耳寄りな話

インフォームド・コンセント
〜よりよい医療現場へ向けて、患者さんへ正確な知識を〜
   インフォームド・コンセント(informed consent)とは、診療に際して医療者から詳しい説明を受けた患者およびその家族が、理解し納得した上で、医療者が説明した医療を受けることに同意することをいいます。したがって、医療者側は十分な説明を行い、患者側は納得いくまで説明を求めることが大切で、これは患者−医療者の協同作業(パートナーシップ)といえます。
 
  インフォームド・コンセントでは、次のような説明が行われます。
   ・検査結果・病態・病名・治療方針
   ・実施予定の医療行為及びそれによる成果・危険性
   ・実施予定の医療行為に代わる方法の有無と成果・危険性
   ・実施予定の医療行為を行わない場合に予想される結果
   ・その疾患による将来や予後の予測
   ・治療に要する期間及び費用の概算
   ・他の医師、他の医療機関にセカンドオピニオンを求めたい場合の支援
 
 自分の身体の状況や治療についての正確な情報を知り、その上で治療方法を選択してください。選択権、決定権は患者自身にあります。本院職員は、よりよい医療を追及する患者の皆様を支えていきます。

  [病院のTOPへ]