情報公開

トップページ > 情報公開 > 教育研究上の基礎的な情報 > 校地・校舎等の施設その他の学生の教育研究環境
  • 歯科衛生士を目指す皆様へ TowardFuture
  • 介護福祉士を目指す皆様へ
  • オープンキャンパス
  • 広報誌「New Sophia」

一覧

校地・校舎等の施設その他の学生の教育研究環境

 

・所在地 ・主な交通手段 ・交通のご案内(主な経路) ・キャンパスの概要 
・学生支援施設(休息のとれる環境等)
 ・運動施設の概要 ・課外活動の状況

 

 

所在地

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号

 

主な交通手段

・地下鉄七隈線「次郎丸駅」下車、②番出口より徒歩約5分
・西鉄バス「福岡歯科大学前」下車(大学グラウンド方面に到着)徒歩約5分、または西鉄バス「次郎丸団地」下車、徒歩約8分

アクセス

 

交通のご案内(主な経路)

交通のご案内(主な経路)
 

キャンパスの概要

本学は、福岡歯科大学、福岡歯科大学医科歯科総合病院、福岡看護大学、介護老人保健施設(入所定員85人) 並びに企業主導型保育事業による認可外保育所(ぺんぎん保育園)が同じキャンパス内にあるほか、社会福祉法人学而会の設置する介護老人福祉施設(入所定員100人) が学園のキャンパスに隣接し、医療・保健・福祉を学べる恵まれた環境となっています。

≪校地・校舎面積≫
区分 校地 校舎
福岡医療短期大学 ※共用 99,907㎡  専用 7,944㎡ 
※共用 26,377㎡ 
99,907㎡  34,321㎡ 
※印は福岡歯科大学、福岡看護大学と共用

 

教育・研究施設

マネキン実習室・歯科診療実習室

歯科衛生学科では、専門教育におけるアクティブ・ラーニング型教育の推進により、2階に100名以上が一度に実習が行えるマルチメディア装置を備えたマネキン実習室と歯科診療実習室(実習用歯科ユニット35台設置)があり、大画面でデモンストレーションや教材を見ることができ、解りやすく丁寧な実習を行っています。

パソコン教室

平成29年3月、文部科学省の助成を受け、ノートタイプパソコンの導入、無線LAN環境整備を行い、アクティブ・ラーニングの学習形態に低学年から十分馴染ませるための基礎的訓練、準備学習に活用することを目的としています。また、1階、2階にも無線LANを敷設し、いつでも、どこでもアクティブ・ラーニングが行える環境を整えました。
福岡歯科大学医科歯科総合病院 (日本医療機能評価機構認定)
歯科各科をはじめ内科、外科、心療内科、形成外科、耳鼻咽喉科、眼科、麻酔科(ペインクリニック)、小児科、整形外科、皮膚科がありCTやMRI 等の画像診断装置も備えています。また、歯科と医科の総合医療センターとして地域医療への貢献の一環として、平成29年10月に訪問歯科センター、11月に内視鏡センターを開設しました。訪問歯科センターでは、往診による歯科治療や口腔ケアなどの口腔管理を行っています。内視鏡センターでは、内視鏡検査に加えて、内視鏡治療と内視鏡手術を行っています。歯科衛生学科 3年生は、ここで専門診療科をローテーションする臨床実習を行います。実習指導は、医科歯科総合病院の歯科医師並びに本学を卒業した歯科衛生士が実践的な 指導を行います。また、専攻科生は専攻診療科において臨床実地を行います。
情報図書館分室
短大情報図書館は福岡歯科大学情報図書館の分室として短大校舎1階にあり、受付、閲覧室、書庫(面積247㎡)等があります。平成30年3月現在で11,867冊の蔵書を保有。閲覧室の座席数は48席、視聴覚席2席、パソコン席4席。
開館時間:平日9:00~18:00
※このほか、本学学生は福岡歯科大学情報図書館も自由に活用することができます。
大学情報図書館は図書館閲覧システムの導入により学内無線LANを利用し、学内や病院内のどこからでも蔵書図書情報検索、オンラインジャーナル閲覧、他校への文献複写依頼などが分室においても可能となり、学生のアクティブ・ラーニングによる学力と学習能力の向上が期待されます。
口腔医療センター
平成23年12月に「口腔医学」の理念に基づく教育・研究・診療を実践するための施設として博多駅から徒歩3分の好アクセスの場所に開設されました。広さは670.71㎡で、一般歯科診療のほか、口腔外科、口腔インプラント科、審美歯科、スポーツ歯科等の高度専門医療を行っています。
 医科歯科総合病院同様、本学歯科衛生学科3学年が臨床実習を行うほか、専攻科生も臨床実地を行います。

学生支援施設(休息のとれる環境等)

学生ホール・コミュニティホール
校舎1階の学生ホールは、テーブル・椅子や各種自動販売機が設置され、講義の合間の休憩などに利用されています。また、1階には120人収容のコミュニティホール1があり、ホール内の売店では、お弁当やパン、カップ麺などの軽食や飲み物を販売しています。また、少人数教育を通じた学習成果の獲得向上および課外学習を含めた学習行動の充実等を図るため、コミュニティホール1に「可動式テーブルとチェア」、「教育音響システム」「電子黒板」等を整備しました。このほか、2階にはコミュニティホール2(90人収容)、コミュニティホール3(60人収容)があり、自習や休憩のスペースとして活用されています。
併設の福岡歯科大学の学生食堂(ジョイチョイステラス)は、安くて早くておいしいと評判で、明るく開放的な空間は学生・教職員の憩いの場にもなっています。短大の学生も自由に利用することができます。
いこいの広場
校舎北側に面する「いこいの広場」には、ベンチが設置されており、ランチを取ったり、談笑したりくつろぎのスペースとなっています。春には満開の桜の下でお昼のお弁当を広げる光景があちこちで見られます。
保健室
2階の保健室には2台のベッドが設置され、体調不良の学生が利用できるようになっています。大学病院内の「学生相談室」は、短大学生も利用することができ、心身両面の健康管理にも配慮がなされています。

快適・安全な設備

バリアフリー
校舎1階北側出入口は車椅子用のスロープになっており、自動開閉ドア、障がい者用のトイレを設置しています。また、1階から3階まで椅子式階段昇降機があり、座ったままでスムーズに移動することができます。