TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
%
細胞分子生物学
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:25件)
1 .
Kajiya H. Advances in Experimental Medicine and Biology: Calcium signaling ;Calcium signaling in osteoclast differentiation and bone resorption. Shahidul Islam Springer. USA: Springer; . p.917-932
2 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 薬理学とは 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.8
3 .
山崎純. 神経伝達物質・血管作動性ペプチド 板倉徹、副内靖男(監修) 脳血管2001文献レビユー. 東京: 金芳堂; 2001. p.58-62
4 .
北村憲司, 大久保つや子. オータコイド 川口充、岡部榮一朗(編集) スタンダード歯学薬理学. 東京: 学建書院; 2001. p.200-212
5 .
山崎純, 北村憲司. 心血管系に作用する薬物 川口充(編集) スタンダード歯科薬理学. 東京: 学建書院; 2001. p.153-172
6 .
山崎純, 北村憲司. 免疫調節薬 川口充(編集) スタンダード歯学薬理学. 東京: 学建書院; 2001. p.213-223
7 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 薬理作用 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.8-21
8 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 薬物動態 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.31-38
9 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 実験に当たっての注意事項 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.80-84
10 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 実験動物の種類および取り扱い法 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.94-95
11 .
北村憲司, 山崎純, 大久保つや子. 自律神経作用薬の効果 五十嵐治義(編集) ステップアップ方式歯科薬理学実習書. 東京: 砂書房; 2001. p.193-198
12 .
岡部幸司, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 副田博之, (分担執筆). 基礎編 織田正豊 他 歯科衛生士のための歯科用語小辞典基礎編改訂第2版. 東京: クインテッセンス出版; 2002. p.1-339
13 .
池田玲子, 井上義雄, 加藤文男, 笹津備規, 杉田隆, 竹内勤, 西川朱実, 三木健良, 宮道慎二, 山本友子, 渡辺一仁. 第18章遺伝子工学 加藤文男、西川朱実 薬科微生物学. 東京: 丸善株式会社; 2003. p.243-270
14 .
大久保つや子, 福泉忠興. 薬理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.51-60
15 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.21-31
16 .
五十嵐治義, 丸山七朗, 大久保つや子. 鎮痛薬 坂上宏、丸山七朗 ステップアップ方式歯科薬理学実習書 第二版. 東京: 砂書房; 2005. p.118-148
17 .
大久保つや子, 福泉忠興. 薬理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.53-62
18 .
Kitamura K, Kuriyama H. Voltage-dependent Na+ channels in pulmonary vascular smooth muscle cells Yuan JX-J Ion Channels In the Pulmonary Vasculature. Boca Raton: Tailor & Francis group; 2005. p.199-216
19 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.21-31
20 .
加藤文雄, 西川朱實, 三木健良. 遺伝子工学 加藤文雄、西川朱實 薬科微生物学 第5版. 東京: 丸善(株); 2007. p.266-293
21 .
岡本富士雄, (分担執筆). 生理学 歯科衛生士国試対策研究会 歯科衛生士国試対策集. 東京: クインテッセンス出版; 2007. p.21-31
22 .
岡部幸司, 岡本富士雄. 第8章 内分泌・生殖 森本俊文、山田好秋 基礎歯科生理学. 東京: 医歯薬出版; 2008. p.122-154
23 .
大久保つや子. 病原微生物に対する薬物P102-110, 抗悪性腫瘍薬P112-117, 歯周療法に用いる薬物p148-152, 2010 北山滋雄、他 新・歯科衛生士教育マニュアル 薬理学. 東京: クインテッセンス出版; 2010. p.102-117, 148-152
24 .
堤貴司, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 岡部幸司. 歯や骨の硬組織代謝と歯科臨床の接点 第3回:歯根膜を介する歯槽骨の吸収調節機構 日本歯科評論.6月号. 東京: ヒョーロン・パブリッシャーズ; 2014. p.147-9
25 .
福島忠男, 大野純, 鍛治屋浩, 御手洗誠, 早川徹. 骨組織の再生 第5章 サケ由来骨再生材料  歯科再生・修復医療と材料. 東京: シーエムシー出版; 2015. p.p35-49
総説  (該当件数: 10 件) 
1 .
Kitamura K, Yamazaki J. Chloride channels and their functional roles in smooth muscle tone in the vasculature. Jpn J Pharmacol. 2001; 85: 351-357
2 .
伊東理世子, 関口睦夫. アルキル化塩基の修復とその破綻. 蛋白質 核酸 酵素. 2001; 46: 933-940
3 .
岡部幸司, 岡本富士雄, 鍛治屋浩. エストロゲンおよび植物性エストロゲンによる破骨細胞イオン輸送と骨吸収機能の調節機構. 福岡歯科大誌. 2002; 29: 1-12
4 .
山崎純, 北村憲司. 脳細動脈平滑筋のクロライドチャネルと細胞間コミュニケーション. 生体の科学. 2002; 53: 331-336
5 .
大久保つや子. 新しいタイプの鎮痛薬. 薬学会ホームページ. 2003; 2003: http://www.pharm.or.jp/hot-news/topi_f353.html
6 .
Nakamura I, Jimi E. Role of αvβ3 integrins in osteoclast function. Recent Res. Devel. Immunology. 2004; 6: 79-94
7 .
Hidaka M. Molecular genetics for the analysis of apoptosis induction pathway. J. Fukuoka Dent. J. J. Fukuoka Dent. Coll.. 2009; 35: 133-142
8 .
藤兼亮輔. O6-メチルグアニンに誘導されるアポトーシスの分子機構 修復せずに殺してしまうしくみ. 化学と生物. 2013; 51: 590
9 .
日高真純. Induction of apoptosis to eliminate cells carrying mutation-evoking DNA lesion.. Rad. Biol. Res. Commun.. 2014; 49: 73-84
10 .
岡部幸司, 大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 福島秀文. 破骨細胞や破歯細胞が硬組織を吸収する酸分泌の仕組み. The Nippon Dental Review. 2014; 859: 145-7
原著論文  (該当件数: 143 件)
1 .
永沼香織, 大久保つや子, 岡本愛彦, 内田竜司, 加藤健一, 大関悟, 池邉哲郎, 山崎純. . . ; :
2 .
佐々木三奈, 鍛治屋浩, 長岡良礼, 府川晃久, 中山修二, 山下善弘, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. . . ; :
3 .
長岡良礼, 鍛治屋浩, 府川晃久, 佐々木三奈, 来海慶一郎, 山下善弘, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. . . ; :
4 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 山崎純, 池邉哲郎. . . ; :
5 .
大城希美子, 吉永泰周, 金子高士, 有田陽一, 河原ゆり, 山本南奈, 村上弘, 廣松亮, 岡部幸司, 坂上竜資, 有田晴一、笠孝成. Toll-like receptor 刺激は酸化LDL受容体Lox-1を介して破骨細胞形成に影響する. . ; :
6 .
Tsuzuki T, Okabe K, Kajiya H, Habu T. Osmotic membrane stretch increases cytosolic Ca2+ and inhibits bone reorption activity in rat osteoclasts. Jpn J Physiol. 2000; 50: 67-76
7 .
Murakami M, Nakagawasai O, Fujii S, Kameyma K, Murakami S, Hozumi S, Esashi A, Taniguchi R, Yanagisawa T, Tan-no K, Kitamura K@細胞分子生物学,Kisara K. Antinociceptive action of amlodipine blocking N-type Ca2+ channels at the primary afferent neurons in mice. Eur J Pharmacol. 2001; 419: 175-181
8 .
Yamazaki J, Kitamura K. Cell-to-cell communication via nitric oxide modulation of oscillatory Cl-currents in rat intact cerebral arterioles. J Physiol (Lond). 2001; 536: 67-78
9 .
Ito K, Komazaki S, Sasamoto K, Yoshida M, Nishi M, Kitamura K, Takeshima H. Deficiency of triad junction and contraction in mutant skeletal muscle lacking junctophilin type 1. J Cell Biol. 2001; 154: 1059-1067
10 .
Hamada K, Yamazaki J, Nagao T. Diltiazem ameliorates contractile dysfunction without shortening of action potential duration in ischemic heart of anesthetized dogs. Jpn J Pharmacol. 2001; 86: 251-253
11 .
Okamoto F, Okabe K, Kajiya H. Genistein, a soybean isoflavone, inhibits inward rectifier K+ channels in rat osteoclasts. Jpn J Physiol. 2001; 51: 501-509
12 .
Kobayashi M, Takeda K, Murata S, Kojima M, Kahane M, Inoue Y, Kitamura K, Kawarabayashi T. Pharmacological characterization of KUR-1246, a selective uterine relaxant. J Pharmacol Exp Ther. 2001; 297: 666-671
13 .
Uchida R, Yamazaki J, Ozeki S, Kitamura K. State-dependent inhibition of L-type Ca2+ channels in A7r5 cells by cilnidipine and its derivatives. Jpn J Pharmacol. 2001; 85: 260-270
14 .
北村憲司, 和田忠子, 岡村和彦, 高橋裕, 尾崎正雄, 山本清, 杉本幸隆, 長環, 住吉周平, 武内哲二, 阿部興紀,藤英俊,栢豪洋,青野一哉. チュートリアル方式による小グループテーマ別学習 ―福岡歯科大学における試み―. 日歯教誌. 2001; 16: 167-175
15 .
Tatsuno I, Hiroe M, Abe H, Miki T, Makino K, Shinagawa H, Taguchi H, Kamiya S, Hayashi T, Sasagawa C. toxB gene on pO157 of enterohemorrhagic Escherichia coli O157:H7 is required for full epithelial cell aherence phenotype. Infect Immun. 2001; 69: 6660-6669
16 .
加藤潤一, 山本義弘, 三木健良. 大腸菌K12株全遺伝子の系統的な機能解析 - 必須遺伝子を中心に. 蛋白質核酸酵素. 2001; 46: 2386-2392
17 .
Murata T, Ohnishi M, Ara T, Kaneko J, Han C-G, Li Y F, Takashima K, Nojima H, Nakayama K, Miki T, Hayashi T. Complete nucleotide sequence of plasmid Rts1: Implications for evolution of large plasmid gemones. J Bacteriol. 2002; 184: 3194-3202
18 .
Kato A, Ohkubo T, Kitamura K. Algogen-specific pain processing in mouse spinal cord: differential involvement of voltage-dependent Ca2+ channels in synaptic transmission. Br J Pharmacol. 2002; 135: 1336-1342
19 .
Sato R, Yamazaki J, Nagao T. Differences in protective profiles of diltiazem isomers in ischemic and reperfused guinea-pig hearts. Eur J Pharmacol. 2002; 434: 125-131
20 .
Sakakibara T, Inoue Y, Uzue S, Tsukamoto T, Kobayashi M, Kojima M, Akahane M, Kitamura K, Kawarabayashi T. Diversity of inhibitory responses to b2-stimulants shown by term-pregnant human myometria in vitro is partly due to differences in receptor density. Am J Obstet Gynecol. 2002; 186: 997-1004
21 .
Emoto A, Ushigome F, Koyabu N, Kajiya H, Okabe K, Satoh S, Tsukimori K, Nakano H, Ohtani H, Sawada Y. H+-linked transport of salicylic acid, an NSAID, in the human trophoblast cell line BeWo. Am J Physiol Cell Physiol. 2002; 282: C1064-C1075
22 .
Kato K, Wakamori M, Mori Y, Imoto K, Kitamura K. Inhibitory effects of cilnidipine on peripheral and brain N-type Ca2+ channels expressed in BHK cells. Neuropharmacol. 2002; 42: 1099-1108
23 .
北村憲司, 佐藤博信, 栢豪洋, 羽生哲也, 中島與志行, 藤英俊, 本田武司, 阿部興紀, 水田信, 谷口邦久, 上西秀則,宮崎光治,境脩,大関悟,青野一哉. 本学における教員組織の見直し ―大講座制への移行―. 日歯教誌. 2002; 17: 409-419
24 .
Onogi T, Miki T, Hiraga S. Behavior of sister copies of mini-F plasmid after synchronized plasmid replication in Escherichia coli Cells. J Bacteriol. 2002; 184: 3142-3145
25 .
Sonoda M, Okamoto F, Kajiya H, Inoue Y, Honjo K, Sumii Y, Kawarabayashi T, Okabe K. Amino acid-permeable anion channels in early mouse embryos and their possible effects on cleavage. Biol Reprod. 2003; 68: 947-953
26 .
