福岡歯科大学医科歯科総合病院
[病院のTOPへ]
診療科のご案内
口腔外科/スポーツ歯科
主な診療内容 教授(科長・副課長)の紹介 スタッフの紹介 診療の流れ その他の情報
■主な診療内容
  主として、顎・顔面・口腔で手術を要する病気が診療の対象となります。全身麻酔や鎮静下での治療も行います。

1. 抜歯
親知らずや埋伏歯などの難しい抜歯や、心臓病や糖尿病など全身疾患があったり、血が止まりにくい薬を服用している方の歯を抜きます。もちろん、むし歯や歯周病等が原因でこれ以上保存することができない歯も抜きます。
  
2. 

口腔・顎顔面領域 の腫瘍
舌がんをはじめとする口の中の悪性腫瘍(ガン)や腫瘍性の病変を手術します。
    

3. 口腔・顎顔面領域部の炎症性疾患や嚢胞性疾患
化膿して顎や歯茎が腫れる病気(炎症性疾患)や顎の中に袋ができて大きくなる病気(嚢胞性疾患)を治療します。
  
4. 口腔・顎顔面領域部の外傷
歯が折れた、歯が抜けた、舌が切れた、顎の骨が折れたなどの外傷を手術します。
  
5.

顎変形症
上アゴや下アゴが前に出ているまたは後ろに引っ込んでいる等で咬み合わせが悪い、口が閉じられない、上アゴが前に出ていて笑ったときに歯ぐきが見えるなどの症状を手術で治します。

当院矯正歯科あるいは開業医の矯正歯科と合同で治療に当たります。
 

6. 顎関節症
口が開かない、口を開けると顎の関節が痛いなどの症状を治療します。
  

口腔外科 診療の様子
7. 口腔粘膜疾患
口内炎ができた、頬の粘膜に白いものができたなどの症状を診断して治療します。
  
8. 顎骨インプラント・インプラント前治療
腫瘍などで手術された顎の骨にインプラントを入れたり、骨を増やす手術をします。
  
9. その他の口腔内科的な疾患
口が乾く<ドライマウス>、原因不明で舌が痛む、味がしないなど様々な症状に医科と協力して対応します。
  
当院心療内科と連携して治療することがあります。
  

なお、疾患・治療の内容によっては、入院して頂くこともあります。

 
お問い合わせ先 電話 092-801-0411(代表)