福岡医療短期大学保健福祉学科トップページ

福岡医療短期大学保健福祉学科は、福岡市早良区にある短期大学です。

資料請求
保健福祉学科とは|介護福祉士養成校|福岡医療短期大学

保健福祉学科とは

保健福祉学科の特徴

保健福祉学科の特徴 本学の教育環境の特長として、専門学校よりもさらに多く専門的な講義をしてくれる社会福祉士、介護福祉士、医師、看護師及び、管理栄養士などの先生方が常に学内におり、教員室を訪ねていけば、いつでも質問することができます。
本学は、福岡歯科大学のキャンパス内に位置し、超高齢社会で重要となる 『 口腔 (こうくう) ケア 』 等の科目が幅広く学べることが大きな違いでもあり、強みでもあります。本学認定の「口腔ケア介護福祉士」の認定資格が取得でき、また、専門学校の課程を修了した者に授与される称号『専門士』とは違い、国際的に通用する 『 短期大学士 』 という学位を卒業時に取得することができます。本学はキャンパス内の3つの高齢者施設(サンシャイン シティとサンシャイン プラザ、サンシャイン センター)は、在学中の実習やボランティアに活用できるだけでなく、卒業後の就職として活用しています。これらすぐれた教育環境のメリットを活かし介護福祉士のスペシャリストを育てる介護・福祉教育力は文部科学省が選定する6つの優れた教育プログラム(GPプログラム)として評価されました。在学中はもちろんのこと、卒業後も将来にわたって全面的にバックアップしていきます。

教員・カリキュラムの紹介はこちら

理事長・学長あいさつはこちら

実習施設について

実習施設について キャンパス内で施設実習のできる唯一の介護福祉士養成短期大学です。
3つの高齢者施設があり、交通費も不要で、無理なく 実践的な実習を受けることができます。さらに、実習先と迅速な連携が図れるので、 安心して充実した実習が行えます。

本学では、他の専門学校や短期大学に先駆けて、「医療的ケア」の知識や技術をいち早く学ぶことができます。
今まで介護福祉士ができなかった医療行為〔 誤嚥性(嚥下性)肺炎や窒息事故の予防につながる喀痰の吸引手技や胃ろうチューブの管理 〕が可能となりました。

また、高齢者の死因のトップである誤嚥性肺炎を防止できる口腔ケアが 上手な介護福祉士を養成しており、口腔ケア教育での先駆的な取り組み実績は文部科学省に評価されています。本学独自の認定資格「口腔ケア支援介護福祉士」が取得できます。

医療的ケア・口腔ケアについて

医療的ケアについて 口腔(こうくう)内の痰(たん)を上手に吸引する医療技術は、口腔内にたまった痰を自分で外に出せず、むせて呼吸が苦しくなることを防ぐために大切な技術です(痰の吸引技術)。 
また、食事が口からとれなくなった場合、チューブを使って、胃に直接栄養物を入れて栄養状態を改善します(経管栄養の管理)。
高齢者や障がい者にとって、安全で安心できる生活ができるように2つの『医療的ケア』を他学に先がけて教育しています。

>>詳しくみる

在校生の声

    

資格所得を目指します!!                     利用者の心がわかる介護士を目指します!

牛尾 圭太 さん                          村里 奏 さん

福岡県/中村学園三陽高校出身                   福岡県/クラーク記念国際高校出身

卒業生の声

卒業生の声 平成23年度卒業生 三谷 泰さん
長崎県/長崎大学商科短大部出身
私は、介護の仕事とは全く無縁の仕事をしていましたが、縁あって福岡医療短期大学に入学しました。
入学して恩師と出会い、また友との出会いも経て、「資格取得の先にあるもの」として、初めて自分自身の可能性を発見することができました。
卒業後、最初にお世話になった実習先のグループホームで勤務し、今は新設されたデイサービスで、勤務経験が浅いながらも、生活相談員及び責任者として勤務しています。
加えて、素晴らしい介護の先輩にも巡りあえ、充実した日々を過ごしています。

>>もっとみる

短期大学基準協会による適格認定評価短期大学

jaca

短期大学基準協会による適格認定評価短期大学 すべての大学、短期大学および高等専門学校は、その教育研究水準の向上に資するため、教育研究、組織運営および施設設備等の総合的な状況に関し、政令で定める7年以内(専門職大学院は5年以内)に一度、文部科学大臣が認証する認証評価機関の実施する認証評価を受けることが義務付けられています。
(学校教育法第69条の3関係:平成16年4月より)

 本学は、財団法人短期大学基準協会が実施する平成19年度第三者評価について、平成20年3月19日付けで「同協会が定める短期大学評価基準を充たしていることから適格と認める」との通知がありました。

○ 特に優れた試みと評価できる事項

※ 評価結果報告書より抜粋

建学の精神・教育理念、教育目的・教育目標
各学科の教育目的・教育目標がオリエンテーションやホームルームなどを通じて、日常的に、学生に周知されている。
教育の内容

シラバスが丁寧でわかりやすい。一般目標・行動目標・教育方法・評価法・教科書・参考書がわかりやすく記載され、各回の授業テーマに、大項目・小項目・細項目が明示され復習しやすくなっている

「要介護者の口腔ケア」を実践できる歯科衛生士、介護福祉士の育成を目的に、平成12 年度より両学科の相互乗り入れが開始され、その取組みが平成18~20 年度の特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)として採択された。

教育の実施体制
同一キャンパスにある併設の福岡歯科大学、医科歯科総合病院、老人保健施設、老人福祉施設の教育施設、臨床施設を有効に活用できる。
教育目標の達成度と教育の効果
学年担任制と助言班制度を通じて、学生一人ひとりをきめ細かく指導、援助する体制がとられ、効果をあげている。
研究
全ての専任教員が、科学研究費補助金を毎年申請するなど外部資金の獲得に積極的に取組み、実績をあげている。
改革・改善
自己点検・評価を「内省の要」と位置づけて、これまでに3 回実施し、実効ある短期大学の改革・改善につなげていこうとしている。また、平成17 年度より、全教員が5領域(教育、管理・運営、研究、臨床、社会活動)ごとに次年度に向けた目標設定を行い、目標達成度を評価するという人事考課制度の目標設定にも関連させるなど工夫されている。

文科省GPについて

文科省GPについて

福岡医療短期大学の教育は、その取組が文部科学省に高く評価され、これまで通算6度の文部科学省のGP(優れた教育プログラム)の選定を受けています。
 本学では、文部科学省に選定された「確かな教育力」を活かした専門教育とキャリア教育を実践しており、これからも、卒業後の活躍を支えるための「教育の質向上」に努めていきます。

1)平成21年度「大学教育・学生支援推進事業」就職支援推進プログラムでは、取組優秀校(全国で25大学)に選定されました。

2)現在は、大学教育再生加速プログラムの取組を通じて、アクティブ・ラーニング(主体的な学び)を推進しています

3)これまでの補助金総額は約1億2千万円です

文部科学省認定 優れた教育プログラムについてはこちら

〒814-0193
福岡市早良区田村2丁目15番1号
TEL:092-801-0923 (直通)
FAX:092-801-4473

0