Kajiya H, Okamoto F, Fukushima H, Okabe K. Calcitonin inhibits proton extrusion in resorbing rat osteoclasts via protein kinase A. Pflugers Arch-Eur J Physiol. 2003; 445: 651-658
27 .
Uchida R, Yamazaki J, Kitamura K. Characterization of Ca2+ current inhibition by cilnidipine using a β-subunit antisense oligonucleotide. Eur J Pharmacol. 2003; 466: 53-62
28 .
Fukushima H, Kajiya H, Takada K, Okamoto F, Okabe K. Expression and role of RANKL in periodontal ligament cells during physiological root-resorption in human deciduous teeth. Eur J Oral Sci. 2003; 111: 346-352
29 .
Fukuizumi T, Ohkubo T, Kitamura K. Involvement of P/Q-type voltage-dependent calcium channels in the streptozotocin-induced hyperalgesia in mice. Jpn J Oral Biol. 2003; 45: 8-15
30 .
Makinoshima H, Aizawa S, Hayashi H, Miki T, Nishimura A, Ishihama A. Growth phase-coupled alteration in cell structure and function of Escherichia coli. J Bacteriol. 2003; 185: 1338-1345
31 .
Yamazaki J, Kitamura K. Intercellular electrical coupling in vascular cells present in rat intact cerebral arterioles. J Vasc Res. 2003; 40: 11-27
32 .
Kajiya K, Okamoto F, Fukushima H, Takada K, Okabe K. Mechanism and role of high potassium-induced reduction of intracellular Ca2+ concentration in rat osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2003; 285: C457-C466
33 .
Zhang Z, Jimi E, Bothwell ALM. Receptor activator of NF-kB ligand stimulates recruitment of SHP-1 to the complex containing TNFR-associated factor 6 that regulates osteoclastogenesis. J Immunol. 2003; 171: 3620-3626
34 .
Yamazaki J, Horii T, Sekiguchi M, Takahashi M. Regulation of RecA protein binding to DNA by opposing effects of ATP and ADP on inter-domain contacts: Analysis by urea-induced unfolding of wild-type and C-terminal truncated RecA. J Mol Biol. 2003; 329: 363-370
35 .
Takagi Y, Takahashi M, Sanada M, Ito R, Yamaizumi M, Sekiguchi M. Roles of MGMT and MLH1 proteins in alkylation-induced apoptosis and mutagenesis. DNA repair. 2003; 2: 1135-1146
36 .
Fukuizumi T, Ohkubo T, Kitamura K. Spinal sensitization mechanism in vincristine-induced hyperalgesia in mice. Neurosci Lett. 2003; 343: 89-92
37 .
Fukuizumi T, Ohkubo T, Kitamura K. Spinally delivered N-, P/Q- and L-type Ca2+-channel blockers potentiate morphine analgesia in mice. Life Sci. 2003; 73: 2873-2881
38 .
Kamiya H, Iida E, Murata-Kamiya E, Yamamoto Y, Miki T, Harashima H. Suppression of spontaneous and hydrogen peroxide-induced mutations by a mutT-type pool sanitization enzyme, the Escherichia coli Orf35 protein. Genes Cells. 2003; 8: 941-950
39 .
Takada K, Kajiya H, Fukushima H, Okamoto F, Motokawa W, Okabe K. Calcitonin in human odontoclasts regulates root resorption activity via protein kinase A. J Bone Miner Metab. 2004; 22: 12-18
40 .
Shimada T, Makinoshima H, Ogawa Y, Miki T, Maeda M, Ishihama A. Classification and strength measurement of stationary-phase promoters by use of a newly developped promoter cloning vector. J Bacteriol. 2004; 186: 7112-7122
41 .
Roccisana JL, Kawanabe N, Kajiya H, Koide M, Roodman GD, Reddy SV. Functional role for heat shock factors in the transcriptional regulation of human RANK ligand gene expression in stromal/osteoblast cells. J Biol Chem. 2004; 279: 10500-10507
42 .
Okamoto F, Kajiya H, Fukushima H, Jimi E, Okabe K. Prostaglandin E2 activates outwardly rectifying Cl- channels via a cyclic cAMP-dependent pathway and reduces cell motility in rat osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2004; 287: C114-C124
43 .
Jimi E, Aoki K, Saito H, D'Acquisto F, May MJ, Nakamura I, Sudo T, Kojima T, Okamoto F, Fukushima H, Okabe K, OhyaK, Ghosh S. Selective inhibition of NF-kB blocks osteoclastogenesis and prevents inflammatory bone destruction in vivo. Nat Med. 2004; 10: 617-624
44 .
Sanada M, Takagi Y, Ito R, Sekiguchi M. Killing and mutagenic actions of dacarbazine, a chemotherapeutic alkylating agent, on human and mouse cells: effects of Mgmt and Mlh1 mutations. DNA repair. 2004; 3: 413-420
45 .
Ohkubo T, Kawarabayashi T, Inoue Y, Kitamura K. Differential expression of L- and T-type calcium channels between longitudinal and circular muscles of the rat myometrium during pregnancy. Gynecol Obstet Invest. 2005; 59: 80-85
46 .
Ohkubo T, Inoue Y, Kawarabayashi T, Kitamura K. Identification and electrophysiological characteristics of isoforms of T-type calcium channel Cav3.2 expressed in pregnant human uterus. Cell Physiol Biochem. 2005; 16: 245-254
47 .
Ishibashi T, Hayakawa H, Ito R, Miyazawa M, Yamagata Y, Sekiguchi M. Mammalian enzymes for preventing transcriptional errors caused by oxidative damage. Nucleic Acids Res. 2005; 33: 3779-3784
48 .
Fukushima H, Jimi E, Okamoto F, Motokawa W, Okabe K. IL-1-induced receptor activator of NF-kB ligand in human periodontal ligament cells involves ERK-dependent PGE2 production. Bone. 2005; 36: 267-275
49 .
Ito R, Hayakawa H, Sekiguchi M, Ishibashi T. Multiople enzyme activities of Escherichia coli MutT protein for sanitization of DNA and RNA precursor pools. Biochemistry. 2005; 44: 6670-6674
50 .
Tada T, Jimi E, Okamoto M, Ozeki S, Okabe K. Oral squamous cell carcinoma cells induce osteoclast differentiation by suppression of osteoprotegerin in expression in osteoblasts. Int J Cancer. 2005; 116: 253-262
51 .
Fukushima H, Jimi E, Kajiya H, Motokawa W, Okabe K. Parathyroid-hormone-related protein induces expression of receptor activator of NF-kB ligand in human periodontal ligament cells via a cAMP/protein kinase A-independent pathway. J Dent Res. 2005; 84: 329-334
52 .
Yamazaki J, Okamura K, Ishibashi K, Kitamura K. Characterization of CLCA protein expressed in ductal cells of rat salivary glands. Biochim Biophys Acta. 2005; 1715: 132-144
53 .
Kajiya H, Okamoto F, Li JP, Nakao A, Okabe K. Expression of mouse osteoclast K-Cl cotransporter-1 and its role during bone resorption. J Bone Miner Res. 2006; 21: 984-992
54 .
Srinivasan S, Ito M, Kajiya H, Key LL Jr, Johnson-Pais TL, Reddy SV. Functional characterization of human osteoclast inhibitory peptide-1 (OIP-1/hSca) gene promoter. Gene. 2006; 371: 16-24
55 .
Kajiya H, Ito M, Ohshima H, Kenmotsu S, Ries WL, Benjamin IJ, Reddy SV. RANK ligand expression in heat shock factor-2 deficient mouse bone marrow stromal/preosteoblast cells. J Cell Biochem. 2006; 97: 1362-1369
56 .
Ishibashi K, Yamazaki J, Okamura K, Teng Y-J, Kitamura K, Abe K. Roles of ductal Cl- channels in electrolyte reabsorption of rat saliva: in vivo gene silencing by retrograde injection with ClCA and CFTR siRNAs. J Dent Res. 2006; 85: 1101-1105
57 .
Simamura K, Toba M, Kimura S, Ohashi A, Kitamura K. Clonidine induced endothelium-dependent tonic contraction in circular muscle of the rat hepatic portal vein. J Smooth Muscle Res. 2006; 42: 63-74
58 .
Kato K, Betts LC, Kozolowski R Z, Kitamura K. Difference in the characteristics of ETA-receptor-stimulated response between rat small pulmonary artilies. J Cardiovasc Pharmacol. 2006; 47: 476-486
59 .
Umeda M, Ohkubo T, Ono (Ohno) J, Fukuizumi T, Kitamura K. Molecular and immunohistochemical studies in expression of volatge-depandent Ca2+ channels in dorsal root ganglia from streptozotocin-induced diabetic mice. Life Sci. 2006; 79: 1995-2000
60 .
Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Iwamoto T, Okabe K. Three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants are expressed in mouse osteoclasts and mediate calcium transport during bone resorption. Endocrinology. 2007; 148: 2116-2125
61 .
Sanada M, Hidaka M, Takagi Y, Takano TY, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M. Modes of Actions of Two Types of Anti-neoplastic Drugs, Dacarbazine and ACNU, to Induce Apoptosis. Carcinogenesis. 2007; 28: 2657-2663
62 .
Okamoto F, Kajiya H, Toh K, Uchida S, Yoshikawa M, Sasaki S, Kido MA, Tanaka T, Okabe K. Intracellular ClC-3 chloride channels promote bone resorption in vitro through organelle acidification in mouse osteoclasts. Am J Physiol Cell Physiol. 2008; 294: C693-701
63 .
Ishibashi K, Okamura K, Yamazaki J. Involvement of apical P2Y2 receptor-regulated CFTR activity in muscarinic stimulation of Cl? reabsorption in rat submandibular gland. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2008; 294: R1729-R1736
64 .
Fukushima H, Nakao A, Okamoto F, Shin M, Kajiya H, Sakano S, Bigas A, Jimi E, Okabe K. The association of Notch2 and NF-kappaB accelerates RANKL-induced osteoclastogenesis. Mol Cell Biol. 2008; 28: 6402-6412
65 .
Takagi Y, Hidaka M, Sanada M, Yoshida H, Sekiguchi M. Different initial steps of apoptosis induced by two types of antineoplastic drugs. Biochem Pharmacology. 2008; 76: 303-311
66 .
Moriyama K, Ando C, Tashiro K, Kuhara S, Oakamoto S, Nakao S, Takagi Y, Miki T, Nakashima Y, Hirakawa H. Polymerase chain reaction of bacterial 16S rRNA gene in human blood. Microbiol Immunol. 2008; 52: 375-382
67 .
Komori K, Takagi Y, Sanada M, Lim T-H, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M, Hidaka M. A novel protein, MAPO1, that functions in apoptosis triggered by O6-methylguanine mispair in DNA. . Oncogene. 2009; 28: 1142-1150
68 .
Kajiya K, Okamoto F, Ohgi K, Nakao A, Fukushima H, Okabe K. Characteristics of ClC7 Cl- channels and their inhibition in mutant (G215R) associated with autosomal dominant osteopetrosis type II in native osteoclasts and hClcn7 gene-expressing cells.. Pflugers Arch. 2009; 458: 1049-1059
69 .
Komori K, Takagi Y, Sanada M, Lim TH, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M, Hidaka M. A novel protein, MAPO1, that functions in apoptosis triggered by O6-methylguanine mispair in DNA. . Oncogene. 2009; 28: 1142-1150
70 .
Nakao A, Kajiya H, Fukushima H, Fukushima A, Anan H, Ozeki S, Okabe K. PTHrP induces Notch signaling in periodontal ligament cells.. J Dent Res. 2009; 88: 551-6
71 .
Komori K, Takagi Y, Sanada M, Lim T-H, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M, Hidaka M. A novel protein, MAPO1, that functions in apoptosis triggered by O6-methylguanine mispair in DNA. Oncogene. 2009; 28: 1142-1150
72 .
Ohkubo T, Yamazaki J, Kitamura K. Tarantula toxin ProTx-I differentiates between human T-type voltage-gated Ca2+ Channels Cav3.1 and Cav3.2. . J Pharmacol Sci. . 2010; 112: 452-458
73 .
Okamura K, Kato K, Uchida R, Ohkubo T, Taniguchi K, Yamazaki J. Specific expression of salivary maxi-K channel variant is augmented in diabetic mice.. Arch Oral Biol. . 2010; 55: 848-854
74 .
