TOP

▼ 検 索 条 件
大学
講座
発行年
和文/欧文
%
口腔・顎顔面外科学
%
%
検索条件未指定の場合は、%と表示

上記講座業績の詳細検索(和文欧文別/発行年別の検索可能)

▼ 検 索 結 果 (上記の検索条件での検索結果です)
著書 (該当件数:61件)
1 .
本田武司. V.治療法 古屋英毅、瀬戸睨一、上田裕監修 ハンドブック 歯科診療と全身管理よりよいケアのために. 東京: 医歯薬出版; 2001. p.183-240
2 .
本田武司. 第III編 症例 飯塚忠彦監修 顎変形症治療アトラス. 東京: 医歯薬出版; 2001. p.344-349
3 .
本田武司, 鈴木幸一郎. エピネフリン含有局所麻酔薬の使用 専門医への紹介のポイント(2)口腔外科・技工士指示書・処方せんの書き方(2)処方せんの書き方 覚道健治ほか編 歯科臨床研修マニュアル起こりうる問題点と解決法第1版. 京都: 永末書店; 2002. p.23.p288-291.p321-323
4 .
亀山洋一郎, 大関悟. 癌腫 亀山洋一郎日本語版監修 WHO口腔粘膜の癌と前癌病変の組織学的分類 第2版. 京都: 永末書店; 2002. p.9-13
5 .
下田恒久. 顎関節症の疫学 1.疫学 日本顎関節症学会編 顎関節症. 京都: 永末書店; 2003. p.326-331
6 .
宇治寿隆, 大関悟. 難抜歯のクライテリア 何が抜歯を難しくするか 瀬戸皖一ほか編 別冊Quintessence 口腔外科 YEAR BOOK 一般臨床家,口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル'03. 東京: クインテッセンス出版; 2003. p.134-138
7 .
大関悟. 口腔癌を見逃さないために 大関悟, 覚道健治, 又賀泉編 カラーアトラスハンドブック口腔外科臨床ヒント集. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.67-83
8 .
下田恒久, 向坊重広. インプラントの撤去とその後の処置 山崎長郎、高橋常男、勝山秀昭、林揚春、井上孝 口腔インプラント臨床図鑑-アルチメイトガイド. 東京: 医歯薬出版; 2004. p.450-460
9 .
大関悟. フォーダイス斑 杉崎正志編 臨床における不安と疑問. 東京: ヒョーロン・パブリッシャーズ; 2004. p.156-157
10 .
大関悟. 口腔環境と摂食・嚥下障害 山口徹ら編 今日の治療方針2004. 東京: 医学書院; 2004. p.1053
11 .
大関悟. 腫瘍および腫瘍類似疾患総論 野間弘康ほか編 標準口腔外科学 第3版. 東京: 医学書院; 2004. p.178-185
12 .
大関悟. 理学療法 野間弘康ほか編 標準口腔外科学 第3版. 東京: 医学書院; 2004. p.473-476
13 .
下田恒久, 住吉周平. 理学療法 飯塚忠彦 顎関節症診断・治療マニュアル. 東京: 永末書店; 2004. p.104-117
14 .
湯浅賢治, 大関悟. パノラマX線画像の読み方 大関悟、 覚道健治、 又賀泉編 カラーアトラスハンドブック口腔外科臨床ヒント集. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.14-26
15 .
大関悟, 冨永和宏, 有地淑子, 有地榮一郎. 歯性感染症 大関悟, 覚道健治, 又賀泉編 カラーアトラスハンドブック口腔外科臨床ヒント集. 東京: クインテッセンス出版; 2004. p.119-140
16 .
本田武司, 下田恒久, 住吉周平. 歯の疾患 道健一 医療従事者のためのカラ-アトラス口腔外科疾患. 東京: 永末書店; 2005. p.84-94
17 .
瀬戸皖一, 大関悟. 病理組織学的診断の依頼法 瀬戸皖一ほか編 口腔外科ハンドマニュアル’05. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.265-268
18 .
大関悟. 口腔環境と摂食・嚥下障害 山口徹,北原光夫 今日の治療指針2005. 東京: 医学書院; 2005. p.1067-1068
19 .
前田顕之, 大関悟. 第10回 喘息患者に対する歯科治療.シリーズ 全身疾患とオーラルヘルス - ザ・クインテッセンス. 東京: クインテッセンス出版; 2005. p.206-207
20 .
大関悟. Section 1. 医療面接 - 歯科臨床ハンドブック(戸田忠夫,大関悟ら編). 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.19-29
21 .
大関悟. 腫瘍総論,歯原性腫瘍 佐藤田鶴子他 口腔外科マニュアル(佐藤田鶴子ら編). 東京: 南山堂; 2006. p.89-95
22 .
有地榮一郎, 大関悟. 『エックス線写真における特殊な表現』、『エックス線写真で偶然発見される病変』、『_竺楹冑瑤瞭過像<静止性骨空洞>』、『下顎の無痛性腫脹<歯原性角化嚢胞>』、『下顎の無痛性腫脹ぁ禹根嚢胞>』、『下顎の無痛性腫脹ァ禊淹性嚢胞>』、『潰瘍を伴う下顎歯肉の無痛性腫脹<下顎歯肉癌>』、『下唇の知覚鈍麻を伴う疼痛<骨髄炎>』、『頬部および上顎の無痛性腫脹と開口障害<上顎洞癌>』 有地榮一郎,大関悟 他編集 症状からみた歯科エックス線写真読影のポイント. 東京: クインテッセンス出版; 2006. p.22-25、56-57、78-83、92-93、132-135
23 .
大関悟. 6.腫瘍総論,7.歯原性腫瘍 佐藤田鶴子 他編 口腔外科マニュアル. 東京: 南山堂; 2006. p.89-96
24 .
池邉哲郎. 口腔外科小手術の基本手技 角保徳 他編 一からわかる口腔外科疾患の診断と治療. 東京: 医歯薬出版; 2006. p.331-345
25 .
大関悟. 6章 腫瘍・腫瘍類似疾患 内田健志 コンサイス 口腔外科学. 東京: 学建書院; 2007. p.272-313
26 .
池邉哲郎. 7章 唾液腺疾患 内田健志 コンサイス 口腔外科学. 東京: 学建書院; 2007. p.314-325
27 .
大関悟, 前田顕之. 10章 神経疾患,心因性病態 内田健志 コンサイス 口腔外科学. 東京: 学建書院; 2007. p.388-405
28 .
本田武司, 宇治寿隆, 宇治壽康. 3章 歯科領域のスポーツ外傷、2. 歯科領域のスポーツ外傷の診断・治療 日本スポーツ歯科医学会 スポーツ歯科臨床マニュアル. 東京: 医学情報社; 2007. p.34-41
29 .
本田武司, 宇治寿隆, 宇治壽康. 3章歯科領域のスポーツ外傷2.歯科領域のスポーツ外傷の診断・治療 日本スポーツ歯科医学会 スポーツ歯科臨床マニュアル. 東京: 医学情報社; 2007. p.34-41
30 .
松永興昌. インプラント治療の歴史的背景と基本的考え方. Vol. 2, No. 14   歯科衛生士のためのインプラントロジー DHstyle. : デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-39
31 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.インプラント治療の歴史的背景と基本的考え方.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-39
32 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー .インプラントの構造と周囲組織.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.40-44
33 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.インプラント治療のコンサルテーションと基本的検査事項.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.38-41
34 .
松永興昌. イ歯科衛生士のためのインプラントロジー .ンプラント手術前の確認事項と準備.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.42-45
35 .
松永興昌, 常岡由美子. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.インプラント手術前の準備と器具の確認.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-39
36 .
松永興昌, 篠原佳代子. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.手術当日の歯科衛生士の役割 ヾ擬圓気鵑瞭各からガウン・グローブ着用.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.42-47
37 .
松永興昌, 篠原佳代子. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.手術当日の歯科衛生士の役割 ▲疋譟璽團鵐阿ら手術終了まで. DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-40
38 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.術後からオッセオインテグレーション獲得まで.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.34-36
39 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.インプラント2次手術に対する歯科衛生士の役割.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-39
40 .
松永興昌. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.インプラント上部構造の製作と清掃指導. DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.40-43
41 .
松永興昌, 常岡由美子. 歯科衛生士のためのインプラントロジー.最終上部構造の装着と歯科衛生士による清掃法.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.36-39
42 .
松永興昌, 常岡由美子. メ歯科衛生士のためのインプラントロジー.インテナンスとプロフェッショナルケアの実践.   DHstyle. 東京: デンタルダイヤモンド社; 2008. p.38-42
43 .
佐藤博信, 城戸寛史, 松浦尚志, 松永興昌. 第2章 インプラント治療の実際 4.インプラント治療の補綴術式 エッセンシャル口腔インプラント学. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.120−127
44 .
佐藤博信, 松永興昌. 第2章 インプラント治療の特徴 7.咬合負荷までの治癒期間の種類と選択基準 エッセンシャル口腔インプラント学. 東京: 医歯薬出版; 2009. p.134−142
45 .
埴岡隆, 池邉哲朗. 第3章 発熱をきたす病態と鑑別への道筋 1.発熱をもたらす感染症の鑑別 歯科疾患と発熱」99−103頁、臨床病理レビュー 特集第143号「38℃発熱の臨床検査 −何を考え、どう検査するのか?− 臨床病理レビュー. 東京: 臨床病理刊行会; 2009. p.99-103
46 .
山本悦秀, 大関悟, 出雲敏之, 岡部貞夫, 中村太保, 山根源之. 日本口腔腫瘍学会発刊20年間の掲載論文通覧 . : ; 2009. p.1-35
47 .
出雲俊之, 大関悟, 岡田憲彦, 岡部貞夫. 上顎歯肉癌・硬口蓋癌取扱い指針 . : ; 2009. p.71-121
48 .
佐藤博信, 新田悟, 徳富健太郎, 松浦尚志, 松永興昌. Part5上部構造  咬合採得 補綴臨床 別冊 最新インプラント補綴トリートメントガイド. : 医歯薬出版 ; 2010. p.126-130
49 .
古賀千尋. 歯牙喪失と口腔機能回復-1 義歯による回復 古賀千尋 よくわかる歯科医学・口腔ケア. 東京: 歯界時報; 2011. p.24-25
50 .
古賀千尋, 大関悟. 専門医への紹介ポイント(2) 口腔外科 古賀千尋 歯科臨床研修マニュアル 起こりうる問題点と解決法. 東京: 永末書店; 2012. p.322-325
51 .
古賀千尋, 大関悟. 専門医への紹介ポイント(2)口腔外科 歯科臨床研修マニュアル 起こりうる問題点と解決法 第2版. 東京: 永末書店; 2012. p.322-325
52 .
池邉哲郎. 「糖尿病 ここが変わった!」(分担) 歯科衛生士 36巻12号 「糖尿病 ここが変わった!」(分担) 歯科衛生士. 東京: クインテッセンス出版; 2012. p.17〜31頁
53 .
池邉哲郎, 升井一朗, 吉増秀貫 , 伊賀弘起, 橋本憲一郎, 冨永晋二, 野上堅太郎, 足立了平, 城戸寛史, 谷口省吾, 木野孔司. 新・歯科衛生士教育マニュアル 口腔外科学・歯科麻酔学 新・歯科衛生士教育マニュアル 口腔外科学・歯科麻酔学. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.16-238
54 .
山下善弘, 吉賀大午. 子どもの歯に強くなる本 子どもの歯に強くなる本. 東京: クインテッセンス出版株式会社; 2013. p.pp321-330
55 .
山下潤朗. 第1章お口の健康とからだの健康 骨粗しょう症とお口の健康 お薬を使われている方は歯科医師にご相談を 第23日本歯科医学会総会記念誌編集員会 お口からはじめましょう からだの健康. 東京都: 医歯薬出版; 2016. p.20-21
56 .
栢豪洋, 平木昭光. 歯科用語全般 歯科衛生士のための最新歯科用語辞典. 東京: クインテッセンス出版; 2016. p.1-346
57 .
水田代, 平木昭光. お口のできもの お口からはじめましょう からだの健康. 東京: 医歯薬出版; 2016. p.16-17
58 .
米津博文, 池邉哲郎. 顎関節症 あごがカクカクしませんか? 第3回日本歯科医学会総会記念誌編集委員会 お口からはじめましょう からだの健康. 東京: 医歯薬出版株式会社; 2016. p.30-31
59 .
有田正博, 粟野秀慈, 安細敏弘, 池邉哲郎, 石川博之, 泉利雄, 岩正則, 岩永賢二郎, 上原雅隆, 臼井通彦, 冨永晋二. 薬物アレルギー 米田雅裕 新臨床研修歯科医ハンドブック平成28年度診療報酬改定対応版. 東京都: 医歯薬出版; 2016. p.324-325
60 .
はしもt 橋本憲一郎, 池邉哲郎. お口の乾燥とからだの健康 お口からはじめましょう からだの健康. 東京都: 医歯薬出版株式会社; 2016. p.40-41
61 .
橋本憲一郎. 唾液腺疾患 歯科衛生士のための最新歯科用語辞典. 東京都: クインテッセンス出版株式会社; 2016. p.219など
総説  (該当件数: 21 件) 
1 .
下田恒久, 本田武司. 歯科インプラント周辺における最近の歯槽骨・顎骨外科について。福岡歯科大学における骨移植とGBR、仮骨延長法の現状. 福岡歯科大誌. 2001; 28: 15-25
2 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 日歯教誌. 2005; 21: 310-318
3 .
森山耕成, 前田顕之, 大関悟, 中島與志行, 中島衡. シェーグレン症候群の口腔所見とその鑑別. 福岡歯大会誌. 2006; 32: 125-130
4 .
阿南壽, 松本典祥, 泉利雄, 松浦洋志, 榮田太郎, 片山知子, 岸保光, 白水一崇, 宮地久崇, 佐藤寛子. ラット根尖病変におけるIL-1発現の加齢変化. 福岡歯科大学学会雑誌. 2007; 33: 147-155
5 .
片渕三千綱, 松永興昌, 新田悟, 佐藤博信. Procera. 最新CAD/CAMレストレーション 補綴臨床 別冊. 2008;  : 68-69
6 .
松永興昌, 服部寛子, 片渕三千綱, 佐藤博信. インプラント治療の精度を高めるCAD/CAMシステム. 最新CAD/CAMレストレーション 補綴臨床 別冊. 2008;  : 127-137
7 .
松永興昌. 咬合・修復の視点から.臨床のアドバンテージ. オールセラミックスの最前線 エキスパートからの20のアドバイス. 2008;  : 40-43
8 .
松永興昌, 佐藤博信. インプラントのポジショニング 第4章 上部構造の製作、アバットメ ント . 平成21年補綴臨床別冊. 2009;  : 129-134
9 .
徳富健太郎, 松永興昌, 佐藤博信. インプラントのポジショニング 第4章 上部構造の製作、上部構造の 材料 . 平成21年補綴臨床別冊. 2009;  : 135-141
10 .
松永興昌, 佐藤博信. インプラントのポジショニング 第4章 上部構造の製作、上部構造の 形態 . 平成21年補綴臨床別冊. 2009;  : 142-148
11 .
池邉哲朗, 大関悟. ビスホスホネート系薬剤関連顎骨壊死の現状と対策. 福岡歯大誌. 2009; 35: 1-10
12 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口内炎が治らない」 . The Quintessence. 2009; 28: 213-216
13 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口腔内に多発したびらん病変」 . The Quintessence. 2009; 28: 201-204
14 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「顎骨内の大きな透過像」 . The Quintessence. 2009; 28: 193-196
15 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「口蓋部に生じた経過の長い腫脹」 . The Quintessence. 2009; 28: 197-200
16 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「頬部に生じた腫瘤」 . The Quintessence. 2009; 28: 203-206
17 .
岡村和彦, 原田博史, 橋本憲一郎. 明日に役立つ臨床アドバイス「リウマチ治療薬の副作用として発生した歯肉病変」 . The Quintessence. 2009; 28: 203-206
18 .
大関悟. 身近な臨床・これからの歯科医のための臨床講座 口腔癌と前癌病変 歯科医師が知っておくべき口腔癌の病態と鑑別疾患(解説). 日本歯科医師会雑誌. 2009; 62: 649-658
19 .
佐藤博信, 新田悟, 片渕三千綱, 松浦尚志, 松永興昌. Part5上部構造  顎位の診断 . 補綴臨床 別冊 最新インプラント補綴トリートメントガイド. 2010;  : 131-136
20 .
Ikebe T. Pathophysiology of BRONJ: Drug-related osteoclastic disease of the jaw.. Oral Science International. 2013; 10: 1-8
21 .
米津博文. 顎関節症を再び見直す. 福岡歯科大学学会雑誌. 2016; 41: 27-33
原著論文  (該当件数: 138 件)
1 .
永沼香織, 内田竜司, 岡本愛彦, 長岡良礼, 佐々木三奈, 池邉哲郎, 大関悟. . . ; :
2 .
太田信敬, 山田裕香, 榎規雄, 森下孝一郎, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟, 池邉哲郎. . . ; :
3 .
逢坂洋輔, 柏村晴子, 岡曉子, 岡村和彦, 香川豊宏, 林容子, 大関悟, 尾崎正雄. . . ; :
4 .
永沼香織, 大久保つや子, 岡本愛彦, 内田竜司, 加藤健一, 大関悟, 池邉哲郎, 山崎純. . . ; :
5 .
佐々木三奈, 鍛治屋浩, 長岡良礼, 府川晃久, 中山修二, 山下善弘, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. . . ; :
6 .
長岡良礼, 鍛治屋浩, 府川晃久, 佐々木三奈, 来海慶一郎, 山下善弘, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. . . ; :
7 .
太田信敬, 大野純, 岩橋輝明, 長岡良礼, 永沼香織, 佐々木三奈, 府川晃久, 大関悟, 池邉哲郎, 谷口邦久. . . ; :
8 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 山崎純, 池邉哲郎. . . ; :
9 .
野上晋之介, 金氏毅, 山内健介, 吉賀大午, 宮本郁也, 山下善弘, 高橋哲. . . ; :
10 .
山下敏生, 野上晋之介, 山内健介, 金氏毅, 吉賀大午, 三次翔, 片岡良浩, 宮本郁也, 山下善弘, 高橋哲. . . ; :
11 .
身吉範隆, 橋本憲一郎, 伊藤達郎, 守永哲也, 山下善弘, 池邉哲郎, 大関悟. . . ; :
12 .
橋本憲一郎, 福沢秀昭, 中山修二, 山下善弘, 池邉哲郎, 大関悟. . . ; :
13 .
橋本憲一郎, 福沢秀昭, 岡村和彦, 三輪邦宏, 山下善弘, 池邉哲郎, 大関悟. . . ; :
14 .
Hidaka S, Yamada Y, Wakae H. The bone mineral contents in patients of temporomandibular disorder by a computerized measuring system. 口腔診断誌. 2000; : 245-253
15 .
Hidaka S, Okamoto Y, Yamada Y, Miyazaki K, Kimura T. Alterations in the periodontium after ovariectomy in rats: The effects of a Japanese herbal medicine, Chujo-to. Phytother Res. 2000; : 527-533
16 .
Harada H, Omura K, Maeda A. A massive pleomorphic adenoma of the submandibular salivary gland accompanied by neurilemomas of the neck misdiagnosed as a malignant tumor: report of case. J Oral Maxillofac Surg. 2001; 59: 931-935
17 .
Maeda A, Omura K, Shimoda T, Honda T, Ozeki S. Immunohistochemical study of adenoid cystic carunoma by expression of P21walfl protein. Dent Jpn. 2001; 37: 67-70
18 .
Uchida R, Yamazaki J, Ozeki S, Kitamura K. State-dependent inhibition of L-type Ca2+ channels in A7r5 cells by cilnidipine and its derivatives. Jpn J Pharmacol. 2001; 85: 260-270
19 .
Gellrich N-C, Schramm A, Hara I, Gutwald R, Duker J, Schmelzeisen R. Versatility and donor site morbidity of the lateral upper arm flap in intraoral reconstruction. Otolaryngology-Head and Neck Surgery. 2001; 124: 549-555
20 .
北村憲司, 和田忠子, 岡村和彦, 高橋裕, 尾崎正雄, 山本清, 杉本幸隆, 長環, 住吉周平, 武内哲二, 阿部興紀,藤英俊,栢豪洋,青野一哉. チュートリアル方式による小グループテーマ別学習 ―福岡歯科大学における試み―. 日歯教誌. 2001; 16: 167-175
21 .
堤定美, 住吉周平, 下田恒久, 本田武司. ヒトはどこまでデザインできるか シミュレーション歯科医工学の世界 歯科技工第1回骨の力学的適応変形のシミュレーション特に顎骨延長術とバイオメカニクスについて. 歯科技工. 2001; 29: 344-346
22 .
住吉周平. 顎骨延長のバイオメカニクス. 顎顔面バイオメカニクス学会誌. 2001; 17: 67-68
23 .
大関悟, 前田顕之, 鈴木幸一郎, 本田武司, 長田哲次, 吉川博政. 口腔癌に対する肩甲舌骨筋上郭清術 -その術式と適応-. 頭頸部腫瘍. 2001; 27: 601-606
24 .
鈴木幸一郎, 中山敏, 松浦秀博, 長谷川泰久, 加藤久和, 藤本保志, 毛利謙三, 菅沼良規, 早川和喜, 内木幹人. 舌癌切除後・遊離皮弁再建の構音・咀嚼機能評価. 日本頭頸部腫瘍学会雑誌. 2001; 27: 204-211
25 .
小村健, 鈴木晴彦, 竹内洋介, 原田浩之, 前田顕之, 嶋田文之. 舌全摘における喉頭保存の限界. 頭頚部腫瘍. 2001; 27: 49-54
26 .
原田浩之, 小村健, 前田顕之. 舌扁平上皮癌N0症例の頸部後発転移に関する臨床病理組織学的検討. 日本口腔腫瘍学会誌. 2001; 13: 313-317
27 .
kunifuji Y, Gotoh S, Abe T, Miura M, Karasaki Y. Down-regulation of telomerase activity by anticancer drugs in human ovarian cancer cells. Anticancer-Drugs. 2002; 13: 595-598
28 .
根木慎太郎, 宇治寿隆, 片山晃紀, 向坊重広, 高山義之, 住吉周平, 下田恒久, 本田武司. スポーツ外傷による下顎角部骨折と埋伏智歯との関連について. 九州・山口スポーツ医・科学研究会誌. 2002; 14: 79-83
29 .
鴛海美帆, 真鍋庸三, 瀬戸美夏, 本田武司, 大関悟. フィブリン糊への抗線溶系薬剤添加がフィブリン糊溶解に及ぼす影響-アプロチニンとトラネキサム酸との比較-. 自己血輸血. 2002; 15: 25-30
30 .
前田顕之, 小村健, 原田浩之. 広範な多発性再発をきたした副咽頭間隙多形成腺腫の一例. 日口外誌. 2002; 48: 318-321
31 .
原田浩之, 小村健, 前田顕之. 舌扁平上皮癌の頸部非制御に関する因子-頸部転移様相から-. 日口外誌. 2002; 48: 301-305
32 .
北村憲司, 佐藤博信, 栢豪洋, 羽生哲也, 中島與志行, 藤英俊, 本田武司, 阿部興紀, 水田信, 谷口邦久, 上西秀則,宮崎光治,境脩,大関悟,青野一哉. 本学における教員組織の見直し ―大講座制への移行―. 日歯教誌. 2002; 17: 409-419
33 .
Kaneko S, Yoshimura T, Ikemura K, Shirasuna K, Ozeki S. Primary Neck Management among Patirnts with Cancer of the Oral Cavity without Clinical Nodal Metastasis : A Decision and Sensitivity Analysis. HEAD & NECK. 2002; 24: 582-590
34 .
Shimoda T, Tsutsumi S, Sumiyoshi S, Maeda A, Honda T. A preliminary Analysis of New Total Temporomandibular Joint (TMJ) Prosthesis by Three-Dimensional Fenite-Element Method. J Biomech. 2003; 7: 66-72
35 .
Uchida R, Yamazaki J, Kitamura K. Characterization of Ca2+ current inhibition by cilnidipine using a β-subunit antisense oligonucleotide. Eur J Pharmacol. 2003; 466: 53-62
36 .
Shimoda T, Tsutsumi S, Sumiyoshi S, Ishikawa H, Honda T. Influences of load bearing pattern on the temporomandibular joint caused by relative difference in the size and position of condyle and fossa: Comparison of anterior and posterior condylar deviation with respect to increased size. Russian Journal of Biomechanics. 2003; 7: 57-65
37 .
Hara I, Gellrich N -C, Duker J, Schom R, Fakler O, Smelzeisen R, Honda T, Ozeki S. Swallowing and speech function after intraoral soft tissue reconstruction with lateral upper arm free flap and radial forearm free flap. Br J Oral Maxillofac Surg. 2003; 41: 161-169
38 .
Nakayama E, Yoshiura K, Ozeki S. The correction of histologic features with a panoramic radiography pattern and a computed tomography pattern of bone destruction in carcinoma of the mandibular gingival. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. 2003; 96: 774-782
39 .
Hara I, Gellrich N-C, Duker J, Schon R, Nilius M, Fakler O, Schmelzeisen R, Ozeki S, Honda T. Evaluation of swallowing function after intraoral soft tissue reconstruction with microvascular free flaps. Int J Oral Maxillofac Surg. 2003; 32: 593-599
40 .
Izumi K, Shimoda T, Sumiyoshi S, Ozeki S, Tsutsumi S. BIOMECHANICAL STUDY ON HUMAN MANDIBULAR CONDYLES WITH SEVERE MORPHOLOGICAL CHANGES. J Biomech. 2004; 8: 36-48
41 .
Shimoda T, Tsutsumi S, Honda T. Development of A New TMJ Arthroscope Combined with A Quartet Angle and Multiple Fields of Vision Part I: Arthoscope with a Visual Field of 195 Degrees. J Biomech. 2004; 8: 168-174
42 .
大関悟, 池村邦男, 大鶴洋, 川辺良一, 佐々木朗, 中村太保, 野口誠, 前田顕之, 山城正司, 岡部貞夫. アンケートよりみた下顎歯肉癌治療の現状と問題点. 日本口腔腫瘍学会誌. 2004; 16: 183-191
43 .
三浦正資, 日高圭太郎, 宇治寿隆, 下田恒久, 大関悟. 改良TRAP法によるテロメラーゼ活性の検出. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 123-129
44 .
前田芳信, 村田真理子, 山田純子, 米畑有理, 玉川裕夫, 住吉周平, 安井利一, 上野俊明, 石上恵一, 石島勉, 堤定美. 顎顔面口腔領域における外傷のリスクファクター分析 スポーツ外傷を中心としたデータベース構築のためのインシデントレポートシステムの提案. 日本歯科医学会誌. 2004; 23: 65-69
45 .
田中勝昭. 顎矯正手術による上顎移動術後の位置再現性の三次元的評価-顔面非対称が上顎の位置決定に及ぼす影響-. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 115-122
46 .
日高圭太郎. 口腔扁平上皮癌におけるテロメラーゼ活性とテロメラーゼ構成要素との関連性. 日本口腔外科学会雑誌. 2004; 50: 466-470
47 .
根木慎太郎. 舌扁平上皮癌StageI,II症例における頸部リンパ節後発転移に関する臨床病理学的研究. 日本口腔外科学会雑誌. 2004; 50: 349-356
48 .
Izumi K, Shimoda T, Sumiyoshi S, Ozeki S, Tsutumi S. Biomechanical study of human mandibular comdyles with severe morphological changes. J Biomech. 2004; 8: 36-48
49 .
岡田一三, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 内藤徹, 吉永正治、久間一宏, 山田和彦, 高橋裕、松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣、坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 本学附属病院における卒後臨床研修についてー院外研修に関するアンケート調査―. 福岡歯科大誌. 2004; 31: 253
50 .
Hashimoto K, Kiyoshima T, Matsuo K, Ozeki S, Sakai H. Effect of SCCA1 and SCCA2 on the suppression of TNF-alpha-induced cell death by impeding the release of mitochondrial cytochrome c in oral squamous cell carcinoma cell line. Tumour Biol. 2005; 26: 165-172
51 .
Tada T, Jimi E, Okamoto M, Ozeki S, Okabe K. Oral squamous cell carcinoma cells induce osteoclast differentiation by suppression of osteoprotegerin in expression in osteoblasts. Int J Cancer. 2005; 116: 253-262
52 .
Ikebe T, Seki K, Nakamura S, Takenoshita Y, Nakayama H, Shinohara M, Shirasuna K. Severity of oral mucositis correlates with the response of oral cancer to preoperative radiochemotherapy. Int J Oral Maxillofac Surg. 2005; 34: 642-645
53 .
Ikebe T, Ota K, Maki M, Nomura T, Shinohara M. Secondary reconstruction of mandibular depression deformity with pedicled latissimus dorsi myocutaneous flap. Oral Science Int. 2005; 2: 64-68
54 .
Nakayama H, Ikebe T, Shirasuna K. Effects of IkB kinase a on the differentiation of squamous carcinoma cells. Oral Oncol. 2005; 41: 729-737
55 .
三浦正資, 日高圭太郎, 岩橋輝明, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟. ハムスター舌の発癌過程におけるtelomerase reverse transcriptase (TERT) の発現と転写因子Sp1の関連性. 日本口腔外科学会雑誌. 2005; 51: 324-331
56 .
Kajiya H, Okamoto F, Li JP, Nakao A, Okabe K. Expression of mouse osteoclast K-Cl cotransporter-1 and its role during bone resorption. J Bone Miner Res. 2006; 21: 984-992
57 .
Ikemitsu H, Zeze R, Yuasa K, Izumi K. The relationship between jaw deformity and scoliosis. Oral Radiology. 2006; 22: 14-17
58 .
Suzuki S, Maeda A, Miura M, Ozeki S. Involvement of Chemokine Receptor 4/Stromal Cell-derived Factor 1 System in Human Salivary Gland Carcinoma Motility. Oral Science International. 2006; 3: 13-20
59 .
Fukuzawa H, Kiyoshima T, Kobayashi I, Ozeki S, Sakai S. Transcription promoter activity of the human S100A7 gene in oral squamous cell carcinoma cell lines. Biochem Biophys Acta. 2006; 1759: 171-176
60 .
Hirose K, Shimoda T, Izumi K, Maeda A, Ozeki S. Three-dimensional Assessment of the Accuracy of Maxillary Repositioning by Le Fort I Osteotomy with Emphasis on Maxillary Backward Transference. Asian J Oral and Mxillofac Surg. 2006; 18: 113-119
61 .
Yonezawa H, Harada K, Ikebe T, Shinohara M, Enomoto S. Effect of recombinant human bone morphogenitic protein-2 (rhBMP-2) on bone consolidation on distraction osteogenesis: a preliminary study in rabbit mandibles. J Cranio-Maxillofac Surg. 2006; 34: 270-276
62 .
Masui I, Horio K, Yamakawa T, Suetake N, Ikebe T, Ozeki S. . . 2006; :
63 .
Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Iwamoto T, Okabe K. Three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants are expressed in mouse osteoclasts and mediate calcium transport during bone resorption. Endocrinology. 2007; 148: 2116-2125
64 .
池邉哲郎, 篠原正徳. 顎口腔領域の再建に用いられた遊離皮弁の吻合血管の臨床的検討. 福岡歯大誌. 2007; 33: 103-108
65 .
三輪邦弘, 湯浅賢治, 岡村和彦, 前田顕之. 超音波像による口腔癌の頸部リンパ節転移と非転移の定量的鑑別法. Jpn J Ultrasonics. 2007; 34: 509-520
66 .
大坪由佳, 田代教二, 添島正和, 大森桂二, 山田俊介, 森永健三, 木村瞳, 岡松加恵, 山本勝己, 長島義之, 山崎裕,城戸寛史,松浦正朗. 下顎第一大臼歯一歯欠損と下顎無歯顎のインプラント治療に対する九州地区開業歯科医師の意識と治療の現状. 福岡歯大会誌. 2007; 33: 11-19
67 .
Takamune Y, Ikebe T, Nagano O, Nakayama H, Ota K, Obayashi T, Saya H, Shinohara M. ADAM-17 associated with CD44 cleavage and metastasis in oral squamous cell carcinoma. Virchows Arch. 2007; 450: 169-177
68 .
出雲俊之, 大関悟. 下顎歯肉癌取扱い指針. 日口腔腫瘍会誌. 2007; 19: 37-124
69 .
大関悟, 有地榮一郎. 口腔癌治療ガイドライン?舌癌?. 日口腔腫瘍会誌. 2007; 19: 139-161
70 .
Watazu A, Teraoka K, Kido H, Morinaga K, Okamatsu K, Nagashima Y, Matsuura M, Saito N. Formation of titanium oxide/titanium/plastic composites. Key Eng Mater. 2008; 361-363: 487-490
71 .
Fukushima H, Nakao A, Okamoto F, Shin M, Kajiya H, Sakano S, Bigas A, Jimi E, Okabe K. The association of Notch2 and NF-kappaB accelerates RANKL-induced osteoclastogenesis. Mol Cell Biol. 2008; 28: 6402-6412
72 .
Takamune Y, Ikebe T, Nagano O, Shinohara M. Involvement of NF-kB-mediated maturation of ADAM-17 in the invasion of oral squamous cell carcinoma. BBRC. 2008; 365: 393-398
73 .
出雲俊之, 大関悟, 岡田憲彦, 岡部貞夫, 岡崎雄一郎, 桐田忠昭, 草間幹夫, 佐藤徹, 篠原正徳, 新谷悟, 田中陽一. 頬粘膜癌・口腔底癌取扱い指針 ワーキング・グループ案(第1版). 口腔腫瘍. 2008; 20: 25-117
74 .
Iwahashi T, Ohno J, Okamura K, Ozeki S, Taniguchi K. Dynamics of lymphatic vessels during nodal metastasis of oral malignant melanoma in mice. Oral Med Pathol. 2008; 12: 47-52
75 .
Kajiya K, Okamoto F, Ohgi K, Nakao A, Fukushima H, Okabe K. Characteristics of ClC7 Cl- channels and their inhibition in mutant (G215R) associated with autosomal dominant osteopetrosis type II in native osteoclasts and hClcn7 gene-expressing cells.. Pflugers Arch. 2009; 458: 1049-1059
76 .
Tabuchi S, Sakata T, Oyama T, Tokuda M, Tatsuyama S, Kajihara T, Nagaoka S, Beppu M, Sugihara K, Ikebe T, Shirasuna K. Runt-related gene 2 is involved in the inhibition of matrix metalloproteinase-13 expression by roxithromycin in human gingival epithelial cell cultures.. J Periodont Res. 2009; 44: 283-288
77 .
Nakao A, Kajiya H, Fukushima H, Fukushima A, Anan H, Ozeki S, Okabe K. PTHrP induces Notch signaling in periodontal ligament cells.. J Dent Res. 2009; 88: 551-6
78 .
泉喜和子, 下田恒久, 下田哲也, 香川豊宏, 池邉哲郎, 大関悟. Le Fort I型骨切り術単独で上顎を後上方に移動した3例. 日本口腔外科学会雑誌. 2010; 56: 261-265
79 .
Okamura K, Kato K, Uchida R, Ohkubo T, Taniguchi K, Yamazaki J. Specific expression of salivary maxi-K channel variant is augmented in diabetic mice.. Arch Oral Biol. . 2010; 55: 848-854
80 .
Kajiya H, Okamoto F, Nemoto T, Kimachi K, Goto K, Nakayana S, Okabe K. RANKL-induced TRPV2 expression regulates osteoclastogenesis via calcium oscillations. . Cell Calcium. . 2010; 48: 260-269
81 .
Fukunari F, Okamura K, Zeze R, Kagawa T, Hashimoto K, Yuasa K. Cervical lymph nodes with or without metastases from oral squamous carcinoma: a correlation of MRI findings and histopathologic architecture. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol Endod. . 2010; 109: 890-899
82 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川渉, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学における臨床研修歯科医の針刺し・切創防止についての意識調査. 日歯教誌. 2010; 26: 206-210
83 .
Kimachi K, Kajiya H, Nakayama S, Ikebe T, Okabe K. Zoledronic acid inhibits RANK expression and migration of osteoclast precursors during osteoclastogenesis. . Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol. . 2011; 383: 297-308
84 .
利谷幸治. Epstein-Barr ウイルスレセプターCD21を発現したヒト口腔扁平上皮癌細胞株の樹立. J.Fukuoka Dent.Coll. 2011; 37: 9-15
85 .
利谷幸治. Epstein-BarrウイルスレセプターCD21を発現したヒト口腔扁平上皮癌細胞株の樹立. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 第37巻: 9-15
86 .
Shin M, Matsuo K, Tada T, Fukushima H, Furuta H, Ozeki S, Kadowaki T, Yamamoto K, Okamoto M, Jimi E. The inhibition of RANKL/RANK signaling by osteoprotegerin suppresses bone invasion by oral squamous cell carcinoma cells.. Carcinogenesis.. 2011; 32: 1634-1640
87 .
Kimachi K, Kajiya H, Nakayama S, Ikebe T, Okabe K. Zoledronic acid inhibits RANK expression and migration of osteoclast precursors during osteoclastogenesis.. Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol.. 2011; 383: 297-308
88 .
Nakayama S, Kajiya H, Okabe K, Ikebe T. Effects of oxidative stress on the expression of 8-oxoguanine and its eliminating enzymes in human keratinocytes and squamous carcinoma cells . Oral Science International. 2011; 8: 11-16
89 .
Urade M, Tanaka N, Furusawa K, Shimada J, Shibata T, Kirita T, Yamamoto T, Ikebe T, Kitagawa Y, Fukuta J. Nationwide survey for bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaws in Japan.. J Oral Maxillofac Surg.. 2011; 69: 364-371
90 .
古賀千尋. 日常診療における口腔癌の基礎知識. 歯界時報. 2011; 1: 93-99
91 .
神村正人, 川前通朗, 矢野尚一, 上田秀朗, 添島正和, 古賀千尋, 谷口祐介, 篠崎陽介, 森永健三, 山本勝己, 城戸寛史、松浦正朗. 歯科インプラントを用いて補綴処置を行った75歳以上の高齢者の3症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 141-149
92 .
添島正和, 上田秀朗, 神村正人, 矢野尚一, 谷口祐介, 篠崎陽介, 森永健三, 山本勝己, 城戸寛史, 古賀千尋, 松浦正朗. 歯間乳頭保存のために抜歯前に歯を牽引して上顎2前歯をインプラントで治療した1症例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 37: 133-140
93 .
Ga Y, Okamoto Y, Matsuya S. The effects of treated time of Acidulated Phosphate Fluoride Solutions on enamel erosion. Pediatric Dental Journal. 2012; 22: 1-7
94 .
Ga Y, Okamoto Y, Matsuya S. Measurement of vaporization cavity after CO2 laser irradiation on bovine dentin. Pediatric Dental Journal . 2012; 22: 27-34
95 .
Ga Y, Okamoto Y, Matsuya S. Assessment of Vickers hardness, microstructure, and surface roughness of dentin after initial dissolution by acidulated phosphate-fluoride. Pediatric Dental Journal. 2012; 22: 64-71
96 .
Nakayama S, Hiroshi K, Okabe K, Ikebe K. . . 2012; :
97 .
田中拓也, 中山秀樹, 吉武義泰, 永田将士, 川原健太, 中川純泰, 高宗康隆, 太田和俊, 平木昭光, 池邉哲郎, 篠原正徳. . . 2012; :
98 .
Yamashita Y, Fukuzawa H, Nakayama S, Kimachi K, Hashimoto K, Taniguchi K, Takahashi T, Ikebe T, Ozeki S. Cutting needle biopsy of recurrent head and neck malignant tumors.. The Journal of Fukuoka Dental College. 2012; 38: 9-17
99 .
Oda M, Tanaka T, Kito S, Habu M, Kodama M, Kokuryo S, Miyamoto I, Yoshiga D, Yamauchi K, Nogami S, Wakasugi-Sato N, Matsumoto-Takeda S, Ishikawa A, Nishida I,Saeki K, Morikawa K, Matsuo K, Seta , Yamashita Y, Maki Y, Tominaga K, Morimoto Y. Magnetic resonance angiography using fresh blood imaging in oral and maxillofacial regions. . International journal of dentistry. 2012; : Epub
100 .
Kito S, Koga H, Kodama M, Yamamoto N, Kokuryo S, Habu M, Matsuo K, Nishino T, Kubota K, Muraoka K, Oda M, Wakasugi-Sato N, Matsumoto-Takeda S, Seta Y, Tanaka T, Miyamoto I, , Yamashita Y, Kitamura C, Nakashima K, Takahashi T, Tominaga K, Morimoto Y. . Reflection of (18)F-FDG accumulation in the evaluation of the extent of periapical or periodontal inflammation. . Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol . 2012; 114: e62-69
101 .
Oda M, Tanaka T, Kito S, Matsumoto-Takeda S, Otsuka K, Hayashi Y, Wakasugi-Sato N, Yoshioka I, Habu M, Kokuryo S, Kodama M, Nogami S, Miyamoto I,Yamamoto N, Ishikawa A, Zhang M, Matsuo K, Shiiba S, Seta Y, Yamashita Y, Takahashi T, Tominaga K, Morimoto Y.. Magnetic resonance angiography with fresh blood imaging for identification of hemangiomas and blood vessels around hemangiomas in oral and maxillofacial regions.. Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol. 2012; 113: 559-566
102 .
山元哲彰, 山内健介, 山下善弘, 宮本郁也. 口腔悪性腫瘍診断における18F-FDG-PET/CTの有用性に関する検討.. 九州歯会誌. 2012; : 66(4),104-109
103 .
Okamoto Y, Ohkubo T, Ikebe T, Yamazaki J. Blockade of TRPM8 activity reduces the invasion potential of oral squamous carcinoma cell lines.. International journal of oncology. 2012; 40: 1431-1440
104 .
Ikebe T, Yamasaki K, Takamune Y, Nakayama H, Shinohara M. Reduced expression of nuclear factor kB in oral mucosa undergoing preoperative chemoradiotherapy. . Oral Science International. 2012; 9: 33-37
105 .
Fukawa T, Kajiya H, Ozeki S, Ikebe T, Okabe K. Reactive oxygen species stimulates epithelial mesenchymal transition in normal human epidermal keratinocytes via TGF-beta secretion.. Experimental cell research. 2012; 318: 1926-1932
106 .
Tanaka T, Nakayama H, Yoshitake Y, Irie A, Nagata M, Kawahara K, Takamune Y, Yoshida R, Nakagawa Y, Ogi H, Shinriki S, Ota K, Hiraki A, Ikebe T, Nishimura Y, Shinohara M. Selective inhibition of nuclear factor-kB by nuclear factor-kB essential modulator-binding domain peptide suppresses the metastasis of highly metastatic oral squamous cell carcinoma.. Cancer science. 2012; 103: 455-463
107 .
Naher L, Kiyoshima T, Kobayashi I, Hiroko Wada H, Nagata K, Fujiwara H, Ookuma Y.F, Ozeki S, Nakamura S, Sakai H. STAT3 signal transduction through interleukin-22 in oral squamous cell carcinoma. International journal of oncology. 2012; 41: 1577-1586
108 .
Izumo T, Kirita T, Ariji E, Ozeki S, Okada N. General rules for clinical and pathological studies on oral cancer: A synopsis.. Japanese journal of clinical oncology. 2012; 42: 1099-1109
109 .
Yoshiga D, Yamashita Y, Nakamichi I, Tanaka T, Yamauchi K, Yamamoto N, Nogam i S, Kaneuji T, Mitsugi S, Sakurai T, Kiyomiya H, Tominaga K, Morimoto Y and Takahashi T. Weekly teriparatide injections successfully treated advanced bisphosphonate-related osteonecrosis of the jaws.. Osteoporosis international. 2013; : in press
110 .
Ota N, Izumi K, Okamoto Y, Toshitani K, Nakayama K, Fukuzawa H, Ozeki S, Ikebe T. Tapia's syndrome following the orthognathic surgery under general anaesthesia. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology. 2013; 25: 52-54
111 .
大野知子, 内藤徹, 阿南壽, 佐藤博信. 非接触型歯科用分光光度計を用いた漂白効果と後戻りの評価. 日歯保存誌. 2013; 56: 69-77
112 .
Inai T, Kitagawa N, Hatakeyama Y, Ikebe T, Iida H, Fujita M. Inhibition of extracellular signal-regulated kinase downregulates claudin-2 expression and alters paracellular permeability in mouse rectum CMT93-II cells.. Tissue and Cell. 2013; 45: 175-182
113 .
Seno K, Ohno J, Ota N, Hirofuji T, Taniguchi K. Lupus-like oral mucosal lesions in mercury-induced autoimmune response in brown norway rats.. BMC Immunology. 2013; 14: 47
114 .
吉田智治, 玉置幸雄, 秦雄一郎, 阿部朗子, 坂井真実子, 泉喜和子, 池邉哲郎, 石川博之. 開咬と上顎歯列弓の狭窄を伴う骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療. 福岡歯科大学雑誌. 2013; 38: 181-188
115 .
Ota N, Ohno J, Seno K, Taniguchi K, Ozeki S. In vitro and in vivo expression of aldehyde dehydrogenase 1 in oral squamous cell carcinoma.. International Journal of Oncology. 2014; 44: 435-442
116 .
Hanada H, Ohno J, Seno K, Oota N, Taniguchi K. Dynamic changes in cell-surface expression of mannose in the oral epithelium during the development of graft-versus-host disease of the oral mucosa in rats.. BMC Oral Health. 2014; 14: 5
117 .
Inoue Y, Kawaguchi M, Masui I, Horibe H, Rikimaru T, Kuroki M, Katsumata Y, Mori N, Hayakawa T, Fukushima T. Biological and chemical assessment of DNA/Chitosan complex film. Journal of Hard Tissue Biology. 2014; 23: 399-406
118 .
Ono T, Naito T, Makino M, Sato H. A color analysis of smoker’s melanosis using a non-contact type dental spectrophotometer.. Oral Hygiene & Health. 2014; 2: doi:10.4172/2332-0702.1000160
119 .
Naganuma K, Hatta M, Ikebe T, Yamazaki J. Epigenetic alterations of the keratin 13 gene in oral squamous cell carcinoma.. BMC Cancer. 2014; 14: 988
120 .
大家知子, 古賀千尋, 青木将虎, 中山敬介, 菅亜里沙, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邊哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 日本歯科心身医学会誌. 2014; 29: 75-78
121 .
Sasaki M, Kajiya H, Ozeki S, Okabe K, Ikebe T. Reactive oxygen species promotes cellular senescence in normal human epidermal keratinocytes through epigenetic regulation of p16(INK4a.).. Biochem Biophys Res Commun.. 2014; 452: 622-628
122 .
Wu X, Fukushima H, North B.J, Nagaoka Y, Nagashima K, Deng F, Okabe K, nuzuka H, Wei W. SCFβ-TRCP regulates osteoclastogenesis via promoting CYLD ubiquitination. Oncotarget. 2014; 5: 4211-4221
123 .
馬場篤子, 泉喜和子, 森南奈, 田口茜, 佐々木浩乃, 比嘉奈津美, 宮口厳. 福岡歯科大学卒業後の女性歯科医師の現状. 福岡歯科大学学会雑誌. 2015; 40(2): p75-84
124 .
Hatta M, Naganuma K, Kato K, Yamazaki J. 3-Deazaneplanocin a suppresses aggressive phenotype-related gene expression in an oral squamous cell carcinoma cell line.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 468: 269-273
125 .
Kajiya H, Katsumata Y, Sasaki M, Tsutsumi T, Kawaguchi M, Fukushima T. Photothermal stress triggered by near-infrared-irradiated carbon nanotubes up-regulates osteogenesis and mineral deposition in tooth-extracted sockets.. International Journal of Hyperthermia. 2015; 31: 635-642
126 .
Kawaguchi M, Mori K, Kajiya H, Ikebe T, Fukushima T. In vivo evaluation of bone regeneration by DNA/protamine complex treatment with photothermal stress stimulation in an aged rat calvarial defect model. Journal of Oral Tissue Engineering. 2015; 13: 67-76
127 .
Katsumata Y, Kajiya H, Okabe K, Fukushima T, Ikebe T. A salmon DNA scaffold promotes osteogenesis through activation of sodium-dependent phosphate cotransporters.. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2015; 468: 622-628
128 .
Nagaoka Y, Kajiya H, Ozeki S, Ikebe T, Okabe K. Mevalonates restore zoledronic acid-induced osteoclastogenesis inhibition.. Journal of Dental Research. 2015; 94: 594-601
129 .
Voss P J, VargasSoto G, Schmelzeisen R, Izumi K, Stricker A, BIttermann G, Poxleitner P. Sinusitis and oroantral fistula in patients with bisphosphonate-associated necrosis of the maxilla.. Heas and Face Medicine. 2016; 12: 3
130 .
Kuroshima S, Al-Salihi Z, Yamashita J. Mouse anti-RANKL antibody delays oral wound healing and increases TRAP-positive mononuclear cells in bone marrow.. Clinical Oral Investigations. 2016; 20: 727-736,DOI:10.1007/s00784-015-1550-0
131 .
Hiraki A, Yamamoto T, Yoshida R, Nagata M, Kawahara K, Nakagawa Y, Matsuoka Y, Tanaka T, Hirosue A, Fukuma D, Ikebe T, Shinohara M, Nakayama H. Factors affecting volume change of myocutaneous flaps in oral cancer.. International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery. 2016; 45: 1395-1399,DOI:10.1016/j.ijom.2016.04.014
132 .
Hiraki A, Fukuma D, Nagata M, Shiraishi S, Kawahara K, Matsuoka Y, Nakagawa Y, Yoshida R, Tanaka T, Yoshitake Y, Shinohara M, Yamashita Y, Nakayama H. Sentinel lymph node biopsy reduces the incidence of secondary neck metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma.. Molecular and Clinical Oncology. 2016; 5: 57-60,DOI:10.3892/mco.2016.882
133 .
Nakashima H, Matsuoka Y, Yoshida R, Nagata M, Hirosue A, Kawahara K, Sakata J, Arita H, Hiraki A, Nakayama H. Pre-treatment neutrophil to lymphocyte ratio predicts the chemoradiotherapy outcome and survival in patients with oral squamous cell carcinoma: a retrospective study.. BMC Cancer. 2016; 16: 41
134 .
Matsuoka Y, Nakayama H, Yoshida R, Hirosue A, Nagata M, Tanaka T, Kawahara K, Sakata J, Arita H, Hiraki A, Nakashima H, Shinriki S, Fukuma D, Ogi H, Shinohara M, Toya R, Murakami R. IL-6 controls resistance to radiation by suppressing oxidative stress via the Nrf2-antioxidant pathway in oral squamous cell carcinoma.. British Journal of Cancer. 2016; 115: 1234-1244,DOI:10.1038/bjc.2016.327
135 .
橋本憲一郎, 身吉範隆, 池邉哲郎, 大関悟. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における診療時間外歯科救急症例の検討. 福岡歯科大学雑誌. 2016; 41: 41-47
136 .
Shimizu K, Fukushima H, Ogura K, Lien EC, Nihira NT, Zhang J, North BJ, Guo A, Nagashima K, Okabe K, Nakagawa T, Hoshikawa S, Watahiki A, Yamada A, Toker A, Asara JM, Fukumoto S, Nakayama KI, Nakayama K, Inuzuka H, Wei W. The SCFβ-TRCP E3 ubiquitin ligase complex targets Lipin1 for ubiquitination and degradation to promote hepatic lipogenesis.. Science Signaling . 2017; 10: DOI:10.1126/scisignal.aah4117
137 .
Nagashima K, Fukushima H, Shimizu K, Yamada A, Hidaka M, Hasumi H, Ikebe T, Fukumoto S, Okabe K, Inuzuka H. Nutrient-induced FNIP degradation by SCFβ-TRCP regulates FLCN complex localization and promotes renal cancer progression.. Oncotarget. 2017; 8: 9947-9960,DOI:10.18632/oncotarget.14221
138 .
大家知子, 古賀千尋, 青木将虎, 中山敬介, 菅亜里沙, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邊哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 日本歯科心身医学会雑誌. 26; 29: 75-78
症例報告  (該当件数: 50 件)
1 .
前田顕之, 小村健, 原田浩之, 鯨岡裕晃, 秋葉正一. 再生不良性貧血を合併した口腔扁平上皮癌の治療経験. 口科誌. 2001; 50: 98-103
2 .
Hara I, Ozeki S, Okamura K, Toshitani K, Taniguchi K, Honda T, Oishi M. Central acinic cell carcinoma of the mandible. Case report. J Craniomaxillofac Surg. 2003; 31: 378-382
3 .
井上咲子, 岡村和彦, 大野純, 田中久夫, 澤熊文平, 須賀道子, 岡田美穂, 谷口邦久, 三浦正資, 本田武司, 大関悟. 口底部の多形性腺腫から発生した腺様嚢胞癌の一例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2003; 29: 89-95
4 .
森山耕成, 前田顕之, 東條秀明, 大関悟, 本田武司, 中島與志行, 吉住秀之, 重松信夫. 口底蜂窩織炎を契機に発症した甲状腺クリーゼ ルゴール液についての考察. 臨床と研究. 2003; 80: 303-306
5 .
内田竜司, 原巌, 根木慎太郎, 日高圭太郎, 岡村和彦, 大関悟, 本田武司. 歯根嚢胞を伴った重積歯の一例. 日本口腔診断学会雑誌. 2003; 16: 166-169
6 .
世良仁, 大関悟, 田苗正夫, 本田武司, 林秀, 本川渉. 歯牙様硬組織を伴った先天性エプーリスの1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2003; 49: 347-350
7 .
Maeda A, Shimoda T, Sera H, Ozeki S, Honda T. Condylar Reconstruction by Vertical Sliding Ramus Osteotomy. Asian J Oral Maxillofac Surg. 2004; 16: 38-41
8 .
Maeda A, Shimoda T, Ozeki S, Honda T. Salivary Duct Carcinoma of the Minor Salivary Glands. Asian J Oral Maxillofac Surg. 2004; 16: 51-55
9 .
三浦正資, 岡村和彦, 三輪邦弘, 下田恒久, 大関悟, 本田武司. 比較的大きな周辺性エナメル上皮腫の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2004; 50: 376-379
10 .
廣瀬貴子, 下田恒久, 世良仁, 泉喜和子, 三浦正資, 前田顕之, 田中勝昭, 中山敬介, 大関悟, 本田武司. 鰓嚢胞の2例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 177-180
11 .
伊藤雅樹, 林升, 末原佐枝, 相澤隆, 大森桂二, 江藤ゆかり, 林透, 日高圭太郎, 大関悟, 本田武司. 下顎臼歯部にみられたセメント質骨形成線維腫の2例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 91-96
12 .
廣瀬一秀, 下田恒久, 向坊重広, 世良仁, 泉喜和子, 前田顕之, 大関悟. 頬骨からの骨採取を併用した上顎洞底挙上術の1例. 福岡歯科大学学会雑誌. 2004; 30: 167-170
13 .
泉喜和子, 原巌, 世良仁, 根木慎太郎, 向坊重広, 下田恒久, 大関悟, 本田武司. 歯性感染症から急速に進展した下行性壊死性縦隔炎の2例と文献的考察. 日本口腔診断学会雑誌. 2004; 17: 38-42
14 .
世良仁, 下田恒久, 根木慎太郎, 田中勝昭, 大関悟. 児童のスポーツ外傷による下顎骨骨折の治療経験. 小児口腔外科. 2004; 14: 25-27
15 .
Sera H, Shimoda T, Ozeki S, Honda T. A case of chodroma of the tongue. Int J Oral Maxillofac Surg. 2005; 34: 99-100
16 .
三浦正資, 高岸ミキ, 岡村和彦, 尾崎正雄, 本川渉, 池邉哲郎, 大関悟. 先天性エプーリスの1例. 小児口腔外科学会誌. 2006; 16: 36-39
17 .
鈴木幸一郎, 高橋哲, 世良仁, 向坊明浩, 村山敦. 下顎歯肉に転移した肝細胞癌の1例. 日本口腔腫瘍学会誌. 2006; 18: 49-54
18 .
内田竜司, 三浦正資, 岡村和彦, 大野純, 谷口邦久, 大関悟. 頬粘膜に発生した内向性管状乳頭腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2006; 19: 336-338
19 .
三浦正資, 岡村和彦, 内田竜司, 日高圭太郎, 大関悟. 口底部に生じた顆粒細胞腫の1例. 日本口腔診断学会雑誌. 2007; 20: 201-203
20 .
Uchida R, Miura M, Ozeki S. Epidermoid Cyst of Buccal Mucosa. Asian J Oral Maxillofac Surg. 2007; 19: 42-44
21 .
池邉哲郎, 篠原正徳. 顎口腔領域の再建に用いられた遊離皮弁の吻合血管の臨床的検討. 福岡歯大会誌. 2007; 33: 103-108
22 .
前田顕之, 大関悟. アンケート調査よりみた舌扁平上皮癌治療の現状と問題点. 日口腔腫瘍会誌. 2007; 19: 163-175
23 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 岡村和彦, 池邉哲朗, 大関悟. Sjoren症候群関連抗体が陽性であった頬粘膜小唾液腺由来MALTリンパ腫の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2008; 54: 493-497
24 .
内田竜司, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 多胞性X線透過像を示した下顎骨扁平歯原性腫瘍の1例. 福岡歯大誌. 2008; 34: 147-150
25 .
Hashimoto K, Ikebe T, Ozeki S. Diffuse Large B-cell Lymphoma in the Submandibular Gland. Asian J Oral Maxillofac Surg. 2008; 20: 41-45
26 .
福沢秀昭, 橋本憲一郎, 鈴木薫, 多田剛之, 池邉哲朗, 大関悟. . . 2009; :
27 .
橋本憲一郎, 鈴木薫, 福沢秀昭, 多田剛之, 池邉哲朗, 大関悟. . . 2009; :
28 .
大関悟. . . 2009; :
29 .
野上堅太郎, 冨永晋二, 城戸寛史, 泉喜和子, 松浦正朗, 谷口省吾. インプラント除去を余儀なくされた非定型歯痛の1例. 日本口腔インプラント学会誌. 2009; 22: 316-322
30 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 中山修二, 岡本愛彦, 下田恒久, 池邉哲朗, 大関悟. von Recklinghausen病による顔面非対称症例の治療経験. 日本顎変形症学会雑誌. 2009; 19: 16-23
31 .
井垣勝詞, 泉喜和子, 岡本愛彦, 来海慶一郎, 中山修二, 湯浅賢治, 池邉哲朗, 大関悟. 開口障害の原因として咀嚼筋腱・腱膜過形成症が疑われた1例. 福岡歯大誌. 2009; 35: 11-16
32 .
Nakayama S, Kimachi K, Nakayama K, Ikebe T, Ozeki S. Thyroglossal duct cyst occurring in the floor of the mouth: report of 2 cases. . J Oral Maxillofac Surg. . 2009; 67: 2690-2693
33 .
橋本憲一郎, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関 悟. . . 2009; :
34 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 中山修二, 岡本愛彦, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. von Recklinghausen病による顔面非対称例の治療経験. 日本顎変形症学会雑誌. 2009; 19: 16-23
35 .
内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟. 上皮性異形成と合併して存在した口蓋部歯肉疣贅状黄色腫の1例. 日本口腔診断学会誌. 2009; 22: 292-298
36 .
橋本憲一郎, 福沢秀昭, 利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. 遊離前腕皮弁採取部への同側前腕部隣接皮膚からの植皮. 日本口腔腫瘍学会誌. 2011; 23: 1-7
37 .
野上晋之介, 山本哲彰, 山内健介, 石川文隆, 山下善弘, 高橋哲. 上顎に生じたglomus腫瘍の1例.. 日本口腔外科学会雑誌. 2012; : 58(7) 429-433
38 .
Matsuo K, Yamamoto N, Morimoto Y, Yamashita Y, Zhang M, Ishikawa A, Tanaka T, Kito S, Takahashi T.. Multiple complex odontomas and subsequent occurrence of an ossifying fibroma at the same site as the removed odontoma. . Journal of Dental Sciences. 2012; : 1-7
39 .
吉賀大午, 山下善弘, 野上晋之介, 山本哲彰, 山内健介, 金氏毅, 櫻井拓真, 田中達朗, 森本泰宏, 高橋哲. 下顎骨関節突起骨折に対する内視鏡を用いた-口内法による観血的整復固定術の経験. 九州歯科学会雑誌. 2012; : 66(6) 198 -203
40 .
吉賀大午, 石川文隆, 山下善弘, 山本哲彰, 山内健介, 野上晋之介, 片岡良浩, 櫻井拓真, 森本泰宏, 高橋哲. 臼後腺に生じた導管内乳頭腫の1例.. 九州歯科学会雑誌. 2012; : 66(6): 204-207
41 .
櫻井拓真, 吉賀大午, 石川文隆, 宮本郁也, 野上晋之介, 金氏毅, 三次翔, 森本泰宏, 山下善弘, 高橋 哲. 上顎洞および鼻腔に開窓した巨大な含歯性嚢胞の一例. 九州歯科学会雑誌. 2013; : in press
42 .
吉田智治 , 玉置幸雄 , 秦雄一郎 , 阿部朗子 , 坂井真実子 , 泉喜和子 , 池邉哲郎 , 石川 博之 . 開咬と上顎歯列弓の狭窄を伴う骨格性下顎前突患者の外科的矯正治療. 福岡歯科大学雑誌. 2013; 38: 181-188
43 .
Hashimoto K, Naganuma K, Yamashita Y, Ikebe T, Ozeki S. A case of mucositis due to the allergy to self-curing resin.. Oral Science Internathinal. 2014; 11: 37-39
44 .
阿部亜美, 馬場篤子, 内田竜司, 尾崎正雄. 小児に発生した腺様歯原性腫瘍の1例. 小児口腔外科. 2016; 26: 19-25
45 .
見立英史, 川野真太郎, 清島保, 三上友里恵, 後藤雄一, 河津俊幸, 池邉哲郎, 中村誠司. 巨舌を呈した舌対称性脂肪腫症の1例. 日本口腔腫瘍学会誌. 2016; 28: 293-298
46 .
見立英史, 川野真太郎, 松原良太, 橋口有真, 金子直樹, 坂本泰基, 中村誠司. 陰圧閉鎖療法により治療した頸部郭清術後リンパ漏の2例 . 日本口腔腫瘍学会誌. 2016; 28: 155-160
47 .
Mitate E, Oobu K, Kiyoshima T, Nakamura S. Oral amoebiasis with acute myeloblastic leukemia.. International Journal of Case Reports and Images. 2016; 7: 486?487,DOI:10.5348/ijcri-201602-LE-10018
48 .
福間大喜, 平木昭光. 上顎洞から口腔内に進展した血瘤腫の1例. 日本口腔外科学会雑誌. 2016; : 169-173
49 .
米田雅一, 平木昭光. オトガイ部の知覚異常と下顎の疼痛を初発症状としたBurkittリンパ腫の1例. 口腔腫瘍. 2016; : 279-285
50 .
Mitate E, Kawano S, Mikami Y, Kiyoshima T, Ikebe T, Nakamura S. A case of inversely fused tooth of impacted maxillary third molar and supernumerary tooth. International Journal of Case Reports and Images. 2017; 8: 129?132,DOI:10.5348/ijcri-201723-CR-10762
発表(特別講演・シンポジウム) (該当件数: 341 件)
1 .
笹本実, 栗原孝幸, 西明仁, 野口晴加, 樋口博一, 永井淳, 香川豊宏, 湯浅賢治, 坂上竜資. 解剖学的セメントエナメル境のエックス線写真における位置に関する考察. 第46回日本歯周病学会秋季学術大会, 2003年10月18日. (新潟)
2 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 藤加寿子, 自見英治郎, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司. 常染色体優性大理石病の原因遺伝子ClCN7の点変異によるCl-輸送の機能障害. 第47回歯科基礎医学会, 2005年9月28-30日. (仙台)
3 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡部幸司. 破骨細胞に発現するClC-3 Cl-チャネルはオルガネラ酸性化を促し骨吸収に関与する.  第56回西日本生理学会, 2005年10月21-22日. (北九州)
4 .
李京平, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 中尾彰宏, 岡部幸司, 岩本隆宏. Expression and functional role of Na+/Ca2+ exchangers (NCXs) for bone resorption in mouse osteoclasts. 第56回 西日本生理学会, 2005.10.21-22. (北九州)
5 .
岡本愛彦, 泉喜和子, 長岡良礼, 中山敬介, 利谷幸治, 升井一朗, 池邉哲郎. 顎矯正手術による上顎移動術後の位置再現性の検討. 57日本口腔外科学会総会, 2012.10.19-21. (横浜)
6 .
泉喜和子, 下田恒久, 岡本愛彦, 竹山顕子, 中山敬介, 池邉哲郎, 鈴木薫. 咬合再構成と歯周管理を主訴に来院したWegener肉芽腫症の1例. 57日本口腔外科学会総会, 2012.10.19-21. (横浜)
7 .
中山修二. Effect of oxidative stress on the expression of 8-oxoguanine and its eliminating enzymes in human keratinocytes and squamous carcinoma cells.. 66 日本口腔科学会学術集会, 2012.5.17-18. (広島)
8 .
倉重顕一, 利谷幸治, 升井一朗, 中山敬介, 泉喜和子, 岡本愛彦, 太田信敬, 古賀千尋, 大関悟, 池邉哲郎. Skeltal Class 蕎瀕磴紡个垢訃絏竺榮瓜移動術の術後安定性に関する検討. 22日本顎変形症学会, 2012.6.18-19. (福岡)
9 .
古田絢也, 野上晋之介, 石川文隆, 松尾拡, 山内健介, 山本哲彰, 金氏毅, 吉賀大午, 宮本郁也, 山下善弘, 高橋哲. 過去20年間の当科におけるエプーリスの臨床的検討. 66日本口腔科学会学術集会, 2012.5.17-18. (広島)
10 .
馬場篤子, 岡本愛彦, 谷口邦久, 大関悟, 尾崎正雄. 上顎前歯部歯肉に発生した結節性筋膜炎の1例. 第25回日本小児口腔外科学学術大会, 2013年11月2〜3日. (日本 東京)
11 .
田中裕実子, 野上堅太郎, 横山武志 横山武志, 宮定真弓, 加藤達也, 市山友子, 谷口省吾. デンタルチェア上でヘルスケアプロバイダーが行う胸骨圧迫の効率についての検討. 第37回日本歯科麻酔学会, 2009/10/9. (名古屋)
12 .
升井一朗, 中山敬介, 岡本愛彦, 池邉哲郎. 上下顎移動術における en bloc 法による上下顎の位置決め法. 第24回日本顎変形症学会, 2014年6/10-11. (福岡市)
13 .
成冨雅則, 梶井貴史, 中島一記, 阿部朗子, 秦雄一郎, 玉置幸雄, 石川博之, 利谷幸治, 泉喜和子, 升井一郎, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院矯正歯科における過去11年間の外科的矯正治療適用症例の動向. 第24回日本顎変形症学会総会・学術大会, H26年6月10-11日. (福岡)
14 .
尾崎正雄, 阿南壽, 大星博明, 池邉哲郎, 谷口省吾, 埴岡隆, 高橋裕, 北村憲司. 口腔医学教育のための患者型ロボットシュミレーション実習. 第33回日本歯科医学教育学会, 2014.7.4-5. (北九州市)
15 .
尾崎正雄, 阿南壽, 大星博明, 池邉哲郎, 谷口省吾, 埴岡隆, 高橋裕, 北村憲司. 口腔医学教育のための患者型シミュレーション実習. 第33回日本歯科医学教育学会, 平成26年7月4日. (鹿児島市)
16 .
高江洲雄, 松永興昌, 大野知子, 佐藤博信. 二種類のラミネートベニア修復物の色調の比較. 第26回第26回日本歯科審美学会学術大会, 2015年11月22日〜23日. (東京)
17 .
古賀幹一, 平木昭光, 郷原俊輔, 犬束憲史, 永田将士, 吉田遼司, 廣末晃之, 福間大喜, 尾木秀直, 篠原正徳, 中山秀樹. 抗血栓薬服用患者の口腔癌手術 −抗血栓薬が手術や周術期に及ぼす影響について− . 11第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月21〜22日. (横浜)
18 .
有田英生, 平木昭光, 川原健太, 上村恭子, 吉田遼司, 永田将士, 松岡祐一郎, 中川純泰, 田中拓也, 福間大喜, 中山秀樹. 口腔癌の化学放射線療法における唾液量の変化に関する臨床的検討 臨床的影響因子や放射線性粘膜炎との関連について . 11第60回日本唾液腺学会学術集会, 2015年12月5日. (東京)
19 .
竹下尚志, 平木昭光, 永田将士, 吉田遼司, 川原健太, 松岡祐一郎, 有田英生, 坂田純基, 篠原正徳, 中山秀樹. 超高齢口腔癌患者の治療戦略−当科における臨床的検討−. 11第60回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2015年10月16〜18日. (名古屋)
20 .
上村恭子, 永田将士, 児玉彩, 吉田遼司, 平木昭光, 篠原正徳, 三上芳喜, 中山秀樹. 巨細胞肉芽腫との鑑別が困難であった下顎頭 に生じた軟骨芽細胞腫の1例 . 11第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月21〜22日. (横浜)
21 .
首藤俊一, 府川晃久, 池崎晶二郎, 田中文恵, 橋本憲一, 平木昭光, 池邉哲郎. 舌癌におけるTumor budding(簇出)の臨床的 検討. 11第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月21〜22日. (横浜)
22 .
坂田純基, 吉田遼司, 廣末晃之, 松岡祐一郎, 永田将士, 川原健太, 有田英生, 中嶋光, 上村恭子, 福間大喜, 平木昭光. 癌抑制遺伝子Smad4は口腔白板症の癌化に 関与する. 11第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月21〜22日. (横浜)
23 .
Matsuoka, Yoshida, Hirosue, Tanaka, Nagata, Kawahara, Arita, Sakata, Nakashima, Hiraki A, Nakayama. IL-6 confers radioresistance via Nrf2 antioxidant pathway in oral squamous cell carcinoma cells. 11第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月8〜10日. (名古屋)
24 .
Tanaka, Nagata, Yoshida, Kawahara, Matsuoka, Arita, Sakata, Hirosue, Fukuma, Ogi, Hiraki A. TNF-α-TNF-R1 autocrine loop contributes to acquisition of highly metastatic potential in oral SCC. 11第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月8〜10日. (名古屋)
25 .
Sakata, Hirosue, Yoshida, Matsuoka, Arita, Nagata, Kawahara, Nakashima, Nakashima, Hiraki A, Nakayama. Increased expression of HMGA2 predicts metastasis and poor prognosis in oral squamous cell carcinoma. 11第74回日本癌学会学術総会, 2015年10月8〜10日. (名古屋)
26 .
緒方佳代子, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡暁子, 永嶌勝之, 尾崎正雄, 岡部幸司. Chanzime:TRPM7は歯の石灰化に関与する. 第33回日本骨代謝学会学術集会, 2015.7.23-25. (東京都)
27 .
Izumi K, Sasaki M, Okuno N, Ohta N, Yamashita T, Shimoda T, Ikebe T. Fixation of Le Fort I Osteotomy With Resorbable Mesh Panel Plates and Screws; Experience in 5cases. The22ndInternational Conference on Oral and Maxillofacial Surgery , 2015.10. (メルボルン)
28 .
萩家康弘, 佐藤博信. シミの客観的定量的評価における歯科用分光測色システムとAntera3D の併用の試み 〜洗顔法により治療効果は異なる〜. 第16回日本抗加齢医学会総会, 平成28年6月10日〜12日. (横浜市)
29 .
山下潤朗. 骨代謝における副甲状腺ホルモン(PTH)の役割と骨増生への応用. H28日本補綴歯科学会, 2016/09/03. (熊本)
30 .
山下潤朗. インプラント治療と顎骨壊死を考える. 36日本口腔インプラント学会, 2016/11/5. (高松)
31 .
山下潤朗. 歯科医目線と患者目線 - 治療計画にインパクトを与える因子. 2北海道口腔医療研究会, 2016/08/28. (札幌)
32 .
Yamashita J, Koi K. PTH Administration Induced Bone Formation in Wounded Bone Marrow. 94International Association for Dental Research, 2016/06/23. (Seoul)
33 .
Yamashita J, Koi K, Otawa M. Dramatic Improvement in Bone Quality at osteotomy Sites by Short-Term Administration of Osteoporosis Medication. 31Academy of Osseointegration, 2016/2/19. (San Diego)
34 .
萩家康弘, 佐藤博信. シミの客観的定量的評価における歯科用分光測色システムとAntera3D の併用の試み 〜洗顔法により治療効果は異なる〜. 第16回日本抗加齢医学会総会 , 2016年6月10日〜12日. (横浜市)
35 .
宮園祥爾, 篠崎陽介, 一志恒太, 松浦尚志, 山下潤朗, 佐藤博信. 学生実習における歯牙形成評価方法の比較.  日本補綴歯科学会九州支部,中国・四国支部合同学術大会, 2016.9.3-4. (熊本市)
36 .
井口育美, 古賀千尋, 中山敬介, 金子高士, 米田雅裕, 内藤徹, 金光芳郎, 中村芳明, 池邊哲郎, 高向和宜. 頑固な口腔の違和感を訴えた気分変調性障害の1例. 57日本心身医学会総会・学術講演会, 2016.6.4-6.5. (仙台市)
37 .
馬場篤子, 泉喜和子, 後藤加寿子, 立岡迪子, 比嘉奈津美, 宮口厳. 女性歯科医師の活躍のための環境整備等に関する調査報告〜福岡歯科大学での結果〜. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016.12.18. (福岡市)
38 .
萩家康弘, 佐藤博信. しみ治療中の皮膚色評価のために審美歯科器機を応用した分光測色システムの有効性. 第23回日本歯科医学会総会, 2016年10月21日〜23日. (福岡市)
39 .
宮坂彩花, 平木昭光. 軽度認知機能障害を伴い、右側上顎歯肉癌に対する加療を行った1例. 第17回 日本早期認知症学会学術大会, 平成28年9月17日(土)?18日(日). (熊本)
40 .
早見太善, 平木昭光. シェーグレン症候群を疑い、精査の結果全身性アミロイドーシスの診断に至った1症例. 第26回日本口腔内科学会・第29回日本口腔診断学会 合同学術大会, 2016年9月23日(金)・24日(土). (岡山)
41 .
松岡祐一郎, 平木昭光. IL-6 はNrf2 抗酸化経路を介して口腔扁平上皮癌細胞に放射線耐性を賦与する. 第40回日本頭頸部癌学会, 2016年6月9日(木曜日)・10日(金曜日). (埼玉)
42 .
川原健太, 平木昭光. 肺転移巣に対するCetuximab併用化学療法が奏効した唾液腺導管癌の1例. 第40回日本頭頸部癌学会, 2016年6月9日(木曜日)・10日(金曜日). (埼玉)
43 .
吉田遼司, 平木昭光. Stage 狂腔扁平上皮癌根治手術後のS-1補助化学療法の有効性に関する検討. 第54回日本癌治療学会学術総会, 2016年10月20〜22日. (横浜)
44 .
Hiraki A. Factors affecting volume change of reconstructed myocutaneous flaps in oral cancer. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016年6月1-4日. (Hamburg・Germany)
45 .
Arita, Hidetaka, Hiraki A. The clinical significance of FBXW7 in oral squamous cell carcinoma. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016年6月1-4日. ( Hamburg・Germany)
46 .
Fukuma, Daiki, Hiraki A. Sentinel lymph node biopsy reduces the incidence of secondary neck metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma.. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016年6月1-4日. (Hamburg・Germany)
47 .
Yuichiro Matsuoka, Hiraki A. Phosphorylate Nrf2 is a useful predict factor of the response to chemoradiotherapy in oral squamous cell carcinoma. . 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6〜8日. (横浜)
48 .
田中拓也, 平木昭光. オートクラインループは口腔扁平上皮癌の高転移能獲得に寄与している. 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6〜8日. (横浜)
49 .
有田英生, 平木昭光. 口腔扁平上皮癌患者におけるFBXW7の臨床的意義の検討. 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6〜8日. (横浜)
50 .
坂田純基, 平木昭光. 口腔扁平上皮癌におけるHMGA2の臨床病理学的検討. 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6〜8日. (横浜)
51 .
松岡祐一郎, 平木昭光. リン酸化Nrf2 は口腔扁平上皮癌における化学放射線療法の効果に対 する有用な予測因子である . 第75回日本癌学会学術総会, 2016年10月6〜8日. (横浜)
52 .
Hiraki A. Factors affecting volume change of reconstructed myocutaneous flaps in oral cancer. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016年6月1-4日. (Hamburg・Germany)
53 .
Hiraki A. Factors affecting volume change of reconstructed myocutaneous flaps in oral cancer. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, June 1-4, 2016. (Hamburg・Germany)
54 .
Hiraki A. Factors affecting volume change of reconstructed myocutaneous flaps in oral cancer. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016/6/1-4. (Hamburg・Germany)
55 .
Hiraki A. Factors affecting volume change of reconstructed myocutaneous flaps in oral cancer. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016/6/1-4. (Hamburg)
56 .
Arita H, Hiraki A. The clinical significance of FBXW7 in oral squamous cell carcinoma. 66 Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016/6/1-4. (Hamburg)
57 .
Fukuma D, Hiraki A. Sentinel lymph node biopsy reduces the incidence of secondary neck metastasis in patients with oral squamous cell carcinoma.. 66Kongress der Deutschen Gesellschaft fur Mund-, Kiefer- und Gesichtschirurgie und Praxisfuhrungsseminar, 2016/6/1-4. (Hamburg)
58 .
藤本有彩, 利谷幸治, 吉住潤子, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 田中文恵, 米津博文, 橋本憲一郎, 平木昭光, 池邉哲郎. 口腔外消炎手術症例の臨床的検討. 第61回第61回公益社団法人日本口腔外科学会総会・学術大会, 2016/11/26. (千葉)
59 .
森紘一郎, 川口稔, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 田中文恵, 勝俣由里, 池邉哲郎. 癌温熱療法用ナノデバイスの開発. 第43回福岡歯科大学学会, 2016.12.18. (福岡)
60 .
永沼香織, 泉喜和子, 太田信敬, 利谷幸治, 下田恒久, 池邉哲郎. メッシュパネル型の吸収性プレートの使用経験. 26日本顎変形症学会, 2016年6月25日. (東京)
61 .
太田信敬, 泉喜和子, 井上庸子, 永沼香織, 佐々木三奈, 利谷幸治, 池邉哲郎. 上下顎移動術後に生じた鼻形態の変化に関する検討. 26日本顎変形症学会, 2016年6月25日. (東京)
62 .
永沼香織, 佐々木三奈, 池崎晶二郎, 太田信敬, 府川晃久, 田中文恵, 勝俣由里, 平木昭光, 池邉哲郎. 培養口腔扁平上皮癌細胞における Keratin 13 遺伝子のエピジェネティック制御機構. 70日本口腔科学会, 2016年4月16〜17日. (福岡)
63 .
Naganuma K, Izumi K, Inoue Y, Ohta N, Toshitani K, Ikebe T. Nasal morphologic changes in Japanese patients after Le Fort osteotomy. 23European Association for Cranio Maxillo-Facial Surgery, 2016年9月13〜16日. (ロンドン)
64 .
Izumi K, Naganuma K, Inoue Y, Shimoda T, Ikebe T. Maxillary stability after Le Fort I osteotomy with Resorbable Mesh Panel Plates and Screws; Experience in 9cases. 23rdCongress of the European Assosiation for Cranio MaxilloFacial Surgery, 2016.9.13-16. (London)
65 .
田中文恵, 大野純, 泉喜和子, 橋本憲一郎, 平木昭光, 岡村和彦, 池邉哲郎, 橋本修一. 右側下顎骨に発生し線維性骨異形成症から悪性転化をとった1例. 70日本口腔科学会学術集会, 平成28年4月15〜16日. (福岡)
66 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 城間可奈子, 首藤俊一, 佐々木三奈, 岡村和彦, 平木昭光, 大野純, 橋本修一, 池邉哲郎. 上顎歯肉に発生し悪性像を呈した炎症性筋線維芽細胞腫瘍の一例. 84日本口腔外科学会九州支部学術集会, 平成28年6月18日. (福岡)
67 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Ohno J, Hashimoto S. Immunohistochemical analysis for the malignant transformation in ameloblastic carcinoma. 13日本病理学会カンファレンス, 平成28年7月29〜30日. (兵庫)
68 .
Tanaka F, Yoshimoto S, Okamura K, Hashimoto K, Ohno J, Ikebe T, Hashimoto S. Ameloblastic carcinoma of the mandible case report. 27日本臨床口腔病理学会学術大会, 平成28年8月10〜12日. (広島)
69 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 吉本尚平, 岡村和彦, 平木昭光, 橋本修一, 池邉哲郎. エナメル上皮癌における免疫組織化学的検討. 49日本口腔科学会九州地方部会, 平成28年10月15日. (沖縄)
70 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本修一, 平木昭光, 池邉哲郎. エナメル上皮癌の悪性転化に関する免疫組織学的検討. 35日本口腔腫瘍学会学術大会, 平成29年1月26〜27日. (福岡)
71 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. カンジダ症を制御するT細胞応答の誘導. 第58回歯科基礎医学会, 2016年8月24-26日. (札幌市)
72 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. Candida albicansに対するT細胞応答を誘導する表層抗原探索. 第60回日本医真菌学会, 2016年10月1-2日. (台東区)
73 .
田崎園子, 長環, 永尾潤一, 成田由香, 橋本麻利江, 池崎晶二郎, 有田健一, 小島寛, 田中芳彦. 口腔カンジダ症を制御する免疫制御機構の解明. 第23回日本歯科医学会, 2016年10月21-23日. (福岡市)
74 .
TASAKI Sonoko, CHO Tamaki, NAGAO Jun-ich, NARITA Yuka, HASHIMOTO Marie, IKEZAKI Shojiro, YASUMATSU Kanae, ARITA Kenichi, KOJIMA Hiroshi, TANAKA Yoshihiko. Investigation of the mechanism of T cell response in oral candidasis.. 第45回日本免疫学会, 2016年12月5-7日. (宜野湾市)
75 .
永嶌勝之. SCFβ-TRCP 依存的な FNIP2 タンパク質の量的変化は mTORC シグナル制御と BHD 症候群の病態発症に寄与する. 第58回歯科基礎医学会, 2016.8.26. (札幌)
76 .
橋本憲一郎, 布川晃久, 太田信敬, 佐々木三奈, 平木昭光, 池邉哲郎. 下顎骨に発生した原発性骨内扁平上皮癌7例の臨床的検討. 第20回九州地区口腔癌研究会第20回学術講演会, 2016年6月17日. (北九州市)
77 .
安西寛真, 橋本憲一郎, 泉喜和子, 佐々木三奈, 首藤俊一, 岡村和彦, 三輪邦宏, 平木昭光, 池邉哲郎. 硬組織形成を伴った顎下腺原発多形腺腫由来癌. 第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2017年1月26・27日. (福岡市)
78 .
高江洲雄, 宮崎揚子, 山下潤朗, 佐藤博信. モノリシックジルコニアクラウン 4年間の臨床的調査. 第43回福岡歯科大学学会総会, 2016年12月18日. (福岡市)
79 .
中村恵子, 古賀千尋, 青木将虎, 井口育美, 中山敬介, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邊哲郎, 高向和宜. 口腔内に多彩な愁訴を訴えた身体表現性障害の1例. 0第32回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2017.7.8-7.9. (東京都千代田区)
80 .
古賀千尋, 平木昭光, 池邊哲郎. 福岡歯科大学口腔医療センターにおける細胞診症例の検討. 0第27回日本口腔内科学会, 2017.9.8-9.9. (札幌市)
81 .
中山敬介, 古賀千尋, 大野純, 青木将虎, 橋本憲一郎, 江崎和久, 中村芳明, 平木昭光, 池邊哲郎. 福岡歯科大学口腔医療センターにおける細胞診の臨床的検討. 0第62回日本口腔外科学会, 2017.10.20-10.22. (京都府)
82 .
安西寛真, 平木昭光, 首藤俊一, 大林佑子, 勝俣由里, 吉住潤子, 佐々木三奈, 橋本憲一郎, 中山敬介, 池邊哲郎. 当科におけるスポーツ外傷による顎顔面骨折に関する臨床学的検討. 0第44回福岡歯科大学学会総会, 2017.12.3. (福岡市)
83 .
山本勝己, 大坪由佳, 長島義之, 城戸寛史, 山崎裕, 森田雅之, 冨永晋二, 谷口省吾, 松浦正朗. インプラント手術における静脈内鎮静法に対する患者の評価についての検討. 31口腔インプラント学会総会, 2001年9月23日. (福岡)
84 .
Ukon S, Shimoda T, Sato H, Ogawa K, Honda T. Sutructure ofTemporomandibular Joint in Centric Relation using MRI. International College of Craniomandibular Orthopeclics, September 5 2001. (Germany)
85 .
山本勝己, 長島義之, 城戸寛史, 森田雅之, 山崎裕, 松浦正朗. マウス顎骨骨髄からの骨代謝遺伝子発現の定量-LHでの検討-. 6日本顎顔面インプラント学会, 2002年11月2日. (東京)
86 .
松浦正朗, 城戸寛史, 下田恒久, 森田雅之, 山崎裕, 長島義之, 山本勝己, 内村朋恵, 岡松加恵, 野村隆祥. 仮骨延長法を応用したインプラント症例について. 第21回日本口腔インプラント学会九州支部学術大会, 2004年2月21−21日. (大分県)
87 .
城戸寛史, 松浦正朗, 生山隆, 清水博史, 高橋裕, 佐藤博信, 籐英俊, 本田武司. 卒前教育におけるインプラント基礎実習−登院実習前実習における取り組み−. 第23回日本歯科医学教育学会, 2004年7月1−2日. (新潟)
88 .
廣藤卓雄, 山田和彦, 米田雅裕, 久間一宏, 高橋裕, 松浦正朗, 佐藤博信, 井上廣, 坂上竜資, 本川渉, 本田武司. 自己評価のできる臨床シミュレーションシステムの導入−登院前実習への応用とその評価−. 第3回デンタルシミュレーション教育(DSE)研究会 第3回研究発表会, 2004年7月21−24日. (京都)
89 .
岡松加恵, 城戸寛史, 下田恒久, 向坊重宏, 山崎裕, 森田雅之, 長島義之, 山本勝己, 松浦正朗. 当科における仮骨延長法による骨増生後のインプラント治療. 第21回日本顎顔面補綴学会総会, 2004年8月26−27日. (福岡)
90 .
長島義之, 城戸寛史, 山崎裕, 森田雅之, 下田恒久, 松浦正朗, 大関悟. インプラント補綴により機能回復を図った下顎再建症例. 第21回日本顎顔面補綴学会総会, 2004年8月26-27日. (福岡)
91 .
大坪由佳, 岡松加恵, 向坊重広, 下田恒久, 城戸寛史, 松浦正朗. 先天性部分無歯症と顎変形を伴う患者に対してインプラント治療を行った一例. 第34回日本口腔インプラント学会総会, 2004年9月24-26日. (大阪府)
92 .
白石朋子, 山美和子, 福成史子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 鈴木祐社, 谷口邦久. 口腔からの頸部リンパ流路:口腔癌の画像診断所見からの推測 . 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
93 .
香川豊宏, 福成史子, 白石朋子, 山美和子, 三輪邦弘, 湯浅賢治, 鈴木祐社, 前田顕之, 大関悟. 超音波パワードプラ法で悪性腫瘍患者の頸部に見られたvascular typeのリンパ節に関する検討. 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
94 .
福成史子, 山美和子, 白石朋子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 谷口邦久. 口腔癌頸部リンパ節転移の画像診断報告の数値化. 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
95 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 香川豊宏, 湯浅賢治, 大関悟, 谷口邦久. 口腔癌の頸部リンパ節転移の画像診断:偽陽性、偽陰性症例について. 第31回福岡歯科大学学会総会 , 2004.12.5. (福岡)
96 .
湯浅賢治, 香川豊宏, 山美和子, 白石朋子, 福成史子, 三輪邦弘, 大関悟. 画像診断のための口腔癌のセンチネルリンパ節マップ. 2004第45回日本歯科放射線学会総会・学術大会 , 2004.9.16~9.18. (広島)
97 .
橋本憲一郎, 清島保, 松尾拡, 小林家吉, 坂井英隆. SSCAはシトクロムc放出抑制により口腔扁平上皮癌細胞株のTNF-α誘導細胞死を抑制する. 第94回日本病理学会総会, 2005年4月14日. (横浜)
98 .
泉喜和子, 下田恒久, 廣瀬貴子, 世良仁, 向坊重広, 村山敦, 下田哲也, 松下龍之介, 宇治寿隆, 大関悟, 本田武司. 上顎歯列弓幅径の不調和に対して、正中拡大後に顎矯正手術を行った症例について−口蓋正中部への仮骨延長法の応用−. -第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月2日. (徳島)
99 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 向坊重広, 高山義之, 宇治寿隆, 大関悟, 本田武司, 谷口省吾, 石川博之. 顎矯正手術に関するアンケート調査結果報告 II.麻酔に関するアンケート,III.矯正に関するアンケート. -第15回日本顎変形症学会総会, 2005年6月3日. (徳島)
100 .
多田剛之, 大関悟, 岡本正人, 岡部幸司. 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞形成と顎骨浸潤メカニズムについて. 第29回日本頭頸部癌学会総会, 2005年6月16日. (東京)
101 .
鈴木幸一郎, 世良仁, 向坊明浩, 山下善弘, 高橋哲. TS-1単独投与による口腔扁平上皮癌肺転移症例に対する治療経験. -第29回日本頭頸部癌学会総会, 2005年6月16日. (東京)
102 .
前田顕之, 大関悟. 口腔扁平上皮癌における頸部郭清術後の頸部再発に関する検討. -第29回日本頭頸部癌学会総会, 2005年6月16日. (東京)
103 .
橋本憲一郎, 福沢秀昭, 大関悟. 口腔扁平上皮癌細胞株のSCCA発現による細胞死抑制経路の検討−SCCAがシトクロムc放出に与える影響−. -第29回日本頭頸部癌学会総会, 2005年6月17日. (東京)
104 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 住吉周平, 前田顕之, 香川豊宏, 瀬々良介, 大関悟, 湯浅賢治, 谷口邦久. 多量の関節内遊離体を認めたSynovial osteochondromatosisの1症例. -第18回日本顎関節学会総会・学術大会, 2005年7月31日. (松江)
105 .
Hideaki F, Ozeki S. Analysis of S100A7 on regulation of expression mechanism of the gene in squamous cell carcinoma. -17th International Conference of Oral & Maxillofaicial Surgery, 2005年9月1日. (Vienna)
106 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 住吉周平, 前田顕之, 香川豊宏, 宇治寿隆, 大関悟, 湯浅賢治, 谷口邦久. 多量の関節内遊離体を認めた滑膜骨軟骨腫症の1症例. 73第73回日本口腔外科学会九州地方会, 2005年9月10日. (北九州)
107 .
福沢秀昭, 清島保, 橋本憲一郎, 前田顕之, 小林家吉, 坂井英隆, 大関悟. S100A7の扁平上皮癌における発現調節機構の解析. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月24日. (大阪)
108 .
泉喜和子, 下田恒久, 下田哲也, 鈴木幸一郎, 根木慎太郎, 宇治寿隆, 大関悟. 咬筋内血管腫切除後に顎矯正手術を施行した1例. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月24日. (大阪)
109 .
根木慎太郎, 宇治寿隆, 住吉周平, 大関悟. 下顎角部骨折と第三大臼歯との関連について. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月25日. (大阪)
110 .
前田顕之, 大関悟, 鈴木祐社, 鈴木薫. 遊離前腕皮弁における皮弁採取部の閉鎖. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月25日. (大阪)
111 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 住吉周平, 世良仁, 大関悟. 前後径の短縮を認めたヒト下顎頭の骨密度と応力分布の関係. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月25日. (大阪)
112 .
廣瀬一秀, 下田恒久, 泉喜和子, 世良仁, 村山敦, 宇治寿隆, 大関悟. 当科における上顎移動術後の位置再現性の三次元的評価. 50第50回日本口腔外科学会総会, 2005年10月25日. (大阪)
113 .
豊田正仰, 前田顕之, 和田孝介, 鈴木薫, 大関悟. 当科における再建外科の現状. -第32回福岡歯科大学学会総会, 2005年12月18日. (福岡)
114 .
福成史子, 木原由香, 白石朋子, 山崎美和子, 香川豊弘, 瀬々良介, 湯浅賢治, 大関悟. 頸部リンパ節の画像診断:MRI vs. CT. 第32回福岡歯科大学学会総会, 2005.12.18. (福岡)
115 .
米田雅裕, 尾崎正雄, 内藤徹, 久間一宏, 城戸寛史, 清水博史, 坂上竜資, 佐藤博信, 大関悟, 石川博之, 谷口省吾,湯浅賢治,本川渉,本田武司,廣藤卓雄. 福岡歯科大学臨床研修歯科医海外研修の教育効果について. 第24回日本歯科医学教育学会総会, 2005/7/7-8. (徳島)
116 .
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 澤熊文平, 江原道子, 谷口邦久, 大関悟. 口腔悪性黒色腫におけるリンパ節転移への脈管新生の関与. 第47回歯科基礎医学会, 2005/09/28-30. (仙台市)
117 .
内藤徹, 北村憲司, 湯浅賢治, 廣藤卓雄, 藤英俊, 本田武司. PBLチュートリアル授業による問題解決能力の開発− 自ら学び、考える歯科医師を創るために −.「歯科医学教育におけるPBLチュートリアル−なぜ、いまPBLチュートリアルなのか−. 日本歯科医学教育学会 歯科医学教育シンポジウム, 2005年2月11日. (東京)
118 .
福成史子, 白石朋子, 山美和子, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治, 大関悟. MR imagingによる頸部リンパ節の検出:CTとの比較. 第10回臨床画像大会 , 2005.9.16. (仙台)
119 .
石川昌嗣, 重冨澄保, 佐藤博信, 川口稔, 泉利雄, 坂上竜資, 廣藤卓雄, 本川渉, 本田武司. 講座統合型臨床実習への移行―鋳造歯冠修復基礎実習での3年間の試み―. 第25回日本歯科医学教育学会総会, 2006年6月16日、17日. (仙台市)
120 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 福島秀文, 藤加寿子, 岡部幸司. CLC-3 Cl-チャネルを欠損した破骨細胞は骨吸収活性が低下する. 第24回日本骨代謝学会, 2006年7月6-8日. (東京)
121 .
鍛治屋浩, 李京平, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 岩本隆宏, 岡部幸司. 破骨細胞のNa+/Ca2+交換輸送体の発現とその骨吸収機能への関与. 第83回日本生理学会, 2006年3月28-30日. (前橋)
122 .
Okabe K, Li JP, Kajiya H, Okamoto F, Nakao A, Fukushima H, Iwamoto T. Expression of three Na+/Ca2+ exchanger (NCX) variants in mouse osteoclasts and their function role during bone resorption. 28th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), 2006年9月15-19日. (Philadelphia)
123 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. 破骨細胞形成におけるTumor necrosis factor alpha のオートクライン作用. 第57回西日本生理学会, 2006年10月27日. (宮崎)
124 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. Tumor ncrosis factor alpha(TNFα)は、オートクライン的に破骨細胞形成を促進する. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006年12月10日. (福岡)
125 .
Suzuki S, Tada T, Hashimoto K, Ozeki S. Involvement of chemokine Receptor 4/stromal cell-derived factor 1 System in human salivary gland carcinoma cell motility. The 47thCongress of the Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons, 2006.4.21. (Seoul)
126 .
Hashimoto K, Kiyoshima T, Kobayashi I, Sakai H, Ikebe T, Ozeki S. Squamous cell carcinoma antigens, SCCA1 and SCCA2, inhibit TNF-alpha-induced cell death by suppression of cytochrome c release from mitochondria. The 47thCongress of the Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons, 2006.4.21. (Seoul)
127 .
Tada T, Jimi E, Okabe K, Ikebe T, Ozeki S. A study on the mechanism of osteoclastic differentiation and bone invasion by oral squamous cell carcinoma cells. The 47th Congress of the Korean Association of Oral & Maxillofacial Surgeons, 2006.4.21. (Seoul)
128 .
三輪邦弘, 岡村和彦, 前田顕之, 湯浅賢治. 口腔癌における頸部腫脹リンパ節超音波像による転移と非転移の定量的鑑別診断法. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.11. (名古屋)
129 .
多田剛之, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞誘導と顎骨浸潤メカニズムの検討. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.11. (名古屋)
130 .
岩橋輝明, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. マウス舌悪性黒色腫のリンパ節転移における原発巣でのリンパ管の動態. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.12. (名古屋)
131 .
吉田雅司, 川島清美, 杉原一正, 夏目長門, 田代英雄, 大関悟. ミャンマーにおける口唇口蓋裂−ミャンマー医療援助隊11年間の活動報告−. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.12. (名古屋)
132 .
内田竜司, 寺川紘子, 三浦正資, 岡村和彦, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 多房性X線透過像を示した下顎骨歯原性扁平上皮腫の1例. 第60回日本口腔科学会総会, 2006.5.12. (名古屋)
133 .
鈴木祐社, 前田顕之, 豊田正仰, 池邉哲郎, 大関悟. 唾液腺腫瘍におけるケモカインレセプターCXCR4の発現. 第30回日本頭頸部癌学会, 2006.6.15. (大阪)
134 .
高宗康隆, 池邉哲郎, 永野修, 吉武義泰, 中山秀樹, 太田和俊, 篠原正徳. 口腔扁平上皮癌のADAM-17発現についての研究. 第30回日本頭頸部癌学会, 2006.6.15. (大阪)
135 .
前田顕之, 寺川紘子, 鈴木薫, 鈴木祐社, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. 舌癌T1・T2症例の臨床発育様式と頸部リンパ節後発転移との関連. 第30回日本頭頸部癌学会, 2006.6.16. (大阪)
136 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 世良仁, 村山敦, 池邉哲郎, 大関悟. 顔面非対称と斜鼻の関連性の検討. 第16回日本顎変形症学会総会, 2006.6.22. (千葉)
137 .
廣瀬一秀, 下田恒久, 宇治寿隆, 世良仁, 泉喜和子, 村山敦, 多田剛之, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎後方移動術における上顎の位置再現性の三次元的評価. 第16回日本顎変形症学会総会, 2006.6.22. (千葉)
138 .
村山敦, 泉喜和子, 廣瀬一秀, 宇治寿隆, 升井一朗, 世良仁, 廣瀬貴子, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. Rapid Prototypingを用いた顔面非対称患者における顎骨形態の三次元的評価Part 1. 下顎の偏位方向と下顎枝形態について. 第16回日本顎変形症学会総会, 2006.6.22. (千葉)
139 .
村山敦, 下田恒久, 泉喜和子, 内田竜司, 住吉周平, 池邉哲郎, 大関悟. 前後径が短縮した下顎頭の三次元有限要素モデルを用いた生体力学的解析. 第1回・第19回国際顎関節学会ならびに日本学関節学会総会・学術大会, 2006.7.21. (名古屋)
140 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. Keratocystic odontogenic tumor(KCOT)の裏装上皮の糖鎖発現様式. 第17回日本口腔病理学会総会・学術大会, 2006.8.18. (新潟)
141 .
和田孝介, 内田竜司, 三浦正資, 寺川紘子, 岡村和彦, 池邉哲郎, 大関悟. オトガイ部に発生した骨形成線維腫の1例. 第74回日本口腔外科学会九州地方部会, 2006.9.2. (佐賀)
142 .
豊田正仰, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 井上庸子, 石川博之. 術前矯正にチタンスクリューを併用し,上下移動術を行った骨格性II級・開咬の1症例. 第65回日本矯正歯科学会大会, 2006.9.15. (札幌)
143 .
中尾彰宏, 福島秀文, 鍛治屋浩, 岡本富士雄, 大関悟, 岡部幸司. 破骨細胞形成におけるTNF-αのオートクライン機構の役割. 第48回歯科基礎医学会総会, 2006.9.23. (横浜)
144 .
野々山信, 泉喜和子, 村山敦, 宇治寿隆, 廣瀬一秀, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎単独手術により上顎骨の移動を行った22症例の術後安定性の検討. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.12. (北九州)
145 .
村山敦, 和田孝介, 泉喜和子, 世良仁, 向坊重広, 住吉周平, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. 側頭筋弁で再建を行った顎関節強直症の4例. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.13. (北九州)
146 .
橋本憲一郎, 泉喜和子, 前田顕之, 和田孝介, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 診断に苦慮した悪性リンパ腫の二例. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.13. (北九州)
147 .
升井一朗, 堀尾恵一, 山川烈, 村山敦, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 大関悟. 自己組織化マップを用いた側貌分類に基づく顎矯正手術計画支援システム. 第51回日本口腔外科学会総会, 2006.10.13. (北九州)
148 .
Masui I, Horio K, Yamakawa T, Suetake N, Ikebe T, Ozeki S. Computer-assisted Orthognathic Surgery Planning Based on Profile Classification Using Self-organaising Map. 7thAsian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, 2006.11.6. (Hong Kong)
149 .
Murayama A, Shimoda T, Izumi K, Sumiyoshi S, Ikebe T, Ozeki S. iomechanical Analysis of Three-dimensional Models of Human Mandibular Condyles - Relationship between Bone Mineral Density and Stress Distribution in Anteroposteriorly Shortened Condyle. 7thAsian Congress on Oral and Maxillofacial Surgery, 2006.11.6. (Hong Kong)
150 .
中山修二, 根木慎太郎, 大関悟, 岡村和彦, 谷口邦久, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治. 舌下部に甲状舌管嚢胞と類表皮嚢胞が共存した1例. 第39回日本口腔科学会九州地方部会, 2006.12.9. (佐賀)
151 .
池満陽美子, 瀬々良介, 湯浅賢治, 坂元英知, 泉喜和子, 村山敦. 顎変形と頸椎の傾き,胸椎,腰椎の彎曲方向との関連について. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
152 .
中尾彰宏, 鍛冶屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡部幸司, 大関悟. Tumor necrosis factor alpha (TNFα)は,オートクライン的に破骨細胞形成を促進する. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
153 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔内上皮異形成症の癌化へのガレクチン-3(Gal-3)の関与. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
154 .
田中昭彦, 多田剛之, 和田孝介, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における舌痛症の臨床的検討. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
155 .
酒井利雄, 阿部朗子, 石川博之, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎Le Fort I 型3分割術を併用した骨格性上顎前突症例. 第33回福岡歯科大学学会総会, 2006.12.10. (福岡)
156 .
大関悟. 下顎歯肉癌:辺縁切除術+pull-through operation +頸部島状皮弁. 第10回顎顔面手術手技研究会, 2006.5.11. (名古屋)
157 .
池邉哲郎. お口の痛みと心の健康. 平成18年福岡歯科学園公開講座, 2006.9.9. (福岡)
158 .
宇治寿隆. インプラントの導入について. 平成18年度豊浦歯科医師会講演会, 2006.9.9. (下関)
159 .
三浦正資, 湯浅賢治, 大野純. リンパ節疾患. 第27回日本口腔外科学会教育研修会, 2006.11.24. (福岡)
160 .
池邉哲郎. 舌疾患の鑑別診断. -国立病院機構熊本医療センター 歯科医師研修 臨床口腔外科講演会, 2006.8.30. (熊本市)
161 .
山美和子, 白石朋子, 福成史子, 瀬々良介, 香川豊宏, 湯浅賢治, 岡村和彦, 大関悟. 頸部転移リンパ節のMR dynamic study:profile法による微小転移巣の検出. 第24回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 , 2006.1.27. (北九州)
162 .
湯浅賢治, 白石朋子, 福成史子, 山美和子, 香川豊宏, 前田顕之. 口腔癌患者の頸部リンパ節診断におけるDWIBS法の有用性について. 第24回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 , 2006.1.27. (北九州)
163 .
岩橋輝明, 大野純, 江原道子, 澤熊文平, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔上皮異形成症における癌化とガレクチン-3 (Gal-3)発現との関連について. 第96回日本病理学会, 2007/3/13-15. (大阪)
164 .
岡村和彦, 岩橋輝明, 大野純, 澤熊文平, 谷口邦久. 舌に発生したgiant cell fibromaの1例. 第18回日本口腔病理学会, 2007/8/9-11. (岐阜)
165 .
長島義之, 城戸寛史, 片山知子, 神谷順子, 松浦正朗, 大関悟. 骨削除量ガイド機能を付与したサージカルガイドプレートを使用した2症例. 第37回日本口腔インプラント学会学術大会, 9月14-16日. (熊本)
166 .
Okamoto F, Kajiya H, Nakao A, Okabe K. RANKL-induced expression of TRPV2, calcium permeable channel, is involved in osteoclastogenesis via calcium signaling activation. 29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research (ASBMR), Honolulu, Hawaii, USA, 2007 September, 16-19. 29th29th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research, September, 16-19. (Honolulu)
167 .
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司. Jagged1刺激により活性化されるNotch2シグナルは破骨細胞の分化を制御する. 第25回日本骨代謝学会, 2007.7.20. (大阪)
168 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司. RANKL依存的に発現するTRPV2は破骨細胞分化に必要なCa2+シグナル構築に寄与する. 第49回歯科基礎医学会総会, 2007.8.30. (札幌)
169 .
福島秀文, 中尾彰宏, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 自見英治郎, 岡部幸司. NotchシグナルはNF-κBシグナルと共調し破骨細胞の分化を制御する. 第49回歯科基礎医学会総会, 2007.8.31. (札幌)
170 .
岡本富士雄, 鍛治屋浩, 中尾彰宏, 岡部幸司. TRPV2はCa2+シグナルを活性化して破骨細胞分化を促進する. 第58回西日本生理学会, 2007.10.19. (福岡)
171 .
池邉哲郎. 「お口とお顔の若返り〜口腔と顔面の美容とアンチエイジング〜」 「顎のかたちを美しく」. -平成19年度福岡歯科大学公開講座, 2007.9.8. (福岡市)
172 .
岩橋輝明, 大野純, 岡村和彦, 谷口邦久, 大関悟. 口腔上皮異形性症の癌化マーカーとしてのガレクチン-3(Gal-3)発現. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
173 .
来海慶一郎, 内田竜司, 多田剛之, 宇治寿隆, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 当科におけるエナメル上皮腫についての臨床的検討. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
174 .
中山修二, 根木慎太郎, 岡村和彦, 谷口邦久, 香川豊宏, 瀬々良介, 湯浅賢治, 池邉哲郎, 大関悟. 口底部に甲状舌管嚢胞を認めた2例. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
175 .
中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司, 池邉哲郎, 大関悟. 破骨細胞の形成誘導におけるTumor necrosis factor-α(TNF-α)のオートクライン作用機構と役割. 61口腔科学会, 2007年4月19日. (神戸)
176 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 池邉哲郎, 大関悟. 頬部小唾液腺由来MALTリンパ腫の一例. 31頭頚部癌学会, 2007年6月13日. (横浜)
177 .
村山敦, 泉喜和子, 宇治寿隆, 升井一朗, 寺川紘子, 廣瀬貴子, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟. Rapid Prototypingを用いた顔面非対称患者における顎骨形態の三次元的評価 Part2.上顎の偏位の評価について. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
178 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 寺川紘子, 村山敦, 久永豊, 石川博之, 池邉哲郎, 下田恒久. 再度行った上下顎移動術の1例 下顎頭を偏位のない位置に修正できたのか?. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
179 .
久永豊, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 石川博之. 顔面非対称症例の初診時における硬組織と軟組織の比較検討. 17顎変形症学会, 2007年6月20日. (新潟)
180 .
岡本愛彦, 中山敬介, 鬼塚得也, 城戸寛史, 住吉周平, 本田武司. 九州・沖縄におけるラグビー障害の調査. 18スポーツ歯科医学会, 2007年7月1日. (沖縄)
181 .
中尾彰宏, 福島秀文, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 岡部幸司. RANKL刺激により破骨細胞前駆細胞から自己分泌されるTNFαは、c-fos及びNFATc1. 24骨代謝学会, 2007年7月6日. (大阪)
182 .
中尾彰宏, 鍛治屋浩, 福島秀文, 岡本富士雄, 岡部幸司. 破骨細胞形成においてTumor necrosis factor alpha (TNFa)はc-fos、NFATをActivationしている. 49歯科基礎学会, 2007年8月30日. (札幌)
183 .
大関悟. Supraomohyoid Neck Dissectionの適応と術式. 11口腔癌治療法検討会, 2007年8月31日. (久留米)
184 .
稲澤大典, 橋本憲一郎, 泉喜和子, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 悪性リンパ腫が疑われた肉芽腫性リンパ節炎の一例. 75口腔科学会九州地方会, 2007年9月1日. (久留米)
185 .
Nakao A, Fukushima H, Kajiya H, Okamoto F, Ozeki S, Okabe K. Endogenous TNFα in Osteoclast Precursor Cells Promotes Osteoclastogenesis Via c-Fos and NFATc1 Activation. 29ASBMR, 2007年9月15日. (Hawaii)
186 .
野々山信, 池邉哲郎, 大関悟. 下顎埋伏智歯のデンタルCT像と下歯槽神経知覚鈍麻の関係についての検討. 52口腔外科学会, 2007年9月29日. (名古屋)
187 .
高宗康隆, 池邉哲郎, 福間大喜, 吉武義泰, 尾木秀直, 中山秀樹, 太田和俊, 大林武久, 平木昭光, 篠原正徳. 口腔扁平上皮癌の転移機構におけるADAM-17の発現と接着分子CD44切断の関連性の検討. 52口腔外科学会, 2007年9月29日. (名古屋)
188 .
柳迫利宗, 福沢秀昭, 宇治寿隆, 大関悟, 池邉哲郎, 和田孝介, 宇治壽康. 当科における嚢胞摘出開放術についての臨床的検討. 52口腔外科学会, 2007年9月29日. (名古屋)
189 .
Takamune Y, Ikebe T, Fukuma D, Yoshitake Y, Ogi H, Nakayama H, Ota K, Obayashi T, Hiraki A, Saya H. Relationship between expression of ADAM-17 and CD44 cleavage in mechanism for the metastasis of oral squamous cell carcinoma. 1日米韓口腔顎顔面外科学会, 2007年10月10日. (Hawaii)
190 .
鈴木薫, 泉喜和子, 宇治寿隆, 湯浅賢治, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 下顎骨に発生した巨大な骨腫の一例. 40日本口腔科学会九州地方部会, 2007年12月8日. (福岡)
191 .
寺川紘子, 稲澤大典, 内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟. 顔面擦過傷に対し湿潤閉鎖療法を行った2例. 34福岡歯科大学学会, 2007年12月9日. (福岡)
192 .
黒田将彰, 橋本憲一郎, 多田剛之, 宇治寿隆, 池邉哲郎, 大関悟. 下顎埋伏智歯のデンタルCT像と下歯槽神経障害の関係についての検討. 34福岡歯科大学学会, 2007年12月9日. (福岡)
193 .
多田剛之, 鈴木薫, 池邉哲郎, 大関悟, 瀬々良介, 湯浅賢治. 左側肩部に転移を認めた左側頬粘膜癌の一例. 26口腔腫瘍学会, 2008年1月24日. (大分)
194 .
福島晶絵, 松本典祥, 茂山千英子, 片山知子, 泉利雄, 岡部幸司, 阿南壽. ヒト歯根膜細胞における炎症性サイトカインによるSOCSの発現. 129日本歯科保存学会2008年度秋季学術大会, 2008.11.6−7.. (富山)
195 .
福島晶絵, 鍛冶屋浩, 泉利雄, 片山知子, 茂山千英子, 榮田太郎, 松本典祥, 岡部幸司, 阿南壽. ヒト歯根膜細胞における炎症性サイトカインによるSOCSの発現. 35第35回福岡歯科大学学会総会, 2008.12.14. (福岡)
196 .
岡本愛彦, 寺川紘子, 村山敦, 泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲朗. Le Fort儀森切り術による上顎骨上方移動の安定性について. 18日本顎変形症学会, H20年6月17日ー18日. (名古屋)
197 .
泉喜和子, 宇治寿隆, 池邉哲朗, 大関悟. Von Recklinghausen病による顔面非対称の治療経験. 18日本顎変形症学会, H20年6月17-18日. (名古屋)
198 .
岡本愛彦, 中山敬介, 井垣勝詞, 来海慶一, 中山修二, 池邉哲朗, 大関悟, 本田武司. 当科における顎顔面領域外傷患者の臨床的検討. 19日本スポーツ歯科医学会, H20年7月12-13日. (北海道)
199 .
黒田将彰, 福沢秀昭, 橋本憲一郎, 多田剛之, 瀬々良介, 三輪邦弘, 池邉哲朗, 大関悟. 上顎歯肉癌T4症例に対してTS-1単独投与でCRが得られた1例. 76日本口腔外科学会, H20年9月6日. (宮崎)
200 .
柳迫利宗, 鈴木薫, 高木康隆, 瀬々良介, 湯浅賢治, 池邉哲朗, 大関悟. 顎放線菌症が疑われたビスホスホネート服用患者の一例. 76日本口腔外科学会, H20年9月6日. (宮崎)
201 .
高木康隆, 泉喜和子, 来海慶一, 中山修二, 池邉哲朗, 大関悟. 下顎枝矢状分割術後の下口唇知覚異常に対するパルシーテストの意義についての検討. 35福岡歯科大学学会, H20年12月14日. (福岡)
202 .
津畑達, 中山修二, 来海慶一, 高木康隆, 岡本愛彦, 池邉哲朗, 大関悟. 当科における尋常性天疱瘡の抗デスモグレイン3抗体についての臨床的検討. 35福岡歯科大学学会, H20年12月14日. (福岡)
203 .
友岡あや, 内田竜司, 岡本愛彦, 柳迫利宗, 池邉哲朗, 大関悟. 再発のみられた顎下腺唾石症の3例. 35福岡歯科大学学会, H20年12月14日. (福岡)
204 .
稲澤大典, 岡本愛彦, 内田竜司, 池邉哲朗, 大関悟. 単純性骨嚢胞の3例. 41日本口腔科学会, H20年12月6日. (北九州)
205 .
寺尾和訓, 橋本憲一郎, 泉喜和子, 池邉哲朗, 大関悟. 口蓋に生じた多形性腺種内癌の1例. 41日本口腔科学会, H20年12月6日. (北九州)
206 .
多田剛之, 池邉哲朗, 大関悟, 岡村和彦, 谷口邦久, 大部一成. 右側舌癌舌半側切除術、前腕皮弁再建の6年後に皮弁上皮より発癌を認めた1例. 53日本口腔外科学会, H20年10月20-21日. (徳島)
207 .
Hashimoto K, Tada T , Fukuzawa H. Two cases of malignant lymphoma in the salivary gland. 16Congress of the European Association for Cranio-Maxillofacial Surgery, September 9th-12th 2008. (Bologna,Italy)
208 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 口蓋に生じた多形性腺腫内癌の2例. 32日本頭頸部癌学会, H20年6月11-13日. (東京)
209 .
福沢秀昭, 多田剛之, 橋本憲一郎, 吉川博政, 池邉哲朗, 大関悟. 舌癌部分切除後の5年経過して頸部リンパ節後発転移をきたした1例. 32日本頭頸部癌学会, H20年6月11-13日. (東京)
210 .
多田剛之, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 池邉哲朗, 大関悟, 湯浅賢治. 右側耳下腺リンパ節に単発転移を認めた右側頬粘膜癌の1例. 32日本頭頸部癌学会, H20年6月11-13日. (東京)
211 .
井垣勝詞, 大関悟, 池邉哲朗, 泉喜和子, 村山敦, 湯浅賢治. 下顎骨筋突起過長症に併発した開口障害の1例. 62日本口腔科学会, H20年4月16-17日. (福岡)
212 .
多田剛之, 寺川紘子, 鈴木薫, 福沢秀昭, 橋本憲一郎, 池邉哲朗, 大関悟. 当科における舌痛症の臨床的検討. 62日本口腔科学会, 2008.4.16-17. (福岡)
213 .
津畑達, 鈴木薫, 多田剛之, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 内田竜司, 池邉哲朗, 大関悟. 当科における口腔癌の術前検査の結果についての検討. 62日本口腔科学会, H20年4月16日ー17日. (福岡)
214 .
中山修二, 根木慎太郎, 多田剛之, 橋本憲一郎, 岩橋輝明, 谷口邦久, 池邉哲朗, 大関悟. 口腔癌患者の術中迅速病理診断についての検討. 62日本口腔科学会, H20年4月16-17日. (福岡)
215 .
片山知子, 長島義之, 松永興昌, 須ノ内利香, 福谷能史, 神谷順子, 伊藤和之, 権藤加那子, 松延瑠璃子, 大塚顕子, 小坂正明 大慈弥裕之 泉利雄 坂上竜資 佐藤博信. 口腔顔面美容医療センターにおけるホワイトニングの現状. 35福岡歯科大学学会総会, 2008/12/14. (福岡)
216 .
池満陽美子, 瀬々良介, 湯浅賢治, 坂元英知, 泉喜和子. 顎変形症における顎形態と脊柱側彎との関連について. 第35回福岡歯科大学学会総会, 2008年12月14日. (福岡)
217 .
大城希美子, 岡本富士雄, 鍛治屋浩, 根本哲臣, 来海慶一郎, 中山修二, 岡部幸司. 破骨細胞の酸刺激活性化Cl-電流に対する抗ClC7抗体の抑制作用. 60回西日本生理学会, 平成21年11月6-7日. (福岡市)
218 .
佐藤博信, 新田悟, 松永興昌, 片山知子, 城戸寛史, 松浦正朗. 後記高齢者のインプラント治療の現状とアンチエイジング. 第9回日本日本抗加齢医学会, 2009年5月28日. (東京)
219 .
岡本崇彦, 松永興昌, 松浦尚志, 片渕三千綱, 服部寛子, 新田悟, 原口大志, 佐藤博信. 福岡歯科大学医科歯科総合病院におけるジルコニアを用いた審美修復の臨床的推移と考察. 第118回日本補綴歯科学会, 2009年6月6日. (京都)
220 .
原口大志, 松永興昌, 佐藤博信. 変色歯に対する酸化アルミナラミネートベニア法のマスキング効果. 日本歯科審美学会, 2009年9月19-20日. (東京)
221 .
福谷能史, 森山貴仁, 溝田由希子, 城戸寛史, 松永興昌, 片山知子, 佐藤博信, 松浦正郎. 当院における1歯欠損に対するインプラント補綴の臨床的検討. 第39回日本口腔インプラント学会, 2009年9月25-27日. (大阪)
222 .
川崎修一, 松永興昌, 片渕三千綱, 原口大志, 松浦尚志, 城戸寛史, 松浦正朗, 佐藤博信. インプラント固定性補綴と可徹性部分庄義歯の残存歯に対する影響. 第39回日本口腔インプラント学会, 2009年9月25-27日. (大阪)
223 .
仲貴之, 松永興昌, 片渕三千綱, 新田悟, 松浦尚志, 佐藤博信. 下顎無歯顎患者に対し最終補綴物を考慮しインプラント即時負荷を行った症例. 第36回福岡歯科大学学会, 2009年12月23日. (福岡)
224 .
来海慶一郎, 鍛冶屋浩, 中山修二, 大城希美子, 岡本富士雄, 池邉哲朗, 岡部幸司. 骨吸収抑制剤ゾレドロ酸はNFkbの活性化抑制を介してRANK発現を抑制する. 27日本骨代謝学会, 2009.7.23-25. (大阪)
225 .
中山修二, 鍛冶屋浩, 来海慶一郎, 岡本富士雄, 岡部幸司, 池邉哲朗, 大関悟. 口腔粘膜上皮細胞におけるDNA損傷修復酵素MTH1とNUDT5の発現. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
226 .
来海慶一郎, 鍛冶屋浩, 中山修二, 岡本富士雄, 池邉哲朗, 岡部幸司, 大関悟. ビスフォスフォネート(BP)製剤のゾレドロ酸による破骨前駆細胞の遊走能の抑制作用. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
227 .
岡本愛彦, 泉喜和子, 野上美祈, 池邉哲郎, 大関悟. 当科におけるビスフォスフォネート服用患者の顎骨炎に対する治療. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
228 .
勝俣由里, 橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における75歳以上高齢者の口腔扁平上皮癌に関する臨床的検討. 36福岡歯科大学学会, 2009.12.23. (福岡)
229 .
井垣勝詞, 泉喜和子, 岡本愛彦, 来海慶一郎, 中山修二, 湯浅賢治, 池邉哲郎, 大関悟. . , . ()
230 .
岡本愛彦, 泉喜和子, 中山敬介, 利谷幸治, 升井一郎, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における顎矯正手術の臨床的検討. 19日本顎変形症学会, 2009.6.4-5. (仙台)
231 .
泉喜和子, 岡本愛彦, 池邉哲郎. 下顎枝矢状分割術後に生じたオトガイ神経知覚異常に関する検討. 19日本顎変形症学会, 2009.6.4-5. (仙台)
232 .
池邉哲郎, 大関悟. . , . ()
233 .
稲澤大典, 橋本憲一郎, 多田剛之, 内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久. ビスフォスフォネート製剤内服による下顎骨骨髄炎との鑑別に苦慮した下顎歯肉癌再発の1例 . 63日本口腔科学会, 2009.4.16. (浜松)
234 .
柳迫利宗, 津畑達, 鈴木薫, 内田竜司, 瀬々良介, 湯浅賢治, 岡村和彦, 谷口邦久, 池邉哲郎, 大関悟. 顎放線菌症が疑われたビスホスホネート服用患者の1例. 63日本口腔科学会, 2009.4.16. (浜松)
235 .
中山敬介, 泉喜和子, 利谷幸治, 高木康隆, 来海慶一郎, 中山修二, 岡本愛彦, 津畑達, 池邉哲郎, 大関悟. 下口唇知覚異常に対するPalsyTestの意義 下顎枝矢状分割術の症例の検討. 63日本口腔科学会, 2009.4.16. (浜松)
236 .
津畑達, 岡本愛彦, 来海慶一郎, 中山修二, 利谷幸治, 香川豊宏, 榎規夫, 大野純, 池邉哲郎, 大関悟. 難治性口内炎の所見を呈した悪性リンパ腫の1例. 19日本口腔粘膜学会, 2009.6.5. (神奈川)
237 .
Tada T, Jimi E, Ikebe T, Ozeki S. Oral squamous cell carcinoma cells modulate osteoclast function.. 19International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery, 2009.5.23-5.28. (Shanghai)
238 .
Matsunaga T, Katafuchi M, Matsuura T, Kido H, Matsuura M, Sato H. Clinical consideration of zirconia implant prosthesis in short term follow-up. The 6thBiennial Meeting of Asian academy of Prosthodontics April 24-26, 2009.4.24-26. (Seoul, Korea)
239 .
Yuasa K, Shiraishi T, Zeze R, Ichihara T, Inadomi D, Kagawa T, Nakayama K, Miwa K. Evaluation of masseter muscle metabolism by 31P-MR spectroscopy and Doppler ultrasonography. 17th ICDMFR, 2009.6.28~7.2. (Amsterdam, The Netherlands)
240 .
府川晃久, 多田剛之, 福沢秀昭, 橋本憲一郎, 内田竜司, 利谷幸治, 稲沢大典, 寺尾和訓, 池邉哲朗, 大関悟. 当科における歯原性腫瘍についての臨床的検討. 28日本口腔腫瘍学会, 2010.1.28-29. (東京)
241 .
橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 稲澤大典, 岡本愛彦, 池邉哲朗, 大関悟. 埋伏歯の萌出誘導を行った単?胞型エナメル上皮腫の治療経験. 28日本口腔腫瘍学会, 2010.1.28-29. (東京)
242 .
大関悟. 口腔癌の基本手術:舌癌T2N1症例における舌部分切除術(pull through operation) と頸部島状皮弁による再建術. 28日本口腔腫瘍学会, 2010.1.29. (東京)
243 .
来海慶一郎, 中山修二, 府川晃久, 池邉哲郎, 大関悟. BP製剤のゾレドロ酸による破骨細胞前駆細胞の遊走能抑制作用. 64日本口腔科学会, 平成22/06/24〜25. (札幌)
244 .
中山修二, 来海慶一郎, 岡本愛彦, 大関悟, 池邉哲郎 池邉哲郎 池邉哲郎 池邉哲郎 池邉哲郎. ケラチノサイトと口腔扁平上皮癌細胞におけるMTH1とNUDT5の発現. 64日本口腔科学会, 平成22/06/24〜25. (札幌)
245 .
中山修二, 鍛冶屋浩, 来海慶一郎, 根本哲臣, 大城希美子, 岡本富士雄, 岡部幸司. 正常角化細胞と扁平上皮癌細胞におけるMTH1とNUDT5の発現. 52歯科基礎学会, 2010.9.20-22. (東京)
246 .
Nakayama S, Kajiya H, Okabe K, Ikebe T. Effect of oxidative stress on the expressions of 8-oxoguanine and its eliminating enzymes in human keratinocytes and squamous carcinoma cells. 109福岡歯科大学大学院歯学研究科発表会, 2010.11.11. (福岡市)
247 .
岡本愛彦, 泉喜和子, 中山敬介, 升井一朗, 池邉哲郎, 大関悟, 本田武司. 顎変形症術語の神経知覚障害についての検討. 20日本学変形症学会, 2010.6.15-16. (札幌)
248 .
泉喜和子, 岡本愛彦, 中山敬介, 下田恒久, 池邉哲郎, 大関悟, 本田武司. 線維性骨異形成症を伴った顎変形症の1例. 20日本顎変形症学会, 2010.6.15-16. (札幌)
249 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 池邉哲郎, 大関悟, 山崎純. ヒト舌癌細胞株HS細胞における低温度受容器TRAPM8の発現とその電気生理学的性質. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
250 .
府川晃久, 岡本愛彦, 太田信敬, 中山敬介, 泉喜和子, 大星博明, 池邉哲郎, 大関悟. 歯性感染症により全身性炎症反応症候群をきたした一例. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
251 .
立岡尚人, 泉喜和子, 太田信敬, 岡本愛彦, 池邉哲郎, 大関悟. 両側下顎枝矢状分割を行ったOsler病の1例. 78日本口腔外科学会九州地方会, 2010.9.4. (福岡)
252 .
中山敬介, 利谷幸治, 岡本愛彦, 太田信敬, 池邉哲郎, 大関悟. 下顎埋伏智歯周囲の?胞性疾患の術後知覚異常についての臨床的検討. 55日本口腔外科学会, 2010.10.16-18. (幕張)
253 .
稲澤陽子, 橋本憲一郎, 福沢秀昭, 多田剛之, 岡村和彦, 池邉哲郎, 大関悟. 上顎に発生したエナメル上皮性線維象牙質腫の1例. 54日本口腔外科学会, 2010.10.16-18. (幕張)
254 .
利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. Paclitaxelの口腔扁平上皮癌細胞株に対する作用の分子生物学的解析. 64日本口腔科学会, 2010.6.25. (札幌)
255 .
永沼香織, 橋本憲一郎, 多田剛之, 内田竜司, 利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. 即時重合レジンにより?粘膜に厳織▲譽襯ーを生じた1例. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
256 .
山田裕香, 福沢秀昭, 中山敬介, 升井一朗, 池邉哲郎, 大関悟. ビスホスホネート系関連顎骨壊死(BRONJ)stage靴裡歌. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
257 .
田中文恵, 橋本憲一郎, 津畑達, 府川晃久, 多田剛之, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における口腔扁平上皮癌症例のGIF検査と重複癌に関する臨床的検討. 37福岡歯科大学学会, 2010.12.12. (福岡)
258 .
萩家康弘, 佐藤博信, 大慈弥裕之, 高木誠司, 衛藤明子, 山住賢司. 色素性皮膚疾患の治療効果判定に審美歯科領域の分光測色システムが有効に転用できる. 第19回日本形成外科学会基礎学術集会, 2010/09/16. (横浜市)
259 .
萩家康弘, 佐藤博信, 大慈弥裕之, 高木誠司, 衛藤明子, 山住賢司. 審美歯科領域の分光測色システムが色素性皮膚疾患の治療効果判定に有効である. 第33回日本美容外科学会, 2010/10/07. (京都市)
260 .
萩家康弘. The latest spectrophotometer for color analysis used in esthetic dentistry for treatment of pigmented skin diseases is useful to judge the therapeutic effects The department of plastic and reconstructive surgeryOro-facial Plastic Medical Centor Fukuoka Dental College. 12thInternational Congress of Oriental Society of Aesthetic Plastic Surgery, 2010/11/02. (東京都)
261 .
萩家康弘, 佐藤博信. 色素性皮膚疾患の治療にむけて再構築した分光測色システムが効果判定に有効である〜審美歯科領域から一般医科向けて. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
262 .
新田 悟, 松永 興昌, 松家 茂樹, 佐々木 碧, 佐藤 博信. ジルコニアオールセラミッククラウンの破折への対策に関する研究. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
263 .
松浦尚志, 石川美咲, 宮元一美, 佐々木美智子, 片渕三千綱, 新田悟, 松永興昌, 佐藤博信. 有歯下顎骨臼歯部の骨量の性差.  日本補綴歯科学会 九州支部学術大会, 2010/11/27. (熊本市)
264 .
萩家康弘, 佐藤博信, 大慈弥裕之, 高木誠司, 衛藤明子, 牧野太郎. 隆鼻術後の合併症:増加する注入異物の問題. 第53回日本形成外科学会, 2010/04/07. (石川県)
265 .
山田 優, 松永興昌, 石川美咲, 西村美香, 町田大樹, 熊谷知弘, 佐藤博信. ハイブリッドセラミックスを築盛したジルコニア修復物の理工学的強度に関する検討. 第37回福岡歯科大学学会総会, 2010/12/12. (福岡市)
266 .
佐藤博信, 松永興昌, 川崎修一, 片渕三千綱, 城戸寛史, 松浦正朗. Prognoses of remaining teeth by implant supported prostheses. 2010ICOI JAPAN Implant Symposium, 2010/05/15-16. (横浜)
267 .
川崎修一, 松永興昌, 片渕三千綱, 原口大志, 松浦尚志, 城戸寛史, 松浦正朗. インプラントと部分床義歯による咬合支持修復法の違いが残存上顎前歯部に及ぼす影響. 第119回日本補綴歯科学会, 2010/06/11-13. (東京)
268 .
片山知子, 松永興昌, 萩家康弘, 大慈弥裕之, 佐藤博信. 下顎右側犬歯の垂直性骨欠損に対する歯周組織再生療法の効果. 10回日本坑加齢医学学会, 2010/0611-13. (京都)
269 .
萩家康弘, 佐藤博信, 松永興昌, 片山知子, 大慈弥裕之. 鼻唇溝に対するカルシウムハイドロキシアパタイト含有フィラーの適応について. 第10回日本抗加齢医学会総会, 2010/06/11-13. (京都)
270 .
松永興昌, 原口大志, 萩谷康弘, 片山知子, 福谷能史, 佐藤博信. 変色歯に対する酸化アルミナラミネートベニア法の臨床的考察. 第37回福岡歯科大学学会, 2010/12/12. (福岡市)
271 .
Katayama T, Matsunaga T, Nagai A, Sakagami R, Sato H. Comparison of beta-TCP and EMD for periodontal regenerative surgery. The 96thAnnual Meeting of American Academy of Periodontology in Collaboration with the Japanese Society of Peridontology , 2010/10/29-11/04. (ホノルル)
272 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 廣藤卓雄. 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第25回日本歯科人間工学会研究発表会, 2010/1/30. (大阪市)
273 .
米田雅裕, 永井淳, 清水博史, 内田竜司, 尾崎正雄, 本川歩, 松浦正朗, 廣藤卓雄. 福岡歯科大学 臨床研修歯科医の針刺し防止についての意識の調査. 第29回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2010/7/22-24. (盛岡市)
274 .
来海慶一郎, 中山修二, 府川晃久, 岡本愛彦, 太田信敬, 池邉哲郎, 大関悟. 口腔扁平上皮癌細胞による破骨細胞前駆細胞の遊走能についての研究. 29日本口腔腫瘍学会, 2011.1.27. (熊本)
275 .
中山修二, 来海慶一郎, 府川晃久, 太田信敬, 大関悟, 池邉哲郎. ケラチノサイト、HaCaT細胞及びSCC細胞におけるMutT関連タンパクの発現についての研究. 29日本口腔腫瘍学会, 2011.1.27. (熊本)
276 .
岡本愛彦, 内田竜司, 大久保つや子, 岡村和彦, 池邉哲郎, 山崎純. Expression and electrophysiological profile of TRPM8 in human oral cell carcinoma derived cell lines. 11Southeast Asian Western Pacific Regional Meeting of Pharmacologists, 2011.3.22-23. (横浜)
277 .
