福岡歯科大学医科歯科総合病院
[病院のTOPへ]
診療科のご案内
口腔外科/スポーツ歯科
主な診療内容 教授(科長・副課長)の紹介 スタッフの紹介 診療の流れ その他の情報
■教授(科長)の紹介
 所属 : 口腔外科・スポーツ歯科
 氏名 : 池邉 哲郎
経歴
 1984年に九州大学歯学部を卒業し、九州大学大学院歯学研究科博士課程に入学、1988年に博士課程修了(歯学博士)。九州大学歯学部口腔生化学教室の助手となり、1989年から3年間英国ケンブリッジのstrangeways研究所に留学。1994年から九州大学歯学部口腔外科学第2講座助手、2002年から熊本大学医学部歯科口腔外科学講座助教授、2005年より本学に口腔顎顔面外科学講座・口腔外科学分野教授として着任しました。
得意な診療分野
 外科手術として、顎骨骨折、顎変形症手術(上顎下顎の同時手術)、口腔癌の再建手術(遊離皮弁手術)を主に行っていますが、特に口元の審美性に注意を払った手術を心がけています。他に、スポーツ外傷、顎関節の病気、唾液腺の病気、口内炎、細菌感染など口の中に発生する様々な病気を治療対象にしています。
 また、舌には舌癌や前がん病変などの重篤な病気や貧血など全身状態と関連した病気が発生し、それらとの鑑別が大切なことがしばしばあります。舌が痛む症状(舌痛症)や口が乾く症状(口腔乾燥症・ドライマウス)をはじめとして、舌に発生する多様な症状を、「舌科」のような位置づけで対応しています。
 資格として日本口腔外科学会専門医、同指導医と日本癌治療認定医機構がん治療認定医(歯科口腔外科)があります。
教授紹介の詳細
  口腔外科学分野の教授紹介

■教授(副科長)の紹介       
 所属 : 口腔外科・スポーツ歯科
 氏名 : 平木 昭光

 1994年に九州大学歯学部を卒業。 麻生飯塚病院歯科口腔外科副医長、佐世保共済病院歯科口腔外科医長を経て、九州大学病院顔面口腔外科助教、熊本大学大学院歯科口腔外科学分野講師、2015年に福岡歯科大学口腔腫瘍学分野准教授に着任しました。2016年から教授として現在に至っています。

 口腔外科全般をすべて行いますが、その中でも口腔がんの診断、治療を専門として行っています。口腔癌の最も重要な予後因子であるリンパ節転移や治療後のQOLに重要な口腔癌の再建手術についての臨床研究を進め、よりよい治療を目指しております。その他にも粘膜疾患や炎症、外傷、顎関節のほか、全身疾患と関連した口腔疾患など口腔内科の診療も行っています。
教授紹介の詳細
  口腔外科学分野の教授紹介
 
お問い合わせ先 電話 092-801-0411(代表)
0