Nemoto T, Kajiya H, Tsuzuki T, Takahashi Y, Okabe K. Differential induction of collagens by mechanical stress in human periodontal ligament cells. . Arch Oral Biol. . 2010; 55: 981-987
75 .
Kajiya H, Okamoto F, Nemoto T, Kimachi K, Goto K, Nakayana S, Okabe K. RANKL-induced TRPV2 expression regulates osteoclastogenesis via calcium oscillations. . Cell Calcium. . 2010; 48: 260-269
76 .
Fujikane R, Ishino S, Ishino Y, Forterre P. Genetic analysis of DNA repair in the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakaraensis . Genes Genet Syst. . 2010; 85: 243-257
77 .
Fukushima A, Kajiya H, Izumi T, Shigeyama C, Okabe K, Anan H. Pro-inflammatory cytokines induce suppressor of cytokine signaling-3 in human periodontal ligament cells.. J Endod.. 2010; 36: 1004-1008
78 .
Ohgi K, Okamoto F, Kajiya H, Sakagami R, Okabe K. Antibodies against ClC7 inhibit extracellular acidification-induced Cl? currents and bone resorption activity in mouse osteoclasts. . Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. . 2011; 383: 79-90
79 .
Wang B, Danjo A, Kajiya H, Okabe K, Kido MA. Oral epithelial cells are activated via TRP channels. . J Dent Res. . 2011; 90: 163-167
80 .
Kimachi K, Kajiya H, Nakayama S, Ikebe T, Okabe K. Zoledronic acid inhibits RANK expression and migration of osteoclast precursors during osteoclastogenesis. . Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. . 2011; 383: 297-308
81 .
Kawaguchi M, Ohno J, Irie A, Fukushima T, Yamazaki J, Nakashima N. Dispersion stability and exothermic properties of DNA-functionalized single-walled carbon nanotubes. Int J Nanomedicine.. 2011; 6: 729-736
82 .
Goto K, Kajiya H, Nemoto T, Tsutsumi T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression. J Dent Res. 2011; :
83 .
Okubo K, Takahashi T, Sekiguchi F, Kanaoka D, Matsunami M, Ohkubo T, Yamazaki J, Fukushima N, Yoshida S, Kawabata A. Inhibition of T-type calcium channels and hydrogen sulfide-forming enzyme reverses paclitaxel-evoked neuropathic hyperalgesia in rats.. Neuroscience.. 2011; 188: 148?156
84 .
Yamagata K, Senokuchi T, Lu M, Takemoto M, Fazlul Karim M, Go C, Sato Y, Hatta M, Yoshizawa T, Araki E, Miyazaki J, Song WJ. Voltage-gated K+ channel KCNQ1 regulates insulin secretion in MIN6 β-cell line.. Biochem Biophys Res Commun.. 2011; 407: 620-625
85 .
Sugihara M, Morita H, Matsuda M, Umebayashi H, Kajioka S, Ito S, Nishida M, Inoue R, Futatsuki T, Yamazaki J, Mori Y, Inoue R, Ito Y, Abe K, Hirata M. Dual signaling pathways of arterial constriction by extracellular uridine 5'-triphosphate in the rat.. J Pharmacol Sci.. 2011; 115: 293-308
86 .
Goto K, Kajiya H, Nemoto T, Tsutsumi T, Tsuzuki T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression . J Dent Res. 2011; 90: 793-798
87 .
大久保つや子. 痛みとその修飾の機序―最近の知見からわかってきたこと―. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 52-59
88 .
米田雅裕, 松浦尚志, 坂上竜資, 岡部幸司, 高橋裕, 北村憲司. 第1回ブリティッシュコロンビア大学研修旅行の概要およびその教育効果について. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 第37巻: 101-109
89 .
Kimachi K, Kajiya H, Nakayama S, Ikebe T, Okabe K. Zoledronic acid inhibits RANK expression and migration of osteoclast precursors during osteoclastogenesis.. Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol.. 2011; 383: 297-308
90 .
Nakayama S, Kajiya H, Okabe K, Ikebe T. Effects of oxidative stress on the expression of 8-oxoguanine and its eliminating enzymes in human keratinocytes and squamous carcinoma cells . Oral Science International. 2011; 8: 11-16
91 .
Lim TH, Fujikane R, Sano S, Sakagami R, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M, Hidaka M. Activation of AMP-activated protein kinase by MAPO1 and FLCN induces apoptosis triggered by alkylated base mismatch in DNA.. DNA Repair (Amst).. 2012; 11: 259-266
92 .
Ohkubo T, Yamazaki J. T-type voltage-activated calcium channel Cav3.1, but not Cav3.2, is involved in the inhibition of proliferation and apoptosis in MCF-7 human breast cancer cells. International Journal of Oncology. 2012; 41: 267-275
93 .
Nakayama S, Hiroshi K, Okabe K, Ikebe K. . . 2012; :
94 .
植木猛士, 秦雄一郎, 成富雅則, 玉置幸雄, 敦賀英知, 沢禎彦, 谷口邦久, 石川博之. ラット口蓋の創傷治癒過程における弾性系線維の形成とbFGF 投与の影響. . 2012; : 19-25
95 .
Sato Y, Hatta M, Karim Md. Fazlul, Sawa T, Wei Fan-Yan, Sato S, Magnuson Mark A., Gonzalez Frank J., Tomizawa K, Akaike T, Yamagata K. Anks4b, a novel target of HNF4α protein, interacts with GRP78 protein and regulates endoplasmic reticulum stress-induced apoptosis in pancreatic β-cells.. The Journal of biological chemistry. 2012; 287: 23236-23245
96 .
Fujikane R, Sanada M, Sekiguchi M, Hidaka M. The identification of a novel gene, MAPO2, that is involved in the induction of apoptosis triggered by O6-methylguanine. PLoS ONE. 2012; 7: e44817
97 .
Kuba Y, Ishino S, Yamagami T, Tokuhara M, Kanai T, Fujikane R, Daiyasu H, Atomi H, Ishino Y. Comparative analyses of the two proliferating cell nuclear antigens from the hyperthermophilic archaeon, Thermococcus kodakarensis. Genes to cells. 2012; 17: 923-937
98 .
Okamoto Y, Ohkubo T, Ikebe T, Yamazaki J. Blockade of TRPM8 activity reduces the invasion potential of oral squamous carcinoma cell lines.. International journal of oncology. 2012; 40: 1431-1440
99 .
Fukawa T, Kajiya H, Ozeki S, Ikebe T, Okabe K. Reactive oxygen species stimulates epithelial mesenchymal transition in normal human epidermal keratinocytes via TGF-beta secretion.. Experimental cell research. 2012; 318: 1926-1932
100 .
Kawaguchi M, Yamazaki J, Ohno J, Fukushima T. Preparation and binding study of a complex made of DNA-treated single-walled carbon nanotubes and antibody for specific delivery of a "molecular heater" platform. International journal of nanomedicine. 2012; 7: 4363-4371
101 .
鍛冶屋浩, 堤貴司, 川口稔. カーボンナノチューブによる温熱デバイスの構築と骨再生補助基材としての有用性の検討. 福岡歯大誌. 2012; 38: 145-151
102 .
鍛治屋浩, 堤貴司, 川口稔. カーボンナノチューブによる温熱デバイスの構築と骨再生補助基材としての有用性の検討.. 福岡歯科大学学会誌. 2012; 38: 145-151
103 .
Masuyama R , Mizuno A, Komori H, Kajiya H, Uekawa A, Kitaura H, Okabe K, Ohyama K, Komori T. Calcium/calmodulin- signaling supports TRPV4 activation in osteoclasts and regulates bone mass. Journal of Bone and Mineral Research. 2012; 27: 1708-1721
104 .
Sano S, Sakagami R, Sekiguchi M, Hidaka M. Stabilization of MAPO1 by specific binding with folliculin and AMP-activated protein kinase in O6-methylguanine-induced apoptosis. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2013; 430: 810-815
105 .
Yamazaki J, Okamura K, Uehara K, Hatta M. CLCA splicing isoform associated with adhesion through beta1-integrin and its scaffolding protein: Specific expression in undifferentiated epithelial cells. The Journal of biological chemistry. 2013; 288: 4831-4843
106 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Goto K, Takahashi Y, Okabe K. Hyperocclusion up-regulates CCL3 expression in CCL2- and CCR2-deficient mice.. Journal of dental research. 2013; 92: 65-70
107 .
Ohgi K, Kajiya H, Okamoto F, Nagaoka Y, Onitsuka T, Nagai A, Sakagami R, Okabe K. A novel inhibitory mechanism of nitrogen-containing bisphosphonate on the activity of Cl- extrusion in osteoclasts.. Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology. 2013; 386: 589?598
108 .
Kato K, Okamura K, Hatta M, Morita H, Kajioka S, Naito S, Yamazaki J. Involvement of IP3-receptor activation in endothelin-1-induced Ca(2+) influx in rat pulmonary small artery.. European Journal of Pharmacology. 2013; 720: 255-263
109 .
Murakami H, Okamura K, Aoki S, Sakagami R, Yamazaki J. Association of caspase-14 and filaggrin expression with keratinization of the oral mucosa and reconstruction culture rat models.. Journal of Periodontal Research. 2013; : doi: 10.1111/jre.12152
110 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Fukawa T, Sasaki M, Nemoto T, Tsuzuki T, Takahashi Y, Fujii S, Maeda H, Okabe K. The potential role of transient receptor potential type A1 as a mechanoreceptor in human periodontal ligament cells.. European Journal of Oral Sciences. 2013; 121: 538-544
111 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Proteolytic and non-proteolytic activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induces fibroblast differentiation in a wound-healing model using rat skin.. Journal of Pharmacological Sciences. 2014; 124: 230-243
112 .
Sekiguchi F, Miyamoto Y, Kanaoka D, Ide H, Yoshida S, Ohkubo T, Kawabata A. Endogenous and exogenous hydrogen sulfide facilitates T-type calcium channel currents in Cav3.2-expressing HEK293 cells. . Biochemical and Biophysical Research Communications. 2014; 445: 225-229
113 .
Naganuma K, Hatta M, Ikebe T, Yamazaki J. Epigenetic alterations of the keratin 13 gene in oral squamous cell carcinoma.. BMC Cancer. 2014; 14: 988
114 .
Sasaki M, Kajiya H, Ozeki S, Okabe K, Ikebe T. Reactive oxygen species promotes cellular senescence in normal human epidermal keratinocytes through epigenetic regulation of p16(INK4a.).. Biochem Biophys Res Commun.. 2014; 452: 622-628
115 .
Wu X, Fukushima H, North B.J, Nagaoka Y, Nagashima K, Deng F, Okabe K, nuzuka H, Wei W. SCFβ-TRCP regulates osteoclastogenesis via promoting CYLD ubiquitination. Oncotarget. 2014; 5: 4211-4221
116 .
Miyazaki A, Ohkubo T, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Integrin α6β4 and TRPV1 channel coordinately regulate directional keratinocyte migration.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 458: 161-167
117 .
Yanagi T, Kajiya H, Kawaguchi M, Kido H, Fukushima T. Photothermal stress triggered by near infrared-irradiated carbon nanotubes promotes bone deposition in rat calvarial defects.. Journal of Biomaterials Applications. 2015; 29: 1109-1118
118 .
Hiromatsu R, Hatta M, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. NF-κB-regulated transcriptional control of CLCA in a differentiated mouse keratinocyte line.. Journal of Dermatological Science. 2015; 78: 189-196
119 .
Hatta M, Naganuma K, Kato K, Yamazaki J. 3-Deazaneplanocin a suppresses aggressive phenotype-related gene expression in an oral squamous cell carcinoma cell line.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 468: 269-273
120 .
Kajiya H, Katsumata Y, Sasaki M, Tsutsumi T, Kawaguchi M, Fukushima T. Photothermal stress triggered by near-infrared-irradiated carbon nanotubes up-regulates osteogenesis and mineral deposition in tooth-extracted sockets.. International Journal of Hyperthermia. 2015; 31: 635-642
121 .
Kawaguchi M, Yamazaki J. Estimated molecular structure of a carbon nanotube molecular heater based on binding properties to a target protein.. Journal of Applied Biomaterials and Functional Materials. 2015; 13: 320-325
122 .
