耳寄りな話<小児歯科>

☆ むし歯予防の良い話
     
〜フィッシャ−シ−ラントによるむし歯予防とは〜


 乳歯でも永久歯でも,奥歯(臼歯)の噛み合わせの溝は最もむし歯になり易い場所です。特に生えたばかりの歯は歯質が未成熟なうえに溝も複雑なので,食べ物のかすが溜まりやすく危険です。歯ブラシなどによる清掃でもなかなか効果が上がりません。歯の平坦な歯面に効果的なフッ素塗布も,このような複雑な溝の中にまでは効果が期待できそうにありません。

 フィッシャ−シ−ラントはこのような奥歯の噛み合わせの溝を,合成樹脂などでふさいでしまい溝の表面を平滑化することによって,物理的に物がたまらないようにするものです。ですから正しく利用できればむし歯の予防にとても有効な方法です。しかし,完全に噛み合わせの部分が歯肉上にでてからでないと,フィッシャ−シ−ラントはできません。なぜなら,少しでも噛み合わせの部分に歯肉がかかっているとシ−ラントとの間にステップができて,かえってむし歯になりやすいからです。

 勿論,フィッシャ−シ−ラントをしたからといって絶対むし歯にならないというわけではありません。他の予防処置も並行して行い,且つ,家庭でも食物に気を付けたり,充分な歯口清掃を行う必要があります。フィッシャ−シ−ラントは近くの歯科医院で比較的簡単にやってくれますので,むし歯になる前に一度相談してみて下さい。


 
  [病院のTOPへ]