[病院のTOPへ]
■その他の情報 

歯周病は全身の健康に影響します

 歯周病にかかると歯と歯ぐきの境目に細菌が住みつくようになります。この細菌の多くは酸素があると生きていけない嫌気性菌と呼ばれる仲間で、殻の外側にリポポリサッカライド(リポ多糖類)という毒素を持っており、歯を磨いたり歯をかみ合わせたりするたびに血の中に侵入して全身を回る可能性があると考えられています。
 健康な方の場合には、それらの細菌はあっという間に白血球が食べて殺菌してしまうので別に問題は生じないのですが、抵抗力が低下している方の場合には、最近の毒素などの作用を通じて疾患を悪化させる危険性があると考えられています。悪影響が確認されている疾患は、冠動脈疾患、糖尿病、低体重児出産などです。
 たかが歯周病とあなどっていると大変危険です。あなたも歯周病の治療をはじめてみませんか。