DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果. 第40回福岡歯科大学学会総会, 2013年12月15日. (日本 福岡)
57 .
森南奈, 大野純, 坂上竜資, 早川徹, 福島忠男. 異なる分子量を用いたDNA/プロタミン複合体の基礎的性質. 第13回日本再生医療学会, 平成26年3月4日. (京都市)
58 .
村上弘, 有田晴一, 岡村和彦, 八田光世, 丸尾直樹, 坂上竜資, 山崎純. 口腔粘膜の角化におけるフィラグリンとカスパーゼ14の役割. 第56回歯科基礎医学会, 平成26年9月25日〜27日. (福岡市)
59 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 沢禎彦, 坂上竜資. マウス下顎切歯歯胚の幹細胞におけるSox2およびOct4の発現. 第56回歯科基礎医学会, 平成26年9月25〜27日. (福岡市)
60 .
村上弘, 岡村和彦, 坂上竜資, 青木茂久, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおける緑茶成分の角化促進効果. 第87回日本組織培養学会, 平成26年5月29〜30日. (東京都)
61 .
Takata S , Ishikawa H, Sawa Y . Severe periodontal disease exacerbate Diabetic Nephropathy through Toll-like receptor(TLR)2 and TLR 4.. 第57回春季日本歯周病学会, H26年5月23日. (岐阜)
62 .
Sawa Y, Takata S, Ishikawa H, Hatakeyama Y, Tsuruga E. Promotion of nephropathy by Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide in diabetic kidney. 第92回 General Session & Exhibition of the IADR, 平成26年 6月25-28日. (Cape Town, South Africa)
63 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石井太郎, 梶井貴史, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてMMP阻害薬が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化を抑制する. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
64 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 歯周病原菌由来TLRリガンドによる糖尿病性腎症の促進. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25日−27日. (福岡)
65 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 沢禎彦, 石川博之. Porphyromonas gingivalis由来LPSは腎糸球体のTLR2/4を介して糖尿病性腎症を促進する. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
66 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病マウス腎糸球体におけるTLR2/4とLPS誘導性サイトカインの発現 . 第70回日本顕微鏡学会, H26年5月11-13日. (千葉)
67 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がん治療後の歯科的長期フォローアップの必要性について. 第40回JPLSG 長期フォローアップ委員会, 平成26年7月21日. (東京)
68 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. 小児がんに対する化学療法と永久歯欠損率について. 第56回日本小児血液・がん学会学術集会, H26年11月28-30日. (岡山)
69 .
水上正彦, 北河憲雄, 阿南壽, 稲井哲一朗. HaCaT細胞におけるタイト結合形成とMitogen-Activated Protein Kinase(MAPK). P1?27第56回歯科基礎医学会学術大会, H26年9月26日. (福岡)
70 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第64回日本歯科理工学会, 2014/10/4-5. (広島市)
71 .
比嘉ありさ, 岡暁子, 吉良迪子, 敦賀英知, 沢禎彦, 尾崎正雄. 口蓋発生時のFibrillin1蛋白の発現は細胞増殖を調整している. 第38回日本口蓋裂学会, 2014.5.29-30. (札幌市)
72 .
板家智, 吉良迪子, 田村翔悟, 比嘉ありさ, 敦賀英知, 沢禎彦, 岡暁子, 尾崎正雄. 歯根膜線維形成に対する歯原性上皮細胞の関与. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京都)
73 .
戸田雅子, 田村翔悟, 大野純, 岡暁子, 尾崎正雄. DNA/プロタミン複合体の骨形成促進効果. 第52回日本小児歯科学会, 2014.5.16-17. (東京)
74 .
畠山雄次, 松田裕子, 畠山純子, 岡暁子, 阿南壽, 稲井哲一朗, 石川博之, 沢禎彦. The study of functional differentiation of GDFs in chondrocyte cell kinetics. 000第56回歯科基礎医学会, 2014年9月25日-27日. (福岡市)
75 .
田村翔悟, 戸田雅子, 篠崎陽介, 大野純, 尾崎正雄, 御手洗誠, 早川徹, 福島忠男. 超高分子DNAスキャホールドの作成と骨形成能. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡市)
76 .
畠山純子, 木附智子, 合島怜央奈, 村田直久, 畠山雄次, 阿南壽, 城戸瑞穂. 口腔粘膜におけるメカノセンサーPiezoの発現. 000第56回歯科基礎医学会, 2014年9月25日-27日. (福岡市)
77 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. 骨髄由来間葉系幹細胞スフェロイドを用いたラット頭蓋骨骨欠損部位における骨再生効果の促進. 第36回日本バイオマテリアル学会, 2014年11月18日. (東京都)
78 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 宮口直之, 城戸寛史, 福島忠男. ラット頭蓋骨骨欠損モデルにおける間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果. 第41回福岡歯科大学学会, 2014/12/14. (福岡)
79 .
山口雄一郎, 大野純, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. 骨髄由来間葉系幹細胞のスフェロイドを用いた骨再生効果促進. 第44回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会, 2014/9/13. (東京都)
80 .
佐藤絢子, 大野純, 篠崎陽介, 城戸寛史, 福島忠男. ラット頭蓋骨欠損モデルにおけるDNAディスクの骨形成能の評価. 第14回日本再生医療学会, 2015.3.19-21. (神奈川県)
81 .
佐藤絢子, 大野純, 山口雄一郎, 宮口直之, 城戸寛史, 福島忠男. マウスiPS細胞の骨分化誘導へのAutophagyの影響. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡)
82 .
利光拓也, 大野純, 橋本修一, 小島寛. スフェロイド培養での間葉系幹細胞における糖鎖構造発現の変化. 第42回福岡歯科大学学会, 2015年12月13日. (福岡市)
83 .
瀬尾皓, 松浦尚志, 佐藤博信, 稲井哲一朗. ケラチノサイトの3次元培養系にかかわる因子の解析. 42回福岡歯科大学学会, 平成27年12月13日. (福岡市)
84 .
松浦尚志, 瀬尾皓, 有馬裕子, 稲井哲一朗, 佐藤博信. ケラチノサイト単独培養による口腔粘膜角化モデル. 第124回日本補綴歯科学会, 平成27年5月29日. (さいたま市)
85 .
瀬尾皓, 松浦尚志, 江田和夫, 佐藤博信, 稲井哲一朗. 完全合成培地によるケラチノサイトの培養系の確立.  日本補綴歯科学会九州支部会, 平成27年8月23日. (福岡)
86 .
Matsuura T, Seo A, Inai T, Arima Y, Sato H. 2015年International College of Prosthodontists 「A 3D keratinocyte culture model creating keratinized epithelial equivalents」 .  2015年International College of Prosthodontists, 2015年9月17日. (韓国)
87 .
Kira-Tatsuoka M, Oka K, Harada H, Fujiwara N, Itaya S, Ozaki M, Sawa Y. Immunohistochemical expression of fibrillin-1 and fibrillin-2 during tooth development . 第4回Tripartite Conference on Tooth and Bone Development & Regeneration, 2015.6.12-14. (東京都 成田)
88 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 沢禎彦, 吉永泰周, 坂上竜資. 齧歯類切歯の発生を研究するための新たな移植方法の開発. 平成27年度日本歯周病学会九州五大学研修会, 平成27年11月8日. (福岡市)
89 .
丸尾直樹, 岡村和彦, 沢禎彦, 吉永泰周, 坂上竜資. GFPマウスをドナーとするapical bud分化モデルの開発. 第42回福岡歯科大学学会, 平成27年12月13日. (福岡市)
90 .
村上弘, 有田晴一, 岡村和彦, 八田光世, 吉永泰周, 山崎純, 坂上竜資. 口腔粘膜の角化におけるcaspase 14とfilaggrinの役割. 第23回日本歯科医学会, 平成28年10月21−23日. (福岡市)
91 .
宮園祥爾, 有馬裕子, 瀬尾皓, 松浦尚志, 佐藤博信, 稲井哲一郎. 気液界面培養,液浸培養におけるタイトジャンクションタンパク質の局在. 第43回福岡歯科大学学会総会, 平成28年12月18日. (福岡市)
92 .
畠山純子, 木附智子, 合島怜央奈, 村田直久, 畠山雄次, 城戸瑞穂, 阿南壽. 口腔粘膜上皮における機械刺激センサーPiezoの発現解析. 第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月21-23日. (福岡市)
93 .
Hatakeyama J, Anan H, Matsumoto N, Takayama F, Wu Z, Matsuzaki E, Minakami T, Hatakeyama Y, Izumi T, Nakanishi H. Hydroxyapatite plus phosphatidylserine-containing liposomes induce bone repair in rat calvarial defects. 4thJAPAN-NIH Joint Symposium 2017, 2017年2月15日 -18日. (仙台市)
94 .
