福岡歯科大学医科歯科総合病院
[病院のTOPへ]
診療科のご案内
障害者歯科
主な診療内容 教授の紹介 スタッフの紹介 診療の流れ その他の情報
■診療の流れ

初診

  • 紹介状はなくてもかまいません。
  • 全身状態について医科主治医に問い合わせる必要がある場合、初診日からすぐに治療が始まらないことがあります。

身体抑制

  • 抑制具を用いての身体抑制は原則として行いません。
  • やむを得ず身体抑制が必要と判断された場合でも、同意がなければ身体抑制は行いません。

全身麻酔

  • 全身麻酔のもとで歯科治療が必要と判断された場合、保護者に説明して同意を得ます。その後、術前検査、術前診察を経て全身麻酔による歯科治療を行います。
  • 血液検査、尿検査、心電図検査、胸部エックス線写真撮影を7〜10日前に行います。
  • 全身麻酔の前日に麻酔医による診察があります。
  • 全身麻酔による歯科治療が2時間以内であれば、基本的に当日帰宅が可能です。2時間を越えると、その日は入院し、翌日帰宅となります。

鎮静法

 歯科が苦手という障害者の方には、恐怖心や不安を和らげるために笑気ガスまたは静脈内鎮静法を適用することも可能です。麻酔科と連携して治療を行います。
 詳しくは以下をごらんください。

患者さんに耳寄りな話・・・・「静脈内鎮静法ってどのような感じになるの?」

 
お問い合わせ 電話092-801-1884
0