メイン

歯科治療時の恐怖・吐き気など

歯の治療をしているとすぐに吐きそうになるため、治療がはかどりません。

過度な緊張をされないのがいちばんですが、
 表面麻酔スプレーを使うことで吐き気を軽減させることもできます。

廣藤卓雄(総合歯科科長)


本院でも行っている、静脈内鎮静法を併用すると
 嘔吐反射が抑制され、歯科治療をスムーズに受けていただくことができます。

谷口省吾(麻酔科科長)

歯医者さんがこわくて治療に行けません。

当院では笑気吸入鎮静法を利用した歯科治療も行っています。
 笑気ガスを使うことで、恐怖心や不安感をやわらげ痛みを感じにくくさせ、歯科治療に対するストレスを少なくすることができるので、患者さんからも「リラックスして治療が受けられた」と好評です。

廣藤卓雄(総合歯科科長)


笑気ガスを使った吸入鎮静法を用いれば、恐怖感は相当和らぎます。
 笑気ガスを使っても歯医者さんが恐い方には、静脈内鎮静法をおすすめします。
 この方法を使えば、眠っている間に歯科治療が終わります。もちろん本院では、全身麻酔を使った歯科治療も可能です。

谷口省吾(麻酔科科長)

About 歯科治療時の恐怖・吐き気など

ブログ「福岡歯科大 医科歯科総合病院 診療Q&A」のカテゴリ「歯科治療時の恐怖・吐き気など」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは放射線検査についてです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34