畠山純子, 松本典祥, 畠山雄次, 赤尾瑛一, 西崎竜司, 二階堂美咲, 中山英明, 水上正彦, 松崎英津子, 泉利雄, 阿南壽. PSリポソームとハイドロキシアパタイト併用による骨欠損修復について. 第16回日本再生医療学会総会, 2017年3月7日?9日. (仙台市)
95 .
Kajiwara K, Takata S, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide promote diabetic nephropathy through TLR2. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, H28年6月22日-25日. (Seoul, Republic of Korea)
96 .
Takata S, Kajiwara K, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. PThe cytokine inductions in glomerular endothelial cells with Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide through TLR2. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, H28年6月22日-25日. (Seoul, Republic of Korea)
97 .
Kamogashira N, Fujita T, Nakashima K, Matsuda Y, Hatakeyama J, Hatakeyama Y, Sawa Y, Ishikawa H. The detection of oxytalan fiber produced human periodontal ligament cells using Wheat Germ Agglutinin. 第58回歯科基礎医学会学術大会, H28年8月24日-26日. (北海道)
98 .
松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. 化学合成により作製されたLRAPの骨芽細胞分化に与える影響. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
99 .
梶原弘一郎, 高田俊輔, 沢禎彦, 石川博之. Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide が誘導する糖尿病性腎症と TLR4 阻害の効果. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
100 .
鴨頭奈央子, 藤田隆寛, 中島一記, 松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. レクチンを用いた歯根膜におけるオキシタラン線維の検出の検討. 第43回福岡歯科大学学会総会, H28年12月18日. (福岡)
101 .
安永まどか, 利光拓也, 佐藤絢子, 大野純, 石川博之. 歯根膜幹細胞と骨芽細胞様細胞での骨分化誘導におけるオートファジーの関与. 第43回福岡歯科大学学会総会・学術大会, H28年12月18日. (福岡)
102 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 玉置幸雄, 沢禎彦, 石川博之. LAMP-1は化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞分化に関与する. 第14回日本再生歯科医学会, H29年2月25日. (北海道)
103 .
鴨頭奈央子, 松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜線維芽細胞のオキシタラン線維形成における成長因子の影響. 第14回日本再生歯科医学会学術大会, H29年2月25日. (北海道)
104 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 玉置幸雄, 沢禎彦, 石川博之. LAMP-1は化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞分化に関与する. 第16回日本再生医療学会総会, H29年3月7日〜9日. (宮城)
105 .
安永まどか, 利光拓也, 佐藤絢子, 大野純, 石川博之. 歯根膜幹細胞の骨分化誘導におけるオートファジーの関与. 第16回日本再生医療学会総会, H29年3月7日〜9日. (宮城)
106 .
田中文恵, 大野純, 泉喜和子, 橋本憲一郎, 平木昭光, 岡村和彦, 池邉哲郎, 橋本修一. 右側下顎骨に発生し線維性骨異形成症から悪性転化をとった1例. 70日本口腔科学会学術集会, 平成28年4月15〜16日. (福岡)
107 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 城間可奈子, 首藤俊一, 佐々木三奈, 岡村和彦, 平木昭光, 大野純, 橋本修一, 池邉哲郎. 上顎歯肉に発生し悪性像を呈した炎症性筋線維芽細胞腫瘍の一例. 84日本口腔外科学会九州支部学術集会, 平成28年6月18日. (福岡)
108 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Ohno J, Hashimoto S. Immunohistochemical analysis for the malignant transformation in ameloblastic carcinoma. 13日本病理学会カンファレンス, 平成28年7月29〜30日. (兵庫)
109 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Hashimoto K, Ohno J, Ikebe T, Hashimoto S. Ameloblastic carcinoma of the mandible case report. 27日本臨床口腔病理学会学術大会, 平成28年8月10〜12日. (広島)
110 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 吉本尚平, 岡村和彦, 平木昭光, 橋本修一, 池邉哲郎. エナメル上皮癌における免疫組織化学的検討. 49日本口腔科学会九州地方部会, 平成28年10月15日. (沖縄)
111 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本修一, 平木昭光, 池邉哲郎. エナメル上皮癌の悪性転化に関する免疫組織学的検討. 35日本口腔腫瘍学会学術大会, 平成29年1月26〜27日. (福岡)
112 .
山下りさこ, 斎藤信明, 別府理智子, 篠原徹雄, 橋本修一, 岡村和彦. 腹腔鏡下に生検を施行した腸間膜脂肪織炎の一症例. 41日本大腸肛門病学会九州地方会, 2016年10月1日. (福岡)
113 .
高良憲洋, 加地千晶, 畠山雄次, 小島寛, 沢禎彦. ポドプラニンノックアウトマウスに関する形態学的研究. 第72回日本解剖学会, 2016年10月29日. (長崎市)
114 .
高良憲洋, 加地千晶, 畠山雄次, 小島寛, 沢禎彦. Wnt1-Cre; Pdpn△/△マウス歯・骨の形態学的検討. 第122回日本解剖学会, 2017年3月28日. (長崎市)
115 .
安西寛真, 橋本憲一郎, 泉喜和子, 佐々木三奈, 首藤俊一, 岡村和彦, 三輪邦宏, 平木昭光, 池邉哲郎. 硬組織形成を伴った顎下腺原発多形腺腫由来癌. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2017年1月26・27日. (福岡市)
116 .
Sakagami R, Maruo N, Yoshinaga Y, Okamura K, Sawa Y. Apical bud transplantation model of rodent teeth for studying epithelial-mesenchymal transition. 102American Academy of Periodontology, 2016年9月10−13日. (San Diego)
117 .
麻生一成, 古賀千尋, 中山敬介, 土井添雄介, 土橋佑基, 横上智, 津江文武, 松浦洋志, 大野純, 岡村和彦, 金子高士. 福岡歯科大学口腔医療センターにおける細胞診の臨床的検討. 0第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
118 .
畠山純子, 畠山雄次, 松本典祥, 水上正彦, 松崎英津子, 泉利雄, 鷲尾絢子, 諸冨孝彦, 北村知昭, 阿南壽. 機械刺激センサーTRPV4を介する象牙芽細胞様細胞(KN-3)における石灰化機構の解明. 第19回日本歯科保存学会, 2017年10月26日、27日. (盛岡)
119 .
鴨頭奈央子, 松田裕子, 畠山雄次, 玉置幸雄, 石川博之. アメロゲニン変異マウスのエナメル芽細胞分化過程におけるLAMP-1局在の組織学的検討. 第44回福岡歯科大学学会, 平成29年12月3日. (福岡)
120 .
吉本尚平, 森田浩光, 田中文恵, 片倉喜範, 中村誠司, 平田雅人, 橋本修一. NFAT5 is important for proliferation of oral squamous cell carcinoma in hyper osmotic condition. 第106回日本病理学会総会, 平成29年4月27〜29日. (東京)
121 .
吉本尚平, 田中文恵, 岡村和彦, 橋本修一. GPRC5A is a potential biomarker to predict the malignant transformation of ameloblastoma. 第28回日本口腔臨床病理学会学術大会, 平成29年8月23?25日. (埼玉)
122 .
田中文恵, 吉本尚平, 岡村和彦, 池邉哲郎, 橋本修一. PKM2はEMTを介した口腔扁平上皮癌の進展に関与する. 第28回日本臨床口腔病理学会学術大会, 平成29年8月23?25日. (埼玉)
123 .
吉本尚平, 田中文恵, 岡村和彦, 池邉哲郎, 橋本修一. エナメル上皮癌におけるEMT誘導とCK15の発現抑制. 第1回ConBio2017, 平成29年12月6〜9日. (神戸)
124 .
松尾聡, 戸田雅子, 岡暁子, 板家智, 力武美保子, 尾崎正雄, 大野純. 抗がん剤刺激によるヘルトヴィッヒ上皮鞘細胞でのIGF-1R発現変化. 第55回日本小児歯科学会, 2017.5.25-26. (北九州市)
125 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本修一, 平木昭光, 池辺哲郎. 当科で経験したエナメル上皮癌3症例に関する臨床病理学的検討. 41第41回日本頭頸部癌学会, 平成29年6月8日. (京都)
126 .
見立英史, 橋本憲一郎, 首藤俊一, 安西寛真, 吉田祥子, 筑井朋子, 田中文恵, 湯浅賢治, 橋本修一, 平木昭光, 池辺哲郎. 長期経過を有する顎下部脂肪腫の一例. 第71回日本口腔科学会, 平成29年4月26日〜28日. (愛媛)
127 .
畠山純子, 畠山雄次, 松本典祥, 水上正彦, 松崎英津子, 泉利雄, 鷲尾絢子, 諸冨孝彦, 北村知昭, 阿南壽. 象牙芽細胞様細胞(KN-3)における機械刺激センサーTRPV4を介した石灰化機構の解明. 第38回日本歯内療法学会 学術大会, 2017年10月26-27日. (東京都)
128 .
佐藤敦子. ラット顎下腺主導管上皮の形態と機能. 第105回日本解剖学会総会, 2000年3月30日. (横浜)
129 .
