[病院のTOPへ]
■教授(保存・歯周病科副科長)
  所属 : 保存(むし歯)科
  氏名 : 阿南 壽
  
 1981年九州大学歯学部を卒業し、九州大学歯学部附属病院助手(第一保存科)、九州大学病院口腔機能修復科講師を経て、2006年に福岡歯科大学へ着任し、現在に至っています。1989年に歯学博士を取得。

 歯の保存治療および歯内療法(歯の根の治療)を得意としています。特に保存治療は歯科治療のなかでも根本治療であり、うまく奏功しないと歯科医療全般に対する信頼が損なわれたり、心身両面の不調を招くことがあります。そのため、患者様の病状をわかりやすく説明し、科学的な根拠に基づいたやさしい治療を心がけています。
 資格として日本歯科保存学会保存治療専門医、同指導医があります。
  総合歯科学分野