東日本大震災への支援について(報告)


 

3月11日(金)に発生しました東日本大震災により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げますと共に、みなさまの一日も早い復興をお祈り申し上げます。

本学園において、現時点での支援活動状況を以下のとおり報告致します。

1.義援金募集
3月16日から、学生ホール、病院受付等、学内5ヵ所に義援金箱を設置し、義援金募集活動を実施中。
(4月8日までの義援金68万円を日本赤十字社に送金)

2.物資支援
1)3月15日、文部科学省からの緊急要請に基づき、ポケット線量計17個の提供を申出
2)3月16日、文部科学省からの緊急要請に基づき、非常食、医薬品、日用品等の物資支援を申出
3)4月1日、文部科学省から被災児童・生徒等の支援に係るポータルサイト開設に伴う物資支援情報の掲載要請に基づき、実習台、ロッカー、顕微鏡の提供をポータルサイトに情報提供

3.人的支援
1)3月15日、日本歯科医学会等からの要請に基づき、ご遺体の身元確認への派遣要員(歯科医師)8名のリストを3月17日に提出
2)3月25日、日本歯科医師会等からの要請に基づき、歯科医師10名の派遣を申出
3)3月29日、日本歯科衛生士会からの要請に基づき、歯科衛生士2名の派遣を申出
4)5月11日、日本歯科医師会等からの要請に基づき、歯科医療従事者の派遣を申出

4.その他
日本私立大学協会、日本私立短期大学協会からの要請に基づき、被災地からの県外避難受入可能施設として体育館の使用を申出