Sato A, Suganuma T, Ide S, Kawano J, Nagato T. Lectin binding pattern of the main excretory duct epithelium of the rat submandibular gland. 第15回国際形態科学シンポジウム, 平成12年9月20日. (京都)
130 .
Sato H, Matsuguma T, Ishikawa M, Kuramoto S, Ukon S, Zeze R, Kodama J. Deformation/displacement of posterior digastric and sternocleidmastoid muscles during posterior digastric muscle palpation using manetic resonance imaging andimage processing procedure. 22nd Society of Oral Physiology, 7-10 June 2001. (Switzerland)
131 .
大野純, 岡澤次郎, 岡村和彦, 草間薫, 田中久夫, 井上咲子, 澤熊文平, 須賀道子, 谷口邦久. 急性口腔粘膜GVHDでのマクロファージの役割. 第38回日本消化器免疫学会総会, 8/9, 10. (札幌)
132 .
井上咲子, 大野純, 澤熊文平, 須賀道子, 田中久夫, 岡村和彦, 谷口邦久. 口蓋に発生したSalivary duct carcinomaの一例. 第91回日本病理学会, 2002/3/26-28. (横浜市)
133 .
Sato A, Hisanaga Y, Nagato T. Three-dimensional structure of apical vesicles of tuft cell of the main excretory duct in the rat submandibular gland. 第17回国際形態科学シンポジウム, 平成14年9月12日. (Timisoara)
134 .
大野純, 岡村和彦, 田中久夫, 須賀道子, 谷口邦久. 口腔悪性黒色腫に対するGVT効果の可能性. 第92回日本病理学会, 2003/04/23-25. (福岡市)
135 .
Yahiro J, Inoue Y, Mizumachi E, Morishita K, Nagato T. Ion etching techniques for immunohistochemistry at both light microscopic and scanning microscopic levels. P4-10716th Internationhal Congress of the IFAA, August 22~26, 27, 2004. (Kyoto)
136 .
Mizumachi E, Hisanaga Y, Morishita K, Yahiro J, Nagato T. Three dimentional reconstruction of capillary networks in the rat thready filform papillae by scanning electron microscopy frm ion-etched Epoxy resin semi-thin sections. P2-20116th Internationhal Congress of the IFAA, August 24 2004. (Kyoto)
137 .
Inoue Y, Morishita K, Yahiro J, Ishikawa H, Nagato T. Scanning microscopic observation of decalcified harg tissues by using ion -etched semi-thin sections. P3-06516th Internationhal Congress of the IFAA, August 25 2004. (Kyoto)
138 .
城戸寛史, 松浦正朗, 生山隆, 清水博史, 高橋裕, 佐藤博信, 籐英俊, 本田武司. 卒前教育におけるインプラント基礎実習−登院実習前実習における取り組み−. 第23回日本歯科医学教育学会, 2004年7月1−2日. (新潟)
139 .
岡田美穂, 大野純, 岡村和彦, 田島義文, 岡澤次郎, 草間薫, 谷口邦久. 腺性歯原性嚢胞およびブドウ状歯原性嚢胞における腺型性状の検索. 第93回日本病理学会, 2004/6/09-11. (札幌市)
140 .
Sato A, Kodama J, Inoue Y, Nagato Y. Analysis of the tubulovesicular system of tuft cells in the main excretory duct of the rat submandibular gland by EFTEM-TEM tomography. 第16回国際解剖学会, 平成16年8月25日. (京都)
141 .
白石朋子, 山美和子, 福成史子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 鈴木祐社, 谷口邦久. 口腔からの頸部リンパ流路:口腔癌の画像診断所見からの推測 . 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
142 .
福成史子, 山美和子, 白石朋子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 谷口邦久. 口腔癌頸部リンパ節転移の画像診断報告の数値化. 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
143 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 谷口邦久. 口腔癌の頸部リンパ節転移の画像診断:偽陽性、偽陰性症例について. 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
144 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 住吉周平, 前田顕之, 香川豊宏, 瀬々良介, 大関悟, 湯浅賢治, 谷口邦久. 多量の関節内遊離体を認めたSynovial osteochondromatosisの1症例. -第18回日本顎関節学会総会・学術大会, 2005年7月31日. (松江)
145 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 住吉周平, 前田顕之, 香川豊宏, 宇治寿隆, 大関悟, 湯浅賢治, 谷口邦久. 多量の関節内遊離体を認めた滑膜骨軟骨腫症の1症例. 73第73回日本口腔外科学会九州地方会, 2005年9月10日. (北九州)
146 .
佐藤敦子, 森山耕成. ラット顎下腺主導管上皮のtuft細胞と味蕾II型細胞の類似性について. 第50回顕微鏡学会シンポジウム, 2005年11月2日. (福岡)
147 .
Sato A, Kodama J, Inoue Y, Nagato T. Three-dimensional reconstruction of the tubulovesicular system of the tuft cells in the main excretory duct of the rat submandibular gland by EFTEM-TEM tomography. 4thCellular and Molecular Biology, October 9, 2005. (Poitiers)
148 .
岡松加恵, 城戸寛史, 佐藤敦子, 渡津章, 寺岡啓, 斉藤尚文, 森永健三, 松浦正朗. ラット脛骨におけるチタン・骨界面の観察‐チタンコーテイングプラスチックインプラントの応用. 第32回福岡歯科大学学会総会, 2005年12月17日. (福岡県)
149 .
岡松加恵, 城戸寛史, 佐藤敦子, 渡津章, 寺岡啓, 斉藤尚文, 森永健三, 松浦正朗. チタン周囲の骨コラーゲンの微細構造−ラット脛骨におけるチタンコーテイングプラスチックインプラントによる検討. 第9回日本顎顔面インプラント学会総会, 2005年11月3,4日. (福岡)
150 .
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 澤熊文平, 江原道子, 谷口邦久, 大関悟. 口腔悪性黒色腫におけるリンパ節転移への脈管新生の関与. 第47回歯科基礎医学会, 2005/09/28-30. (仙台市)
151 .
大野純, 岩橋輝明, 岡村和彦, 谷口邦久. 歯肉に発生したdiffuse neurofibromaの1例. 第94回日本病理学会, 2005/04/14-16. (横浜市)
152 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 自見英治郎, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するCLCN-7 Cl-チャネルの特性と点変異によるCl-電流への影響. 第82回日本生理学会, 2005年5月18-20日. (仙台)
153 .
内藤徹, 北村憲司, 湯浅賢治, 廣藤卓雄, 藤英俊, 本田武司. PBLチュートリアル授業による問題解決能力の開発− 自ら学び、考える歯科医師を創るために −.「歯科医学教育におけるPBLチュートリアル−なぜ、いまPBLチュートリアルなのか−. 日本歯科医学教育学会 歯科医学教育シンポジウム, 2005年2月11日. (東京)
154 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 瀬々良介, 香川豊宏, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久. 頸部転移リンパ節におけるMR dynamic study:profile分析の有用性(第二報). 第32回福岡歯科大学学会総会 , 2005.12.18. (福岡)
155 .
香川豊宏, 山美和子, 白石朋子, 福成史子, 三輪邦弘, 湯浅賢治, 大野純, 岡村和彦. 悪性リンパ腫の超音波画像診断所見の検討. 第32回福岡歯科大学学会総会 , 2005.12.18. (福岡)
156 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 瀬々良介, 香川豊宏, 湯浅賢治, 岡村和彦. 頸部転移リンパ節のMR dynamic study:profile分析の有用性. 第10回臨床画像大会 , 2005.9.16. (仙台)
157 .
川鍋仁, 秦雄一郎, 崔旭鎮, 石川博之, 谷口邦久. フィブリン糊塗布後のbFGF投与が口蓋部瘢痕形成ラットの骨膜性成長に与える効果. 第30回日本口蓋裂学会, 2006/05/24-26. ()
158 .
大野純, 岩橋輝明, 江原道子, 岡村和彦, 谷口邦久. 口腔上皮異形成症におけるGal-3の発現変化. 第95回日本病理学会, 2006/04/30-05/02. (東京)
159 .
石橋一成, 山崎純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司. ラット顎下腺導管上皮細胞に局在するClチャネルによるCl再吸収. 第48回歯科基礎医学会, 2006年9月22日. (横浜市)
160 .
福成史子, 山崎美和子, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治, 岡村和彦. 転移リンパ節のMR像. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
161 .
岡村和彦, 山崎純, 石橋一成, 大野純, 北村憲司, 谷口邦久. ラットCa2+活性化Cl-チャネル関連分子rCLCAの局在. 第48回歯科基礎医学会, 2006/9/21-23. (横浜市)
162 .
山崎純, 岡村和彦, 石橋一成, 谷口邦久, 北村憲司. ラット顎下腺に局在するCa2+活性化Cl-チャネル関連分子CLCAの性質. 第48回歯科基礎医学会, 2006/09/21-23. (横浜市)
163 .
