情報公開

トップページ > 情報公開 > 修学上の情報等 > 学生の修学、進路選択及び心身の健康に係る支援
 
  • 歯科衛生士を目指す皆様へ TowardFuture
  • 介護福祉士を目指す皆様へ
  • オープンキャンパス
  • 広報誌「New Sophia」

一覧

学生の修学、進路選択及び心身の健康に係る支援

福岡医療短期大学

1.新学期、新学年のオリエンテーションの実施
2.学習支援として基礎学力が不足している学生に対する補習授業等について
3.学生の健康管理の支援について
4.学生の学習上の問題、悩み等に対する指導助言のための取り組みについて
5.進度の早い学生や優秀学生に対する学習上の配慮や学習支援について
6.学生生活を支援するための組織や体制の現状について
7.クラブ活動の現状、学友会の現状、学園行事(学園祭等)の状況について
8.学生の休息のための施設・空間、保健室、食堂、売店の設置の概要について
9.学生寮の状況、下宿・アパート等の宿舎の斡旋体制、通学のための便宜の概要について
10.日本学生支援機構等の外部奨学金の取得状況及び本学独自の奨学金について
11.資格取得支援(ホームヘルパー2級)について
12.進路支援について
13.留学生・社会人・帰国子女・障害者・長期履修学生の受け入れ状況及び学習支援・生活支援について
14.学生の表彰制度について
15.その他の支援
 

1.新学期、新学年のオリエンテーションの実施

◆歯科衛生学科

 新入生には入学直後のオリエンテーションで、歯科衛生士についての心構えや科目の履修指導・登録、単位や資格等の説明、学友会紹介などが行われますが、実際に学生生活に対する不安を解消するため、新入生研修旅行(1泊2日、例年入学式の週か次週の金・土曜日)を行っています。引率は、学科長、学年担任ですが、1日目の夕食からは、その他の教員と2、3年次の学年委員が参加します。研修中は、先輩が中心となり、これからの3年間を有意義に送ることができるよう、授業や実習に関して、助言班単位による懇談形式での本音トークを交えた楽しいひと時を過ごします。時には、専任教員の先生方の性格から対応法まで伝授されているようです。
また、各学年においても必須および選択科目の説明等のオリエンテーションを行っています。2年次生に対しては、選択科目である介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)の必要性と資格取得方法、3年次生では臨床・臨地実習・国家試験対策や卒業試験のための説明が行われます。

 

 

◆保健福祉学科
 入学時や学期ごとのオリエンテーションにおいて、介護福祉士についての心構えや授業の出席・欠席、科目の履修・登録・単位等の説明と必修および選択科目のガイダンスを実施しています。 また、2年次前期には就職活動に関することや資格取得に向けたガイダンスを、1年次2年次の各介護実習前に、授業の中でオリエンテーションを行っており、到達目標等を設定するなど学習の動機付けと学習意欲の向上を図っています。

 

【平成30年度 新入生研修会(福岡県立社会教育総合センター)】
両学科集合写真 学長講話の様子 夕食会の様子
両学科集合写真 学長講話の様子 夕食会の様子


 また、本学では一人暮らしの学生が多いため、両学科の新入生に対して早良警察署生活安全課の方による「防犯教室」を毎年4月に実施し、「自らの安全は自らが守る」という防犯の心得等の特別講義を開催しています。

【防犯教室の開催】
防犯教室 防犯教室 防犯教室
防犯教室の風景です。慣れない一人暮らしの学生も多いので、みんな真剣に聞いています。

 

2.学習支援として基礎学力が不足している学生に対する補習授業等について

◆歯科衛生学科

 定期試験等の結果、基礎学力が不足している学生については、学務・FD委員会で検討し、各学年担任の統括のもと、教員が授業時間外(放課後や土曜日、夏季や冬季休暇など)を利用して補習を行っています。また、2年次および3年次においては国家試験に対応するために基礎テストや臨床テストを定期的に実施し、同様に補習を行うなど、学生の基礎学力アップと国家試験合格に向けた手厚い指導を行い、国家試験の全員合格を目指しています。

◆保健福祉学科

 学務・FD委員会などで学年担任が学力不振の学生に関する問題を提起し、指導・支援について協議するとともに、当該科目担当教員、助言教員とも連携を図りながら指導・支援を実施しています。各担当教員は基礎学力の不足している学生に対して授業時間外(放課後や土曜日など)を利用して、学生のニーズに合わせた個別指導や三者面談を通じた包括的な学習支援を行っています。介護技術などの実技を伴う教科での成績不良学生には個々に対応した実技指導を中心とした補習を行い、基本実技の修得を確認した上で介護実習へ送り出しています。

