入試情報

歯科衛生学科カリキュラム

 歯科医学と口腔保健学に造詣が深い専任教員による質の高い教育
時代の変化に対応できる歯科衛生士を養成する教育
高齢社会を迎え、要介護者はもちろん健康な高齢者にとっても口腔ケアや口腔機能の維持は誤嚥性肺炎の予防や栄養摂取のみではなく、会話や豊かな表情によって作られるコミュニケーションなど、これまでになく重要になってきています。そうした社会変化に応じて、歯科医療も「治療」から「予防」、「口腔管理」へと大きく変化しています。その結果、主に「予防」、「口腔管理」を担っている歯科衛生士の活動の場が大きく広がっています。日々、拡大する口腔保健業務に対応するため、福岡医療短期大学歯科衛生学科では、口腔と全身の関わりを対象とする「口腔医学」を基とした臨床授業など、医学的知識に裏付けられた「口腔保健学」と豊富な選択科目による教養基礎教育によって培われる豊かな人間性、社会性を育む歯科衛生士養成教育を行っています。

豊かな人間性と汎用的能力を高める教育
社会生活を営む上で必要な汎用的能力(ジェネリックスキル)を高め、医療の一翼を担う歯科衛生士として活躍する基礎力を高めるため、福岡医療短期大学では実践的な英語学習、情報処理学習、科学的な思考を育む「統計学」・「生物学」など、多様な授業が組まれています。

口腔保健の専門科目を学ぶための基礎となる教育
病気や異常を知るためには健康や正常とは何かを知っておく必要があります。同様に、私達の体の構造や機能の異常を理解するためには、正常な構造や機能に関する知識を持っていることが必要です。ここでは口腔・歯に関する授業だけではなく、全身の構造や機能を学び、歯科衛生士として活躍するために必要な専門知識の基礎となる医学的知識を学びます。また、治療や予防に必要な薬物や材料、異常を引き起こす細菌などの感染生物についても理解を進めていきます。
 
専門職に必要な知識と技能を修得する教育
歯科衛生士養成の重要な業務である歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導を担当する専任教員と福岡歯科大学の教授陣が最新の知識と技術に裏付けられた専門教育を行います。専門教育は3年生で行う臨床実習に必要な知識と技術を習得するための授業群です。福岡医療短期大学には模型を使って実習するマネキン実習室と診療室での動作を想定して実習が行える診療実習室が備えられています。診療実習室は医科歯科総合病院と同じ診療ユニットが設置されており、医療面接や相互に口腔内診査を行う実習が組まれています。
臨床実習(介護施設実習等の臨地実習を含む)
歯科衛生士となるためには歯科病院で900時間以上臨床実習を行うことが法律で定められており、福岡医療短期大学では福岡歯科大学医科歯科総合病院で臨床実習を行っています。(平成31年度から一般歯科クリニックでの臨床実習も実施する予定になっています。)医科歯科総合病院には一般歯科に分類される総合歯科、保存・歯周病科、補綴歯科や矯正歯科、小児歯科、口腔外科だけではなく歯科放射線科、障害者歯科、口腔インプラント科、ペインクリニック、訪問歯科など、他の大学や専門学校では学べない、充実した実習体制が組まれています。臨床実習は福岡歯科大学の教授・准教授・講師、医科歯科総合病院の歯科衛生士の指導を受けることが出来ます。また、臨床実習は福岡歯科大学口腔歯学部の臨床実習学生、医科歯科総合病院の医員、歯科医師臨床研修医、病棟看護師の方たちの中で実習をするため、実践的な多職種連携実習を習得することが出来ます。病院での臨床実習の他、福岡医療短期大学はキャンパス内の介護老人施設の協力を得て、食事介助や口腔ケア指導実習、口腔機能を向上させるためのレクリエーションの実施、口腔ケアプランの作成を行います。また。また、福岡市内の小学校や特別支援学校などの協力を得て、児童や生徒を対象とした保健指導の実習も行っており、大学で学んだ知識と技術を実践で試す多くの機会が用意されています。


介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)資格
福岡医療短期大学では選択科目として「介護研修」を開講しており、必要時間数を受講し、併せて単位を修得することによって介護職員初任者研修修了の証明書をもらうことができます。(介護職員初任者研修は厚生労働省が認定する研修で、終了認定を受けた人は「介護」に関して一定の専門知識と技能を有していることを証明するものです。