福岡歯科大学医科歯科総合病院
[病院のTOPへ]
診療科のご案内
病理診断科
主な業務内容 教授(科長)の紹介 スタッフの紹介 業務の流れ その他の情報

■主な業務内容

 病理診断科では、医科歯科総合病院として求められる質の高い病理診断を行うことで患者様によりよい医療を享受していただくために、各診療科とも密に連携した診断業務にあたっています。実際の業務内容としましては、各診療科から提出された組織・細胞検体を、病理および口腔病理専門医が顕微鏡を用いて詳しく検索し、どのような性状の病変であるのか、腫瘍であれば良性か、悪性か、などを通常のHE染色に時には特殊染色、免疫染色などを追加して正確な診断を下せるよう努めています。また、術中迅速診断にも対応することで、より正確な、また、患者様へ最大限の良き結果が得られるような術者の手術方式の判断への貢献にも寄与しています。これらの診断過程においては、各診断医が相互にダブルチェック体制を組んで正確、迅速な診断を行えるよう心がけています。さらには、診療科との症例検討カンファレンスを行うことや日本病理学会等にも積極的に参加することで病理診断医としての能力の向上にも努め、他科の専門医との意見交換も大切にすることで、日々、患者様への医療の向上を目指しています。
 尚、地域医療への貢献も目指して福岡歯科大学以外の医療施設からの病理診断の受託も行っておりますので、依頼を希望される際は病理診断科(病態構造学分野)までお問い合わせください。


 
 
お問合わせはこちらまで
病理診断科   
電話 092-801-0411
(内線 675・681)
 
0