 

3.学生の健康管理の支援について

 毎年4月中旬に、キャンパス内で健康診断を実施しています。再検査等が必要な場合には、同じキャンパスにある福岡歯科大学医科歯科総合病院の内科で対応しています。また、希望者にはB型肝炎ワクチン接種などを積極的に実施しています。
軽度の体調や気分不良の学生に対しては、保健室のベッドで休養させますが、容態や症状によっては教職員が保護者と連絡を取るとともに、学園内の医科歯科総合病院での受診対応を図り、日常生活での健康管理を含めた支援を行っています。

 

4.学生の学習上の問題、悩み等に対する指導助言のための取り組みについて

 学年担任の他に、両学科ともに各学年5~9名の学生に対して1名の教員が助言教員として配置され、学生の学修や生活上の相談のためにオフィスアワーを設けています。

 

【平成30年度オフィスアワー】

北村 憲司 学長 月曜日 16:30~18:00  
歯科衛生学科
助言教員
曜日 時間 保健福祉学科
助言教員
曜日 時間
堀部 晴美 教授 水曜日 16:30~18:00 古野みはる 教授 水曜日 16:30~18:00
升井 一朗 教授 月曜日 16:30~18:00 末松美保子 教授 火曜日 16:30~18:00
力丸 哲也 教授 水曜日 16:30~18:00 秋竹  純 講師 水曜日 16:30~18:00
松尾 忠行 准教授 月曜日 16:30~18:00 齊田 直樹 講師 月曜日 16:30~18:00
後藤加寿子 准教授 月曜日 12:10~13:00 中園 栄里 講師 水曜日 16:30~18:00
貴島 聡子 講師 月曜日 16:30~18:00 永松 美菜子 助教 水曜日 16:30~18:00
黒木まどか 講師 月曜日 16:30~18:00  
石井 綾子 講師 月曜日 12:10~13:00
前田 豊美 助教 月曜日 16:30~18:00
南 レイラ 助教 月曜日 12:10~13:00
川尻  望 助教 火曜日 12:10~13:00
首藤沙耶香 助教 月曜日 16:30~18:00
今村 有香 助手 月曜日 16:30~18:00

 また、「学生相談室」を医科歯科総合病院4階に設置し、専門のカウンセラー(歯科大学:心療内科医師、臨床心理士)が学生の悩みの相談として毎週水曜日及び金曜日の17:00~18:00(心療内科医)、平日夕方・昼休み・土曜日午前に対応しています。また、ハラスメントに関しては、ハラスメント相談員を配置し対応しています。  学修上の問題で悩みを抱えた学生は、授業担当者だけでなく学年担任、助言教員に相談する場合もあるので、学年担任や助言教員はお互いに連携を取り合うようにしています。また、種々の問題をかかえた学生に対しては、学務・FD委員会や教授会において全学的に対応する体制をとっており、学年担任のみならず、全教員で学生を支援することを柱としています。成績や出席状況は学年ごとに掲示するとともに、年に2回程度保護者に郵送しています。さらに、成績不振や欠席の多い学生については、その都度保護者招致を行い指導しています。

 

5.進度の早い学生や優秀学生に対する学習上の配慮や学習支援について

◆歯科衛生学科

 3年次生では専攻科生と共に、国際交流の一環として海外研修への参加を促しています。また、規定の臨床・臨地実習終了後も希望する専門診療科で実習を行うことができる体制を整えています。 専攻科で行われる海外研修の目的は、海外の最新の歯科医療と確立された専門性の高い歯科衛生士教育に直接触れることにより、自らの職業意識と国際感覚の涵養を目指す目的で1期生より実施(15年度からは本学科3年次生も参加)しています。研修では、歯科衛生学科を擁する大学、近郊のデンタルオフィス(小児歯科、矯正歯科など)などの養成施設や医療機関の視察や訪問見学を行っています。研修中の生活は、学生2~3名が各ホストファミリー宅にホームスティする形式をとり、日常生活を共にする中で英会話の修得や地域住民との交流を図る研修になっています。

 

