[病院のTOPへ]

■教授(科長)の紹介
所属 : 内科・脳血管内科・循環器内科
      ・腎臓内科・糖尿病内科
氏名 : 大星 博明

大星教授
  
1984年九州大学医学部を卒業、医学博士取得後1994年より米国アイオワ大学内科・循環器科に留学しています。帰国後1998年より九州大学医学部(第二内科)助手に就任し、以後、臨床・研究・教育の道を歩んでいます。2004年九州大学医学部講師、2008年九州大学病院、腎・高血圧・脳血管内科講師を経て、2009年4月に福岡歯科大学教授に着任し、現在に至っています。

 母教室である九州大学第二内科(現病態機能内科)で教育された「全身をgeneralに診療する内科医」をモットーとし、患者さんに優しい医療を心掛けています。九州大学時代に脳血管障害と高血圧を中心とした生活習慣病についての薫陶を受け、脳卒中急性期ならびに慢性期の治療および脳血管障害予防に必要な生活習慣病の診療を行ってきました。内科一般を診療しますが、日本脳卒中学会・日本内科学会専門医であり、日本脳卒中学会代議員・評議員、日本脳循環代謝学会監事、日本老年医学会代議員・指導医として、脳卒中を内科の立場で診療する脳血管内科を専門分野としています。
  内科学分野
  
 
0