三輪邦弘, 岡村和彦, 前田顕之, 湯浅賢治. 口腔癌における頸部腫脹リンパ節超音波像による転移と非転移の定量的鑑別診断法. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.11. (名古屋)
164 .
岩橋輝明, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. マウス舌悪性黒色腫のリンパ節転移における原発巣でのリンパ管の動態. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.12. (名古屋)
165 .
内田竜司, 寺川紘子, 三浦正資, 岡村和彦, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 多房性X線透過像を示した下顎骨歯原性扁平上皮腫の1例. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.12. (名古屋)
166 .
秦雄一郎, 川鍋仁, 崔旭鎮, 石川博之, 谷口邦久. bFGF投与が創傷治癒過程における口蓋骨面の血管網にあたえる経時的な効果. 第30回日本口蓋裂学会, 2006/5/24-26. (長野)
167 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. Keratocystic odontogenic tumor(KCOT)の裏装上皮の糖鎖発現様式. 第17回日本口腔病理学会総会・学術大会, 2006.8.18. (新潟)
168 .
和田孝介, 内田竜司, 三浦正資, 寺川紘子, 岡村和彦, 池邉哲郎, 大関悟. オトガイ部に発生した骨形成線維腫の1例. 第74回日本口腔外科学会九州地方部会, 2006.9.2. (佐賀)
169 .
橋本憲一郎, 泉喜和子, 前田顕之, 和田孝介, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 診断に苦慮した悪性リンパ腫の二例. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.13. (北九州)
170 .
中山修二, 根木慎太郎, 大関悟, 岡村和彦, 谷口邦久, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治. 舌下部に甲状舌管嚢胞と類表皮嚢胞が共存した1例. 第39回日本口腔科学会九州地方部会, 2006.12.9. (佐賀)
171 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔内上皮異形成症の癌化へのガレクチン-3(Gal-3)の関与. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
172 .
Choi W, Kawanabe H, Hata Y, Ishikawa H, Taniguchi K. Immunohistochemical study on effects of bFGF on collagen remodeling in palatal wound healing of rats. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006/9/13-15. (札幌)
173 .
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦. ラット口蓋部骨露出創の治癒過程においてbFGF投与がcollagen remodelingに与える効果. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
174 .
三浦正資, 湯浅賢治, 大野純. リンパ節疾患. 第27回日本口腔外科学会教育研修会, 2006.11.24. (福岡)
175 .
久永豊, 野口晴香, 石川博之, 坂上竜資, 長門俊一. 破骨細胞および破歯細胞出現部位における歯根膜血管の走行ー連続切片による3次元形態観察ー. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006/12/10. (福岡)
176 .
川口稔, 福島忠男, 井上勇介, 早川徹, 谷口邦久, 坂上竜資. フィルム化DNA/キトサン複合体の加工成形法の開発. 第48回日本歯科理工学会学術講演会, 2006年10月26日. (名古屋)
177 .
八尋純子, 長門俊一. イオンエッチング免疫走査電顕法. 第22回医学生物学電子顕微鏡技術学会学術講演会, 2006/5/13. (静岡県浜松市)
178 .
Sato A, Moriyama K, Sawa Y, Okamatsu K, Nagato T, Oikawa T. TEM and EFTEM-TEM tomography study of the fine structure of the main excretory duct tuft cell of the rat submandibular gland and the taste bud type II cells of the rat circumvallate papillae. 第16回国際顕微鏡学会, 平成18年9月4日. (札幌)
179 .
Sato A, Moriyama K. Localization of G proteins in the main excretory duct of the rat submandibular gland with special reference to the MED tuft cell and the taste bud type II cell. 第3回ステノン国際唾液腺シンポジウム, 平成18年10月22日. (岡崎)
180 .
沢禎彦. リンパ管内皮細胞の免疫機能分子発現. 日本解剖学会第62回九州支部学術大会, 2006年10月21日. (福岡市)
181 .
Yahiro J, Nagato T. Ion-etching immunoscanning electron microscopic observation of rat glands. 84J Dent Res, June 29. (Brisbane)
182 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 瀬々良介, 香川豊宏, 湯浅賢治, 岡村和彦, 大関悟. 頸部転移リンパ節のMR dynamic study:profile法による微小転移巣の検出. 第24回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 , 2006.1.27. (北九州)
183 .
福成史子, 白石朋子, 山美和子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 岡村和彦. 頸部リンパ節の画像診断:MR像と病理組織像の比較. 2006第24回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 , 2006.1.27. (北九州)
184 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔上皮異形成症における癌化とガレクチン-3 (Gal-3)発現との関連について. 第96回日本病理学会, 2007/3/13-15. (大阪)
185 .
秦雄一郎, 川鍋仁, 久永豊, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋骨面の創傷治癒過程におけるbFGF投与が血管網構築にあたえる効果. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
186 .
崔旭鎮, 川鍋仁, 秦雄一郎, 石川博之, 谷口邦久, 沢禎彦. 口蓋部創傷治癒過程におけるbFGF投与後のcollagen remodelingの病理組織学的観察. 第2回九州矯正歯科学会, 2007/2/17-18. (宮崎)
187 .
岡村和彦, 岩橋輝明, 大野純, 澤熊文平, 谷口邦久. 舌に発生したgiant cell fibromaの1例. 第18回日本口腔病理学会, 2007/8/9-11. (岐阜)
188 .
石橋一成, 山崎純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司, 梅津桂子. cAMP活性化Cl- チャネルCFTRによるラット顎下腺唾液イオン濃度の制御. 第49回歯科基礎医学会学術大会, 2007年8月29日〜31日. (札幌市)
189 .
敦賀英知, 矢嶋俊彦, 沢禎彦. Fibulin-5は微細線維上に存在し、微細線維の形成を調節する. 日本歯科基礎医学会, 2007/8/30-31. (札幌)
190 .
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔上皮異形性症の癌化マーカーとしてのガレクチン-3(Gal-3)発現. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
191 .
来海慶一郎, 内田竜司, 多田剛之, 宇治寿隆, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 当科におけるエナメル上皮腫についての臨床的検討. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
192 .
中山修二, 根木慎太郎, 岡村和彦, 谷口邦久, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治, 池邉哲郎, 大関悟. 口底部に甲状舌管嚢胞を認めた2例. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
193 .
稲澤大典, 橋本憲一郎, 泉喜和子, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 悪性リンパ腫が疑われた肉芽腫性リンパ節炎の一例. 75口腔科学会九州地方会, 2007年9月1日. (久留米)
194 .
鈴木薫, 泉喜和子, 宇治寿隆, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 下顎骨に発生した巨大な骨腫の一例. 40日本口腔科学会九州地方部会, 2007年12月8日. (福岡)
195 .
多田剛之, 池邉哲朗, 大関悟, 岡村和彦, 谷口邦久, 大部一成. 右側舌癌舌半側切除術、前腕皮弁再建の6年後に皮弁上皮より発癌を認めた1例. 53日本口腔外科学会, H20年10月20-21日. (徳島)
196 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 口蓋に生じた多形性腺腫内癌の2例. 32日本頭頸部癌学会, H20年6月11-13日. (東京)
197 .
中山修二, 根木慎太郎, 多田剛之, 橋本憲一郎, 岩橋輝明, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 口腔癌患者の術中迅速病理診断についての検討. 62日本口腔科学会, H20年4月16-17日. (福岡)
198 .
敦賀英知, 中島一記, 中冨佑香, 石川博之, 沢禎彦. Integrin alphavbeta3 regulates microfibril assembly in human periodontal ligament cells.  日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
199 .
中島一記, 中冨佑香, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers assembly.  日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
200 .
谷口邦久, 谷口邦久, 沢禎彦. イオンエッチング免疫走査電顕によるラット耳下腺およびエブネル腺におけるアミラーゼ局在の検定. BO-4日本顕微鏡学会, 平成20年12月6日. (久留米)
201 .
八尋純子, 谷口邦久, 沢禎彦. イオンエッチング免疫走査電顕法による免疫組織化学的研究. 50回歯科基礎医学会, 平成20年9月25日. (東京)
202 .
中冨祐香, 中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching modulates oxytalan fibers in periodontal ligaments.. 日本歯科基礎医学会, 2008/9/23-25. (東京)
203 .
大野純, 岩橋輝明, 岡村和彦, 谷口邦久. 口腔粘膜GVHDの初期病変におけるICAM-1発現機序. 第97回日本病理学会, 2008年5月15-17日. (金沢)
204 .
小笹竜起, 大野純, 岩橋輝明, 岡村和彦, 榎規雄, 谷口邦久. マウス転移リンパ節におけるB16 メラノーマ細胞の動態. 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2008年9月23-25日. (東京)
205 .
Fukunari F, Okamura K, Zeze R, Kagawa T, Yuasa K. MR imaging characteristics of cervical metastatic lymph nodes.. ACOMFR,第13回臨床画像大会, 2008.11.22. (nara)
206 .