【海外研修旅行(H29アメリカ西海岸)】
海外研修旅行1 海外研修旅行 海外研修旅行
モレノ・バレー・カレッジにて 開業歯科医院の見学 ホームステイ先のファミリーと一緒に
     
海外研修旅行 海外研修旅行  
研修の合間の楽しい観光旅行(ディズニーランドにて)  

 

◆保健福祉学科

 キャンパス内外にある3つの高齢者施設(サンシャインシティとサンシャインプラザ、サンシャインセンター)と連携し、早期からボランティアを通じて介護体験学習に参加できるよう配慮しています。また、同施設でアルバイトをしながら技術を身に付けることもできます。


6.学生生活を支援するための組織や体制の現状について

 本学では学生生活を支援するための体制として、主として教授会、学務・FD委員会が組織され、その他学年担任制や助言教員制度を設けています。日々の学生指導および厚生補導の学生支援体制は、学年担任の主導のもと、助言教員および事務課職員が連繋しながら対応しています。 学年担任や助言教員をはじめとする教職員からの年間の行事や開催スケジュール、指導支援内容などの提案がなされ、学務・FD委員会を経て、教授会において審議され、その上で両学科にフィードバックされ、事務課職員のバックアップのもと、教職員全員で学生指導、支援に当たっています。主な内容としては、年度初めのオリエンテーションの実施内容、前期・後期の講義・実習等に関する取組の検討、そのほか学友会、学生後援会、体育祭、学園祭、研修旅行、海外研修、謝恩会、駐輪・駐車指導、生活態度、マナーの指導など多岐にわたり、また、学生のニーズに反映した取組を心がけています。


7.クラブ活動の現状、学友会の現状、学園行事(学園祭等)の状況について

 クラブ活動に関しては、福岡歯科大学の文化系・体育系のクラブに所属し活動しています。

ダンス バレーボール バスケットボール
ダンス愛好会 バレーボール部 バスケットボール部

 

剣道 弓道
剣道部 弓道部

歯科衛生学科には平成25年度に「ダンス愛好会」ができ、学園祭でもダンスを披露しました。
学園行事としては、毎年5月に体育祭、10月に学園祭が、本学と学園グループ校の学友会との共催で企画・運営され、全学生が主体的に参画できる活動の機会となっています。近年、全国的に大学における体育祭や学園祭などの学園行事への学生の参加者が減少している風潮の中、本学では全学生および全教職員参加による行事と位置づけ、学園祭では両学科による展示や各年次による模擬店が出展されます。両学科とも学年の枠を越えて学生が協力し合い、各学科の特徴を生かした地域住民への歯科保健指導や介護体験等のコーナーを設け、毎年多くの方が参加する催しとして定着しています。

 
【体育祭】
体育祭 体育祭 体育祭

 

体育祭 体育祭 体育祭 体育祭
各学年、選手は優勝を目指し、女の熱い戦いが繰り広げられます。
 
【学園祭 短大企画「口から始まる介護予防」】歯科衛生学科担当企画
学園祭 学園祭 学園祭 学園祭
歯ッピークイズ お姉さんと歯磨き
学園祭 学園祭
歯科衛生学科の模擬店
 
【学園祭 短大企画 「口から始める介護予防」】保健福祉学科
学園祭 学園祭 学園祭
車いす体験 手洗い体験

認知症サポーター養成講座

 

8.学生の休息のための施設・空間、保健室、食堂、売店の設置の概要について

 本学内には、120名収容のコミュニティホール1があり、売店では、お弁当、サンドイッチやパン、おにぎり、カップ麺などの軽食やアイスクリームや飲み物が購入できます。その他に、コミュニティホール2(90名収容)、コミュニティホール3(60名収容)、学生ホールがあり、自動販売機も設置されています。学園内の福岡歯科大学学生食堂(200名収容)は自由に利用することができ、特に歯科衛生学科3年次生は臨床実習時には、ほとんどの学生が利用しているようです。また、学園内の福岡歯科大学の体育館、グラウンド、テニスコート等も使用することができます。


 

9.学生寮の状況、下宿・アパート等の宿舎の斡旋体制、通学のための便宜の概要について

 本学には学生寮は設置されていませんが、下宿・アパート・マンション等を希望する場合には、事務課から近隣の不動産業者を紹介して対応しています。通学のための交通機関として西鉄バス歯科大病院前バス停より徒歩5分、福岡歯科大学前バス停より徒歩7分、西鉄バス次郎丸団地バス停より徒歩8分、地下鉄次郎丸駅より徒歩8分の所要時間です。また、学内には3ヶ所の駐輪場と通学用の学生駐車場(45台分 年間使用料:15,000円)を設置しており、近隣に居住の学生は自転車やバイクで、遠方の学生は自動車で通学しています。

