入試情報

歯科衛生学科カリキュラム

 歯科医師の教育経験を持つ熟練教員による高度な教育
高齢患者や在宅要介護者に対する歯科保健医療サービスの増加、う蝕および歯周病の継続的な指導管理など、歯科医療のニーズは変化しています。これに伴って歯科衛生士の業務内容も複雑になってきました。このため、本学歯科衛生学科では専門基礎医学だけではなく、全身疾患を視野に入れた新しい歯科臨床医学など、科学的知識に裏付けられた技術と豊かな人間性・社会性を育てる教育を行います。また、3年制教育により、専門科目の技術を習得するための多様なカリキュラムを用意しています。
教養基礎教育
現代社会では、情報処理と語学(特に英語)は必須の能力であるため、本学科ではパソコン教室を使った情報処理教育と、ネイティブの講師による英語のコミュニケーション能力を養う教育を行っており、さらに中国語、韓国語も選択できます。また、「歯科衛生士のリーダーになる」ということを念頭において、「倫理学」、「経済学」、「接遇」などの教科を必修科目として、豊かな人間性と社会性を育む教育を行います。
専門基礎教育
患者様の医学的知識が普及する医療現場においては、科学的知識の裏付けのない技術では、様々な病態や性格を持つ個々の患者さんに対応することは困難です。特に高齢社会となり、生活習慣病などの全身疾患を持った患者様が歯科治療を受ける機会は増加していますので、全身の管理や緊急時の対応も必要になります。本学科では歯科医学の基礎知識はもちろん、全身疾患の医学知識も教え、科学的知識に裏付けられた専門教育の基礎を養います。
専門教育
本学科では、歯科衛生士養成の主要教科である歯科予防処置、歯科診療補助、歯科保健指導に加えて、「要介護者への訪問歯科衛生指導」および「高齢者・障害者の口腔ケア」ができる歯科衛生士のリーダーを養成するため、本学の専任教員のほか、福岡歯科大学の教授・助教授陣が科学的知識に裏付けられた専門教育を行います。臨床実習はキャンパス内にある福岡歯科大学医科歯科総合病院で、小人数グループで実践教育を行っています。また、介護老人保健施設「サンシャイン シティ」では、高齢者・障害者に対応できる口腔ケアの実技教育を行います。
基礎実習
1年の前期から始まる基礎実習は、専任教員である福岡歯科大学を卒業し、福岡歯科大学で長い教育経験を持つ歯科医師(6名)、および歯科衛生士(4名)が共同して実習教育にあたります。また、100名以上が一度に実習が行えるようにマルティメディア装置を備えたマネキン実習室と歯科診療実習室(歯科ユニット35台設置)で、大画面でデモンストレーションや教材を見ることができ、分かりやすく丁寧な実習が受けられます。
臨床実習
本学科の学生は、同じキャンパス内にある福岡歯科大学医科歯科総合病院の11もの診療科(総合歯科、高齢者歯科、保存(むし歯)・歯周病科、補綴(入れ歯)科、口腔インプラント科、矯正歯科、口腔外科、小児歯科、障害者歯科、麻酔科、放射線科)で、福岡歯科大学の教授・助教授・講師、また、病院のベテラン歯科衛生士(多くが皆さんの先輩)から専門的・実践的な実習を受けることができます。また、福岡歯科大学の臨床実習生達と一緒に実習をすることになります。
ホームヘルパー2級
本短大保健福祉学科教員の講義・実習と、キャンパス内の介護老人保健施設「サンシャインシティ」での介護実習により、学内でホームヘルパー2級資格が取得できるようになります。ホームヘルパー資格は厚生労働省の認定資格で、「介護を必要とする人に対して、その人が自立した生活を営めるように、身体介護や家事援助などのサービス」を職業として行うことを認定する資格です。

0