Kawaguchi M, Mori K, Kajiya H, Ikebe T, Fukushima T. In vivo evaluation of bone regeneration by DNA/protamine complex treatment with photothermal stress stimulation in an aged rat calvarial defect model. Journal of Oral Tissue Engineering. 2015; 13: 67-76
123 .
Katsumata Y, Kajiya H, Okabe K, Fukushima T, Ikebe T. A salmon DNA scaffold promotes osteogenesis through activation of sodium-dependent phosphate cotransporters.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 468: 622-628
124 .
Nagaoka Y, Kajiya H, Ozeki S, Ikebe T, Okabe K. Mevalonates restore zoledronic acid-induced osteoclastogenesis inhibition.. Journal of Dental Research. 2015; 94: 594-601
125 .
Fujikane R, Komori K, Sekiguchi M, Hidaka M. Function of high-mobility group A proteins in the DNA damage signaling for the induction of apoptosis.. Scientific Reports. 2016; 6: DOI:10.1038/srep31714
126 .
Tsuzuki T, Kajiya H, Goto K, Tsutsumi T, Nemoto T, Okabe K, Takahashi Y. Hyperocclusion stimulates the expression of collagen type XII in periodontal ligament.. Archives of Oral Biology. 2016; 66: 86-91,DOI:10.1016/j.archoralbio.2016.02.009
127 .
Shin M, Suzuki M, Guan X, Smith CE, Bartlett JD. Murine matrix metalloproteinase-20 overexpression stimulates cell invasion into the enamel layer via enhanced Wnt signaling.. Scientific Reports. 2016; 6: DOI:10.1038/srep29492
128 .
Suyama T, Hatta M, Hata S, Ishikawa H, Yamazaki J. Differentiation of rat dermal mesenchymal cells and calcification in three-dimensional cultures. Tissue Engineering and Regenerative Medicine. 2016; 13: 527-537,DOI:10.1007/s13770-016-9124-z
129 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 大城希美子, 嶋田香, 埴岡隆, 石川博之. 福岡歯科大学における学生のディプロマポリシー・学士力の認知の程度と学修成果可視化への期待の程度について. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2016; 32: 37-47
130 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 嶋田香, 埴岡隆, 石川博之. 福岡歯科大学における学生のディプロマポリシー・学士力認知の程度と学修成果可視化への期待の程度について. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2016; 32: 37-47
131 .
Sato A, Kajiya H, Mori N, Sato H, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Salmon DNA accelerates bone regeneration by inducing osteoblast migration.. PLoS One. 2017; 12: DOI:10.1371/journal.pone.0169522
132 .
Shimizu K, Fukushima H, Ogura K, Lien EC, Nihira NT, Zhang J, North BJ, Guo A, Nagashima K, Okabe K, Nakagawa T, Hoshikawa S, Watahiki A, Yamada A, Toker A, Asara JM, Fukumoto S, Nakayama KI, Nakayama K, Inuzuka H, Wei W. The SCFβ-TRCP E3 ubiquitin ligase complex targets Lipin1 for ubiquitination and degradation to promote hepatic lipogenesis.. Science Signaling . 2017; 10: DOI:10.1126/scisignal.aah4117
133 .
Nagashima K, Fukushima H, Shimizu K, Yamada A, Hidaka M, Hasumi H, Ikebe T, Fukumoto S, Okabe K, Inuzuka H. Nutrient-induced FNIP degradation by SCFβ-TRCP regulates FLCN complex localization and promotes renal cancer progression.. Oncotarget. 2017; 8: 9947-9960,DOI:10.18632/oncotarget.14221
134 .
Ogata K, Tsumuraya T, Oka K, Shin M, Okamoto F, Kajiya H, Katagiri C, Ozaki M, Matsushita M, Okabe K. The crucial role of the TRPM7 kinase domain in the early stage of amelogenesis.. Scientific Report. 2017; 7: 18099
135 .
Seno K, Yasunaga M, Kajiya H, Izaki K, Morita H, Yoneda M, Hirofuji T, Ohno J. Dynamics of M1 macrophages in oral mucosal lesions during the development of acute graft-versus-host disease in rats.. Clinical and Experimental Immunology. 2017; 190: 315-327
136 .
Yamaguchi Y, Sakai E, Okamoto K, Kajiya H, Okabe K, Naito M, Kadowaki T, Tsukuba T. Rab44, a novel large Rab GTPase, negatively regulates osteoclast differentiation by modulating intracellular calcium levels followed by NFATc1 activation.. Cellular and Molecular Life Sciences. 2018; 72: 33-48
137 .
Uchida R, Kodama J, Maruta M, Okamoto F, Kawaguchi T, Ohgi K, Ishikawa H. A relationship between learning beliefs/strategies and academic performance among fukuoka dental college students.. Journal of Pharmacy Practice and Education. 2018; 1: 1-9
138 .
Uchida R, Kodama J, Maruta M, Okamoto F, Kawaguchi T, Ohgi K, Ishikawa H. Generic skills measurement of students at fukuoka dental college:The usefulness of the progress report on generic skills (PROG) test.. Journal of Dental Science. 2018; 6: 10-18
139 .
Shin M, Chavez MB, Ikeda A, Foster BL, Bartlett JD. MMP20 Overexpression Disrupts Molar Ameloblast Polarity and Migration.. Journal of Dental Research. 2018; -: -
140 .
Matsumoto A, Kajiya H, Yamamoto N, Yanagi T, Imamura A, Okabe koji, Fukushima T, Kido H, Ohno J. Degradation rate of DNA scaffolds and bone regeneration.. Journal of Biomedical Materials Research: Part B Applied Biomaterials. 2018; -: -
141 .
Hatta M, Miyake Y, Uchida K, Yamazaki J. Keratin 13 gene is epigenetically suppressed during transforming growth factor-β1-induced epithelial-mesenchymal transition in a human keratinocyte cell line.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018; 496: 381-386
142 .
AritaM S, Hatta M, Uchida K, Kita T, Okamura K, Ryu T, Nurakami H, Sakagami R, Yamazaki J. Peptidylarginine deiminase is involved in maintaining the cornified oral mucosa of rats.. Journal of Periodontal Research. 2018; : 1-12
143 .
Ohgi K, Kajiya H, Goto K, Okamoto F, Yoshinaga Y, Okabe K, Sakagami R. Toll-like receptor 2 activation primes and upregulates osteoclastogenesis via lox-1.. Lipids in Health and Disease. 2018; 17: 132
症例報告  (該当件数: 1 件)
1 .
Okamura K, Ohno J, Iwahashi T, Enoki N, Taniguchi K, Yamazaki J. Giant cell fibroma of the tongue: report of a case showing unique S-100 protein and HLA-DR immunolocalization with literature review. Oral Med Pathol. 2009; 13: 75-79
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 217 件)
1 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 藤加寿子, 自見英治郎, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司. 常染色体優性大理石病の原因遺伝子ClCN7の点変異によるCl-輸送の機能障害. 第47回歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
2 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するClC-3 Cl-チャネルはオルガネラ酸性化を促し骨吸収に関与する.  第56回西日本生理学会, 2005年10月21-22日. (北九州)
3 .
李京平, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 中尾彰宏, 岡部幸司, 岩本隆宏. Expression and functional role of Na+/Ca2+ exchangers (NCXs) for bone resorption in mouse osteoclasts. 第56回 西日本生理学会, 2005.10.21-22. (北九州)
4 .
Murakami H, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. Expression of caspase-14 in stratified and cornified epithelium in a rat oral mucosal reconstruction model. 第85回日本薬理学会, 平成24年3月14〜16日. (京都市)
5 .
村上弘, 岡村和彦, 山崎純, 坂上竜資. Epigallocatechin-3-gallate (EGCG) による口腔粘膜の分化に対する影響. 第55回日本歯周病学会, 2012年5月17-19日. (札幌市)
6 .
大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 堤貴司, 長岡良礼, 佐々木三奈, 坂上竜資, 岡部幸司. 窒素含有ビスフォスフォネート (NBPs) は破骨細胞 Clcn7 を介してCl-輸送を抑制する. 第6回トランスポーター研究会, 平成24年9月1日. (福岡市)
7 .
廣松亮, 八田光世, 坂上竜資, 山崎純. 培養上皮細胞におけるCl-チャネル調節因子の遺伝子発現解析. 第54回歯科基礎医学会, 平成24年9月14〜16日. (福島県郡山市)
8 .
村上弘, 岡村和彦, 山崎純, 坂上竜資. Epigallocatechin-3-gallate(EGCG)による口腔粘膜の分化に対する影響. 第55回日本歯周病学会, 平成24年5月17日〜19日. (札幌市)
9 .
大城希美子, 岡部幸司, 佐野しおり, 森南奈, 村上弘, 廣松亮, 丸尾直樹, 笹本実, 加治木聡, 古賀めぐみ, 鬼塚得也,永井淳,坂上竜資. 窒素含有ビスフォスフォネート (NBPs)は破骨細胞の骨吸収形態だけでなく、酸分泌も抑制する. 第一回日本歯周病学会九州五大学研修会, 平成24年10月28日. (福岡市)
10 .
佐野しおり, 日高真澄, 森南奈, 村上弘, 廣松亮, 丸尾直樹, 大城希美子, 笹本実, 加治木聡, 古賀めぐみ, 鬼塚得也,永井淳,坂上竜資. 細胞死を誘導するMAPO1タンパク質の安定化機構. 第一回日本歯周病学会九州五大学研修会, 平成24年10月28日. (福岡市)
11 .
廣松亮, 八田光世, 坂上竜資, 山崎純. 培養上皮細胞におけるCl−チャネル調節因子の遺伝子発現解析. 第39回福岡歯科大学学会, 平成24年11月18日. (福岡市)
12 .
佐野しおり, 坂上竜資, 日高真純. アポトーシスを誘導するMAPO1複合体の分子機能. 第39回福岡歯科大学学会, 平成24年11月18日. (福岡市)
13 .
佐野しおり, 坂上竜資, 日高真純. アポトーシスを誘導するMAPO1複合体の分子機能. 第39回福岡歯科大学学会, 平成24年11月. (福岡市)
14 .
鍛治屋浩, 大城希美子, 岡本富士雄, 岡部幸司. 破骨細胞のClC7型Cl-輸送体(Clcn7)はファーネシル2リン酸合成酵素(Fdps)により活性化調節され、阻害剤ゾレンドロン酸はこのCl-分泌能を抑制する. 第30回日本骨代謝学会, 平成24年7月. (東京)
15 .
大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 堤貴司, 長岡良礼, 佐々木三奈, 坂上竜資, 岡部幸司. 窒素含有ビスフォスフォネート(NBPs)は破骨細胞Clcn7を介してCl-輸送体を抑制する. 第7回トランスポーター研究会九州支部会, 平成24年9月. (福岡市)
16 .
佐野しおり, 日高真純, 森南奈, 村上弘, 廣松亮, 丸尾直樹, 大城希美子, 笹本実, 加治木聡, 古賀めぐみ, 鬼塚得也、永井淳、坂上竜資. 細胞死を誘導するMAPO1タンパク質の安定化機構. 第11回日本歯周病学会九州5大学研修会, 平成24年10月. (福岡市)
17 .
Sano S, Sakagami R, Sekigichi M, Hidaka M. Stabilization of MAPO1 during the process of apoptosis induction. 第35回日本分子生物学会, 平成24年12月. (福岡市)
18 .
Hidaka M, Sano S, Fujikane R, Lim T, Sakagami R, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekigichi M. Molecular mechanism of the induction of apoptosis to suppress mutation and cancer. 第35回日本分子生物学会, 平成24年12月. (福岡市)
19 .
日高真純, 林徳豪, 藤兼亮輔, 佐野しおり, 坂上竜資, 中津可道, 續輝久, 関口睦夫. MAPO1 and FLCN-dependent activation of AMPK induces apoptosis triggered by o6-methylguanine. 第84回日本遺伝学会, 平成24年9月. (福岡市)
20 .
Murakami H, Okamura K, Hatta M, Sakagami R, Yamazaki J. Comparison of caspase-14 and filaggrin expression between cornified and non-cornified stratified epithelia. 第86回日本薬理学会, 平成25年3月. (福岡市)
21 .