 

10.日本学生支援機構等の外部奨学金の取得状況及び本学独自の奨学金について

(1)外部奨学金
 現在取り扱っている外部奨学金は「日本学生支援機構奨学金」(第一種、第二種)の受給者が最も多く、平成29年度実績では、第一種奨学金は歯科衛生学科39名・専攻科1名・保健福祉学科3名、第二種奨学金は歯科衛生学科70名・保健福祉学科2名・専攻科4名です。
この他に外部奨学金として、歯科衛生学科では「山口県ひとづくり財団奨学金」(平成29年度実績1名)、「ふくわ奨学金」(平成29年度実績なし)、保健福祉学科では「福岡県介護福祉士等修学資金貸与制度(条件を満たせば返還不要)」(平成29年度実績13名)、「九配記念育英会奨学金(返還不要)」(平成29年度実績1名)、「生命保険協会介護福祉士養成奨学金(返還不要)」(平成29年度実績1名)があります。

(2)本学独自の奨学金等
・福岡医療短期大学特別奨学生制度(返還不要)
 特別奨学生規則により、学業成績優秀者に給付され、授業料の半額を免除されます。平成29年度実績は、歯科衛生学科8名、保健福祉学科2名です。
・福岡医療短期大学保健福祉学科入学者学生納付金減免制度
 超高齢社会を迎えた今、質の高い介護福祉士が不足しており、介護福祉士をめざす学生の支援として、学ぶ意欲のある方が経済的理由で進学や修学を断念することがないよう、下記の学生納付金減免制度を設けています。(平成23年度入学者から適用)(1年次限り)
 平成30年度入学者の減免実績は3名です。
1) 質の高い介護福祉士をめざす受験生として認定された場合
 1年次授業料の20%減免
2) 社会経験を有する受験生(3年以上の社会経験者)として認定された場合
  1年次授業料の55%減免


11.資格取得支援(介護職員初任者研修)について

 歯科衛生学科では、卒業後、就職先での訪問歯科診療での口腔保健管理に役立つよう2年次の後期に選択科目として介護研修(介護職員初任者研修:131.5時間)をカリキュラムに組み込んでいます。また、その介護研修の成果を3年次の臨地実習(施設実習)で要介護者の口腔介護実習に活かしています。

【介護研修】

介護研修 介護研修 介護研修 介護研修
食事介助風景 体位の交換風景

洗髪実習風景

足浴実習風景

 

12.進路支援について

【就職支援】
 近年、一般的に、若年層の働くことに対する意識は多様化し、安易にニートやフリーターなどの道を選ぶ学生が比較的多くなってきていますが、本学は国家資格である歯科衛生士、介護福祉士を養成する短期大学であるため、就職希望率および求人倍率・就職率はともに高い状況です。就職を支援するための組織として、就職支援担当教員に加え、事務課職員も協力して、学生が就職に関して相談できる体制をとっています。本学に来た求人票や求人情報を取り纏め、個々の学生の希望や問い合わせなどに対応するとともに、就職活動に関するガイダンスを実施し、個別の就職相談や履歴書の添削、面接書類の作成および面接指導、学生の希望および適正を考慮しながら求人情報の提供や助言等のきめ細かな指導を行っています。
 求人票や就職情報については、両学科の学生が閲覧することができるよう学生ホール前の就職関連情報専用の掲示板に掲示し、さらに詳しい情報については、事務室から求人票を借りて閲覧できる体制をとっています。また、インターネットを活用した就職情報収集などの就職活動の際には、本学の情報図書館分室やコミュニティホール2に設置している学生専用パソコンを利用しています。
 上記の取り組みは、文部科学省選定教育事業である平成21〜22年度「大学教育・学生支援推進事業」就職支援推進プログラムの中で評価され、平成25年3月に就職支援の取組優秀大学として選定されました(全国465大学の中から、25大学の選定状況でした)。
また、平成22〜23年度『大学生の就業力育成支援事業』と平成24~26年度教育事業としての『産業界のニーズに対応した 教育改善・充実体制整備事業』の取組の中でも、産業界(企業や職場)のニーズに対応し、多職種と連携できる幅広い職業人養成にも重きを置いた就職支援を実施しました。

