[病院のTOPへ]
■その他の情報
@補聴器外来
 高齢者の増加に伴い、難聴者も増えています。難聴の中でも、聞こえの神経が悪くなった感音難聴は残念ながら現在の医学では良くする治療法がありません。悪くなった聞こえを補償するには、補聴器が必要となる場合があります。しかし、補聴器はその人にあったものでなければ、十分にその機能をいかせません。聞こえでお困りの方は、まず、当科を受診して難聴の程度や病態を診断します。その結果により補聴器を選択し、フィッティングを行って参ります。補聴器を試みたい方などは、どうぞ、お気軽にご相談ください。
 
0