岩澤佳奈, 植木猛士, 天野郁子, 野田雄也, 沢禎彦, 石川博之. マウスリンパ管における白血球接着因子の発現. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡市)
207 .
中島一記, 敦賀英知, 中冨佑香, 久永豊, 石川博之, 沢禎彦. 細胞伸展刺激により発現が促進されるfibulin-5は、オキシタラン線維の凝集を調節する. 1福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡市)
208 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. Stretching modulates oxytalan fibers in periodontal ligaments.. 1第50回歯科基礎医学会学術大会, 9/23〜25. (東京)
209 .
植木猛士, 岩澤佳奈, 畑 実, 敦賀英知, 沢 禎彦, 石川博之. リンパ管内皮細胞における白血球接着因子の発現. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
210 .
中冨佑香, 中島一記, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の沈着過程におけるEMILINの役割. 1第35回福岡歯科大学学会総会, 12/14. (福岡)
211 .
Nakashima K, Nakatomi Y, Tsuruga E, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers ass embly.. 1第50回歯科基礎医学会学術大会, 9月23〜25日. (東京)
212 .
中島一記, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 細胞伸展刺激により発現が促進されるfibulin-5 は、微細線維の凝集を調節する. 1歯科基礎医学会学術大会, 9月23〜25日. (東京)
213 .
畠山雄次, 沢禎彦. GDF-5の軟骨形成細胞凝集への影響. P259歯科基礎医学会, 2008年9月23日?25日. (東京)
214 .
中島一記, 中冨佑香, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展装置を用いた歯根膜オキシタラン線維の解析 ―Fibulin-5の発現と機能解析― . 1九州矯正歯科学会, 2/21,22. (佐賀市)
215 .
Nakashima K, Nakatomi Y, Tsuruga E, Ishikawa H, Sawa Y. Stretching stimulates fibulin-5 expression, and controls oxytalan fibers ass embly. . 1第50回歯科基礎医学会学術集会, 9/23〜25. (東京)
216 .
中冨佑香, 中島一記, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜のオキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の機能解析. 1第4回九州矯正歯科学会学術大会, 2/21,22. (佐賀市)
217 .
大野純, 岩橋輝明, 榎規雄, 岡村和彦, 谷口邦久. マウス自然発症転移モデルにおけるセンチネルリンパ節の動態. 第98回日本病理学会総会, 2009/05/01-03. (京都市)
218 .
西村紗和, 植木猛士, 中冨佑香, 中島一記, 岩澤佳奈, 畠山雄次, 敦賀英知, 石川博之, 沢 禎彦. LYVE-1陽性マクロファージの口腔粘膜における分布. 0歯科基礎医学会, 2009年9月. (新潟)
219 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢 禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の機能. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2009年9月. (新潟)
220 .
中島一記, 中冨佑香, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 細胞進展刺激によるオキシタラン線維の凝集機構. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会, H21年9月9−11日. (新潟)
221 .
岩澤佳奈, 植木猛士, 西村紗和, 中島一記, 中富佑香, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢 禎彦. マウス舌リンパ管内皮細胞における白血球接着因子の発現について. 0第51回歯科基礎医学会学術大会・総会 , H21年9月9-11日 . (新潟 )
222 .
秦雄一郎, 植木猛士, 敦賀英知, 沢 禎彦, 谷口邦久, 石川博之. 術直後のbFGFの局所投与はラット口蓋部の創傷治癒における筋線維芽細胞のアポトーシスを促進する. 0第68回 日本矯正歯科学会大会 , H21年11月16-18日 . (福岡)
223 .
福岡宏士, 石川昌嗣, 大郷友規, 佐々木美智子, 松浦尚志, 谷口邦久, 佐藤博信. CO2レーザー照射によるソケットプリザベーション−ラットにおける実験病理学的研究. 日本補綴歯科学会, 2009年10月11日. (福岡)
224 .
稲澤大典, 橋本憲一郎, 多田剛之, 内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久. ビスフォスフォネート製剤内服による下顎骨骨髄炎との鑑別に苦慮した下顎歯肉癌再発の1例 . 63日本口腔科学会, 2009.4.16. (浜松)
225 .
柳迫利宗, 津畑達, 鈴木薫, 内田竜司, 瀬々良介, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 顎放線菌症が疑われたビスホスホネート服用患者の1例. 63日本口腔科学会, 2009.4.16. (浜松)
226 .
津畑達, 岡本愛彦, 来海慶一郎, 中山修二, 利谷幸治, 香川豊宏, 榎規夫, 大野純, 池邉哲郎, 大関悟. 難治性口内炎の所見を呈した悪性リンパ腫の1例. 19日本口腔粘膜学会, 2009.6.5. (神奈川)
227 .
丸谷由里子, 山田亜矢, 新垣真紀子, 鈴木宏治, 畠山雄次, 福本敏. 歯髄幹細胞に対するgrowth/differentiation factor-5(GDF-5)の影響. P2-12日本小児歯科学会総会, 平成21年5月14日、15日. (大阪)
228 .
畠山雄次, 丸谷由里子, 畠山純子, 沢禎彦. 骨芽細胞におけるGrowth/Differentiation Factor-5のMatrix Metalloproteinases酵素活性制御に関する検討. P1-122歯科基礎医学会, 平成21年9月9日?11日. (新潟)
229 .
森南奈, 大野純, 福島忠男, 坂上竜資. 骨形成促進効果を有するサケ白子由来DNAとプロタミンからなる複合体ペースト. 第56回日本歯科理工学会, 2010. 10.9-10. (岐阜)
230 .
大野純, 岩橋輝明, 谷口邦久. 口腔扁平上皮癌細胞のスフェロイド形成能. 第99回日本病理学会総会, 2010.4.27-29. (東京)
231 .
岩橋輝明, 大野純, 小笹竜起, 谷口邦久. センチネルリンパ節における腫瘍反応性リンパ節症の病態. 第99回日本病理学会総会, 2010.4.27-29. (東京)
232 .
岩橋輝明, 大野純, 小笹竜起, 榎規雄, 岡村和彦, 谷口邦久. 横紋筋侵入をともなう顆粒細胞腫の免疫組織学的検討. 第21回日本臨床口腔病理学会総会, 2010.7.31-8.1. (大阪)
233 .
植木猛士, 秦雄一郎, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋部の創傷治癒における筋線維芽細胞のアポトーシスに対するbFGF投与の定量的評価. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
234 .
中島一記, 中冨佑香, 久永豊, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展刺激によりfibulin-5は発現しオキシタラン線維の凝集を調節する. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
235 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1は伸展刺激により増加するオキシタラン線維の形成量を調整する. 第52回歯科基礎医学会学術大会, H22年9月21-22日. (東京)
236 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児血液腫瘍の化学療法が引き起こす歯の形成障害について. 第69回日本矯正歯科学会, H22年9月27-29日. (横浜)
237 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1はオキシタラン線維の形成量を調整する. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
238 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4とFibulin-5は微細線維へのエラスチン沈着に関係する. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
239 .
中島一記, 中冨佑香, 山内由宣, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維の形成過程におけるfibulin-5の発現と機能. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
240 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 造血幹細胞移植療法が引き起す歯の形成障害について. 第37回福岡歯科大学学会総会, H22年12月12日. (福岡)
241 .
稲井哲一朗, 上村與喜, 廣瀬英司, 柴田洋三郎. タイト結合膜蛋白claudinとタイト結合の形態と機能についての研究. 第115回日本解剖学会, 2010年3月28日〜3月30日. (岩手医科大学)
242 .
廣瀬英司, 石谷太, 西井清雅, 稲井哲一朗, 柴田洋三郎. ゼブラフィッシュPannexin2のクローニングと組織発生における発現の解析. 第115回日本解剖学会, 2010年3月28日〜3月30日. (岩手県盛岡市)
243 .
稲井哲一朗. タイト結合の形態と機能. 第66回日本解剖学会, 2010年10月9日. (福岡市)
244 .
稲井哲一朗. タイト結合膜蛋白claudin-10bとclaudin-15による形態と機能の解析. 第52回日本顕微鏡学会, 2010年12月4日. (福岡市)
245 .
稲澤陽子, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 多田剛之, 岡村和彦, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎に発生したエナメル上皮性線維象牙質腫の1例. 54日本口腔外科学会, 2010.10.16-18. (幕張)
246 .
川口稔, 入江昭仁, 福島忠男, 大野純, 山崎純, 松浦正朗. ナノカーボン分子ヒーターの創製 −CNT/抗体複合体の調製−. 第55回日本歯科理工学会, 4月18日. (東京)
247 .
福岡宏士, 石川昌嗣, 大郷友規, 佐々木美智子, 松浦尚志, 谷口邦久, 佐藤博信. CO2レーザー照射によるラット抜歯創治癒過程における筋線維芽細胞の動態. 第119回日本補綴歯科学会, 2010/6/12−13. (東京ビッグサイト)
248 .
