メイン

口が開かない

あごが痛くなり、口が開かなくなりました。なんの病気でしょうか?また、治療法は?(29歳・主婦)

顎関節症と思われます。

あくびは厳禁!
固い食べ物を避け、身も心もリラックスを。あごの関節のクッションの役割をしている円板がずれることによって、音が鳴り、ひどくなると口を開けると痛むなどの症状が起こります。

痛みに対して消炎鎮痛剤を施す対症療法や、夜間マウスピースをつけるなどの可逆的治療(はずせば元に戻る)で、自然治癒力を助ける治療が望ましいでしょう。
慢性の病気なので完全に治すことは難しいですが、軽度の場合は生活習慣を意識し、病気をコントロールすることで症状が落ち着く人がほとんどです。

佐藤博信(補綴(入れ歯)科科長)

口を開くとカクンと音がします

顎関節の内部にある関節円板という部分から出ている音です。音だけであれば治療の対象とはならないことがありますが、場合によっては口が開かなくなったり、口を開けようとした時や咬んだ時に痛みがでてくることもあります。その場合は治療が必要となりますので一度来院されてご相談下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

あごがだるくて口を開けると痛いです

入れ歯の方
 咬み合せのチェックが必要です。一度ご相談下さい。

入れ歯でない方
 顎関節症の疑いもありますが、歯軋りや喰いしばりによって起こる可能性もあります。一度ご相談下さい。

佐藤博信(補綴(入れ歯)科科長)

あごが痛くて口が開きません

あごを強く打ったり、あごの骨の骨折がある場合、虫歯から化膿した場合など、あごが痛くて口が開きにくくなります。また特に原因がはっきりしない場合、あごの周りの筋肉や、あごの関節に問題がある場合があります。治療法がそれぞれに異なりますので、一度来院してご相談下さい。

大関 悟(口腔外科科長)

About 口が開かない

ブログ「福岡歯科大 医科歯科総合病院 診療Q&A」のカテゴリ「口が開かない」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリはかめないです。

次のカテゴリは歯ぐきや舌が気になるです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34
0