Hiromatsu R, Hatta M, Ohkubo T, Sakagami R, Yamazaki J. Regulation of expression of chloride channel accessory protein CLCA in differentiated epithelial cells. 第86回日本薬理学会, 平成25年3月. (福岡市)
22 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 岡部幸司. CCL2シグナル欠損した咬合性外傷モデルマウスを用いた顎骨吸収時のケモカインの動態解析.  第30回日本骨代謝学会学術集会, 2012.7.19-21. (東京)
23 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 高橋裕, 岡部幸司. CCL2シグナル欠損が過剰咬合力誘発性の歯槽骨吸収に及ぼす影響.  第54回歯科基礎医学会学術大会, 2012.9.14-16. (郡山)
24 .
堤貴司, 鍛治屋浩, 都築尊, 根本哲臣, 高橋裕, 岡部幸司. 咬合性外傷時の破骨細胞誘導におけるC-Cケモカインの役割.  第39回福岡歯科大学学会総会, 2012.11.18. (福岡)
25 .
廣松亮, 八田光世, 鬼塚得也, 永井淳, 山崎純, 坂上竜資. マウスケラチノサイトにおけるCl-チャネル調節因子の遺伝子発現解析. 第56回日本歯周病学会, 平成25年5月30日〜6月1日. (東京)
26 .
廣松亮, 八田光世, 鬼塚得也, 永井淳, 山崎純, 坂上竜資. マウスケラチノサイトにおけるCl-チャネル調節因子の遺伝子発現解析. 第56回日本歯周病学会, 平成25年5月31日. (東京都)
27 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. マウスケラチノサイトの分化誘導における細胞接着分子の発現変化. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, H25年9月20日-9月22日. (岡山)
28 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 山崎純, 石川博之. マウスケラチノサイトの分化誘導時における細胞接着分子の発現変化. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
29 .
陶山大輝, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋した皮膚線維芽細胞の石灰化物形成. 第72回日本矯正歯科学会大会, H25年10月7日-10月9日. (松本)
30 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイトによる潜在型TGF-β?の放出が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化に関与する. 第66回日本薬理学会西南部会, H25年11月16日. (福岡)
31 .
秦省三郎, 岡村和彦, 八田光世, 石川博之, 山崎純. 潜在型TGF-β1が重層化ケラチノサイトから放出されて線維芽細胞のフェノタイプ変化をおこす. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
32 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. マウスケラチノサイトの分化誘導時による細胞接着分子発現変化. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
33 .
陶山大輝, 秦省三郎, 石川博之, 山崎純. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚線維芽細胞の石灰化物形成におけるリン酸の効果. 第40回福岡歯科大学学会総会, H25年12月15日. (福岡)
34 .
村上弘, 八田光世, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおけるcaspase14の角化に対する影響. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月15日. (福岡市)
35 .
村上弘, 八田光世, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおけるcaspase14の角化に対する影響. 第40回福岡歯科大学学会, 平成25年12月. (福岡市)
36 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Goto K, Nagaoka Y, Okamoto F, Okabe K. The novel roles of CCL2 and CCL3 on osteoclast differentiation and alveolar bone resorption during occlusal traumatism. 不明国際骨代謝学会(IBMS)・日本骨代謝学会(JSBMR)第2回合同国際会議, 2013.5.28-6.1. (神戸)
37 .
Tsutsumi T, Kajiya H, Goto K, Takahashi Y, Okabe K. Expression of C-C chemokine ligands for osteoclastogenesis induced by hyperocclusion. アメリカ骨代謝学会・2013年学術集会, 2013.10.3-7. (ボルチモア)
38 .
Kajiya H, Tsutsumi T, Nagaoka Y, Goto K, Fukawa T, Sasaki M, Okamoto F, Okabe K. A novel role of farnesyl diphosphate synthetase (FDPS) on the activity of Cl- extrusion in osteoclasts.  アメリカ骨代謝学会・2013年学術集会, 2013.10.3-7. (ボルチモア)
39 .
Hata S, Suyama T, Hatta M, Ishikawa H, Yamazaki J. Activation of keratinocyte-derived latent TGF-β1 induced fibroblast differentiation in a wound-healing model of rat skin.. 第87回日本薬理学会年会, 平成26年3月19-21日. (宮城)
40 .
村上弘, 有田晴一, 岡村和彦, 八田光世, 丸尾直樹, 坂上竜資, 山崎純. 口腔粘膜の角化におけるフィラグリンとカスパーゼ14の役割. 第56回歯科基礎医学会, 平成26年9月25日〜27日. (福岡市)
41 .
廣松亮, 八田光世, 坂上竜資, 山崎純. マウスケラチノサイトにおけるCLCA遺伝子の発現調節因子. 第56回医科基礎医学会, 平成26年9月25〜27日. (福岡市)
42 .
廣松亮, 永井淳, 八田光世, 山崎純, 坂上竜資. マウスケラチノサイトにおけるCLCA遺伝子の発現調節因子. 平成26年度日本歯周病学会九州五大学合同研修会, 平成26年11月16日. (福岡市)
43 .
村上弘, 岡村和彦, 坂上竜資, 青木茂久, 山崎純. ラット口腔粘膜再構築モデルにおける緑茶成分の角化促進効果. 第87回日本組織培養学会, 平成26年5月29〜30日. (東京都)
44 .
廣松亮, 八田光世, 鬼塚得也, 永井淳, 山崎純, 坂上竜資. マウス上皮細胞株におけるCLCA遺伝子の発現制御機構の解明. 第57回日本歯周病学会, 平成26年5月23〜24日. (岐阜市)
45 .
秦省三郎, 山崎純, 梶井貴史, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてケラチノサイト由来の潜在型TGF-β1が筋線維芽細胞への分化誘導を促進する. 第38回日本口蓋裂学会学術集会, H26年5月29-30日. (北海道)
46 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石井太郎, 梶井貴史, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてMMP阻害薬が線維芽細胞から筋線維芽細胞への分化を抑制する. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
47 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ケラチノサイト遊走時におけるインテグリン及びTRPV1チャネルの関与. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
48 .
陶山大輝, 秦省三郎, 石川博之, 山崎純. ラット真皮由来三次元細胞培養シートにおける石灰化物形成に対する無機リン酸イオンの効果. 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会, H26年9月25-27日. (福岡)
49 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 山崎純, 石川博之. ケラチノサイト遊走に関わるインテグリン分子及びTRPV1チャネルとの関連性について. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
50 .
陶山大輝, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚線維芽細胞の石灰化物形成に関わる因子. 第73回日本矯正歯科学会大会, H26年10月20-22日. (千葉)
51 .
廣松亮, 八田光世, 田中喜太郎, 山崎純, 坂上竜資. 培養ケラチノサイトにおけるCl−チャネル調節因子の発現抑制. 第41回福岡歯科大学学会, 平成26年12月14日. (福岡市)
52 .
尾崎正雄, 阿南壽, 大星博明, 池邉哲郎, 谷口省吾, 埴岡隆, 高橋裕, 北村憲司. 口腔医学教育のための患者型シミュレーション実習. 第33回日本歯科医学教育学会, 平成26年7月4日. (鹿児島市)
53 .
都築尊, 鍛冶屋浩, 後藤加寿子, 堤貴司, 岡部幸司. メカニカルストレスによる歯根膜組織のコラーゲン産生能の加齢による変化. 32日本骨代謝学会学術集会, 2014年7月24日〜26日 2014年7月24−26日. (大阪市)
54 .
Taniguchi Y, Yamazaki J, Kakura K, Yasuno K, Matsuura M, Kido H. Development of a New Zirconia Implant with Rough Surface Produced by Laser Treatment :Assessment of Osseointegration Strength in vivo and Osteoblastic Differentiation in vitro..  上海交通大学特別講義, 2014/10/23. (Shanhai)
55 .
廣松亮, 八田光世, 山崎純, 坂上竜資. マウスケラチノサイト株におけるCLCAのNF-kBによる転写制御. 第142回日本歯科保存学会, 2015年6月25−26日. (北九州市)
56 .
有田晴一, 村上弘, 八田光世, 吉永泰周, 山崎純, 坂上竜資. 口腔粘膜上皮角化メカニズムの基礎的研究 −皮膚と口腔粘膜上皮における filaggrin の発現様式−. 平成27年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部・合同研修会, 平成27年11月8日. (福岡市)
57 .
有田晴一, 村上弘, 八田光世, 吉永泰周, 坂上竜資, 山崎純. 皮膚と口腔粘膜における filaggrin 分解過程の比較. 第42回福岡歯科大学学会総会, 平成27年12月13日. (福岡市)
58 .
Arita S, Murakami H, Hatta M, Sakagami R, Yamazaki J. Comparison of the pattern of filaggrin expression and degradation in the skin and the oral mucosa. 第89回日本薬理学会年会, 平成28年3月9日. (横浜)
59 .
後藤加寿子, 鍛治屋浩, 都築尊, 堤貴司, 岡部幸司, 佐藤博信, 栢豪洋. 咬合性外傷モデルにおける幹細胞関連ケモカインSDF-1とCXCR4の発現相関. 第42回福岡歯科大学学会総会, 2015.12.13. (福岡)
60 .
緒方佳代子, 岡暁子, 福島秀文, 板家智, Luo G, 岡部幸司, 尾崎正雄. 歯の石灰化機構におけるTRPM7の役割. 第53回日本小児歯科学会大会, 2015.5.21-22. (広島市)
61 .
緒方佳代子, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡暁子, 永嶌勝之, 尾崎正雄, 岡部幸司. Chanzime:TRPM7は歯の石灰化に関与する. 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015.7.23-25. (東京都)
62 .
緒方佳代子, 岡暁子, 福島秀文, 岡本富士雄, 永嶌勝之, 尾崎正雄, 岡部幸司. 歯の石灰化におけるTRPM7の役割. 第57回歯科基礎医学会学術大会, 2015.9.11-13. (新潟)
63 .
松本彩子, 森南奈, 鍛治屋浩, 岡部幸司, 城戸寛史, 福島忠男. サケ白子由来DNAスキャフォールドの性質分析.  福岡歯科大学学会,  . ( )
64 .
谷口祐介, 加倉加恵, 安野貴美恵, 山崎純, 城戸寛史. Zirconia Implant表面のファイバーレーザー処理粗面が骨結合に及ぼす影響について 骨結合強さおよび咬合荷重下における周囲骨の反応(会議録). 日本口腔インプラント学会, . ( )
65 .
松本彩子, 森南奈, 鍛治屋浩, 岡部幸司, 城戸寛史, 福島忠男. 幹細胞併用のためのサケ白子由来の骨誘導性DNAスカフォールドの開発. 第37回日本バイオマテリアル学会大会, 2015.11.9-10. ( )
66 .
Ohgi K, Kajiya H, Okamoto F, Sakagami R, Okabe K. Effects of dyslipidemia on osteoclastogenesis. 第58回歯科基礎医学会, 平成28年8月24-26日. (札幌市)
67 .
Arita S, Hatta M, Ryu T, Sakagami R, Yamazaki J. Filaggrin expression and degradation process in the skin and the oral mucosa. 第58回歯科基礎医学会, 平成28年8月24-26日. (札幌市)
68 .
村上弘, 有田晴一, 岡村和彦, 八田光世, 吉永泰周, 山崎純, 坂上竜資. 口腔粘膜の角化におけるcaspase 14とfilaggrinの役割. 第23回日本歯科医学会, 平成28年10月21−23日. (福岡市)
69 .
森南奈, 松本彩子, 鍛治屋浩, 大野純, 坂上竜資, 福島忠男. 異なるDNAの長さによる細胞毒性と生体分離性について. 第23回日本歯科医学会, 平成28年10月21−23日. (福岡市)
70 .
大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 坂上竜資, 岡部幸司. 破骨細胞における TLR (Toll like receptor) を介した脂質異常症の影響. 第23回日本歯科医学会, 平成28年10月21−23日. (福岡市)
71 .
森南奈, 松本彩子, 鍛治屋浩, 大城希美子, 吉永泰周, 村上弘, 廣松亮, 丸尾直樹, 有田晴一、有田陽一、河原ゆり、笠孝成, 坂上竜資, 大野純. 幹細胞併用のためのDNAスキャフォールドの開発. 平成28年度日本歯周病学会九州五大合同研修会, 平成28年11月6日. (長崎市)
72 .
都築尊, 鍛治屋浩, 後藤加寿子, 堤貴司, 岡部幸司. 歯根膜組織の線維結合型コラーゲンXII発現の減少が咬合性メカニカルストレスに対する抵抗性を減弱させる. 第34回日本骨代謝学会, 2016.7.21. (大阪)
73 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. エナメル質の形成におけるmatrix metalloproteinase-20(MMP20)の役割. 12第43回福岡歯科大学学会総会, 2016年12月18日. (福岡市)
74 .
