[病院のTOPへ]

 ■主な診療内容

 院内の先生方(歯科・医科)や地域の施設と連携し、様々な皮膚の問題を解決すべく対処していきたいと考えています。

 

●皮膚病について

 皮膚病は見た目が気になったり、かゆみ、痛みなど耐え難い感覚や機能の低下を引き起こしたりします。例えば、発汗の減少は体温調節機能が損なわれますが、逆に多汗症も日常・社会生活で支障を来します。皮膚腫瘍は大きくなると見た目の問題を生じるばかりでなく、悪性腫瘍では治療の時期が遅れると周囲の組織が破壊されたり、転移したりすることがあり、早期の発見と治療が重要です。

●皮膚病と口腔医学

 皮膚の病気と、口腔(こうくう)粘膜の病気は、人体を外から覆う皮膚と内側から覆う粘膜という点で似ています。また、皮膚病がよく起こる顔の中心の口では、皮膚と粘膜が唇でつながっているので両方に及ぶこともありますから、歯科を受診された患者さんにも満足度の高い医療を皮膚科として提供できるように努力します。

 

顔の発疹

 
 

お問い合わせはこちらまで
 皮膚科診療室
 電話092-801-0411
  (内線709)

0