メイン

歯周病治療のこと

歯ソーノーローで歯ぐきがやせて、歯が不格好に長くなっています。

「やせる」というと聞こえがよくないですけれど、健康な「引き締まった歯ぐき」を取り戻されたのなら、これは歯ソーノーロ-の治療が大変うまくいった、ということになります。健康な状態を保つ上でも、しっかりとお掃除をしていただくことを前提に、見栄えがよくないという点に関しては、かぶせ(クラウン)などで修正する方法を提案させていただきます。一度ご相談下さい。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯のまわりの歯グキが紫色をしていることに気がつきました。歯グキの「美白」はできるでしょうか。

炎症によって血のめぐりが悪くなり歯茎が紫色になったのであれば、歯ブラシを上手に行うことと、歯の周りの歯石を除去することによって改善します。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

両親ともに歯が悪かったのですが、私の歯が悪いのは遺伝でしょうか。

最近の研究では、遺伝的に「歯槽ノーローになりやすい人」と「歯槽ノーローになりにくい人」がいることが分かってきました。しかし、たとえ「歯槽ノーローになりやすい人」であっても、口腔清掃と定期的なリコールがきちんと行われていれば、歯槽ノーローを予防することが十分に可能です。また、ごく一部の人では思春期頃に重症の歯槽ノーローが発症しますが、このような人では早期発見と早期治療が特に望まれます。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯槽ノーローの手術をすると歯の寿命は伸びますか。

歯槽ノーローの手術が成功すれば、歯の寿命を延ばしたり、無くなった組織を回復したりできます。治療効果を長続きさせるためには、手術後も毎日の歯ブラシを頑張っていただき、定期的なリコールにも応じて頂きたいと思います。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

抗生物質を使って歯周病の原因細菌を殺してしまえば、歯ブラシしなくてもよいのではありませんか。

歯周病の原因は歯の周囲に付着する細菌ですが、抗生物質を使っても細菌を完全に無くすることはできません。治療を行って歯石や歯垢を徹底的に減らすことと、日常の歯ブラシを励行することが大切です。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

タバコが歯槽ノーローによくないと聞きましたが、どう関係するのですか。

タバコの中に含まれるニコチンの影響で、歯グキの血管収縮が生じて血のめぐりが悪くなります。このため、組織の抵抗力が落ちて、歯槽ノーローが悪化すると考えられています。実際に喫煙者では歯槽ノーローの悪化が早く、治療しても直りにくい傾向があるようです。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯磨きの方法を教えてほしい。

歯周病の患者さんに最も適した磨き方は、歯ブラシの毛先を斜め45度の角度で歯と歯ぐきのすきまに入れる方法です。歯ブラシを大きく動かさずに、チョコチョコと細かく動かすのがコツです。歯ブラシは毛が柔らかく、ヘッドが小さめのものをお選びください。また、デンタルフロスや歯間ブラシを用いて、歯と歯の間をきれいにすることも是非始めて下さい。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

なぜ、歯槽膿漏の治療をしながら、銀歯を作ってもらえないのですか?

歯周病の治療がある程度終了して治療の見通しがたってから、銀歯などの最終的補綴物を入れたほうが、良いものが入ります。歯周病の治療期間中は、レジン製の仮歯を入れますので、見た目や咬み合わせで困られることはあまりないと思います。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯を美しく清掃したいのですが

保存(むし歯)・歯周病科では、PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥースクリーニング)を行っています。専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が専用の器具を用いて行います。歯の着色などが気になられる方は、ぜひご相談下さい。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯ブラシをあてると歯ぐきが痛くて磨けません

歯ぐきに擦り傷あるいは激しい炎症のためカイヨウができている危険性があります。すぐに治療を開始されることをおすすめします。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯ソーノーローと言われたことがあります

一旦治療を終わられても、毎日のお口の管理がうまくいってないと、追い出したはずの細菌はすきを見て歯ぐきに戻ってきます。定期点検を半年~1年ごとに受けられることをおすすめします。期間については経験豊富な主治医におまかせ下さい。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯ぐきがはれています

痛みなどはないのでしたら、いわゆる「慢性の歯周炎(歯ソーノーロー)」と考えられます。放置してすぐに問題が大きくなることはありませんが、最近では歯ソーノーローの細菌が全身の健康にも悪影響を与えるというような見方もあります。なるだけ早く治療を開始されるのがよろしいと思います。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

いつも歯ぐきがはれぼったいです

いわゆる「慢性の歯周炎(歯ソーノーロー)」と考えられます。放置してすぐに問題が大きくなることはありませんが、最近では歯ソーノーローの細菌が全身の健康にも悪影響を与えるというような見方もあります。なるだけ早く治療を開始されるのがよろしいと思います。

坂上竜資(保存(むし歯)・歯周病科科長)

歯周病の治療がひととおり終わりましたが、定期的にチェックしていただけますか?

歯周病は徹底した歯みがきとプロによる定期的な清掃で予防することができます。
 福岡歯科大学附属病院では、口腔の健康状態を維持するため、全ての患者さんの清掃を保険診療にて定期的に行っています。
 是非お気軽にご相談ください。

連絡先
 リコールセンター(病院3階)
 電話 092-801-0411 内線278
松浦 正朗(医科歯科総合病院長)

About 歯周病治療のこと

ブログ「福岡歯科大 医科歯科総合病院 診療Q&A」のカテゴリ「歯周病治療のこと」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは歯の治療の相談です。

次のカテゴリは入れ歯・かぶせの治療についてです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34