石井太郎, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルにおいてTGF-β1を介した筋線維芽細胞の分化が瘢痕収縮を促進する. 第40回日本口蓋裂学会・学術集会, H28年5月26日-27日. (大阪)
75 .
石井太郎, 秦省三郎, 中島一記, 山崎純, 石川博之. TGF-βシグナリングを介した瘢痕収縮を評価するためのラット皮膚創傷治癒モデルの作成. 第75回日本矯正歯科学会大会, H28年11月7日-9日. (徳島)
76 .
武石幸容, 藤兼亮輔, 関口睦夫, 日高真純. アポトーシス誘導過程に起こるクロマチン構造変化の解析. P-350日本歯科医学会, 10月21日-23日. (福岡)
77 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 柳束, 岡部幸司, 小島寛, 大野純. 3Dスフェロイド培養でのマウス間葉系幹細胞における骨形成能の変化. 第43回福岡歯科大学学会, 2016年12月18日. (福岡市)
78 .
利光拓也, 今村彩香, 安永まどか, 松尾聡, 小島寛, 鍛冶屋浩, 大野純. スフェロイド培養における骨分化誘導へのWnt3aの効果. 第16回日本再生医療学会, 2016年3月7-9日. (仙台市)
79 .
Arita S, Murakami H, Hatta M, Yoshinaga Y, Yamazaki J, Sakagami R. Fundamental research on the mechanism underlying cornification in oral mucosa. 102American Academy of Periodontology, 2016年9月10-13日. (San Diego)
80 .
有田晴一, 笠孝成, 八田光世, 内田邦敏, 坂上竜資, 山崎純. 口腔粘膜のバリア形成に寄与するペプチジルアルギニン脱イミノ化酵素.. 第90回日本薬理学会, 2017年3月15-17日. (長崎市)
81 .
笠孝成, 内田邦敏, 有田晴一, 吉永泰周, 山崎純, 坂上竜資. ヒト口腔ケラチノサイトにおけるTransient Receptor Potential (TRP) チャネルの発現. 平成29年度日本歯周病学会九州五大学・日本臨床歯周病学会九州支部・合同研修会, 平成29年11月19日. (福岡市)
82 .
今村彩香, 鍛冶屋浩, 小島寛, 岡部幸司, 大野純. 3次元培養による間葉系幹細胞の骨形成におけるβ-cateninの相互作用. 第59回歯科基礎医学会, 2017年9月16-18日. (塩尻市)
83 .
力武美保子, 藤兼亮輔, 武石幸容, 岡暁子, 尾崎正雄, 日高真純. DNA損傷が引き起こすアポトーシス誘導に関わるHMGAの分子機能解析 . 第44回福岡歯科大学大学総会, 2017.12.3. (福岡市)
84 .
緒方佳代子, 岡暁子, 進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 尾崎正雄, 岡部幸司. 神経堤細胞特異的TRPM7欠損マウスを用いた歯の発達におけるTRPM7の役割解析. 第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
85 .
Yanagi T, Kakura K, Fujisaki S, Isobe Y, Kajiya H, Ohno J, Kido H. Drastic effect of the new cell transplantation strategy for bone regeneration. 1iACD Annual Conference, 2017年5月5-7日. (New York)
86 .
Yanagi T, Kajiya H, Imamura A, Kakura K, Okabe K, Kido H, Ohno J. Enhancement of bone regeneration using de-differentiated fat cells spheroids. 35日本骨代謝学会, 2017年7月28-29. (福岡)
87 .
松本彩子, 鍛治屋浩, 山本南奈, 柳束, 今村彩香, 藤崎誠一, 岡部幸司, 城戸寛史, 大野純. 低分解性のDNAスキャフォールドが骨再生に及ぼす効果 . 44福岡歯科大学学会, 2017年12月3日. (福岡)
88 .
永嶌勝之, 勝俣由里, 田中文恵, 池崎晶二郎, 吉住潤子, 橋本憲一郎, 岡部幸司, 平木昭光, 池辺哲郎. SCFβ-TRCP依存的なFNIPタンパク質の量的制御機構はmTORCシグナル活性を調節し腫瘍形成を制御する. 第71回日本口腔科学会, 2017年4月26日. (愛媛)
89 .
Ohkubo T, Kato A, Kitamura K. Differential involvement of voltage-dependent calcium channel subtypes in regulation of ATP- and bradykinin-evoked sensory transmission at the spinal cord. 7thInternational Symposium on Adenosine & Adenine Nucleotides, 2002. (Gold Coast, Australia)
90 .
Ohkubo T, Fukuizumi T, Kitamura K. Spinal sensitization mechanism in vincritine-induced hyperalgesia in mice. 1stScience & Research Symposium, 2003. (Nagoya)
91 .
岡部幸司, 鍛治屋浩, 岡本富士雄. 破骨細胞の活性誘導とそれをターゲットとした骨疾患治療薬の開発、 破骨細胞のH+ 放出機構. 第80回日本生理学会大会 第76回日本薬理学会年会, 2003.3.25. (福岡)
92 .
大久保つや子. 痛みとその修飾のメカニズム. 第50回日本心身医学会, 平成23年2月25日. (福岡市)
93 .
多田剛之, 大関悟, 岡本正人, 岡部幸司. 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞形成と顎骨浸潤メカニズムについて. 第29回日本頭頸部癌学会総会, 2005年6月16日. (東京)
94 .
笹本実, 永井淳, 福泉忠興, 三木健良, 北村憲司, 坂上竜資. 16S rRNA 遺伝子に基づく歯肉縁下プラーク細菌叢の解析. 第48回日本歯周病学会秋季学術大会, 9月22日. (北海道)
95 .
笹本実, 永井淳, 野口晴加, 三木健良, 北村憲司, 坂上竜資. 歯肉縁下プラーク細菌叢の網羅的解析を目指したフィロタイピングシステムの確立. 2005日本臨床歯周病学会九州支部 日本歯周病学会九州5大学共催合同研修会, 11月13日. (福岡)
96 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 自見英治郎, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するCLCN-7 Cl-チャネルの特性と点変異によるCl-電流への影響. 第82回日本生理学会, 2005年5月18-20日. (仙台)
97 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 藤加寿子, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するCLC-3 Cl-チャネルは骨吸収機能分子として働く. 第23回日本骨代謝学会, 2005年7月21-23日. (大阪)
98 .
福島秀文, 岡本富士雄, 藤加寿子, 鍛治屋浩, 福本敏, 尾崎正雄, 本川渉, 岡部幸司, 自見英治郎. B細胞分化と破骨細胞分化におけるNF-kBシグナルの役割. 第47回 歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
99 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 藤加寿子, 自見英治郎, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するClC-3Cl-チャネルは細胞内イオンチャネルとして骨吸収に関与する. 47回 歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
100 .
内藤徹, 北村憲司, 湯浅賢治, 廣藤卓雄, 藤英俊, 本田武司. PBLチュートリアル授業による問題解決能力の開発− 自ら学び、考える歯科医師を創るために −.「歯科医学教育におけるPBLチュートリアル−なぜ、いまPBLチュートリアルなのか−. 日本歯科医学教育学会 歯科医学教育シンポジウム, 2005年2月11日. (東京)
101 .
高木康光, 真田正幸, 日高真純, 吉田裕樹, 関口睦夫. 複製を阻害しない微小な修飾塩基O6-メチルグアニンが誘導する細胞死シグナルの解析. 第65回日本癌学会総会, 2006年9月28日. (横浜)
102 .
高木康光, 真田正幸, 日高真純, 吉田裕樹, 関口睦夫. 複製を阻害しない小さなDNAの傷によって誘導される細胞死の機構. 第29回日本分子生物学2006フォーラム, 2006年12月6日. (名古屋)
103 .
石橋一成, 山崎純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司. ラット顎下腺導管上皮細胞に局在するClチャネルによるCl再吸収. 第48回歯科基礎医学会, 2006年9月22日. (横浜市)
104 .
笹本実, 永井淳, 野口晴加, 三木健良, 北村憲司, 坂上竜資. 成人性歯周炎における歯肉縁下プラーク細菌フィロタイプの個体差の解析. 第49回日本歯周病学会春季学術大会, 4.28. (千葉)
105 .
笹本実, 永井淳, 野口晴加, 三木健良, 北村憲司, 坂上竜資. 慢性歯周炎患者の歯肉縁下プラーク細菌の種の多様性の解析. 第49回日本歯周病学会秋季学術大会, 10/20. (大阪)
106 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 福島秀文, 藤加寿子, 岡部幸司. CLC-3 Cl-チャネルを欠損した破骨細胞は骨吸収活性が低下する. 第24回日本骨代謝学会, 2006年7月6-8日. (東京)
107 .
鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 岩本隆宏, 岡部幸司. 破骨細胞のNa+/Ca2+交換輸送体の発現とその骨吸収機能への関与. 第83回日本生理学会, 2006年3月28-30日. (前橋)
108 .
Kajiya H, Okamoto F, Fukushima H, Reddy SV, Okabe K. Point mutations of ClCN7 in Autosomal dominant osteopetrosis type 2 (ADO 2) are reduced acid-activated ClC-7 Cl- currents. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), 2006年9月15-19日. (Philadelphia)
109 .
Okabe K, Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Fukushima H, Iwamoto T. Expression of three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants in mouse osteoclasts and their function role during bone resorption. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), 2006年9月15-19日. (Philadelphia)
110 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. 破骨細胞形成におけるTumor necrosis factor alpha のオートクライン作用. 第57回西日本生理学会, 2006年10月27日. (宮崎)
111 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. Tumor ncrosis factor alpha(TNFα)は、オートクライン的に破骨細胞形成を促進する. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006年12月10日. (福岡)
112 .
岡村和彦, 山崎純, 石橋一成, 大野純, 北村憲司, 谷口邦久. ラットCa2+活性化Cl-チャネル関連分子rCLCAの局在. 第48回歯科基礎医学会, 2006/9/21-23. (横浜市)
113 .
山崎純, 岡村和彦, 石橋一成, 谷口邦久, 北村憲司. ラット顎下腺に局在するCa2+活性化Cl-チャネル関連分子CLCAの性質. 第48回歯科基礎医学会, 2006/09/21-23. (横浜市)
114 .
Tada T, Jimi E, Okabe K, Ikebe T, Ozeki S. A study on the mechanism of osteoclastic differentiation and bone invasion by oral squamous cell carcinoma cells. The 47th Congress of the Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons, 2006.4.21. (Seoul)
115 .
大久保つや子. Caチャネル阻害薬と鎮痛及びMorphine鎮痛の増強. 第27回鎮痛薬・オピオイドペプチド研究会, 2006.9.1〜9.2. (和歌山市)
116 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. 破骨細胞形成におけるTNF-αのオートクライン機構の役割. 第48回歯科基礎医学会総会, 2006.9.23. (横浜)
117 .
中尾彰宏, 鍛冶屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡部幸司, 大関悟. Tumor necrosis factor alpha (TNFα)は,オートクライン的に破骨細胞形成を促進する. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
118 .
石橋一成, 山崎純, 岡村和彦, 谷口邦久, 北村憲司, 梅津桂子. cAMP活性化Cl- チャネルCFTRによるラット顎下腺唾液イオン濃度の制御. 第49回歯科基礎医学会学術大会, 2007年8月29日〜31日. (札幌市)
119 .
Okamoto F, Kajiya H, Nakao A, Okabe K. RANKL-induced expression of TRPV2, calcium permeable channel, is involved in osteoclastogenesis via calcium signaling activation. 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Honolulu, Hawaii, USA, 2007 September, 16-19. 29th29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September, 16-19. (Honolulu)
120 .
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司. Jagged1刺激により活性化されるNotch2シグナルは破骨細胞の分化を制御する. 第25回日本骨代謝学会, 2007.7.20. (大阪)
121 .
岡部幸司, 鍛治屋浩, 岡本富士雄. 破骨細胞に出現するCl-チャネル(ClC7)と骨吸収機能調節. 第49回歯科基礎医学会総会, 2007.8.29. (札幌)
122 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司. RANKL依存的に発現するTRPV2は破骨細胞分化に必要なCa2+シグナル構築に寄与する. 第49回歯科基礎医学会総会, 2007.8.30. (札幌)
123 .
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司. NotchシグナルはNF-κBシグナルと共調し破骨細胞の分化を制御する. 第49回歯科基礎医学会総会, 2007.8.31. (札幌)
124 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司. TRPV2はCa2+シグナルを活性化して破骨細胞分化を促進する. 第58回西日本生理学会, 2007.10.19. (福岡)
125 .
関口睦夫, 真田正幸, 高木康光, 日高真純. Modes of actions of two types of antineoplastic drugs, dacarbazine and ACNU, to induce apoptosis. 第66回日本癌学会総会, 2007年10月3-5日. (横浜)
126 .
中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司, 池邉哲郎, 大関悟. 破骨細胞の形成誘導におけるTumor necrosis factor-α(TNF-α)のオートクライン作用機構と役割. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
127 .
中尾彰宏, 福島秀文, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 岡部幸司. RANKL刺激により破骨細胞前駆細胞から自己分泌されるTNFαは、c-fos及びNFATc1. 24骨代謝学会, 2007年7月6日. (大阪)
128 .
中尾彰宏, 鍛治屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡部幸司. 破骨細胞形成においてTumor necrosis factor alpha (TNFa)はc-fos、NFATをActivationしている. 49歯科基礎学会, 2007年8月30日. (札幌)
129 .
Nakao A, Fukushima H, Kajiya H, Okamoto F, Ozeki S, Okabe K. Endogenous TNFα in Osteoclast Precursor Cells Promotes Osteoclastogenesis Via c-Fos and NFATc1 Activation. 29ASBMR, 2007年9月15日. (Hawaii)
130 .
福島晶絵, 鍛冶屋浩, 阿南壽, 岡部幸司. SOCSによる炎症抑制と新たな機能の可能性. 11第11回生殖内分泌学研究会, 2008.12.13. (福岡)
131 .
福島晶絵, 鍛冶屋浩, 泉利雄, 片山知子, 茂山千英子, 榮田太郎, 松本典祥, 岡部幸司, 阿南壽. ヒト歯根膜細胞における炎症性サイトカインによるSOCSの発現. 35第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
132 .
鍛治屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 根本哲臣, 大城希美子, 岡部幸司. ヒト歯根膜細胞におけるParathyroid-hormone-related Protein (PTHrP)によるNotch ligand Jagged1発現促進作用. 第50回歯科基礎医学会, 2008年9月25日. (東京)
133 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 大城希美子, 根本哲臣, 岡部幸司. 前駆破骨細胞に発現するTRPV2はCa2+オシレーションの構築分子として破骨細胞への分化を誘導する. 第59回西日本生理学会, 2008年10月3日. (熊本)
134 .
岡部幸司, 岡本富士雄, 鍛治屋浩. TRPV2を介する破骨細胞の分化調節機構.  トランスポーターワークショップ IN 福岡, 2008年11月2日. (福岡)
135 .
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 根本哲臣, 岡部幸司. 破骨細胞の酸性環境によって活性化される外向整流性Cl-電流の性質. トランスポーターワークショップ IN 福岡, 2008年11月2日. (福岡)
136 .
根本哲臣, 鍛治屋浩, 都築尊, 藤加寿子, 高橋裕, 佐藤博信, 岡部幸司. ヒト歯根膜細胞において持続的メカニカルストレスが誘導する線維結合型コラーゲンの発現変化. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008年12月14日. (福岡)
137 .
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 坂上竜資, 岡部幸司. 酸刺激によって活性化される破骨細胞Cl-チャネルの性質. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008年12月14日. (福岡)
138 .
Kajiya H, Okamoto F, Okabe K. RANKL-induced expression of transient receptor potential (TRP) V2 is involved in osteoclastogenesis via calcium oscillations.. 36thInternational Congress of Physiological Sciences (IUPS2009), 平成21年7月27-8月1日. (Kyoto)
139 .
Ohgi K, Okamoto F, Nemoto T, Kajiya H, Sakagami R, Okabe K. Charactaristics of acid-activated outwardly rectifying Cl- channels in mouse osteoclasts.. 36thInternational Congress of Physiological Sciences (IUPS2009), 平成21年7月27日-8月1日. (Kyoto)
140 .
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 根本哲臣, 来海慶一郎, 中山修二, 岡部幸司. 破骨細胞の酸刺激活性化Cl-電流に対する抗ClC7抗体の抑制作用. 60回西日本生理学会, 平成21年11月6-7日. (福岡市)
141 .
後藤加寿子, 鍛治屋浩, 根本哲臣, 都築尊, 岡部幸司, 佐藤博信. 咬合性外傷モデルにおける歯槽骨吸収とケモカインの動態. 第27回日本骨代謝学会, 2009年7月23日-25日. (大阪)
142 .
来海慶一郎, 鍛冶屋浩, 中山修二, 大城希美子, 岡本富士雄, 池邉哲朗, 岡部幸司. 骨吸収抑制剤ゾレドロ酸はNFkbの活性化抑制を介してRANK発現を抑制する. 27日本骨代謝学会, 2009.7.23-25. (大阪)
143 .
中山修二, 鍛冶屋浩, 来海慶一郎, 岡本富士雄, 岡部幸司, 池邉哲朗, 大関悟. 口腔粘膜上皮細胞におけるDNA損傷修復酵素MTH1とNUDT5の発現. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
144 .
来海慶一郎, 鍛冶屋浩, 中山修二, 岡本富士雄, 池邉哲朗, 岡部幸司, 大関悟. ビスフォスフォネート(BP)製剤のゾレドロ酸による破骨前駆細胞の遊走能の抑制作用. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
145 .
Hidaka M, Komori K, Takagi Y, Sanada M, Lim T-H, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Sekiguchi M. A new member of genes, Mapo1, involves in O6-methylguanine-induced apoptosis. The 3rdASM Conference on DNA Repair and Mutagenesis, 2009, June 1. (Whistler, BC, Canada)
146 .
Hidaka M, Sekiguchi M. Genome Integrity Preserved by Induction of Apoptosis from DNA Damage. . 57The NIBB Conference on Dynamic Genome, October 14-16. (Okazaki (Japan))
147 .
中山修二, 鍛冶屋浩, 来海慶一郎, 根本哲臣, 大城希美子, 岡本富士雄, 岡部幸司. 正常角化細胞と扁平上皮癌細胞におけるMTH1とNUDT5の発現. 52歯科基礎学会, 2010.9.20-22. (東京)
148 .
Nakayama S, Kajiya H, Okabe K, Ikebe T. Effect of oxidative stress on the expressions of 8-oxoguanine and its eliminating enzymes in human keratinocytes and squamous carcinoma cells. 109福岡歯科大学大学院歯学研究科発表会, 2010.11.11. (福岡市)
149 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟, 山崎純. ヒト舌癌細胞株HS細胞における低温度受容器TRAPM8の発現とその電気生理学的性質. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
150 .
川口稔, 入江昭仁, 福島忠男, 大野純, 山崎純, 松浦正朗. ナノカーボン分子ヒーターの創製 −CNT/抗体複合体の調製−. 第55回日本歯科理工学会, 4月18日. (東京)
151 .
Kazuko T, Hiroshi K, Tetsuomi N. Hyper-occlusionStimulated Osteoclast Recruitment Through Chemokines Expression. 第33回米国骨代謝学会, 2010/10/15-19. (トロント(カナダ))
152 .
Goto K, Kajiya H, Nnmoto T, Tsutsumi T, Tsuzuki T, Sato H, Okabe K. Hyperocclusion Stimulates Osteoclastogenesis via CCL2 Expression. 福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡)
153 .
大久保つや子. 痛みとその修飾の機序―最近の知見からわかってきたこと―. 37福岡歯科大学学会, 平成22年12月12日. (福岡市)
154 .
堤貴司, 鍛冶屋浩, 後藤加寿子, 都築尊, 高橋裕, 岡部幸司. CCL2KO マウスを用いた咬合性外傷誘発機序の解析. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
155 .
岡本愛彦, 内田竜司, 大久保つや子, 岡村和彦, 池邉哲郎, 山崎純. Expression and electrophysiological profile of TRPM8 in human oral cell carcinoma derived cell lines. 11Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists, 2011.3.22-23. (横浜)
156 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山純, 石川博之. ラット皮膚再構築モデルにおける表皮の重層化に伴う線維化関連タンパクの発現. 第70回日本矯正歯科学会大会, 2011年10月17日‐20日. (名古屋)
157 .
秦省三郎, 秦雄一郎, 岡村和彦, 石川博之, 山純. ラット皮膚培養再構築系における線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換機序の検討. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
158 .
円林彩子, 牧野路子, 内藤徹, 中佳香, 野田佐織, 武内哲二, 内田初美, 村上早苗, 大星博明, 山崎純, 廣藤卓雄. 高齢者歯科外来における疾患および服薬の実態に関する調査. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011/12/11. (福岡)
159 .
府川晃久, 鍛治屋浩, 中山修二, 来海慶一郎, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. 正常角化上皮細胞(NHEK)への酸化ストレスは上皮間葉移行(EMT)を誘導する. 福岡歯科大学総会, 2011.12.11. (福岡)
160 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 村上弘, 秦省三郎, 内田竜司, 池邉哲郎, 山崎純. TRPM8の選択的拮抗薬による舌癌細胞における浸潤能の抑制. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
161 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟, 池邉哲郎. ヒト舌癌細胞株HSC細胞における低温度受容器TRPM8の病態生理学的意義について. 日本口腔科学会学術集会, 2011.6.21.22. (東京)
162 .
Hidaka M, Fujikane R, Sano S, Sakagami R, Sekiguchi M. MAPO1/FLCN/AMPK protein complex is involved in apoptosis induced by DNA damage. Birt-Hogg-Dube Syndrome 3rd International Symposium, 2011, May 12. (Maastricht)
163 .
村上弘, 岡村和彦, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspase14の発現. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
164 .
大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 堤貴司, 佐野しおり, 村上弘, 森南奈, 廣松亮, 國廣聡, 鬼塚得也、永井淳、坂上竜資, 岡部幸司. 窒素含有ビスフォスフォネート製剤(NBP)は破骨細胞のClC7型Cl-輸送体(Clcn7)を抑制する. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
165 .
村上弘, 山崎純, 岡村和彦, 坂上竜資. 口腔粘膜の再生に関する基礎的研究―ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspaseの発現―. 第54回日本歯周病学会, 平成23年5月26−28日. (福岡市)
166 .
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 永井淳, 岡部幸司, 坂上竜資. 新規抗ClC7抗体は破骨細胞ClC7 Cl-チャネル及び骨吸収活性を抑制する. 第54回日本歯周病学会, 平成23年5月26−28日. (福岡市)
167 .
村上弘, 岡村和彦, 八田光世, 坂上竜資, 山崎純. ラット口腔粘膜上皮の再構築過程におけるcaspase14の発現. 第53回歯科基礎医学会, 平成23年10月1日. (岐阜市)
168 .
廣松亮, 八田光世, 坂上竜資, 山純. ClCA遺伝子プロモーターの解析. 第38回福岡歯科大学学会, 平成23年12月11日. (福岡市)
169 .
大城希美子, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 堤貴司, 鬼塚得也, 永井淳, 坂上竜資, 岡部幸司. ビスフォスフォネートの新しい作用点としてのマウス破骨細胞Clcn7 Cl-輸送体. 第89回日本生理学会, 2012年3月29―31日. (長野県松本市)
170 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山純. ラット皮膚培養再構築系で再現されたTGFβや張力による線維芽細胞から筋線維芽細胞への転換制御. 第85回日本薬理学会, H24年3月14日‐16日. (京都)
171 .
Murakami H, Okamura K, Sakagami R, Yamazaki J. Expression of caspase-14 in stratified and cornified epithelium in a rat oral mucosal reconstraction model. 第85回日本薬理学会, 平成24年3月14−16日. (京都市)
172 .
大城希美子, 岡部幸司, 鬼塚得也, 永井淳, 坂上竜資. 窒素含有ビスフォスフォネート (NBPs) は破骨細胞ClC7型Cl-輸送体 (Clcn7) の機能を抑制する. 第55回日本歯周病学会, 2012年5月17日〜19日. (札幌市)
173 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚三次元モデルにおいて上皮のTGFβ1とインテグリンαvが線維芽細胞の形態変化を制御する. 第54回歯科基礎医学会学術大会, H24年9月14日-16日. (福島)
174 .
