耳寄りな話<麻酔科(ペインクリニック)>

☆帯状疱疹は皮膚の病気が治ればよいというのは間違い。実は神経痛が怖い。

帯状疱疹は発疹と神経痛を主症状とする疾患です。体に潜んでいた帯状疱疹ウイルスが免疫力が低下した時に活性化して神経に障害を残します。神経痛はかゆみを伴う軽いものから電気が走るような重症のものまで様々です。早期の治療が大事で抗ウイルス薬が有効です。しかし、軽いものは薬だけで治りますが、痛みの程度が強いものでは皮膚症状が治っても重症の神経痛として残ることがあります。これは帯状疱疹後神経痛といわれ、なかなか治りが悪いことがあるのです。痛みは鎮痛薬でもある程度は取れますが、痛みの強い症例では鎮痛薬だけでは抑えられませんし、また疾患の治療にはなりません。
 ペインクリニックで行う神経ブロックは痛みを和らげるだけでなく、治りを早くします。帯状疱疹にかかられましたら、できるだけ早くペインクリニックを受診してください。            

 
  [病院のTOPへ]