岡暁子. 歯根膜組織中に存在する歯原性上皮幹細胞. 第9回日本再生医療学会, 2010年3月18日〜19日. (広島)
249 .
岡暁子. マウス軟口蓋・口蓋腱膜形成におけるTGF-betaシグナルの役割. 第115回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2010年3月28日〜31日. (盛岡)
250 .
岡暁子. The role of TGF-beta signaling during soft palate development in mouse. 2010Gordon Research Conferences Craniofacial Morphogenesis & Tissue Regeneration , 2010年4月10日〜4月17日. (イタリア‐ルッカ)
251 .
岡暁子. TGF-betaシグナルは、軟口蓋間葉細胞の細胞増殖と基質産生を促進する. 第32回歯科基礎医学会学術大会・総会, 2010年9月20日〜22日. (東京)
252 .
岡暁子. The role of TGF-beta signaling during soft palate development. 2010大韓民国 解剖学会 Craniofacial Morphology and Development , 2010年10月12日〜15日. (韓国 済州島)
253 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織の弾性線維形成過程においてFibulin-4とFibulin-5はエラスチン沈着に関与する. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26−27日. (福岡)
254 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜のオキシタラン線維形成過程においてEMILIN-1はFibrillin-1沈着量の調整を行う. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26−27日. (福岡)
255 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児がんに対する自家末梢血幹細胞移植を付帯する超大量化学療法後に発生する歯の形成障害について. 第6回九州矯正歯科学会学術大会, H23年2月26−27日. (福岡)
256 .
岡本愛彦, 内田竜司, 大久保つや子, 岡村和彦, 池邉哲郎, 山崎純. Expression and electrophysiological profile of TRPM8 in human oral cell carcinoma derived cell lines. 11Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists, 2011.3.22-23. (横浜)
257 .
秦雄一郎, 植木猛士, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. 術直後のbFGF投与がラット口蓋の創傷治癒過程におけるコラーゲン線維の蓄積と歯列幅径に与える効果. 第35回日本口蓋裂学会総会・学術集会, 2011年5月25-26日. (新潟)
258 .
中冨佑香, 敦賀英知, 中島一記, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1は歯根膜オキシタラン線維の形成量を調節する. 第43回日本結合組織学会学術大会, 2011年6月9-11日. (大分)
259 .
大野純, 森南奈, 岩橋輝明, 御手洗誠, 庵原啓治, 早川徹, 福島忠男. サケ白子由来DNA/プロタミン複合体の骨形成能. 第10回日本再生医療学会総会, 2011/3/1-2. (東京)
260 .
大野純, 岩橋輝明, 谷口邦久. ミニ移植法によるマウス口腔メラノーマ抑制の可能性. 第100回日本病理学会総会, 2011.4.28-30. (横浜)
261 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 超大量化学療法が誘起する歯の形成障害に及ぼす通常化学療法の相乗効果の検討 . 第53回日本小児血液・がん学会学術集会, 2011年11月25日‐26日. (前橋)
262 .
秦雄一郎, 植木猛士, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋の創傷治癒過程においてbFGF投与は瘢痕組織による歯列成長抑制を緩和する. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
263 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯根膜オキシタラン線維形成過程におけるEMILIN-1の役割. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
264 .
西村紗和, 稲田浩子, 沢禎彦, 石川博之. 小児がんに対するブスルファンの超大量投与療法が引き起こす永久歯の形成障害について. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
265 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin は歯周組織の弾性線維形成過程においてエラスチン/LOX 複合体を形成する. 2011日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
266 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山純, 石川博之. ラット皮膚再構築モデルにおける表皮の重層化に伴う線維化関連タンパクの発現. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
267 .
中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1のオキシタラン線維の形成量調節機構の解析. 第53回第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30‐10月2日. (岐阜)
268 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織の弾性線維形成過程における Fibulin とエラスチン/LOX 複合体の解析. 第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30日‐10月2日. (岐阜)
269 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 小児がん治療のためのブスルファン投与が引き起こす永久歯の形成障害について. 第53回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会, 2011年9月30日‐10月2日. (岐阜)
270 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト無色素毛様体上皮細胞によるオキシタラン線維形成. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
271 .
秦省三郎, 秦雄一郎, 岡村和彦, 石川博之, 山純. ラット皮膚培養再構築系における線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換機序の検討. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
272 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4 はエラスチン/LOXL-2 複合体形成に関係し、弾性線維の形成を調整する. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
273 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. Growth/Differentiation Factor-5(GDF-5)による歯髄由来細胞の象牙芽細胞分化に与える影響. 1日本解剖学会九州支部学術集会, 平成22年10月9日. (福岡)
274 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. アメロジェニン遺伝子機能喪失マウスの歯根形成完了期におけるセメント質吸収に関する組織学的検討. P2-51歯科基礎医学会, 平成23年9月30日?10月1日. (岐阜)
275 .
畠山雄次, 畠山純子, 岡曉子, 敦賀英知, 稲井哲一朗, 沢禎彦. マウス歯周組織形成過程におけるLysosome-associated membrane protein-1 (LAMP-1)の免疫組織学的検討. 14日本解剖学会九州支部学術集会, 平成23年10月22日. (宮崎)
276 .
内藤徹, 大星博明, 小島寛, 米田雅裕, 敦賀英知. 歯学部における医学教育の重要性に関する質問票調査. 第22回日本老年歯科医瓦解, 2011/6/15-17. (東京)
277 .
利谷幸治, 永沼香織, 橋本憲一郎, 内田竜司, 福沢秀昭, 来海慶一郎, 府川晃久, 太田信敬, 岡村和彦, 香川豊宏, 古賀千尋 池邉哲郎 大関悟. 当科におけるエナメル上皮腫に関する臨床的検討. 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
278 .
太田信敬, 大野純, 岩橋輝明, 大関悟, 谷口邦久. 口腔扁平上皮癌細胞におけるALDH1の局在意義. 福岡歯科大学学会総会, 2011.12.11. (福岡)
279 .
稲澤陽子, 立岡尚人, 橋本憲一郎, 津江文武, 香川豊宏, 岡村和彦, 山下善弘, 古賀千尋, 池邉哲郎, 大関悟. 舌癌術後の摂食嚥下障害に対し舌接触補助床(PAP)を適用した一例. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
280 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟, 池邉哲郎. ヒト舌癌細胞株HSC細胞における低温度受容器TRPM8の病態生理学的意義について. 日本口腔科学会学術集会, 2011.6.21.22. (東京)
281 .
村上弘, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspase14の発現. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
282 .
森南奈, 篠崎陽介, 大野純, 坂上竜資, 福島忠男. DNA/プロタミン複合体の骨形成能に対する評価. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
283 .
村上弘, 山崎純, 岡村和彦, 坂上竜資. 口腔粘膜の再生に関する基礎的研究―ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspaseの発現―. 第54回日本歯周病学会, 平成23年5月26−28日. (福岡市)
284 .
村上弘, 岡村和彦, 八田光世, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspase14の発現. 第53回歯科基礎医学会, 平成23年10月1日. (岐阜市)
285 .
植木猛士, 秦雄一郎, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ラット口蓋部瘢痕組織における弾性系線維に対するbFGF投与の効果. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 2012年2月4日-5日. (別府)
286 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 弾性線維形成過程において形成されるエラスチン/LOXL-2 複合体は Fibulin-4 によって調整される. 第7回九州矯正歯科学会学術大会, 平成24年2月4日-5日. (別府)
287 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山純. ラット皮膚培養再構築系で再現されたTGFβや張力による線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換制御. 第85回日本薬理学会, H24年3月14日‐16日. (京都)
288 .
Murakami H, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. Expression of caspase-14 in stratified and cornified epithelium in a rat oral mucosal reconstraction model. 第85回日本薬理学会, 平成24年3月14−16日. (京都市)
289 .
秦雄一郎, 玉置幸雄, 敦賀英知, 谷口邦久, 石川博之. bFGFによる口蓋裂術後瘢痕形成の制御と粘膜の再生. 第36回日本口蓋裂学会総会・学術集会, H24年5月24日-26日. (京都)
290 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4はLOXL2/エラスチン複合体形成を調節する. 第44回第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
291 .
山之内香, 川越慈, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 毛様体小帯の形成においてFibrillin-1とFibrillin-2は必須である. 第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
292 .
中冨佑香, 敦賀英知, 山内由宣, 中島一記, 沢禎彦, 石川博之. EMILIN-1 は Fibrillin-1 と細胞内で結合しオキシタラン線維形成量調節している. 第44回日本結合組織学会学術大会・第59回マトリックス研究会大会合同学術集会, H24年6月7日-8日. (東京)
293 .
大野純, 岩橋輝明, 谷口邦久. ConAによる口腔扁平上皮癌細胞へのオートファジー誘導. 第101回日本病理学会総会, 2012年4月26日〜28日. (東京都)
294 .