 また、平成22~23年度『大学生の就業力育成支援事業』と平成24~26年度教育事業としての『産業界のニーズに対応した 教育改善・充実体制整備事業』の取組の中でも、産業界(企業や職場)のニーズに対応し、多職種と連携できる幅広い職業人養成にも重きを置いた就職支援を実施しました。

 

【進学支援】
◆歯科衛生学科
 毎年20名前後の学生が本学専攻科へ進学しています。また、これまでに口腔歯学部(福岡歯科大学2年次)へ4名が編入学しています。編入学や留学等、進学希望者に対しては、学年担任、助言教員が相談に応じています。

◆保健福祉学科
 4年制大学の社会福祉系学部への3年次編入など毎年数名が進学しています。編入学に関しては、複数の大学において3年次編入指定校推薦の枠を確保し、その他の4年制大学からも随時入学案内や編入学推薦依頼が郵送されてきます。適宜学生に周知し、希望者には募集要項等の情報提供をしています。進学希望者に対しては学年担任、助言教員、就職担当教員が相談に応じる体制をとっています。

 

13.留学生・社会人・帰国子女・障害者・長期履修学生の受け入れ状況及び学習支援・生活支援について

 本学では、歯科衛生士の業務、資格については歯科衛生士法で定められた欠格事由がおかれているために若干の規制はありますが、両学科ともに学修意欲を増進させ、多様な適応能力の育成をめざし門戸を広げて受け入れています。平成19年度には保健福祉学科において内部障害者を入学生として受け入れ、平成20年度に卒業し、病院併設型の通所介護事業所に就職した事例があります。これらの多様な学生に対しては、入学前より学年担任を中心に個別に対応できるよう、組織的な学修支援および生活支援を行っています。
また、保健福祉学科職業訓練生を含め、毎年両学科ともに、社会人を多数受け入れています。

 

平成28年度~30年度  多様な学生の受け入れ状況(歯科衛生学科)   各年度5月1日時点

種別

28年度

29年度 30年度     計    
留学生(人) 0 0 0 0
社会人(人)

2

3 3 8
帰国子女(人) 0 0 0 0
障害者(人) 0 0 0 0
  長期履修学生(人)   0 0 0 0

 

平成28年度~30年度  多様な学生の受け入れ状況(保健福祉学科)   各年度5月1日時点

種別 28年度 29年度 30年度     計    
留学生 (人) 0 0 0 0
社会人(人) 4 10 9 23
帰国子女(人) 0 0 0 0
障害者(人) 0 0 0 0
  長期履修学生(人)   0 0 0 0

※社会人の定義(受験資格):本学入学試験要項における出願資格のいずれかの条件を満たし,入学年度の4月1日現在19歳以上で社会人経験を有する者.

※ 帰国子女の定義(受験資格)は現在のところ本学では定めていない。

 

14.学生の表彰制度について

 学科ごとに卒業式において表彰する理事長賞、学長賞を設けています。理事長賞及び学長賞は、「在学中、学業成績が優秀だった者」に対して授与しており、毎年、理事長賞は各学科1名、学長賞は各学科1~2名が受賞しています。これらの受賞者は、卒業式において記念品を添えて表彰されます。

 

15.その他の支援

 平成16年、東釜山大学校歯衛生科と本学歯科衛生学科は、アジアにおける歯科衛生士教育に関する情報交換と国際交流を目的に姉妹校協定を締結しました。これを機に平成17年より、例年5月には東釜山大学校2年生が本学を、9月には東釜山大学校歯衛生科主催の「デンタルサイエンスDPC」(The Dental Science DPC)の開会式に本学3年次生が参加し、互いに異文化の理解と同じ職種を目指す学生同士の交流を図り大変意義深いものとなっています。平成26年度は、9月に同大学から教員を含め37名が来学し医科歯科総合病院等を見学し、本学学生との交流も深めました。

 

【韓国研修旅行】
  韓国研修旅行1 韓国研修旅行2 韓国研修旅行3
韓国東釜山大学歯衛生科を訪問し、同じ歯科衛生士の道を目指す学生としての交流を深めました。
 
  韓国研修旅行4 韓国研修旅行5 韓国研修旅行6
韓国東釜山大学歯衛生科の学生さんが来学し、交流を深めました。