耳寄りな話

知ってますか?
8020(ハチマル・ニイマル)運動

〜80歳で自分の歯を20本以上保とう〜

                            
 近年、日本は世界でも有数の長寿国となりました。しかし、たとえ高齢になっても健康で生きがいがなければ幸福とはいえません。健康を維持するためには、丈夫な歯で、何でもおいしく食べられることが必要とされています。急速に迫る高齢化社会を前に歯の健康がクローズアップされ、厚生労働省および日本歯科医師会は長寿社会にあわせて「生涯を通した歯科保健」の必要性を強調しています。その目標としてあげられているのが8020運動です。これは、80歳で20本歯を所有しようというもの。最低でも20本の歯が残っていると、さまざまな食物がおいしく楽しく食べられ、健康維持ができるということで目標とされています。
 ところが、平成5年の厚生労働省調査では、80歳で残存している歯の本数は1人平均4本であり、8020という目標からは程遠いのが現状です。
 8020達成の為には、40歳からの歯の喪失を防ぐことが大切です。そのためにはむし歯(う歯)予防や歯周病対策、食生活習慣、歯の健康管理などを含めた歯科保健の実践が必要とされ、啓発活動をはじめとする地域に密着した歯科医師の積極的な関わりが期待されています。

   

  [病院のTOPへ]