耳寄りな話<保存(むし歯)・歯周病科>

☆他の動物にも歯周病はあるのですか?

 
 はい、あります。特に動物園で飼育されていたり、家庭でペットとして飼われていたりする動物は、より重度の歯周病になっています。ヒト以外にもサル、イヌ、ネコなど様々な動物で歯周病が報告されています。一方、野生の動物では歯周病はあったとしてもごくわずかです。

 実験的に柔らかい餌を与えられたサルと、硬い餌を与えられたサルでは、数週間でお口の中の状態が全く違ってきます。柔らかい餌を与えられたサルでは、お口の中にたまったプラ−クが徐々に蓄積して、歯ぐきに強い腫れと赤みを生じます。一方、硬い餌を与えられたサルでは、お口はいつまでも健康な状態がつづきました。これは硬い食物が歯と歯ぐきに付いたプラ−クを落として汚れを自然に落としてくれたためです。実際に、高崎山のサルを調べてみると、高崎山のサルは葉っぱとか木の皮を食べることが多く、粘着性の柔らかいものを食べることがほとんどないために、きれいなお口の状態になっていました。

 現代人は、火を使って調理し、美味しいものをいつも食べれるようになった分、食後の歯磨きによってお口の中をきれいにすることが必要になったのです。

   

 
  [病院のTOPへ]