福岡歯科大学医科歯科総合病院
[病院のTOPへ]
診療科のご案内
口腔インプラント科 
主な診療内容 教授(科長・副科長)の紹介 スタッフの紹介 診療の流れ その他の情報
 
■その他の情報
「インプラント」という言葉は「中に植える」という意味です。

 インプラント治療は、歯が無くなってしまった顎の中にチタン製の人工歯根を植え、その上に人工の歯を取り付けて噛めるようにする治療法です。歯の部分は、普通の歯と同じくらいの大きさですから、よく噛めて違和感もほとんどありません。
 
 ケガなどで一本歯が無くなってしまった場合、隣の歯を削ってブリッジにすると削った隣の歯がむし歯になりやすく、だんだん歯の病気が広がっていきます。インプラントは隣の歯を削らないので歯を傷つけずに済み、さらに歯の数が増えるので残っている歯の負担を軽減します。インプラントの歯は独立して植立されるので、周りの歯にやさしい治療です。

 たくさんの歯が無くなってしまった方は、普通は「入れ歯」になります。顎の高さがないと入れ歯が安定しずらく、良く噛めなくて食事が楽しくないかもしれません。インプラントは顎に固定されるので動きません。安定しない総入れ歯の方には、4本のインプラントで入れ歯を固定する方法があり、動かない良く噛める入れ歯に変身できます。

 最近のインプラントは噛めるだけでなく見た目も自分の歯と見分けがつかないようにすることも可能になってきました.
 
お問い合わせ
0