秦省三郎, 岡村和彦, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚三次元モデルにおけるTGFβ1とintegrinによる線維芽細胞の形態変化. 第71回日本矯正歯科学会, H24年9月26日-28日. (盛岡)
175 .
宮崎綾子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. ケラチノサイトPam212細胞におけるCa2+による細胞接着因子発現の変化. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
176 .
秦省三郎, 岡村和彦, 石川博之, 山純. ラット皮膚三次元モデルにおいて上皮由来のTGFβ1とインテグリンが筋線維芽細胞の形成を制御する. 第39回福岡歯科大学学会, H24年11月18日. (福岡)
177 .
Hata S, Okamura K, Hatta M, Suyama T, Ishikawa H, Yamazaki J. TGFβ1 and integrin αv -mediated transformation from fibroblast to myofibroblast in an in situ wound-healing model of rat skin. 第86回日本薬理学会年会, H25年3月21-23日. (福岡)
178 .
Kawabata A, Miyamoto Y, Sekiguchi F, Kanaoka D, Thoshida S, Ohkubo T. Facilitation of T-type calcium currents by endogenous and exogenous hydrogen sulfide in Cav3.2-expressing HEK293 cells. the 43rdNeuroscience 2013, 9-13 November, 2013. (San Diego, California, USA)
179 .
都築尊, 香川豊宏, 佐藤博信, 阿南壽, 鬼塚得也, 枡尾陽介, 湯浅賢治, 北村憲司. 上顎顎欠損の有無が支持歯槽骨に及ぼす影響−三次元有限要素法による検討−. 第32回日本歯科医学教育学会学術大会, 2013.7.12-13. (札幌)
180 .
谷口祐介, 安野貴美恵, 加倉加恵, 山崎純, 城戸寛史. ジルコニアインプラントの表面改質について- 表面性状が骨芽細胞の分化に及ぼす影響 ?. 第43回日本口腔インプラント学会学術大会, 9月20-22日. (福岡市)
181 .
谷口祐介, 城戸寛史, 山崎純. 骨芽細胞の分化にジルコニアの表面性状が及ぼす影響. 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会, 9月20-22日. (岡山県)
182 .
谷口祐介, 山崎純, 安野貴美恵, 加倉加恵, 松浦正朗, 城戸寛史. ジルコニアインプラントの表面改質について-レーザーによる表面処理が骨芽細胞の接着および分化に及ぼす影響. 第17回日本顎顔面インプラント学会学術大会, 11月30日−12月1日. (東京都)
183 .
Sekiguchi F, Fujita T, Deguchi T, Ichii M, Yamaoka S, Nishikawa H, Yoshida S, Murata K, Matsuda M, Ohkubo T, Kawabata A. Sophoraflavanone G as a novel T-type Ca2+ channel inhibitor: electrophysiological evidence in Cav3.2-expressing HEK293 cells and anti-hyperalgesic activity in mice. . 9thForum of European Neuroscience, 5-9 July, 2014. (Milano)
184 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. インテグリン及びTRPV1チャネルがケラチノサイト遊走に与える影響. 第41回福岡歯科大学学会総会, H26年12月14日. (福岡)
185 .
Taniguchi Y, Yamazaki J, Kakura K, Yasuno K, Matsuura M, Kido H. Development of a New Zirconia Implant with Rough Surface Produced by Laser Treatment :Assessment of Osseointegration Strength in vivo and Osteoblastic Differentiation in vitro . 18The 18th China Int`l Symposium on Dental Equipment,Technology&Products,, 2014.10.22-25. (Shanhai)
186 .
宮崎綾子, 大久保つや子, 八田光世, 石川博之, 山崎純. Coordinate involvement of TRPV1 channels and integrin β4 in directional migration. 第88回日本薬理学会年会, H27年3月18-20日. (愛知)
187 .
Hata S, Yamazaki J, Kajii T, Ishikawa H. MMP inhibitor suppresses myofibroblastic differentiation in three-dimensional wound-healing model of rat skin. 115thAmerican Association of Orthodontists, H27年5月14日-19日. (サンフランシスコ)
188 .
Miyazaki A, Ohkubo T, Yamazaki J, Ishikawa H. TRPV1 channel regulates directional cell migration in company with integrin β4. The 63rdAnnual Meeting of Japanese Association for Dental Research, H27年10月30日-31日. (Fukuoka)
189 .
陶山大輝, 山崎純, 石川博之. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚由来線維芽細胞の形質転換および石灰化物形成に関わる因子. 第74回日本矯正歯科学会大会, H27年11月18日-20日. (福岡)
190 .
陶山大輝, 石井太郎, 石川博之, 山崎純. 三次元培養シートに包埋したラット皮膚由来線維芽細胞の形質転換と石灰化物形成. 第42回福岡歯科大学学会総会, H27年12月13日. (福岡)
191 .
永嶌勝之, 長岡良礼, 橋本憲一郎, 岡部幸司, 池邉哲郎. BHD 複合体分子 FNIP2/MAPO1 タンパクの量的制御機構. 第69回口腔科学会, 2015.5.14. (大阪)
192 .
永嶌勝之, 福島秀文, 岡本富士雄, 緒方佳代子, 長岡良礼, 岡部幸司. BHD 複合体分子 FNIP2 タンパクの量的制御機構は mTORC シグナル活性を制御する . 第57回歯科基礎医学会, 2015.9.12. (新潟)
193 .
Ono S, Ichii M, Yamaoka S, Sekiguchi F, Fujita T, Deguchi T, Tsubota M, Nishikawa H, Yoshida S, Ohkubo T, Kawabata A. The electrophysiological property and anti-hyperalgesic activity of sophoraflavanone G and 6-prenylnaringenin, novel T-type calcium channel blockers. 45thNeuroscience 2015, October 17-21. (Chicago )
194 .
Suyama T, Hatta M, Yamazaki J. Transdifferentiation and calcification of rat dermal mesenchymal cells in three-dimensional culture. 第89回日本薬理学会年会, H28年3月9日-11日. (横浜)
195 .
Taniguchi Y, Kakura K, Yamamoto K, Kido H, Yamazaki J. . , . ()
196 .
佐藤絢子, 松本彩子, 柳束, 大野純, 鍛治屋浩, 城戸寛史, 橋本修一. 骨伝導能を有する多孔性DNAスキャフォールドの開発.  第15回日本再生医療学会総会, 2016.3.16. ( )
197 .
藤兼亮輔, 武石幸容, 関口睦夫, 日高真純. ミスマッチ修復タンパク質依存のアポトーシス誘導におけるHMGAファミリータンパク質の機能. P-1013第75回日本癌学会学術総会, 平成28年10月6日-8日. (横浜)
198 .
林田元気, 中津可道, 日京子, 藤兼亮輔, 日高真純, 續輝久. ヒト細胞を用いたミスマッチ修復因子MSH2の変異体の解析. P-3114第75回日本癌学会学術総会, 平成28年10月6日-8日. (横浜)
199 .
藤兼亮輔, 関口睦夫, 日高真純. アルキル化剤によって引き起こされるアポトーシスに関わる新規因子の同定と解析. P-347第23回日本歯科医学会総会, 平成28年10月21日-23日. (福岡)
200 .
武石幸容, 藤兼亮輔, 高橋達郎, 関口睦夫, 日高真純. ミスマッチ修復依存のアポトーシス誘導に関わるクロマチンリモデラーの機能. 2P-0152第39回日本分子生物学会年会, 平成28年11月30日-12月2日. (横浜)
201 .
林田元気, 中津可道, 日京子, 藤兼亮輔, 日高真純, 釣本俊樹, 續輝久. ヒト細胞由来ミスマッチ修復遺伝子変異体の作製とその解析. 3P-0116第39回日本分子生物学会年会, 平成28年11月30日-12月2日. (横浜)
202 .
宋穎霞, 日京子, 中津可道, 織田信弥, 林田元気, 藤兼亮輔, 日高真純, 續輝久. CRISPR/Cas9を用いたDNAポリメラーゼδR506H突然変異のMSH2欠損HeLa細胞への導入. 3P-0117第39回日本分子生物学会年会, 平成28年11月30日-12月2日. (横浜)
203 .
鍛治屋浩, 大城希美子, 岡本富士雄, 岡部幸司. メバロン酸代謝物による顎骨壊死の 予防・改善効果の可能性. 10第23回日本歯科医学会総会, 2016年 10月21日-10月23日. (福岡市)
204 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. Cadherin/cateninシグナルを介したMMP-20のエナメル質形成制御機構. 9第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24日-8月27日. (札幌)
205 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. エナメル質形成におけるプロテアーゼの役割. 7第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24日-8月27日. (札幌)
206 .
岡部幸司, 緒方佳代子, 進正史, 岡本富士雄, 岡暁子, 鍛治屋浩. エナメル質石灰化に関わるTRPチャネルの発現と機能. 6第58回歯科基礎医学会, 2016年 8月24日-8月27日. (札幌)
207 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. MMP-20はcadherin/cateninのシグナル調節を介してエナメル質形成を制御する. 5第34回日本骨代謝学会学術大会, 2016年7/20-7/23. (大阪)
208 .
Shin M, Bartlett JD. MMP20 overexpression disrupts ameloblast cell polarity. 11Enamel 9, 2016年 10月30日-11月3日. (Harrogate, UK)
209 .
石井太郎, 秦省三郎, 山崎純, 石川博之. ラット皮膚創傷治癒モデルの収縮に対するTRPチャネル阻害薬の抑制効果. 第41回日本口蓋裂学会学術大会・学術集会, H29年5月18日-19日. (東京)
210 .
石井太郎, 秦省三郎, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄, 石川博之, 山崎純. TRPチャネル阻害薬はラット皮膚創傷治癒モデルの瘢痕収縮を抑制する. 第76回日本矯正歯科学会学術大会, H29年10月18-20日. (札幌)
211 .
石井太郎, 秦省三郎, 三宅佑宜, 八田光世, 内田邦敏, 玉置幸雄, 石川博之, 山崎純. ラット皮膚創傷治癒モデルの瘢痕収縮に対するTRPチャネル阻害薬の効果. 第44回福岡歯科大学学会総会, H29年12月3日. (福岡)
212 .
Kajii T, Oka A, Iida J, Hatta M, Yamazaki J, Yamashita J, Tamaoki S. The function of PLXNA2, which was suggested to be candidate genes by genome-wide association study for mandibular prognathism, on chondrocytes. 11thAsian Pacific Orthodontic Conference, H30年3月5日-7日. (Philippines)
213 .
進正史, 緒方佳代子, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 岡部幸司. TRPM7のキナーゼドメインを介したエナメル質形成制御. 1第35回日本骨代謝学会学術集会, 平成29年7月27日?7月29日. (福岡市)
214 .
進正史, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 緒方佳代子, 岡部幸司. MMP20過剰発現はエナメル芽細胞の細胞極性障害によりエナメル質形成不全を呈する. 2第59回歯科基礎医学会学術大会, 平成29年9月16日?9月18日. (塩尻市)
215 .
進正史, 緒方佳代子, 圓谷智之, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 片桐千秋, 尾崎正雄, 松下正之, 岡部幸司. TRPM7キナーゼを介するリン酸化シグナルとエナメル質形成制御. 3第68回西日本生理学会, 平成29年10月6日?10月7日. (福岡市)
216 .
勝俣由里, 鍛治屋浩, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 田中文恵, 永嶌勝之, 永沼香織, 見立英史, 米津博文, 泉喜和子, 平木昭光、池辺哲郎. サケDNAスカフォールドはリン酸輸送体の活性を介して骨形成を促進する. 71日本口腔科学会学術集会, 2017年4月27日. (愛媛)
217 .
進正史, 緒方佳代子, 圓谷智之, 岡暁子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 片桐千秋, 尾崎正雄, 松下正之, 岡部幸司. エナメル質形成におけるTRPM7のキナーゼ活性とチャネル機能の意義. 4第95回日本生理学会大会, 平成30年3月28日?3月30日. (高松市)
レポート (該当件数: 2 件)
1 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司. . . 2006; :
2 .
内田竜司, 児玉淳, 丸田道人, 岡本富士雄, 川口智弘, 大城希美子, 石川博之. 福岡歯科大学の卒業時アウトカムを考慮した学修成果可視化の試みについて. 日本歯科医学教育学会雑誌. 2017; 33: 184-197

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved