福岡看護大学福岡看護大学

  1. お問い合わせ
  2. 資料請求
  3. アクセスマップ

理事長挨拶

ホーム>大学紹介>理事長挨拶

挨拶

グローバリゼーションといわれる潮流の中で、世界は激しく揺れ動き、政治や経済の混迷が続いています。わが国では、少子高齢化が急速に進む中、社会の各分野において明るい未来を切り開いていくことのできる優れた人材の育成が、高等教育機関に強く求められています。

学校法人福岡学園では、超高齢化という社会の進展を見据え、「口腔の健康を通して全身の健康を守る」ことをモットーに口腔医学の確立を目指す福岡歯科大学をはじめ、地域の医療センターとしての医科歯科総合病院、高度口腔医療人等を支援する口腔医療センター、口腔ケアのリーダー等を育成する福岡医療短期大学、介護老人保健施設を有し、関連施設として二つの特別養護老人ホームを擁する医療・保健・福祉の総合学園として発展を続けています。

2017年4月から地域医療の質向上と健康長寿社会実現へのさらなる貢献を果たすことを目的に、看護を受ける方一人ひとりの尊厳を保ち、その人らしい最適な暮らし(well-being)を支える看護専門職を育成する福岡看護大学が開学します。

本学が位置する福岡市は、古くから対外交流の玄関口として繁栄した歴史と文化を有し、数多くの史跡等が残されています。また、豊かな自然環境の中、都市機能が年々充実しており、学生数は人口比で全国3位という活気あふれる学生の街です。

皆さんも本学で、国民から信頼され、愛される看護職として真の実力を培ってほしいと願ってやみません。

略歴

九州大学医学部卒業、九州大学大学院医学研究科修了。英国留学、福岡市立こども病院・感染症センター小児外科部長、九州大学医学部小児外科学講座教授を経て、2004年(平成16年)4月九州大学病院長、2008年(平成20年)10月九州大学理事・副学長に就任。2010年(平成22年)6月から学校法人福岡学園(旧福岡歯科学園)理事・評議員。2011年(平成23年)から同法人常務理事を務め、2015年(平成27年)3月同法人理事長。