松永興昌, 松浦尚志, 城戸寛史, 松浦正朗, 佐藤博信. 異なるフレーム材料を用いたボーンアンカードブリッジの臨床的考察. 第28回口腔インプラント学会九州支部学術大会, 2011/01/22. (鹿児島)
278 .
片山知子. 白い歯キラリ☆ホワイトニングのお話. 南区会員の集い, . (福岡)
279 .
新田悟, 松永興昌, 佐々木碧 , 片渕三千綱 , 大郷友規, 後藤加寿子, 松浦尚志, 松家茂樹, 佐藤博信. オールセラミッククラウンの破折への対策に関する研究. 日本補綴歯科学会, 2011年5月23日. (広島)
280 .
山本一世, 谷本啓彰, 泉川昌宣, 斉藤隆史, 高瀬保昌, 小竹宏朋, 堀田正人, 廣藤卓雄, 泉利雄, 谷岡正行, 岩城軍次. 保存修復学基礎実習における問題志向型教育システムの開発. 第30回日本歯科医学教育学会, 2011.7.15-17. (東京都)
281 .
吉田智治, 秦雄一郎, 泉喜和子, 池邉哲郎, 石川博之. 上顎急速拡大および上下顎移動術を施行した骨格性開咬症例. 第38回岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡)
282 .
大野知子, 玉置幸雄, 萩家康弘, 溝田由希子, 石川美咲, 山田優, 戸川直幹, 中原譲二, 石川博之, 池邊哲郎, 佐藤博信. 全顎的な審美歯科治療を求めた患者に対し医科歯科が連携したチーム医療について. 第38回福岡歯科大学学会総会, 2011年12月11日. (福岡市)
283 .
府川晃久, 中山修二, 来海慶一郎, 佐々木三奈, 長岡良礼, 永沼香織, 大関悟, 池邉哲郎. 酸化ストレスによる扁平上皮細胞の上皮間葉移行(EMT)作用. 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
284 .
利谷幸治, 永沼香織, 橋本憲一郎, 内田竜司, 福沢秀昭, 来海慶一郎, 府川晃久, 太田信敬, 岡村和彦, 香川豊宏, 古賀千尋 池邉哲郎 大関悟. 当科におけるエナメル上皮腫に関する臨床的検討. 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
285 .
山本康雄, 福沢秀昭, 橋本憲一郎, 山田裕香, 中山敬介, 利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. . 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
286 .
山田裕香, 中山敬介, 岡本愛彦, 府川晃久, 太田信敬, 長岡良礼, 永沼香織, 佐々木三奈, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における75歳以上の口腔顎顔面領域外傷患者の臨床的検討. 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
287 .
佐々木三奈, 内田竜司, 住吉周平, 中山敬介, 長岡良礼, 古賀千尋, 永沼香織, 太田信敬, 府川晃久, 大関悟, 池邉哲郎. 当科での顎関節症に対する理学療法とその効果についての検討. 日本口腔外科学会総会, 2011.10.21-23. (大阪)
288 .
利谷幸治, 泉喜和子, 太田信敬, 岡本愛彦, 立岡尚人, 中山敬介, 池邉哲郎, 大関悟. 両側下顎枝矢状分割術を行ったOsler病の1例. 顎変形症学会総会, 2011.6.16-17. (東京)
289 .
太田信敬, 泉喜和子, 岡本 愛彦, 中山敬介, 利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. 上下顎同時移動術後に発現した舌下神経麻痺の1例. 顎変形症学会総会, 2011.6.16-17. (東京)
290 .
長岡良礼, 古賀千尋, 田中文恵, 佐々木三奈, 永沼香織, 池邉哲郎, 大関悟. 口腔カンジダ症に対してディフ・クイック染色(Diff-Quik stain)を使用した顕微鏡検査の有用性. 口腔粘膜学会総会, 2011.9.24-25. (鹿児島)
291 .
松岡沙弥佳, 長岡良礼, 永沼香織, 佐々木三奈, 利谷幸治, 大関悟, 池邉哲郎. 過去3年間における当科の粘膜疾患新患患者数の傾向と統計について. 口腔粘膜学会総会, 2011.6.24-25. (鹿児島)
292 .
大和篤史, 中山修二, 橋本憲一郎, 勝俣由里, 永沼香織, 府川晃久, 古賀千尋, 山下善弘, 池邉哲郎, 大関悟. 当科における皮下気腫の4例. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
293 .
府川晃久, 鍛治屋浩, 中山修二, 来海慶一郎, 大関悟, 池邉哲郎, 岡本富士雄, 岡部幸司. 正常角化上皮細胞(NHEK)への酸化ストレスは上皮間葉移行(EMT)を誘導する. 福岡歯科大学総会, 2011.12.11. (福岡)
294 .
太田信敬, 大野純, 岩橋輝明, 大関悟, 谷口邦久. 口腔扁平上皮癌細胞におけるALDH1の局在意義. 福岡歯科大学学会総会, 2011.12.11. (福岡)
295 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 村上弘, 秦省三郎, 内田竜司, 池邉哲郎, 山崎純. TRPM8の選択的拮抗薬による舌癌細胞における浸潤能の抑制. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
296 .
竹山顕子, 来海慶一郎, 勝俣由里, 立岡尚人, 古賀千尋, 山下善弘, 大関悟, 池邉哲郎. 出血傾向のある患者における口腔外科小手術についての臨床的検討. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
297 .
稲澤陽子, 立岡尚人, 橋本憲一郎, 津江文武, 香川豊宏, 岡村和彦, 山下善弘, 古賀千尋, 池邉哲郎, 大関悟. 舌癌術後の摂食嚥下障害に対し舌接触補助床(PAP)を適用した一例. 福岡歯科大学会総会, 2011.12.11. (福岡)
298 .
竹山顕子, 中山敬介, 長岡良礼, 田中文恵, 池邉哲郎, 大関悟. 頬骨骨折に対し、尿道留置バルーンカテーテルを利用した整復固定術を行った2例. 日本口腔顎顔面外傷学会総会, 2011.7.16. (宮崎)
299 .
永沼香織, 橋本憲一郎, 多田剛之, 福沢秀昭, 利谷幸治, 池邉哲郎, 大関悟. 即時重合レジンにより頬粘膜に厳織▲譽襯ーを生じた1例. 日本口腔科学会学術集会, 2011.4.21.22. (東京)
300 .
岡本愛彦, 大久保つや子, 内田竜司, 岡村和彦, 大関悟, 池邉哲郎. ヒト舌癌細胞株HSC細胞における低温度受容器TRPM8の病態生理学的意義について. 日本口腔科学会学術集会, 2011.6.21.22. (東京)
301 .
内藤徹, 米田雅裕, 小島寛, 埴岡隆, 池邉哲郎, 大星博明. 医学部は歯科医師の医学教育をどうあるべきと考えているか?. 第30回日本歯科医学教育学会総会・学術大会, 2011.7.15-17. (東京)
302 .
竹山顕子, 古賀千尋, 升井一朗, 岡本愛彦, 中山敬介, 利谷幸治, 泉喜和子, 大関悟, 池邊哲郎. 下顎後方移動術後の上気道変化についての検討. 第22回日本顎変形症学界総会, 2012.6.18−19. (福岡市)
303 .
倉重顕一, 利谷幸治, 升井一朗, 中山敬介, 泉喜和子, 岡本愛彦, 太田信敬, 古賀千尋, 大関悟, 池邊哲郎. Skeletal class 蕎瀕磴紡个垢訃絏竺榮瓜移動術の術後安定性に関する検討. 第22回日本顎変形症学会総会, 2012.6.18−19. (福岡市)
304 .
萩家康弘. 眼瞼下垂 先天性眼瞼下垂の診断. 第55回日本形成外科学会, 2012年4月11日. (東京)
305 .
萩家康弘, 佐藤博信, 大慈弥裕之. 吸収性ハイドロキシアパタイト製剤(レディエッセ)注入例の長期評価:安全性と有効性の検討. 第34回日本美容外科学会, 2012年10月11日. (東京)
306 .
古賀千尋, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 楠川仁悟, 高向和宜. 会話時に顎運動障害を呈した身体表現性障害1例. 第27回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2012/9/1-2. (川越市)
307 .
大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久. オートファジー制御による口腔扁平上皮癌細胞の動態. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月6日. (札幌市)
308 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 丸尾直樹, 榎規雄, 岡村和彦, 谷口邦久. エナメル上皮癌と癌腫に類似像を含有するエナメル上皮腫の2例. 第102回日本病理学会総会, 2013年6月8日. (札幌)
309 .
瀬野恵衣, 大野純, 太田信敬, 廣藤卓雄, 谷口邦久. オートファジー制御によるcancer sphere形成能. 第24回日本臨床口腔病理学会総会, 2013年8月28日. (東京)
310 .
藤本暁江, 鈴木奈央, 山田和彦, 廣藤卓雄, 米田雅裕, 松浦洋志, 山田潤一, 内藤徹, 古賀千尋. 口臭恐怖のため精神科病院での入院加療を要した症例. 第139回日本保存学会2013年度秋季学術大会, 2013/10/17-18. (秋田市)
311 .
高口愛子, 大野純, 瀬野恵衣, 太田信敬, 谷口邦久, 大関悟. ConA誘導オートファジーによる口腔扁平上皮癌の抑制効果. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11〜13. (福岡)
312 .
太田信敬, 大野純, 瀬野恵衣, 谷口邦久, 大関悟. 治療抵抗性口腔扁平上皮癌におけるALDH1発現の意義. 第58回日本口腔外科学会総会・学術大会, 2013.10.11〜13. (福岡)
313 .
橋本麻利江, 白石朋子, 堀尾千佳, 三輪邦弘, 米津康一, 湯浅賢治, 岡村和彦, 大関悟. 耳下腺に発生した唾液腺導管癌のMR所見 MR Imaging of Salivary Duct Carcinoma of the Parotid Gland: Case of Report. 第54回日本歯科放射線学会総会・学術大会, 2013.5.31~6.2. (福岡)
314 .
古賀千尋, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 津山治己, 楠川仁悟, 高向和宜. 舌痛症の2例. 第28回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2013/7/13-14. (福岡市)
315 .
大家知子, 古賀千尋, 管亜里砂, 米田雅裕, 野上堅太郎, 金光芳郎, 中村芳明, 内藤徹, 池邉哲郎. 初診時顎関節症と診断した群発性頭痛の1例. 第28回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2013/7/13-14. (福岡市)
316 .
永嶌勝之. 当科における時間外急患患者の臨床的検討. 第15回日本口腔顎顔面外傷学会, 2013.7.13. (熊本)
317 .
白石朋子, 湯浅賢治, 堀尾千佳, 三輪邦弘, 橋本憲一郎, 大関悟, 池邊哲郎. 頭頸部節外性悪性リンパ腫のMRI 所見. 第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2014.1.23~1.24. (北海道)
318 .
古賀千尋, 青木将虎, 大家知子, 管亜里砂, 中山啓介, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 高向和宜. 治療が困難であった舌痛症の1例. 第29回日本歯科心身医学会総会・学術大会, 2014/7/26-27. (横浜市)
319 .
橋本麻利江, 白石朋子, 三輪邦弘, 堀尾千佳, 香川豊宏, 岡村和俊, 筑井徹, 岡村和彦, 大関悟, 湯浅賢治. 悪性転化をきたした下顎骨線維性異形成症の画像所見 . 第56回日本歯科放射線学会総会・学術大会, 2015.6.5-6.7. (宮城)
320 .
白石朋子, 橋本麻利江, 三輪邦弘, 香川豊宏, 田中文恵, 橋本憲一郎, 岡村和俊, 筑井徹, 湯浅賢治. 悪性転化した下顎骨線維性異形成症の画像所見の変遷. 第48回日本口腔科学会九州地方部会, 2015.11.21. (福岡)
321 .
古賀千尋, 青木将虎, 大家知子, 中山啓介, 金子高士, 米田雅裕, 金光芳郎, 中村芳明, 池邉哲郎, 高向和宜. 口腔内に頑固な痛みを訴えたうつ病の1例. 第30回日本歯科心身医学会, 2015/7/18-19. (東京)
322 .
安河内ひとみ, 内田初美, 久保美由紀, 手嶋直美, 江端紀代美, 縄田和歌子, 常岡由美子, 本田笑香, 森田浩光, 小島寛, 池邉哲郎. 福岡歯科大学医科歯科総合病院における歯科衛生士業務の調査報告−平成24年4月〜27年9月の比較−. 第42回福岡歯科大学学会, 2015/12/13. (福岡)
323 .
山口真広, 大野純, 萩尾佳那子, 田中文恵, 利光拓也, 内藤徹, 橋本修一. マウス口腔メラノーマにおける腫瘍関連マクロファージの動態. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31 . (札幌市)
324 .
田中文恵, 大野純, 山口真広, 萩尾佳那子, 池邉哲郎, 橋本修一. PKM2 expression in oral squamous cell carcinoma. 第26回日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
325 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 田中文恵, 廣藤卓雄, 橋本修一. Lipopolysaccharide (LPS)-induced autophagy in human keratinocytes. 第26回 日本臨床口腔病理学会総会・学術大会, 2015.7.29-31. (札幌市)
326 .
永嶌勝之, 長岡良礼, 橋本憲一郎, 岡部幸司, 池邉哲郎. BHD 複合体分子 FNIP2/MAPO1 タンパクの量的制御機構. 第69回口腔科学会, 2015.5.14. (大阪)
327 .
永嶌勝之, 福島秀文, 岡本富士雄, 緒方佳代子, 長岡良礼, 岡部幸司. BHD 複合体分子 FNIP2 タンパクの量的制御機構は mTORC シグナル活性を制御する . 第57回歯科基礎医学会, 2015.9.12. (新潟)
328 .
川原健太, 平木昭光, 有田英生, 上村恭子, 吉田遼司, 永田将士, 松岡祐一郎, 田中拓也, 廣末晃之, 福間大喜, 中山秀樹. 口腔癌の化学放射線治療と唾液の変化に関する検討. 11第33回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月21日、22日. (横浜)
329 .
萩尾佳那子, 大野純, 山口真広, 瀬野恵衣, 田中文恵, 山田和彦, 米田雅裕, 廣藤卓雄. LPS 刺激ヒトケラチノサイトでのオートファジー経路. 第23回日本歯科医学会総会, 2016.10.21-23. (福岡市)
330 .
吉田祥子, 白石朋子, 香川豊宏, 三輪邦弘, 吉本尚平, 岡村和彦, 橋本修一, 橋本憲一郎, 平木昭光, 湯浅賢治. 神経原性腫瘍の画像所見 . 第 36 回NPO法人日本歯科放射線学会 関西・九州合同地方会, 2016.12.10. (福岡)
331 .
佐々木三奈, 橋本憲一郎, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 森絋一郎, 永嶌勝之, 田中文恵 , 勝俣由里, 平木昭光, 池邉哲郎. 約5年の病悩期間を有する上顎エナメル上皮腫の1例 . 第49日本口腔科学会, 10月15日. (沖縄)
332 .
細川瑠美子, 一杉岳, 川野真太郎, 見立英史, 前野亜美, 中村誠司. 内頸動脈に高度狭窄を有した口腔癌症例の手術経験 . -第61回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会, 2016/11/25-27. (幕張)
333 .
見立英史, 林田淳之介, 豊嶋健史, 野口健志, 北原亨, 梯裕恵, 高橋一郎, 中村誠司. 下顎前方移動の顎矯正手術後に発症した末梢性顔面神経麻痺の1例 . ー第26回日本顎変形症学会総会・学術大会, 2016/6/24-25. (東京)
334 .
森紘一郎, 川口稔, 池邉哲郎. ガン温熱療法用ナノデバイスの生体内動態. 第67回歯科理工学会, H28.4.16. (hukuoka)
335 .
森紘一郎, 米津博文, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 永嶌勝之, 勝俣由里, 中山敬介, 平木昭光, 池邉哲郎. 入院下に加療した関節突起部骨折の臨床的検討. 第61回日本口腔外科学会, 2016.11.25. (千葉)
336 .
佐々木三奈, 橋本憲一郎, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 森絋一郎, 永嶌勝之, 田中文恵, 勝俣由里, 平木昭光, 池邉哲郎. 約5年の病悩期間を有する上顎エナメル上皮腫の1例 . 第 49 回 第 49 回 NPO 法人日本口腔科学会, 10月14日-16日. (沖縄)
337 .
佐々木三奈, 橋本憲一郎, 首藤俊一, 池崎晶二郎, 永沼香織, 田中文恵, 勝俣由里, 府川晃久, 平木昭光, 池邉哲郎. 当科で経験した皮下気腫11症例の臨床的検討. 第70回NPO法人日本口腔科学会学術集会, 4月15-17. (福岡)
338 .
橋本憲一郎, 布川晃久, 太田信敬, 佐々木三奈 佐々木三奈, 平木昭光, 池邉哲郎. 下顎骨に発生した原発性骨内扁平上皮癌7例の臨床的検討. 第40回第40回日本頭頸部癌学会, 2016年6月9日. (大宮市)
339 .
橋本憲一郎, 佐々木三奈, 首藤俊一, 田中文恵, 平木昭光, 池邉哲郎. 当科における口腔扁平上皮癌の再発に関する臨床的検討. 第35回第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2017年1月26日. (福岡市)
340 .
山本晃士, 近藤雄大, 金氏 毅, 末廣雄作, 山口良二, 片岡寛章, 池邉哲郎, 橋本憲一郎, 山下善弘. β-TCPを用いた血管柄付骨組織再生に関する実験的研究. 第35回第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会, 2016年1月27日. (福岡市)
341 .
森紘一郎, 川口稔, 橋本憲一郎, 佐々木三奈, 平木昭光, 池邉哲郎. 単層カーボンナノチューブのがん温熱療法ナノデバイスの開発. 第35回日本口腔腫瘍学会, 2017.1.26. (福岡)
レポート (該当件数: 6 件)
1 .
鍛治屋浩, 岡本富士雄, 中尾彰宏, 福島秀文, 岡部幸司. . . 2006; :
2 .
泉喜和子, 岡本愛彦, 池邉哲朗. . . 2009; :
3 .
Nakayama K, Nonoyama M, Takaki Y, Kagawa T, Izumi K, Ozeki S, Ikebe T, Yuasa K. Assessment of the relationship between impacted mandibular third molars and inferior alveolar nerve with dental 3-dimensional computed tomography.. J Oral Maxillofac Surg. 2009; 67: 2587-91
4 .
浦出雅裕, 田中徳昭, 嶋田淳, 柴田考典, 古澤清文, 桐田忠昭, 山本哲也, 池邉哲朗, 北川善政, 倉科憲治, 瀬戸皖一. ビスフォスフォネート投与と関連性があると考えられた顎骨骨髄炎ならびに顎骨壊死30症例に関する追跡調査 〜2年後の現状について〜. 日口外誌. 2009; 55: 553-561
5 .
橋本憲一郎, 津畑達, 多田剛之, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. . . 2010; :
6 .
橋本憲一郎, 勝俣由里, 多田剛之, 福沢秀昭, 池邉哲郎, 大関悟. 75歳以上の口腔扁平上皮癌患者に関する臨床的検討. 福岡歯科大学学会雑誌. 2011; 23: 1-7

Copyright(C)2005 Fukuoka Gakuen All Rights Reserved