福岡医療短期大学
歯科衛生学科専攻科 口腔保健衛生学専攻
 修業年限3年以上の歯科衛生士の専修学校を修了した歯科衛生士の皆さん、あるいは平成29年3月修了見込みで、歯科衛生士免許を持っている皆さん、または平成29年3月歯科衛生士免許取得見込みの皆さん(専修学校在学生)も受験することができます。
 詳細については、歯科衛生学科入試係までお問い合せ下さい。
TEL : 092−801−0439  FAX : 092−801−4473  Mail : gakumuJ@college.fdcnet.ac.jp 
入試情報はこちらから
 本専攻科は日本で初めて認定された口腔保健衛生学の専攻科です。 所定の単位を修得し、大学評価・学位授与機構のレポート審査に合格すると、4年制大学卒業と同等の「学士」が授与されます。 これにより大学院への進学、高等教育機関や公的機関で活躍するなど、キャリアアップの可能性が拡がります。
  平成27年度は修了生全員が学位を取得しました。平成28年度は20名(本学卒業生16名、他校卒業生4名)が入学し、学位取得のため頑張っています。

パンフレット

平成30年度リーフレット 平成30年度入学試験要項 独立行政法人
大学評価・学位授与機構のパンフレット
New & Topics  
2015/06/19  専攻科学生と教員のランチョンパーティ (写真1写真2
2015/04/07  平成27年度専攻科入学式(20名)を行いました。
2014/03/11   平成26年度専攻科修了式を執り行いました。
2014/02/15  平成26年度専攻科学生全員が学位(口腔保健学)を取得しました。
 
教育目標
 歯科診療の現場では、歯科衛生士が口腔疾患の予防処置や保健指導を主体的に実施するケースが増えており、患者とのコミュニケーション能力や、病態や予防法を分かりやすく説明するプレゼンテーション能力、多様な臨床例に対応できる問題解決能力、臨床データの情報処理能力や科学的思考力などが求められている。また、高齢患者や障害を持つ患者に対応するためには、口腔介護の知識と技術のほか、全身疾患の知識や社会福祉に関する知識、看護や介護の精神を学ぶことも必要である。 本専攻科では、これらの知識、技術や能力を修得させるために、歯科衛生学科の3年間に学んだ基礎的知識と技術の上に、さらに専門的知識と高度な技術を教授し、応用能力を備えた歯科保健医療の指導者となり得る、専門性と資質の高い口腔保健学を学ぶ事を目標とする。また、本科は独立行政法人 大学評価・学位授与機構より日本で初めて口腔保健衛生学の認定専攻科に認定されており、歯科衛生士の学問的レベルの向上のため、専攻科で学んだ学修成果をまとめて口腔保健学士の取得も目標としている。
 
教育課程

 

 

 

0