Case1
  
  
叢生(乱杭歯)・八重歯
 
 

治療前

治療後


   
   
 この歯列不正がおこる原因には、上あごと下あごの骨の大きさが小さいことにより、全ての永久歯が正しく生え揃うことができないことがあげられます。
 この患者さんでは、小さなあごに対して全ての永久歯を正しく並べることが困難でしたので、役割の少ない歯を選んで抜歯させていただいて、美しい歯並びを獲得することができました。
 
不正咬合の種類と治療結果へ 次の治療例へ       





 矯正歯科診療室へ