耳寄りな話<眼科>

☆流涙症(なみだ目)について

 

・涙液について

 涙液(なみだ)は目の表面への栄養補給や、雑菌に対する抗菌作用などの大事な役割を果たしています。涙液は目尻側の上まぶたの奥にある涙腺から分泌され、目の表面をうるおしています。分泌された涙液は一部蒸発しますが、多くはまぶたの内側(鼻側)にある涙点という小さな穴から吸い込まれ、涙道と呼ばれる細い管(涙小管)と袋(涙嚢:るいのう)を通って鼻の奥(鼻腔)に流れていきます(図1)。

 図1 涙液の流れ

 

・流涙症の原因と症状

 流涙症は涙液の分泌が多い、または涙道がつまって(涙道閉塞:図2)排出がうまくいかないことで起こってきます。 多くは加齢にともなう涙道閉塞が原因となりますが、その他にも白目(結膜)のたるみでうまく涙液が涙点に流れない、涙点から涙液が吸い込まれない(ポンプ作用低下)ことでも生じてきます。 症状としては、「涙がうるんで見えが悪い」、「涙があふれてうっとうしい」、「目の周囲の皮膚がただれる」などがあります。 涙道閉塞に伴って涙道に炎症を生じている場合も多く、「いつも目やにがついてうっとうしい」「目薬をしても目やにが治らない」などの症状が主になることもあります。

 図2 涙道閉塞

・流涙症の検査

 涙の分泌を刺激している異常(さかまつげ など)の有無、白目(結膜)の異常の有無を調べます。涙点から食塩水を流し、鼻腔への流れや抵抗を見る(涙道通水検査)ことで、閉塞の有無を判断します。閉塞や炎症がある場合は涙道内視鏡を用いて、涙道内部の状態を観察したり処置をおこないます(図3)。

 図3 涙道内視鏡検査

・治療法

 涙の分泌を刺激している異常があればそれを取り除きます。白目(結膜)のたるみが原因であればたるみを取る手術を行うことがあります。涙道閉塞が見つかれば以下の治療を行います。

 図4 涙管チューブ挿入術


 涙道内視鏡を用いて閉塞部位を直接観察しながら開放する処置をします。閉塞が開放できた場合、専用の涙管チューブをまぶたの涙点から鼻腔まで通し、そのまま留置します。チューブは通常2〜3ヶ月後に抜去します。

 図5 涙嚢鼻腔吻合術

 閉塞の場所や程度、炎症の有無によって、チューブによる治療がうまくいかないことがあります。そのような場合に新しく涙道を作る方法として行われる手術です。目頭のあたりを切開し、涙嚢とその内側にある鼻腔とを直接交通させて涙液を鼻腔に導く手術です。

 涙やしつこい目やになどの不快な症状が続く場合は眼科で検査を受けてください。

福岡歯科大学医科歯科総合病院
電話092-801-0411(代)


[耳寄りな話のTOPへ] 

[福岡歯科大学医科歯科総合病院のTOPへ]