耳寄りな話<小児歯科>

過剰歯について


 むし歯治療のためにレントゲン写真を撮った際に、過剰歯が発見されることが少なくありません。過剰歯は上あごの前歯の部分にあることが多く、放っておくと深い位置に過剰歯が移動し、抜歯することが困難になる可能性もあります。
 また、永久歯が異常な位置よりはえてきたり、正中離開などをおこす可能性も十分に考えられます。このような場合は、早期にCTで三次元的な位置確認をしておく必要性があると思われます。

 現在、大学病院には歯科用CTが設置されており、過剰歯の部分をピンポイントで撮像することができるので、医科用のCTに比べて低被爆にて撮影することが可能です。
 また、歯科用CTの撮像により、治療時間が短縮でき、より正確な手術が行えます。過剰歯を指摘され、どのようにしてよいかわからない方はお気軽にご相談ください。



歯科用CTによる撮像


過剰埋伏歯の三次元立体構築像
(赤=過剰歯、白=乳歯、青=永久歯)


 
  [病院のTOPへ]