耳寄りな話<麻酔科(ペインクリニック)>

☆歯科治療が怖いという人でも、わからないうちに治療を行う方法があります。 
 歯科治療は恐いものと考えていらっしゃる方が多いと思います。そのために歯科治療を受けることができない方もいらっしゃるでしょう。しかしそういった方には良い方法があります。小児歯科や障害者歯科などでも行われている笑気吸入鎮静法も良い方法ですが、もっと有効な静脈内鎮静法という方法もあります。

 この静脈内鎮静法という方法は、腕に点滴をする必要がありますが、眠くなる薬を注射してから局所麻酔や歯科治療を行いますので、ほとんどの歯科治療が眠っている間に終わってしまいます。歯科治療が恐くて受けられないとお思いの方、是非当科にご相談ください。また静脈内鎮静法は、歯科治療中の嘔吐反射(吐き気や吐く症状)にも非常に有効ですので、嘔吐反射でお悩みの方もご相談ください。

 静脈内鎮静法は非常に有効な治療法ですが、眠くなる薬を使用しますので、治療を受けた日には自動車の運転、こまかく神経を使う作業、重大な決定をする会議への参加などはしないでください。  
 

鎮静法による治療風景


  [病院のTOPへ]