メイン

歯ぐきや舌が気になる

よく口内炎ができますが、体質でしょうか?

口の中に原因があるのか、全身的な病気から来ているのかを診査する必要がありますので、一度来院してご相談してください。

大関 悟(口腔外科科長)

口の中の舌やほっぺたに白いものができたのですが

口の中に白いものができる病気は種々あります。中でも多いのが、白板症や扁平苔癬という前癌病変(ガンができる前の病変・状態)がありますので、できるだけ早く来院して診察を受けて下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

口内炎ができて、味のあるものがしみます

酸味のあるもの、塩気が強いものは口内炎にとっては強い刺激となりますので、できるだけ避けるようにして下さい。一般的にステロイド軟膏の塗布とうがい薬による口腔内の洗浄が効果的ですが、1週間以上経っても治らないようであれば一度来院されてご相談下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

最近ツバ(唾液)が出にくくなり、食事の時なんかにあごの下がきりきりと傷み、あごの下が腫れぼったくなっています

あごの下には、ツバ(唾液)を作る腺(顎下腺)があり、その内部やその腺と口の中の唾液がでる口をつないでいる管に石(唾石)ができていたり、その管が狭くなって唾液が出にくくなっていることが考えられます。なるべく早く来院して診察を受けて下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

歯ぐきにできものができています

色、形、腫れ具合でいろんな病気が疑われます。中には悪性の腫瘍(口腔ガン)もありますので、できるだけ早く来院されて診察を受けて下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

ずいぶん前に上の奥歯の治療をしましたが、最近になって治療した歯側の鼻が詰まるようになり、頭が重たい感じやほっぺたがはれぼったく痛みを覚えるようになりました

歯が原因でいわゆる蓄膿症(上顎洞炎)になっている可能性があります。できるだけ早く来院して診察を受けて下さい。歯が原因で起こる蓄膿症(歯性上顎洞炎)は、原因となる歯の治療も必要となりますので、耳鼻科ではなく口腔外科が治療を担当いたします。

大関 悟(口腔外科科長)

About 歯ぐきや舌が気になる

ブログ「福岡歯科大 医科歯科総合病院 診療Q&A」のカテゴリ「歯ぐきや舌が気になる」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは口が開かないです。

次のカテゴリは口元が気になるです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34
0