福岡医療短期大学保健福祉学科トップページ

 

福岡医療短期大学保健福祉学科は、福岡市早良区にある短期大学です。

理事長・学長あいさつ

理事長メッセージ

福岡学園 理事長

水田 祥代(すいた さちよ)

国民医療の向上のために

 超高齢社会を迎え、わが国では、住まい・医療・介護・予防サービス・生活支援を一体的に提供するための「地域包括ケアシステム」構築が課題となっています。その実現のためには、医師、歯科医師、看護師、歯科衛生士、介護福祉士などの多職種との連携体制が重要とされています。
 福岡学園は、福岡歯科大学、福岡看護大学、福岡医療短期大学、福岡歯科大学医科歯科総合病院、口腔医療センター、介護老人保健施設サンシャインシティ、関連施設として特別養護老人ホームサンシャインプラザ、サンシャインセンターの施設を擁し、いろいろなスタッフとのコミュニケーションを通して、チーム医療、多職種連携を学修できる環境を整えています。
 また、本学園は、健康長寿社会を口腔から支援するため、「口腔の健康から全身の健康を守る」という「口腔医学」を提唱し、歯科保健指導や「口腔ケア」を実践できる人材の育成に努めてまいりました。口腔の健康づくりを支援する歯科衛生士の役割は高く評価されていますので、「口腔ケア」を実践できる質の高い歯科衛生士を目指してください。また、わが国では「人生100年時代構想」が検討されているように、超高齢社会が進んでい

ます。そのため介護福祉士への社会のニーズは、今後ますます広くかつ深く求められるようになります。介護の基本的な知識や技能に加え、本学の特色である「口腔ケア」、「医療的ケア」の出来る介護福祉士を目指してください。
 本学が位置する福岡市は、古くから対外交流の玄関口として繁栄した歴史と文化を有し、数多くの史跡等が残されています。また、豊かな自然環境の中、都市機能が年々充実しており、学生数は人口比で全国でも上位に入る活気あふれる学生の街です。
皆さんが本学で、国民から信頼され、愛される歯科衛生士、介護福祉士として真の実力を培ってほしいと願ってやみません。

福岡医療短期大学 学長挨拶

福岡医療短期大学 学長

田口 智章(たぐち ともあき)

健康長寿とアジアの子どもたちを守る歯科衛生士を目指して

  近年、心身の健康維持に口腔ケアが非常に大事であることが明らかとなってきました。その結果、歯科衛生士は口腔の疾患予防、健康保持を通して国民の健康を守る専門職として急速にそのニーズが広がっており、歯科衛生士の資格は生涯にわたって社会で活躍できる資格です。

 本学は歯科衛生と介護を柱とした教育をおこなっていますので、健康長寿社会実現の中心となる最適な専門性を身につけることができます。また、本学は専攻科を設置しており、これまでに多くの卒業生が学士(口腔保健学)を取得し、医療の第一線でリーダーとして活躍しています。

 医療の質を上げるには医科も歯科も多職種連携が重要なkey pointとなっており、歯科衛生士の担う役割は歯科のみならず、医科の分野でも緩和ケアやグリーフケアといった口腔ケアから心のケアまで多様であり重要です。私のモットーは「和を以って貴しとなす」で、多職種の和が医療の質の担保に極めて重要なことを認識しています。多職種連携を担う柱の1つとして歯科衛生士のニーズがますます高まっています。

 私はアジアの開発国(ミャンマー、カンボジア、ベトナム)で小児がんや肝移植の手術を行ってきましたが、これらの国ではこどもの虫歯が大変多く、高度医療の妨げになっています。皆さんも私とともにこういった国々へ渡航し、アジアの子どもたちの虫歯の予防にも貢献してほしいと思っています。若い力とやる気に期待します。どうぞよろしくお願いします。

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL:092-801-0923 (直通)
FAX:092-801-4473