耳寄りな話<保存(むし歯)・歯周病科>

☆タバコが歯周病を悪くするって本当ですか?


 はい。タバコは、歯周病を悪くする最も重要な因子の一つです。なんと、1日に半パック喫う人は、喫わない人に比べて、重度歯周炎になるリスクが3倍も高く、1日に1パック半喫う人に至っては、リスクが6倍も高いことが知られています。
 タバコは、歯周病を悪くする因子であるのみならず、ガン、心臓病、肺気腫・・・などなど様々な病気を誘発します。福岡歯科大学では、禁煙への取り組みをサポートしています。是非ご相談下さい。

   

 
  [病院のTOPへ]