中島一記, 山内由宣, 藤田隆寛, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. オキシタラン線維は線維芽細胞長軸に直交し走行する. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
295 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織におけるFibulin-4とLOXL2/エラスチン複合体の解析. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
296 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚三次元モデルにおいて上皮のTGFβ1とインテグリンαvが線維芽細胞の形態変化を制御する. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
297 .
中島一記, 山内由宣, 藤田隆寛, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展刺激によりオキシタラン線維は歯根膜線維芽細胞長軸に直交し走行する. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日−28日. (盛岡)
298 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. Fibulin-4 は弾性線維形成過程において LOXL-2/エラスチン複合体形成を調整する. 第71回日本矯正歯科学会大会, H24年9月26日−28日. (盛岡)
299 .
秦雄一郎, 玉置幸雄, 中島一記, 梶井貴史, 敦賀英知, 石川博之. bFGFによる口蓋裂術後瘢痕形成の制御. 第22回日本歯科医学会, H24年11月9日-11日. (大阪)
300 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚三次元モデルにおけるTGFβ1とintegrinによる線維芽細胞の形態変化. 第71回日本矯正歯科学会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
301 .
山内由宣, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 歯周組織においてFibulin-4はLOXL2/エラスチン複合体形成を調節する. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
302 .
西村紗和, 沢禎彦, 石川博之. 小児癌の抗癌剤治療が引き起こす永久歯の形成障害について. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
303 .
Nakashima K, Yamauchi Y, Hujita T, Tamaoki S, Tsuruga E, Sawa Y, Ishikawa H. Stretching induces Oxytalan fibers being arranged at right angles to human periodontal ligament cells’axis. The 60thAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H24年12月14日-15日. (新潟)
304 .
Yamauchi Y, Nakatomi Y, Nakashima K, Tsuruga E, Sawa Y, Ishikawa H. Fibulin-4 controls LOXL2/tropoelastin complex during elastic fibers formation. TheAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H24年12月14日-15日. (新潟)
305 .
北河憲雄, 水上正彦, 畠山雄次, 稲井哲一朗. 正常ヒト表皮角化細胞HaCaTを用いたタイト結合解析系の構築. 39第39回福岡歯科大学学会, 11月18日. (福岡)
306 .
水上正彦, 北河憲雄, 畠山雄次, 阿南壽, 稲井哲一朗. HaCaT細胞におけるJNK阻害によるタイト結合の形成促進. 39第39回福岡歯科大学学会, 11月18日. (福岡)
307 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Suyama T, Ishikawa H, Yamazaki J. TGFβ1 and integrin αv -mediated transformation from fibroblast to myofibroblast in an in situ wound-healing model of rat skin. 第86回日本薬理学会年会, H25年3月21-23日. (福岡)
308 .
中島一記, 藤田隆寛, 山之内香, 川越慈, 山内由宣, 中冨佑香, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. 細胞伸展装置を用いた擬似的歯根膜におけるオキシタラン線維の走行解析. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日 - 3日. (小倉)
309 .
川越慈, 山之内香, 中冨佑香, 中島一記, 敦賀英知, 沢禎彦, 石川博之. ヒト歯根膜線維芽細胞によるオキシタラン線維の分解過程. 第8回九州矯正歯科学会学術大会, 平成 25年 2月2日 - 3日. (小倉)
310 .
Takata S, Uchiyama T, Tsuruga E, Hatakeyama Y, Ishikawa H, Sawa Y. Expression of toll-like receptors in glomerular endothelial cells under diabetic conditions. 第38回日本微小循環学会総会, 平成25年2月8日-9日. (東京)
311 .
高田俊輔, 内山貴誠, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病環境下の腎糸球体におけるTLR2とTLR4の発現について. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 平成25年3月28日-30日. (香川)
312 .
内山貴誠, 高田俊輔, 敦賀英知, 畠山雄次, 石川博之, 沢禎彦. 糖尿病モデルマウスにおける腎リンパ管増生について. 第118回日本解剖学会総会・全国学術集会, 平成25年3月28日-30日. (香川)
313 .
大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久. オートファジー制御による口腔扁平上皮癌細胞の動態. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月6日. (札幌市)
314 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 丸尾直樹, 榎規雄, 岡村和彦, 谷口邦久. エナメル上皮癌と癌腫に類似像を含有するエナメル上皮腫の2例. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月8日. (札幌)
315 .
瀬野恵衣, 大野純, 太田信敬, 廣藤卓雄, 谷口邦久. オートファジー制御によるcancer sphere形成能. 第24回日本臨床口腔病理学会総会, 2013年8月28日. (東京)
316 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. ラット全身性免疫応答モデルにおける歯肉炎の病態 . 第139回日本保存歯科保存学会, 2013.10.17-18. (秋田市)
317 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 谷口邦久, 廣藤卓雄. オートファジーとcancer sphere 形成能の関連. 第40回福岡歯科大学総会, 2013.12.15. (福岡市)
318 .
山口雄一郎, 佐藤絢子, 大野純, 川口稔, 城戸寛史, 福島忠男. 間葉系幹細胞スフェロイドを用いた骨再生効果の促進. 第40回福岡歯科大学学会, 12月15日. (福岡市)
319 .
高口愛子, 大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久, 大関悟. ConA誘導オートファジーによる口腔扁平上皮癌の抑制効果. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11〜13. (福岡)
320 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 谷口邦久, 大関悟. 治療抵抗性口腔扁平上皮癌におけるALDH1発現の意義. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11〜13. (福岡)
321 .
橋本麻利江, 白石朋子, 堀尾千佳, 三輪邦弘, 米津康一, 湯浅賢治, 岡村和彦, 大関悟. 耳下腺に発生した唾液腺導管癌のMR所見 MR Imaging of Salivary Duct Carcinoma of the Parotid Gland: Case of Report. 第54回日本歯科放射線学会総会・学術大会, 2013.5.31~6.2. (福岡)
322 .
北河憲雄, 畠山雄次, 稲井哲一朗. JNK阻害剤による表皮角化細胞由来HaCaT細胞の分化誘導と分化マーカーの解析. 119日本解剖学会, 2014年3月27-29. (栃木県下野市)
323 .
北河憲雄, 畠山雄次, 稲井哲一郎. JNK阻害剤による表皮角化細胞由来HaCaT細胞の分化誘導と分化マーカーの解析. 119日本解剖学会, 2014年3月27-29. (栃木県下野市)
324 .
大野純, 瀬野恵衣, 谷口邦久. T細胞免疫応答型口腔粘膜病変におけるエフェクター細胞の上皮親和性機構. 第103回日本病理学会, 2014.4.24-26. (広島)
325 .
瀬野恵衣, 大野純, 廣藤卓雄, 谷口邦久. オートファジー抑制による口腔扁平上皮癌細胞のcencer sphear形成能の変化. 第103回日本病理学会, 201404.24-26. (広島)
326 .
瀬野恵衣, 大野純, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. ラット歯肉炎モデルでの免疫応答-なぜ臨床的態度にちがいがでるのか?- . 第140回日本歯科保存学会春季学術大会, 2014.6.19-20. (大津市)
327 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS刺激によるヒトケラチノサイトでのオートファジー誘導. 第141回日本歯科保存学会2014年度秋季学術大会, 2014.10.30-31. (山形市)
328 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトでの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学学会, 2014年12月14日. (福岡市)
329 .
萩尾佳那子, 大野純, 瀬野恵衣, 山口真広, 山田和彦, 谷口奈央, 廣藤卓雄. 総合歯科診療科における細胞診の実践(2) 免疫染色の応用. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, H26.11.29-30. (大阪市)
330 .
山口真広, 大野純, 瀬野恵衣, 萩尾佳那子, 内藤徹. 総合歯科診療科における細胞診の実践(3)セルブロックの利用. 第7回日本総合歯科学会総会・学術大会, H26.11.29-30. (大阪市)
331 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹, 福島忠男. ヒト・ケラチノサイトの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第41回福岡歯科大学総会, H26.12.14. (福岡市)
332 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳奈子, 内藤徹. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの分布様式. 第25回日本口腔病理学会, 2014/8/28-29. (新潟市)
333 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 内藤徹. ヒト・ケラチノサイトでの酸化ストレスによる細胞老化とオートファジー. 第141回日本歯科保存学会, 2014/10/30-31. (山形市)
334 .
北河憲雄, 稲井哲一朗. HaCaT細胞のタイト結合形成誘導による基底細胞マーカー発現の変化. 56歯科基礎学会, 2014年9月. (福岡)
335 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. Promotion of diabetic nephropathy by Porphyromonas gingivalis LPS. 第62回国際歯科研究学会日本部会, H26年12月4ー5日. (大阪)
336 .
高田俊輔, 梶原弘一郎, 石川博之, 沢禎彦. 歯周病原菌由来LPSによるTLRを介した糖尿病性腎症の促進について. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
337 .
川越慈, 敦賀英知, 石川博之, 沢禎彦. 禎彦,ヒト無色素毛様体上皮細胞およびヒト歯根膜線維芽細胞におけるオキシタラン線維の分解過程. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
338 .
