耳寄りな話<補綴(入れ歯)科>

メタルフリー治療とは?

 近年、金属を使わない治療を行うことができるようになりました。本院では最新の機器を導入し、先端医療を行っています。
 セラミック(主にジルコニア)やレジン(プラスチック)を使用することによって、従来の一部金属を用いたものに比べて格段に審美性が向上しています。
 とくに、ジルコニア(酸化ジルコニウム)は、金属とほぼ同じ硬さで強度もあるので汚れも付きづらく衛生的。補綴物として用いる場合、白色なので目立たず、アレルギーなども起きにくいので、次世代の材料として注目を浴びています。非常に硬いため切削が困難とされていましたが、CAD/CAMが導入されて精密な補綴物の製作が可能となりました。

クラウン CAD/CAM
クラウン
(歯を全部おおい、修復するかぶせ物)
ブリッジ
(1本か2本の歯を失ったときに、両隣の歯を土台としてクラウンの連なったような物を作り、橋をかけた状態にして、セメントで歯に接着させる物)
ジルコニア
CAD/CAM
ジルコニア CAD/CAM

VTR : CAD/CAMを使用しての補綴物の製作の様子
(画像をクリックすると再生されます。)
 
  [病院のTOPへ]