平成19年度
福岡歯科大学公開講座




 平成19年度福岡歯科大学公開講座が「お口とお顔の若返り~口腔と顔面の美容とアンチエイジング~」をテーマに9月8日、福岡県歯科医師会館で開催されました。受講者は116名で、女性だけでなく男性の方も数多く参加いただきました。テーマに沿って口腔顔面美容医療センター・口腔インプラントの松浦正朗教授、口腔外科の池邉哲郎教授、福岡大学病院形成外科の大慈弥裕之教授が専門医の立場から講演を行った後、参加者との間で質疑応答が交わされました。参加者からは「シミ、シワ、タルミと骨粗しょう症の兼ね合い」、「食生活と美容・健康の関係」「インプラント・セラミック」などの質問が相次ぎました。
 
口腔顔面美容医療センター長 松浦教授の講演 口腔外科学 池邉教授の講演
福岡大学病院 形成外科 大慈弥教授の講演 参加者との質疑応答
公開講座終了後の質疑応答状況

 
平成19年度福岡歯科大学公開講座

--------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------

 ○日 時 平成19年9月8日(土)   13:00~16:00

 ○場 所 福岡県歯科医師会館  【福岡市中央区大名1-12-43 電話(092)771-3531(代)

  ①「きれいな口元、きれいな歯で若返り」

講師:松浦正朗(福岡歯科大学 医科歯科総合病院 口腔顔面美容医療センター長、口腔インプラント科教授)

国民の皆様は歯の大切さをよく知っています。良い歯で美味しい食物を楽しく食べられたら、豊かな気持で生活できます。でも歯がもっときれいだったら、さらに楽しいと思いませんか?今の世の中、年は取っても心は青春だ、と思っている人が大部分です。心は青春でも、ちょっと老けたな、と思っていませんか?もう少し若く見えたら、結構、幸せです。口元はどうですか?歯が無くなって顎が痩せると、すごく老けて見えます。歯がキラキラしていると、若く見えます。歯と口元の美しさは若さの秘訣かも知れません。

  ②「顎のかたちを美しく」

  講師:池邉哲郎(福岡歯科大学 医科歯科総合病院 口腔外科教授)

歯並びを良くしようと思えば矯正歯科で歯を並べかえて美しく見せることができます。歯が黄ばんだり歯や歯茎の形態に悩みがあれば、歯のホワイトニングをしたりポーセレンの歯を入れたりすれば、見違えるほど綺麗になります。しかし、歯を支えているアゴの骨の形態を整えれば口元がもっと見映えよくなることをご存知でしょうか。私たち口腔外科医は上アゴや下アゴを削ったりその位置を動かすことによって骨の方からお顔のシルエットを治療し、笑顔に自信をお届けしようと考えています。今回の講座ではアゴの骨の手術について解説いたします。

  ③「シミ、シワ、タルミの正しい予防と治療(アンチエイジング医療の理解のために)

 講師:大慈弥裕之(福岡大学病院 形成外科教授) 

 ビタミンCの内服や美白剤に始まって、レーザー、ピーリング、そしてヒアルロン酸やボトックスの注入、さらにはシワ取り手術に至るまで、シミ、シワ、タルミに対する治療法が数限りなく巷にあふれています。これらのアンチエイジング医療の基礎となる考えは何なのでしょうか。治療のすべてがあなたに必要なのでしょうか。合併症はないのでしょうか。皮膚加齢のメカニズム、皮膚の健康、予防の重要性、アンチエイジング医療の実際について述べたいと思います。

  ④疑問・質問のコーナー