宮口直之, 大野純, 山口雄一郎, 佐藤絢子, 城戸寛史, 福島忠男. スフェロイド化間葉系幹細胞でのAutophagy発現. 第41回福岡歯科大学学会, 2014.12.14. (福岡県)
339 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 廣藤卓雄. LPS刺激ケラチノサイトでのオートファジー誘導 . 第25回口腔病理学会, 2014.8.28-29. (新潟市)
340 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 廣藤卓雄, 山田和彦, 谷口奈央, 米田雅裕. LPS-induced autophagy in keratinocytes . 第141回日本歯科保存学会秋季学術大会, 2014.10.30-31. (山形市)
341 .
Yamaguchi M, Ohno J, Hagio K, Naito T. Cellular senescence and autophagy in human keratinocytes by oxidative stress. 第8回EURO PERIO8, June 3-6,2015. (London)
342 .
堀尾千佳, 三輪邦弘, 白石朋子, 岡村和彦, 湯浅賢治. 口腔内超音波検査法における舌悪性腫瘍ドプラ像の定量的解析. 第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2015.1.29-30. (奈良)
343 .
橋本麻利江, 白石朋子, 三輪邦弘, 堀尾千佳, 香川豊宏, 岡村和俊, 筑井徹, 岡村和彦, 大関悟, 湯浅賢治. 悪性転化をきたした下顎骨線維性異形成症の画像所見 . 第56回日本歯科放射線学会総会・学術大会, 2015.6.5-6.7. (宮城)
344 .
Yamaguchi M, Ohno J, Hagio K, Naito T. Induction of Cellular Senescence and Autophagy in Oxidative Stressed Keratinocytes.. 第93回IADR, 平成27年3月11-14日. (Boston)
345 .
松田裕子, 畠山雄次, 沢禎彦, 石川博之. エナメルマトリックスデリバディブによる軟骨細胞分化および増殖に与えるLAMP-3の関与に関する検討. 第13回日本再生歯科医学会学術大会・総会, H27年8月29日. (新潟)
346 .
松田裕子, 畠山雄次, 中島一記, 鴨頭奈央子, 畠山純子, 沢禎彦, 石川博之. ペプチド固相合成法(F-moc法)により作製されたLRAPの軟骨および骨形成に与える影響. 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会, H27年9月11日-13日. (新潟)
347 .
藤田隆寛, 中島一記, 山内由宣, 山之内香, 川越慈, 敦賀英知, 石川博之, 稲井哲一朗. 眼球および歯根膜オキシタラン線維の形成過程におけるMAGP-1の解析. 第42回福岡歯科大学学会総会, H27年12月13日. (福岡)
348 .
西村紗和, 沢禎彦, 稲田浩子, 上田耕一郎, 梶井貴史, 石川博之, 水田祥代. Laterality of tooth formation anomalies in long-term survivors treated by anti-cancer chemotherapies of pediatric cancers. 第57回日本小児血液・がん学会学術集会, H27年11月27日-29日. (山梨)
349 .
瀬野恵衣, 大野純, 萩尾佳那子, 山田和彦, 森田浩光, 米田雅裕, 橋本修一, 廣藤卓雄. ラットGVHD口腔粘膜病変におけるマクロファージの動態 . 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
350 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 橋本修一, 内藤徹. 酸化ストレス刺激によるヒト・ケラチノサイトでの細胞老化へのオートファージ関与. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
351 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 谷口奈央, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能. 第153回日本歯科保存学会2015年度秋季学術大会・第17回日韓歯科保存学会学術大会, 2015/11/12-13. (東京)
352 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 田中文恵, 利光拓也, 内藤徹, 橋本修一. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの動態. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31 . (札幌市)
353 .
田中文恵, 大野純, 山口真広, 萩尾佳那子, 池邉哲郎, 橋本修一. PKM2 expression in oral squamous cell carcinoma. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
354 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 田中文恵, 廣藤卓雄, 橋本修一. Lipopolysaccharide (LPS)-induced autophagy in human keratinocytes. 第26回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
355 .
佐藤絢子, 松本彩子, 柳束, 大野純, 鍛治屋浩, 城戸寛史, 橋本修一. 骨伝導能を有する多孔性DNAスキャフォールドの開発.  第15回日本再生医療学会総会, 2016.3.16. ( )
356 .
山本千佳, 湯浅賢治, 岡村和彦, 白石朋子, 三輪邦弘, 吉浦一紀. 口腔内超音波検査法による舌扁平上皮癌ドプラ像の定量解析. 第57回日本歯科放射線学会学術大会, 2016.6.17-19. (大阪)
357 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 桝尾陽介, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄, 橋本修一. オートファージーを用いたヒトケラチノサイトのLPS刺激適応能とその経路. 第144回日本歯科保存学会2016年度春季学術大会, 2016/6/9-10. (栃木県)
358 .
児玉淳, 香川豊宏. 顎舌骨筋神経溝の形態について. 第23回日本歯科医学学会総会, 2016.10.21-10.23. (福岡)
359 .
吉田祥子, 白石朋子, 香川豊宏, 三輪邦弘, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本修一, 橋本憲一郎, 平木昭光, 湯浅賢治. 神経原性腫瘍の画像所見 . 第 36 回NPO法人日本歯科放射線学会 関西・九州合同地方会, 2016.12.10. (福岡)
360 .
Kaji C, Takara K, Hatakeyama Y, Kojima H, Sawa Y. The Morphological Investigation of Head and Neck Organs in the Systemic Podoplanin Knockout Mice.. 94thGeneral Session & Exhibition of the IADR, June 22-25, 2016. (Seoul)
361 .
Yoshida S, Shiraishi T, Kagawa T, Miwa K, Yoshimoto S, Yuasa K. MR Imaging and Ultrasonography of Neurogenic Tumors in the Head and Neck Region. The 21thInternational Congress of Dental and Maxilla-Facial Radiology, 2017.4.26-4.29. (Taiwan)
362 .
松田裕子, 鴨頭奈央子, 畠山雄次, 沢禎彦, 玉置幸雄, 石川博之. 化学合成ロイシンリッチアメロジェニンペプチドの骨芽細胞および軟骨細胞動態に与える影響. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
363 .
Kajiwara K, Takata S, Fujita T, Takara K, Hatakeyama Y, Tamaoki S, Ishikawa H, Sawa Y. Effects of TLR4 blocking on diabetic nephropathy promoted by the Porphyromonas gingivalis lipopolysaccharide. 第65回国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会, H29年11月18-19日. (東京)
364 .
田中文恵, 吉本尚平. PKM2は口腔癌の進展においてTGIF2を制御することでEMTに関与する. 94, 平成29年12月9日. (福岡)
365 .
田中文恵, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本憲一郎, 平木昭光, 池辺哲郎, 橋本修一. PKM2はEMTを介した口腔扁平上皮癌の進展に関与する. 71第71回日本口腔科学会学術集会, 平成29年4月27?28日. (愛媛)
366 .
Mori K, Kawaguchi M, Fujigaya T, Ohno J, Ikebe T. . , . ()
レポート (該当件数: 8 件)
1 .
長門俊一, 八尋純子(分担). 鼓索神経の栄養的機能に関する免疫組織化学的、電顕的研究(茸状乳頭の形態形成ならびに唾液腺の分化過程で演じられる神経の役割). 平成10年度〜平成12年度科学研究費補助金【基盤研究(C)】研究成果報告書. 2002; :
2 .
長門俊一, 八尋純子. イオンエッチング走査電顕法による口腔組織三次元微細構造の解明. 平成15年度科学研究費補助金実績報告書(2001-2003). 2003; :
3 .
Kawanabe H, Ishikawa H, Kinoshita S, Taniguchi K. Effects of basic fibroblast growth factor administration on wound healing process of rat palates with scar tissue formation. Dent Jpn. 2005; 41: 75-77
4 .
Sawa Y, Iwasawa K, Ishikawa H. Expression of podoplanin in the mouse tooth germ and apical bud cells.. Acta Histochem Cytochem. 2008; 41: 121-126
5 .
Sawa Y, Tsuruga E. Matrix metalloproteinase 9 induction by Escherichia coli lipopolysaccharide in THP-1 cells.. J. Fukuoka Dent. Coll. 2008; 34: 113-123
6 .
Sawa Y, Tsuruga E. Induction of CXCL11 and CX3CL1 chemokine expressions in the human lymphatic endothelium with lipoteichoic acid and lipopolysaccharide . J. Fukuoka Dent. Coll. 2008; 34: 125-132
7 .
松浦正朗, 児玉淳. 死亡事故につながる口底出血を予防する-インプラント埋入部位の解剖学的理解から-. クインテッセンス・デンタル・インプラントロジー. 2013; 20: 17-34
8 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 大城希美子, 石川博之. 福岡歯科大学の卒業時アウトカムを考慮した学修成果可視化の試みについて. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2017; 33: 184-197

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved