耳寄りな話<保存(むし歯)・歯周病科>

☆歯周病を治療すると糖尿病が治るって本当ですか?

 いいえ。糖尿病が治るとまではいきません。しかし、歯周病を治療すると、血糖値が下がって、糖尿病をコントロールしやすくなります。
 歯周病が糖尿病を悪化させる原因は、歯ぐきの強い炎症により、全身に「インシュリンの働きを悪くする物質」が放出されることです。歯周病の治療によって炎症が改善すると、この物質が減って糖尿病のコントロールがしやすくなるわけです。
 また、毎日欠かさずに歯磨きを続けられることで、「自分の健康は自分で守る」という意識が高まり、結果的に生活習慣の改善につながることも、良い結果に影響すると考えられています。
 
  [病院のTOPへ]