[病院のTOPへ]
■教授(科長)の紹介
  所属 : 心療内科
  氏名 : 金光 芳郎
心療内科 金光
  
 1989年に九州大学医学部を卒業、九州大学心療内科に入局し心療内科および内科臨床を修めた後、九州大学心身医学大学院を経て、1999年より米国衛生研究所(NIH)に留学。帰国後2004年より九州大学心療内科に戻り、神経生理班主任を務めました。九州大学心療内科では、医長として医員の指導、研修医、医学生の教育に携わり、心身医学の基本となる良好な医師患者関係の構築、心理社会的要因を含む全人的医療の指導を行なってきました。また全国から九州大学心療内科へ研修に来る他科医師へ、心身医学のエッセンスを指導する機会にも恵まれました。2011年4月に福岡歯科大学教授に着任し、現在に至ります。

 診療分野としては、神経筋肉系の心身症(心因性ジストニア、慢性頭痛、眩暈・耳鳴症、自律神経失調症)の治療に、心理療法と共にバイオフィードバックや自立訓練法の応用を行ない、また心因性発熱や慢性疲労症候群を含む心身症一般の治療を経験してきました。今後それらの知識や経験を生かし、他科と連携した心身症治療と、全人的な医学教育を行いたいと考えています。
 研究面では、心理的ストレスが免疫に影響を及ぼす脳内メカニズムについて、また痛覚修飾物質がNMDAレセプターへ与える影響について研究を行ないました。臨床研究として、抑うつ、頭痛、起立性障害について、精神症状との関連や遺伝子の解析を行ない、また心因性発熱や、慢性疲労にも興味を持って研究を行っています。
  心療内科学分野
 
0